2013年05月31日

矢口真里”不倫騒動”で離婚[「流行語大賞」最有力候補登場!?

 不倫騒動の渦中にあるタレント・矢口真里と夫の俳優・中村昌也が昨日、双方の所属事務所を通じて離婚を発表したと今日の報知新聞が報じた。

 この日、東京都内の区役所へ関係者が離婚届を提出。双方の事務所がファクスで離婚を報告。

「この結論にたどり着くまで二人で何度も話し合いましたが…」
「お互いの将来を見据えて別々の道を歩んでいこうという結論に至りました」

と説明。会見の予定はないという。また、慰謝料や財産分与などの手続きについては、双方の事務所は

 「2人の問題なので話せない」

としているという。

 2人は2011年5月22日に婚姻届を提出。1年後に結婚披露宴を行い、夫婦仲も順調と思われていた。しかし、今月16日発売の「女性セブン」が、矢口が今年3月に家を飛び出したと

 別居を報道…

更に今月21日発売の「週刊女性」は、矢口が今年2月に梅田賢三を家に入れ、中村と鉢合わせになったという

 生々しいエピソードを報じた

という。矢口は今月22日、レギュラー出演するテレビ番組で

 「(不倫について)多分何かあったんだと思います」

と疑惑を否定せず。今月28日には病院で体調不良で

 「急性胃腸炎」

と診断されたとして、以降は公の場所に姿を見せていない。中村は今月28日、テレビ出演したが、矢口について触れることはなかったという。

 この騒動で矢口さんはレギュラー番組を休養。恐らくこのまま降板になると思うのだが、まぁ自業自得で仕方がない。事務所が営業に強いので、演歌歌手の人たちと一緒に

 競輪場や競艇場の営業で地方を回ったらいいんじゃないの?

まぁ、食いっぱくれはないんだし…思うのだが、矢口さんの不倫について、ネット上で「品川庄司」の

 庄司智春ともエッチしたんじゃないの?

という疑惑が流れていて、何かのメディアでは

 矢口とミキティーは「竿姉妹」

という見出しが踊っていた。「穴兄弟」という表現はよく見かけるが、

 「竿姉妹」って…

こんな単語があったなんて、今回の騒動で初めて知った。本家の流行語大賞では林修先生の「今でしょ?」が最有力候補だが、当ブログでの流行語大賞・最有力候補が現れた!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

江頭2:50“ブリーフ重量挙げ”でポロリ…公然わいせつで事情聴取

 お笑いタレントの江頭2:50が昨日、公然わいせつの疑いがあるとして警視庁の事取を受けたと今日のスポーツニッポンが報じた。

 江頭は今月25日、東京都新宿区のレコード店でDVDD「江頭2:50のピーピーピーするぞ!8」の発売イベントを開催。ステージ上で衣装を脱いでブリーフ1枚になり、持ちネタの

 「“ブリーフ重量挙げ”をする」

と宣言。下着の両サイドを引っ張り上げ、両肩に掛けた際、

 局部がポロリと露出…

更にブリーフが破れて

 “全開”となってしまった

という。女性司会者が江頭の前に立って、局部を隠そうとしたが、興奮した江頭は

 そのまま観客スペースへダイブ…

客席からは歓待を受けたが、主催者の判断でイベントは強制終了。江頭はスタッフに抱えられ、

 ステージ裏へと連れて行かれた

という。

 警視庁は、これらの行為が公然わいせつにあたる可能性があると判断。昨日、江頭が渋谷区内で行ったインターネット番組の公開収録会場に出向き、終了後にその場で

 事情を聴いた

という。所属事務所によると、

 「イベントはどんな状況だったのか?」
 「(全裸になったことが)ネット上で話題になっているのを知っているか?」

などと聴かれ、江頭は神妙な顔で

 「ブリーフ重量挙げは、成功すれば(局部が)見えることはない」
 「あれは失敗した結果のアクシデント」

などと説明。後日、スケジュール調整して警察に出向くことになったという。

 エガちゃんのこういう騒動については、別に何とも思わないのだが、ビックリしたのは騒動そのものよりも、

 それを伝えた「テレ朝」…

なんと、夕方のニュース番組

 「スーパーJチャンネル」で報道

したというのだから驚きである。

 「ぷっすま」や「アメトーーク」の特番で貢献しているから?

