2018年06月24日

ロッテ・大嶺翔太「環境変え気持ち入れ直す」借金引退

 ロッテは昨日、大嶺翔太内野手から金銭トラブルによる引退の申し入れがあり、受理したと発表したと今日の日刊スポーツが報じた。

 球団によると、約2年半前から

 金融機関などとトラブル

があり、改善に向けた指導を行ってきたという。最近になって

 新たな同様事案が発生…

対応を協議する中で、ユニホームを脱ぐ意思が伝えられたというのだが、借金を返すには

 野球で稼ぐしかない

と思うのだが…。それなのに引退なんて、ちょっと理解に苦しむ。引退して借金返せるの?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

”ドン・ファン”愛犬死骸から覚醒剤検出されず 捜査は更に混迷

 和歌山県田辺市の資産家で“紀州のドン・ファン”こと野崎幸助氏の変死事件に絡み、5月上旬に死んだ愛犬のイブから覚醒剤成分が検出されなかったことが昨日、明らかになったと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 捜査関係者によると、野崎氏の自宅の庭から掘り起こしたイブの死骸を外部専門機関で調べた結果、臓器などから

 覚醒剤の成分は検出されなかった…

これまでに、殺人容疑で自宅や関係先を捜索したが、覚醒剤は見つかっていない。愛犬から覚醒剤が検出されれば、覚醒剤の入手ルート解明に近づける、そんな希望がむなしく崩れ落ちた形だというのだが、警察からすれば、

 犯人が見せしめのために愛犬を殺した

というストーリーを描いていたのだろうが、

 そうは問屋が卸さなかった…

捜査は差に混迷を極めそうで、果たして

 「バカ山県警」の面目躍如

となるのだろうか?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

TBSの危ない演出体質「水曜日のダウンタウン」で犯罪まがいロケ

 TBS系バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」で先月下旬、都内の路上で“芸人連れ去り企画”のロケを行ったところ、目撃者から110番通報が相次ぎ捜査に乗り出した警視庁が、同局を厳重注意していたことが昨日、わかったと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 お笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」のナダルが

 いきなり拉致・監禁

される内容だったが、同様の事件が頻発するなか、この演出は

 完全にアウト…

同番組では過去にも過激企画に批判が殺到していたというのだが、こういう不祥事が起こる度に散々言ってきたが、

 放送局側の常識とモラルの欠如が著しい…

これに尽きるのではないか。

 法律に触れなければ何でもあり…

いわゆる" ギョーカイ"に限らずそういう風潮が

 社会に蔓延

しているのは由々しき事態である。まぁ、

 国のトップがイカれてる

し、そんな輩を支持するイカれた国民も多いのだから、どうしようもない。まぁ、何があっても自業自得なんだけれども…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

メキシコで新商品発売“W杯未亡人”防止パンティーって!?

 コロンビア戦での劇的勝利に日本中が歓喜したサッカーW杯。世界を見渡すと、その熱気は同様に熱い。欧州や中南米で社会問題になるのが、4年ごとに続出する“ワールドカップ未亡人”たちだと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 熱狂に比例し世界では毎回、さまざまな社会現象が起きるW杯。その社会問題について南米事情通はこう語る。

「“W杯未亡人”“サッカー未亡人”とは、サッカー先進国の欧州や中南米で使われる言葉で、サッカー観戦に熱中する夫や恋人に放置される女性たちを指します」
「普段のクラブチームの応援に加え、W杯期間中ともなれば、さらに深刻となる放置ぶりで、不満が爆発して離婚を決意する女性もいるほどです」
「そんな女性たちが集まり、夫の熱中ぶりをグチったり、イケメン選手のことを語らうスポーツバーができたりしています」

と語る。そんな中、サッカー大国のメキシコで、今大会に合わせ、

 画期的な女性向けパンティーが発売

された。同国の大手下着販売会社「ヴィッキー・フォーム」が開発したこの商品は、サッカーの試合の展開に反応して振動するローターを装着したパンティーで、その名も

 「シエンテ・エル・フエゴ(ゲームを感じる)」

ボールがゴールに近づくと、

 クリトリス付近に装着されたローターが振動

し始め、ゴールが決まると

 さらに激しく振動

するようにプログラムされているのだという。

「毎年、サッカーのために400万組のカップルが破局しています」
「しかし、これがあれば、サッカーに興味のない女性も、パートナーの男性と一緒にサッカーにエキサイトできる」