テレ朝でのまさかの「VIP」待遇。エガちゃん本人にとって、これほどオイシイことはない!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

「Superfly」デビュー6年目で初のベストアルバム発売決定

 「Superfly」が今年9月25日、初のベストアルバムをリリースすることが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 タイトルや曲数など詳細は未定。2007年のデビュー以降、シングルとアルバムを合計すると、

 「売り上げ350万枚」
 「1500万ダウンロード」


を記録。これまでのアーティスト生活6年間の集大成になるという。

 2007年4月デビューから6年。ずっと封印してきたベストアルバムを解禁する「Superfly」。関係者によると、実は

 「ずっと新しい作品を届けたい」

とこれまでベストアルバムに乗り気ではなかったが、これまでの歴史をふと振り返った時にリリースを決心。

 「濃厚な6年間で作り上げてきた曲たちを、もう一度届けたい」

と思い直したという。見たこともない人らが、聞いたこともない楽曲を集めてすぐにベスト盤を発売するという、レコード会社の姑息な商売が罷り通る昨今で、6年間も封印していたことに驚くのだが、さらにビックリしたのは、

 「Superfly」が個人ユニットだったという事実…

女性ボーカル・越智志帆によるソロユニットだったなんて、この記事を見るまで全く知らなかった。と言っても、全く関心もないんだけれど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

”国内2勝”井戸木鴻樹”シニアメジャー”でアジア勢初優勝

 第74回全米プロシニア選手権最終日で51才の井戸木鴻樹選手が65で回って通算11アンダーとし、シニアのメジャー大会をアジア選手として初めて制したと今日のスポーツニッポンが報じた。

 レギュラーツアーの男女を合わせて日本選手のメジャー大会制覇は1977年全米女子プロの樋口久子以来で2人目。国内レギュラーツアーは僅か2勝ながら、米シニア通算9勝のあの、

 青木功も届かなかった偉業を達成…

アーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤー、ジャック・ニクラウスら伝説の選手が歴代優勝者に名を連ね、シニア随一の歴史を誇る大会。初出場の51才が制したとあって、AP通信も

 「ミステリーマン(謎の男)」

と表現するしかなかったという。

 1メートル67センチと小柄。平均飛距離は250〜260ヤードで女子のトップ選手よりも飛ばないが、日本ツアーで2001年から2009年の間にフェアウエーキープ率で5度、1位となった

 ショットの精度の高さで勝負…

小技が冴え、

 「自分のゴルフを貫いた」

と胸を張った井戸木プロ。全国的にはあまり知られてないが、我々関西人からすればお馴染み。サンテレビでやっている「あのねのね」の原田伸郎さんのゴルフ番組「めざせパーゴルフ」に長年、レギュラー出演している。

 あの「ドッキー」プロがメジャー制覇とは…

国内ツアーでもたまにしか名前を聞かないのに、感慨深いものがある。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

大阪・高槻「靴フェチ」強盗”2011年夏”から10件発生も未だ捕まらず

 大阪・高槻市で、夜道を1人で歩いている女性の靴を男が奪い去る強盗事件が、2011年夏から10件連続で発生するも、いまだ逮捕には至っていないと今日の報知新聞が報じた。

 高槻署によると、被害は2011年7月から今年4月までで計10件確認。奪われた靴を種類別にみると、ハイヒールが5件、パンプスが3件、ブーツが2件で、

 スニーカーやサンダルは皆無…

場所はいずれも高槻市内でJR高槻駅から北側に集中しており、発生時間は午後10時20分から午前1時10分までの間。被害者の大半は20〜30代の女性だという。被害にあった女性の一人は、

 「気付いたら両足とも裸足だった」

と突然の出来事にあっけにとられたと説明。夜道を歩いていると、背後から近付いてきた男に突き倒されて転倒。男はわずか数秒間のうちに、慣れた手つきで

 履いていたハイヒールを奪ってその場を立ち去った

という。犯人の男の特徴について、被害女性の証言を総合すると、年齢は20〜30才代で、身長は160〜170センチ。野球帽を被っていたという情報もある。

 ここまで犯行場所や時間帯、被害者の特徴がハッキリとしているのに、なぜ逮捕されたいのか?と不思議に思うのだが、犯人は手口は大胆だが、人通りの少ない住宅街など、防犯カメラが設置されていない場所を用心深く狙い定めており、

 「全て計算ずくの犯行」…

また、前後の被害との間隔は約1か月から半年と大きくバラツキがあり、

 捜査員を集中して投入することもできない

そうで、捜査幹部は

 「ただのフェチだろうが腹立たしい」

と話しているというのだが、この”変態さん”については以前にも、当ブログで触れている。あくまでも個人的な見解だが、靴フェチには間違いないのだが、それに加えて、犯行を繰り返しても逮捕できない警察を撹乱し、

 優越感に浸ることに快感を覚えた

のではなかろうかと思う。被害に遭わないためには、現場付近の女性も話すように、

 「しばらく運動靴で通勤する」

これに尽きるだろう。あと、女性だと思って盗んだら、それが 女装した男性警察官だったことを犯人に知らしめるようにするとか…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

「東京スカイツリー」開業1周年…”ゆるキャラ”55体が大集合

 東京スカイツリー開業1周年を記念して「ご当地キャラクターフェスティバルinすみだ」が昨日、業平押上エリアで行われたと、今日の報知新聞が報じた。

 スカイツリー公式キャラクターの「ソラカラちゃん」をはじめ、全国の人気「ゆるキャラ」55体が集合。会場には、今月24日に初競りが行われた夕張メロンの産地から来た北海道・夕張市の

 「メロン熊」が出没…

まずは熊本県発の人気者「くまモン」に襲いかかり、開会式終了後は「ソラカラちゃん」へ歩み寄って牙を剥いた。会場は騒然としたが、

 最後は仲良く”記念撮影”…

メロン熊を考案した若狭翁斉さんは、

 「メロンの匂いを嗅ぎつけて都会へ出て来てしまったようです」

と話したという。

 僕は関西在住なので、スカイツリー1周年と言われても何も思わないのだが、それにしても、

 「ゆるキャラ」人気は衰え知らず…

最近ではどんなイベントでもゆるキャラ関連のものがあるし、ゆるキャラも細分化され、「メロン熊」のように

 ヒールのゆるキャラも登場

している。こう考えれば、発案者である

 みうらじゅんさんの貢献度は絶大…

この分だと近い将来、

 国から勲章とかもらえるんじゃないの?

本人が受け取り拒否するかもしれないけれど、何かギャグかコントの世界である。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

「承知していない…」政界”都市伝説”に政府が初の公式見解

 政府は昨日、政界では有名なあの都市伝説に対する答弁書を閣議決定した、と今日の報知新聞が報じた。

 これは、民主党の加賀谷健参院議員が今月15日に提出した質問主意書の一部について政府が答えたもので、昨日になって

 「お尋ねの件については承知していない」

との答弁書を真面目に閣議決定したという。政府の言う”お尋ねの件”とは、

 首相公邸に出る「幽霊」…

加賀谷議員は、

 「二・二六事件等の幽霊が出るとの噂があるが、それは事実か」
 「安倍総理が公邸に引っ越さないのはそのためか」


と真面目に記載し提出。それについて真面目に答えたというのである。

 政界では都市伝説として有名だった「公邸の幽霊」。旧首相官邸と旧公邸は戦前、

 「五・一五事件」「二・二六事件」の舞台

で、関係者の間では以前から

 幽霊関連の噂が絶えなかった…


現在の首相公邸は、旧公邸を取り壊した上、86億円かけて旧官邸を移築・整備。2005年に完成した。現在でも

 「二・二六事件」当時の弾痕が残っている

という。旧公邸をよく知る関係者は、

「風呂も昔のタイル張りで粗末なもの」
「日当たりも悪かった」
「首相の電話なんてレトロな機種」
「あれじゃあ、幽霊が出ると言われてもおかしくない」
「森喜朗氏は首相時代、旧公邸で『軍服の幽霊が出た』って騒いだと聞いている」