として、CMが公開されている。サッカーに夢中な男性に対して女性が

 「あなたのサッカー好きは病気よ!!」

と怒るが、このパンティーを着用すると、ゴールに近づいたり、ゴールする度に

 女性が気持ち良くなる

ので、サッカーのルールを知らない女性も満足し、

 男女の仲が良くなる

という。同社はホームページで

「世界初の人工知能パンティーが試合と同期して、試合の盛り上がりを快感に変換します」

と説明。W杯に関連した社会問題を解決する画期的エログッズといえそうだが、SNSでは

 「男はサッカーとセックスにしか興味がないバカなのか」
 「女はそんなバカな男に迎合しないといけないのか」


と男女両方から

 批判も殺到

している。販売価格約5300円のこの商品。果たしてどれくらい売れるのかというのだが、日本では考えられないが、世界にはサッカーの応援が全てだという人が大勢いるらしい。ゆえに、こういう商品も発売されるのだろうが、果たして

 ギャグなのかマジなのか?

ちょっと理解しかねる。個人的には、SNSの指摘が的を射ていると思うのだが…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

トランプ米大統領の“宇宙軍”敵は中露ではなく宇宙人!?

 菅義偉官房長官は昨日の記者会見で、トランプ米大統領が宇宙軍の創設を国防総省に指示したことについて

 「動向を注視し、米国としっかり連携する」

と述べたと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 日米両政府は昨年8月の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で、宇宙分野の防衛協力推進で一致している。菅氏は

「宇宙空間の重要性が増大している一方で、対衛星兵器の開発などリスクも存在している」

と指摘。

「宇宙条約を含む国際規範の形成や、各国間の信頼醸成に向けた動きに積極的に関与していく」

と語った。トランプ氏としては、宇宙空間を陸海空と並ぶ新たな「主戦場」と位置付け、衛星攻撃兵器(ASAT)などの開発を加速させる

 中国やロシアへの優位性を確保

する狙いだが、宇宙でも軍拡競争が過熱する懸念も指摘される。行く末は大国間で

 宇宙戦争が起きる

のだろうか。UFO研究家の竹本良氏は

「米国は1985年に陸海空を統合する宇宙軍を作っているが、トランプ大統領は陸海空軍、海兵隊、沿岸警備隊に加えて第6の軍となる宇宙軍創設を命じた」
「つまり空軍が兼務するタイプではない」
「地球上の大気圏を支配する空軍ではなく、地球外を担当する宇宙軍なのだ」

と語る。そうなると、敵は中ロではなく宇宙人なのか。

「実はロシアは米国に刺激され、2001年にロシア宇宙軍を創設している」
「また中国も空天一体戦略で独自の宇宙軍を目指している」
「ロシアや中国の宇宙開発のあおりを受けて、トランプ大統領らしいアメリカファーストの作戦に出たのだろう」
「トランプ大統領の意気込みは北朝鮮もイランももはや争う対象ではなく、米国は既に57種の宇宙人を確認しているが、ついに地球外知的生命体をターゲットにする時期がきたという宣言なのではないだろうか」

と竹本氏は指摘しているというのだが、これは雑誌「ムー」とかが言っているのではなく、曲がりなりにも

 アメリカの大統領の発言

だから驚く。単なる軍需産業の会社を喜ばせるためだけかもし知れないけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

NHK「W杯画質劣化」の裏 ネットでブーイング

 まさか“陰謀”か?連日、熱戦が繰り広げられているサッカーW杯ロシア大会は、全64試合が地上波で放送される。ただ、半分以上となる33試合を放送するNHKの画質がひどすぎるとブーイングが上がっている、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 最初にクレームが出たのは、16日午後7時にキックオフしたフランス対オーストラリア戦だ。アナログ放送時代に戻ったかのように画質は粗く、引いたショットになると背番号の読み取りも難しい。ネット上では