と証言しているという。

 加賀谷議員の事務所によると、同事務所が調べた限りでは、幽霊について公的な文書で

 政府が答えたのは初めて

だというのだが、加賀谷議員はこの日、

 「安倍首相は前政権の時に10か月、公邸に住んでいた」
 「今、入居しない理由が全く分からない」
 「そう考えれば、原因は幽霊としか考えられない」
 「安倍首相は繊細な方ですからね」

と話したが、

「今、安倍首相は自宅から15分程かけて車で通っているが、危機管理上の問題がある」
「公邸は官邸の隣にあり、不測の事態が起こった時にすぐ駆けつけられますから」

とも指摘し、質問主意書提出の理由を説明したが、前政権の時も”ボクちゃん首相”と言われていたぐらいだから、

 ”都市伝説”が怖くて入居拒否しても不思議ではない…

もうひとつ言っておくと、この”ボクちゃん”首相は以前、

 「核武装は合憲」

などと主張した

 いわゆる「と」な人…

こんなオッサンを高く支持する国民が将来、どうなるか?ということは説明するまでもない。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

「猛獣が突っ込んで来たのかと…」武井壮”愛車”に警察車両「突っ込む」

 タレントの武井壮が東京都内で乗用車を運転中、事故に遭っていたことが昨日、警視庁麹町署への取材でわかったと今日のスポーツニッポンが報じた。

 武井は今月20日、東京都千代田区の同署脇の交差点で信号待ちをしていたところ、同署からバックで出てきた

 捜査車両がぶつかった

という。武井の

 車の左側面がへこんだ

そうだが、双方にケガはなく、武井はそのまま車を運転し、次の仕事場へ向かったという。捜査車両を運転していた警察官が後方確認を怠ったのが原因とみられる。

 武井は陸上十種競技の元日本王者で、猛獣を素手で倒すシミュレーションで有名だが、所属事務所を通じて、

「猛獣が突っ込んできたのかと思ってとっさにファイティングポーズを取りました」
「体が猛烈に丈夫なのでケガは一切ありません」


とコメントしているというのだが、今が旬の人は

 何をやってもネタになる…

メディアで大々的に取り上げてくれるし、全てがうまく回っていくという感じなのだが、この記事でいちばん驚いたのが、

 武井さんがポルシェを所持

しているということ。ポルシェといっても中古もあるし”ピンキリ”だろうが、これほど短期間で

 ポルシェに乗るほど稼いでいるとは…

まぁ、個人事務所だということもあるだろうが、何だかんだ言っても、

 芸能界はまだ夢のある世界…

それは間違いない。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

ガンジー愛用「サンダル」&「ハリポタ」初版本が競売

 インド独立の父ガンジーが愛用していた革のサンダルが今月21日、イギリスの競売会社「マロックス」により競売に掛けられたと今日の報知新聞が報じた。

 物質主義と距離を置きシンプルな暮らしを実践したことで知られるガンジーは

 サンダルを好んで履いた

と言われる。出品されたサンダルは履き古され保存状態も良くなかったが、

 ガンジーの生き方を象徴する品

だけに予想を超える高値が付いたという。

 また、世界中でヒットした「ハリーポッター」シリーズの第1作「ハリー・ポッターと賢者の石」の初版本が今月21日、ロンドンで競売に掛けられた、と今日の報知新聞が報じた。落札された本には著作者J・K・ローリングさんの直筆イラストや、創作過程についてのコメントなどが書き込まれている。同作品の初版本は

 500冊しか存在しない

そうで、シリーズ中最も稀少とされているという。

 同じ紙面の上下で2品のオークションの記事が併記されていたのだが、気になるのは落札額。

 ガンジーのサンダルは1万9000ポンド(約300万円)

なのに対して、

 「ハリポタ」初版本は15万ポンド(約2330万円)

だったというのである。個人的な印象だが、

 「金額の落差がありすぎ」
 「サンダルが安すぎてハリポタが高すぎる」

という感じを受けた。ハリポタは稀少とはいえ500冊の中の1冊で、ガンジーのサンダルはそれ1つしかないのに。ちょっとその辺りの相場がわからない。まぁ、単なる

 お金持ちの「お遊び」

なんだろうけれども…。しかし、この記事の中で最も気になったのが、同時出品された虫垂炎の手術後に採取されたとされる

 ガンジーの血液が付いた「顕微鏡スライドガラス」…

結局、落札されなかったようだが、

 インドにもやくみつるがいた

ようである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

偽造手帳で警官を装い「聞き込み」22才無職男逮捕

 神奈川県警は昨日、偽の警察手帳を使ったとして偽造公記号使用の疑いで、横浜市磯子区の23才の無職の男を逮捕した、と今日の報知新聞が報じた。

 県警によると、容疑者は警察手帳を偽造したとして昨年9月、有罪判決を受けた徳島県警の元巡査長から、数年前インターネットを通じて偽のバッジを購入。警察手帳を偽造したとみられる。

 逮捕容疑は昨年6月4日、横浜市鶴見区のコンビニで男性経営者に

 「神奈川県警の○○です」

と本名を名乗り、偽の警察手帳を提示した疑いが持たれている。容疑者は横浜市の繁華街で私服姿の警官を装って

 聞き込みを繰り返し

たり、

 少年に注意したり

していたという。今年2月、

 「横浜駅周辺に偽刑事がいる」

との情報が寄せられ、県警が捜査していた。暴力団関係者に暴行を受けたことがあったと説明しており、県警では詳しい動機などを調べている。

 県警は自宅から県警本部の住所や代表番号を記した名刺や「巡査部長」と書いた偽の身分証明書、警棒などを押収していたというのだが、犯罪は犯罪かもしれないのだが、単なる

 刑事になりたい”兄ちゃん”…

少年に注意したりしているし、根は悪くない。しかも、ヤーさんから暴行されて

 ”制裁”も受けている

のだから、

 許したって…

と個人的には思う。それに容疑者もまだ若いのだから、これから勉強して

 ホンモノの警官を目指せばいい

と思うのだが、

 好きなことを仕事にしたくないというのもマニア心…

この辺りが難しい…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

「身に覚えがある」45才の男逮捕”一目惚れ”女性への”迷惑行為”とは?

 愛知県警小牧署は昨日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、愛知県小牧市の45才の介護士の男を逮捕したと今日のスポーツニッポンが報じた。

 小牧署によると、防犯カメラの映像や遺留物のDNA鑑定で容疑者を割り出した。容疑者は、

 「身に覚えがある」

と容疑を認めており、動機については

 「一目見て好意を抱いた」

としているという。同署は他に迷惑行為などがなかったか調べているというのだが、このオッサンが”実行”した迷惑行為とは?容疑者は今年2月19日と4月12日、小牧市内の駐車場などで、同市の38才の

 女性の車のドアに自分の体液を掛けた

疑いが持たれているというのだ。防犯カメラには、駐車場で行為に及び、射精して車のドアノブあたりに

 体液をかける様子が映し出されていた

という。なぜ体液を車に掛けたかは不明だが、そりゃ、

 一般人には理解不能

だろう。まぁ、女性が直接触れるドアノブに掛けて、女性が自分の体液に触れるのを想像して性的欲求を満たしたのだろうが、逮捕容疑が示す通り、

 迷惑な話

である。この類の犯罪の中では大人しいというか、控えめな犯行だが、ここからエスカレートする可能性もあるので、厳罰に処するべきである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