 「衛星にトラブルでもあったのか」
 「ウチのテレビが壊れたのか」

などと悲鳴が上がった。17日のドイツ対メキシコ戦、18日のスウェーデン対韓国戦でも同様の現象が起きた。これはW杯が

 サブチャンネルといわれる同時放送を採用

しているためだ。NHKは

「マルチ編成を行うため、1チャンネル分の放送帯域で2番組同時に放送している」

と説明する。デジタル放送では、1つのチャンネルで2番組(メインチャンネル/サブチャンネル)を同時に放送できる。スポーツ中継が延長となった場合、

 メインでは番組表通りに次の番組を放送

する一方、

 サブでスポーツの延長戦を放送

するといったケースが考えられる。前出のW杯2試合はいずれも、

 同時間にニュースやドラマなどが同じ総合1チャンネルで放送

されていた。サブチャンネル時はニュースの方の画質も低下する。ニュース等が終わって、メインチャンネルでW杯1本になった後半時には、軒並み

 画質はデジタル仕様に改善

された。視聴者にとってはストレスでしかない劣悪画質のW杯中継はこのまま続くのか。NHKは

「マルチ編成を行う場合、画質の低下は避けられませんが、低下を最小限にすべく、映像の安定化技術などにより画質の改善を図っています」

と話す。とてもこの期間中に解決する話ではなさそうだ。マルチチャンネル時にデジタル画質で楽しみたい場合は

 “脱テレビ”

の方法がある。NHKはスマホ専用アプリやパソコンでW杯中継を行っている。こちらはネットを介したデータ放送で、基本的に容量の制限がないため、

 デジタル画質でストレスなく視聴


できる。ただ、このネット視聴に仕向けようとしているかのような方法には

 「ネットで視聴させる狙いなのか」
 「アプリをダウンロードしたくない」


などと不満の声がある。政界関係者は

「NHKはネットでの常時同時配信を目指していて、大きなスポーツイベントで試験的に同時配信している」
「若年層を中心にテレビ離れは深刻で、受信料収入は先細りするのでスマホやPCの視聴者から受信料を取りたいんです」

と指摘する。NHKは過去にも五輪やテニスのウィンブルドンなどをPCやアプリで配信している。ネット視聴は、テスト期間なら無料だが、法改正されれば、

 アプリをダウンロードした際に受信料が発生

する仕組みを検討している。ネットでいつでもどこでも楽しめるのは便利だが、将来的には、しっかりと料金が発生する仕組みへ向け、着々と準備は進んでいるようだというのだが、こんなの、

 今更、何言うてんねん!


という話。マルチ編成でサブチャンネルで放送されるとSD画質になるのは以前からそうである。NHKのBSでは

 大リーグ中継で頻繁にある

し、民放は少ないが、僕の住んでいる関西では、テレビ大阪やサンテレビで頻繁にマルチ編成で2番組同時に放送している。ゆえに、普段からマルチ編成にわりと接している僕からすればそういうシステムなのだから、そんなのにクレームを入れるのはどうかと思う。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

【レスリング】栄和人監督「夜遊び」解任 谷岡学長もかばいきれず

 至学館大の谷岡郁子学長は昨日、東京・駒沢体育館で行われたレスリングの全日本選抜選手権後に会見を開き、同大レスリング部の栄和人監督の解任を発表した、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 栄氏は五輪4連覇の伊調馨に対するパワーハラスメントが認定され、大会初日(14日)に謝罪会見を開いたばかり。全試合終了後、谷岡学長が会見を開き

 「至学館大は栄和人監督を解任することを決めました」

と発表した。今日朝の大学幹部会で正式決定した。解任理由について谷岡氏は

「謝罪会見後(栄氏を)この場で見守っていたが、まったく期待外れでまだ分かっていない、反省できていないと思わざるを得なかった」

と説明。選手のセコンドに就いてくれと頼んだが、マットに近寄ることはなく

「観客席で応援すると言いながら、知らない人を招待していたのか、来たのかは分からないが、監督業を真剣にやろうと集中できていなかったと思う」

と谷岡学長。また、大会2日目(15日)に栄氏が友人との昼食で外出した点も挙げた。

「野球やサッカーじゃ、試合中に監督がいなくなるとは思えない」
「どれだけ(監督業に)思いを入れているかも分からなかった」
「選手への情熱、集中がなくてこれから監督業が務まるとはとても思えない」