プロ野球・山村審判員「1500試合出場達成」セレモニーの後で「…」

 昨日、大阪・京セラドームで行われた「オリックス対DeNA戦」で珍騒動が起こった、と今日のスポーツニッポンが報じた。

 三塁塁審の山村達也審判員が1500試合出場を達成したとして、5回終了時にセレモニーを開催。ところが試合後、

 「1499試合」だったことが判明…

主催したオリックスの広報部は、

 「記録は間違い」
 「1500試合は明日でした」


と訂正したという。まるでマンガのようなオチ。ITが普及している現在て普通、こんな間違いは起こらないと思うのだが…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

小籔千豊も号泣…「歌ネタ王決定戦」初代王者に「すち子&真也」

 笑いと音楽を融合させた毎日放送主催の新たなお笑いコンテスト「歌ネタ王決定戦2013」決勝が昨日、大阪市内で開かれ、吉本新喜劇で活躍するユニット「すち子&真也」が初代王者に決まったと今日のスポーツニッポンが報じた。

 「2700」ら10組が登場した第1ステージでは2位通過。4組での対決となった最終決戦でも再び笑いを取り、

 審査員「10人中6人」の支持を得た

という。優勝決定の瞬間、

 「マジですかー!」

とすっちー。感激に顔をゆがめる2人以上に、感極まったのは司会の小籔千豊だった。司会者として中立を貫いてきたが、2人の苦労を知る先輩は

 思わず号泣…

すっちーからは、

 「僕も泣きそうやったけど、小籔さんが先に泣くから…」

と苦笑いされた。吉本新喜劇の座員が賞レースを制した初の快挙に小籔は、

 「あまりに喜ばしくて泣いてしまった」
 「50才超えるまでは、絶対に泣かんと決めてたのに」

と感無量の表情。

 「これですっちーが座長になること決定でしょ!」
 「新喜劇に新時代到来ですよ」

と、吉本興業の社員らに猛プッシュ。

 「ギャラも上げたれ!番組にも呼んでください」
 「2人だけでは弱かったら、僕も一緒に出ますから」
 「2人にビッグビジネスを!」

と訴えたという。

 同大会ファイナリスト決定の際は当ブログで紹介したが、実は放送を見ていない。それどころか、

 昨日やっていたなんて全く知らなかった!

昼の時間帯にやるのは知っていたが、いくら何でも

 土曜日はアカンやろ…

せめて日曜日にやらないと。毎日放送は

 同大会を軽く扱いすぎ

である。もしかして、

 これって関西ローカルだったんじゃないの?

という心配さえしてしまうのだが、軽くネットで調べてみると、

 やっぱり全国ネットではなかった!

まぁ、「R-1」も最初は関西ローカルで収録だったが、これでは出場した1289組が浮かばれない。次回からはゴールデンタイムで、最低でも日曜日に放送するようにしてもらいたい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

「何かしなければ…」叶麗子「通天閣歌謡劇場」存続へ署名活動

 大阪・新世界の通天閣歌謡劇場(スタジオ210)が来月末に閉館する問題で昨日、同劇場を拠点に活動している“通天閣の歌姫”こと叶麗子が存続を訴え立ち上がった、と今日のスポーツニッポンが報じた。

 同劇場は近年、松竹芸能が毎週末にお笑いライブと平日の1日を歌謡ショーに充ててきた。しかし、松竹芸能が今夏に大阪・ミナミに「道頓堀角座」を開場するのに伴い、運営会社「通天閣観光」との

 契約が6月末で終了…

稼働率の低さから継続は困難と判断し、今日の役員会で閉鎖が決定する見込みだという。

 NHK朝の連続テレビ小説「ふたりっ子」の舞台にもなった通天閣の地下スペースが歌謡劇場としてオープンしたのは1989年。当時から同劇場を拠点とし、同ドラマに登場する「オーロラ輝子」のモデルだった叶は思い入れが強く、

 「帰ってくる場所、家がなくなるのと同じ」
 「ライブハウスみたいな形でも、何でもいいから存在して」

と訴え、今日から通天閣界隈で署名活動を開始するという。既に叶の熱心なファンが集めた署名は口コミだけで250人。当面の目標は1万人で、

「最初は泣いてばかりでしたが、私たちが何かしなければ始まらない」
「すべてが急なのでどこまでできるか分からないけど、とにかく前に進みたい」

と訴え、文房具店で自らペンやバインダーを購入し署名活動への準備を行ったというのだが、ちょっとよくわからないのだが、継続しても閉鎖しても別に何も変わらないのだから、フリースペースにして、

 イベント時に使うという形にすればいいんじゃないの?

お店とかテナントを入れるという計画があるのなら、また話は別なんだけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

1億円脱税容疑”葬儀会社”経営者はあの”一大ブーム”の発案者だった

 東京国税局は、売り上げの一部を除外して計約1億円を脱税した法人税法違反容疑で、東京都渋谷区の「紫音」など葬儀会社2社と、両社100%株主の実質経営者を東京地検に告発していたことが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 両社は2011年10月期までの約3年間に計約3億8000万円の所得を隠し、法人税を免れた疑いが持たれている。売り上げに対応した経費の一部も帳簿から除き、

 脱税が発覚しないようにしていた

という。隠した所得は不動産やブランド品の購入、預金に充てていたとみられる。

 信用調査会社によると、「紫音」は1991年設立で2011年10月期の売り上げは約7億円。関係者によると、主に

 警視庁管内の警察署や病院に出入り

し、遺族の依頼で遺体の搬送や葬儀を手掛け、業績を伸ばしていた。実質経営者は代理人弁護士を通じ、

 「関係者に多大な迷惑をかけ、心よりおわびします」

とコメント。既に修正申告したというのだが、この経営者には驚くべき経歴があるという。なんと、1980年代前半に人気となった、学生服に鉢巻き姿の猫のキャラクター

 「なめ猫」の発案者

だというのである。それにしても、そんな人がなぜ葬儀社を経営?と思うのだが、恐らく機を見るに敏というか、

 金儲けの嗅覚が鋭い

のではなかろうかと思う。普通なら関わりを嫌いそうな、警察や病院に出入りしていたというところにも、そういう面が窺えるし…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

機上で女性客が大声熱唱「60分間」航空機が緊急着陸

 アメリカのアメリカン航空機内で女性の乗客が、映画「ボディガード」の主題歌で、故ホイットニー・ヒューストンさんの名曲「オールウェイズ・ラブ・ユー」を熱唱し続けたため、目的地を変更して緊急着陸した騒動があり、全世界で話題を呼んでいると今日の報知新聞が報じた。

 騒動が起こったのは今月9日。ロサンゼルス発ニューヨーク行きのアメリカン航空機内で、後方座席に座っていた女性が突然、金切り声を上げ始め、更に

 「オールウェイズ―」を機内中に聞こえるような大声で響かせた

という。約1時間にわたり、客室乗務員の制止も振り切って歌い続けたため、機長はカンザスシティー国際空港への

 緊急着陸を決断…

現地で待ち構えた警察官が機内に入り、女性を強制的に飛行機から降ろしたという。

 動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップされた、別の男性客が撮影した連行の様子の映像では、

 女性は連れて行かれている間も歌い続けていた

そうで、音程は大幅に外れているものの、聴きどころの「♪オールウェイズ・ラ〜ブ・ユー・ウウウウアア〜」の

 ビブラート部分は果敢に再現を試みた

ものの、あまりにも大きな声のため、撮影した男性客は

 「機内ヘッドホンの音量を上げて耐えようと思ったんだけど…」
 「歌は聞こえてきちゃったよ」


と苦笑していたという。

 着陸後、女性は現地当局に拘束されたものの、逮捕はされずに釈放されたというのだが、

 「私は糖尿病なので歌った」
 「あのような行為はコンディションの結果だ」


などと意味不明なことを言い残し、空港からタクシーで立ち去った。今後、米運輸保安局が事情聴取をする予定だという。糖尿病よりも”ヤク中”とか大麻とか、そちら方面を調べた方がいいのでは!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

「新世界市場」町おこし用ポスター「ふんどしポスター」だけ盗難

 大阪市浪速区の商店街「新世界市場」に掲示されていた20数種類の町おこしポスターのうち、男性のふんどし姿のポスターだけが盗まれていたことが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 ふんどし姿のポスターは本物の高級麻布製ふんどし(1m当たり2000円相当)をポスターの上から被せた手の込んだ作り。

 5種類全てが盗難被害にあった


とみられる。ポスターは和装・婦人服店「なにわ小町」の店員によると、最初に盗まれたのは4月初旬で、同10日朝には残り3枚がなくなっていたという。

 商店街の活性化のため、大手広告代理店「電通」の若手社員が企画し、店舗ごとにひねりの利いた面白ポスター計120枚を制作。昨年11月に貼り出された。ふんどしには

 「締めつけてちゃ下は育たない」
 「ちょっと脱がせてみない?」
 「金玉が呼吸する」
 「らくちん」
 「いける気がする」


との言葉が書かれている。ふんどし姿のポスターは

 電通の社員がモデルを務めた

ことで話題になっていたという。ポスターの一部は手の届かない高さに針金で固定されていた。脚立や工具などを準備した

 用意周到な”犯行”

とみられ、犯人の

 「ふんどし姿」への並々ならぬ執着

が窺える。

 「完成度が高かったので全部集めたくなったのかもしれない」
 「返してくれればありがたい」

と店員。被害届は出さない方針で、近くポスターも作り直す予定。

 「今度は盗まれないように対策を考える」

と話しているというのだが、ポスターのセリフや素人がモデルになったというところからも、

 ”盗難”前提の企画

というか、

 ”盗難”を含めてまるまる「宣伝」

という電通の意図が窺える。パロディの度を越えて、狙いすぎというか、趣味が悪いというか、あざといというか、

 ”ヤな感じ”が充満している…

「新世界市場」も姑息な手段に頼らず、正攻法で進めた方がいいのでは!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

”鳥インフル”の影響…中国”KFC”売り上げ「大幅減」

 ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)を展開するアメリカの外食大手「ヤム・ブランズ」は昨日までに、4月の中国でのKFCの売上高が、前年同月と比べて36%減ったと発表したと、今日の報知新聞が報じた。

 鳥インフルエンザウイルスの感染拡大で、消費者の間に鳥肉離れが広がったため。同型ウイルスの最初の感染者は3月末に判明。当局は

 「しっかり加熱した鳥肉は安全」

と説明したものの、

 KFCから客足が遠のいた

という。同社は

 「感染拡大が売り上げに重大な悪影響を与えた」

と説明したものの、

 「影響は一時的なもの」

とも強調しているという。

 中国のKFCは2012年12月時点で4200店舗以上あり、

 中国で最も目立つ外資系ファストフード店のひとつ

になっているというのだが、KFCは鳥インフル以前にも同店の従業員から

 店内の衛生管理が杜撰

などと告発されたような記憶がある。国が経済発展する中、経済規模が大きくなると

 こういう”インチキ”は通用しなくなる…

どこぞの国を反面教師にするべきではなかろうか。と言っても時、既に遅しだが…。人間という生き物はなんて、欲深いのだろう。

 そのうち必ず「しっぺ返し」を食らうのに…

しかも、元の何倍、何十倍も強力なものを。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

「振り込め詐欺」新名称決定 警視庁「最優秀作品」発表

 「振り込め詐欺」に代わる新たな名称を募集していた警視庁は昨日、東京都中央区の歌舞伎座で開いたイベントで、最優秀作品を発表したと今日の報知新聞が報じた。

 応募のあった約1万4000点から優秀作品は、

 「ニセ電話詐欺」
 「親心利用詐欺」


最優秀作品には

 「母さん助けて詐欺」

が選ばれたという。

 3作品は防犯キャンペーンなどで活用。振り込め詐欺の名称も併せて使うというのだが、この3つの中