と切り捨てた。2日目終了後に栄氏を名古屋に帰し、16日朝、解任決定を伝えた。栄氏は

 「申し訳ありませんでした」

と話したという。谷岡学長は栄氏の最大の理解者で、これまでどれだけ自分が批判を浴びようとも栄氏をかばい続けてきた。

「この(パワハラ問題が始まって)120日間、同僚として忠告し、上司として指導もしてきたつもり」
「5月末には理事長として懲戒処分もしてきた」
「その際『最後のチャンスだよ』と伝えた」
「でもこの2日間のありようは期待を見事に裏切るものであったと言わざるを得ない」

と、この2日間で急激に心が冷めた様子だった。とはいえ、一気に解任へとかじを切るとは驚きのひと言。真相を探ると、この裏にはさすがの谷岡学長もかばい切れない

 栄氏の行動

があった。複数の関係者の話を総合すると、謝罪会見を行った大会初日夜、栄氏は酒席に行き、その様子を

 一部報道機関に撮られてしまった

のだという。

 「さすがにみんな『これはまずい』と話していた」
 「報道が明るみに出る前に、谷岡さんも覚悟を決めたのでしょう」

とレスリング関係者。特別な事情があったとしても謝罪会見で反省の弁を述べた後に、夜の街に出向くのは

 “ご法度”

だろう。温情をかけてくれた谷岡学長をはじめとする関係者や、栄氏を信じて指導を待ち望んできた選手の気持ちを考えればなおさらだ。栄氏は23日の日本協会評議員会で常務理事解任が決定。今回の至学館大監督解任で、

 指導者としての肩書も消える…

これまで栄氏の手腕により金メダルを量産してきた名門・至学館大の後任監督について谷岡学長は選手らと相談の上、決定すると明かした。同大副学長でコーチを務める吉田沙保里の監督昇格の可能性については

 「あると思うし、他の人でもあり得る」

と話した。2020年東京五輪まであと約2年。再建へ名門、いや日本レスリング界が正念場だというのだが、こういうワンマンで権力を持ってしまった人は、

 「自分のやっている事は常に正しい」と誤解

しているのだろう。それを他人から批判されることもなくやってきたから、今置かれている立場や取るべき行動、立ち振る舞いがわからない。逆に言えば、谷岡学長やレスリング協会を含めて、こういう人に権力を持たせてしまった

 周りの人間の責任も重大

である。質の悪い人間に権力を持たせたらこういう事態を招く、というのは古今東西、万国共通である。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

中井りかに文春砲 一般男性とスキャンダル撮られた

 昨日、ナゴヤドームで行われた第10回AKB48世界選抜総選挙で、結婚宣言した昨年の須藤凜々花に続き、今年も37位のNGT48の中井りかがスピーチで突然、謝罪したと今日の日刊スポーツが報じた。

 週刊文春に男性ファンとの

 恋愛スキャンダルを直撃

されたという。SNSやテレビ番組での過激な発言や挑発的な態度などで

 “炎上アイドル”

として売り出し中だが、

 「私、やっちまいました」


と、この日夜に文春がネット配信番組「週刊文春ライブ」で報じる前に、自ら切り出した。

「木曜日の朝に4人の記者に囲まれて直撃取材を受けまして、いわゆる文春砲を一身に受け止めてしまいました」
「悪目立ちすると、こういうことが起こるんだなと身に染みました」


と説明した。司会の徳光和夫から

 「詳細は?」

と尋ねられると、目線を合わせないまま

「後々分かると思うので、全貌が明らかになってからネットで騒いでください!」

と言い切った。同番組は、中井が1人暮らしをする都内のマンションに、ファンとされる20代男性が出入りする模様を伝えた。炎上キャラクターを秋元康総合プロデューサーに見初められ、バラエティータレントとして活躍し始めたことで

 「指原2世」

と呼ばれていた。まさかのファンとの恋愛スキャンダル発覚という点まで、同じ道をたどることになった。それでも

 「最後に言わせてください」
 「アイドルだっていろいろあるんだよ!」


と笑みをたたえて叫んだ。この失態を乗り越えて、さらに人気を獲得することができれば、中井は本当に第2の指原に大化けするかもしれないというのだが、

 二匹目のドジョウはなかなかいないよねぇ…

というのが正直なところ。こういう事を秋元さんぐるみでネタでやっているのか、マジなのかがわからない。まぁ、どちらにしても指原さんという前例があるから、良いようになればいいか、という軽い感じでやっているのだろうが、

 そんなにギョーカイは甘くない…

秋元さんが一番わかっていると思うのだが。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする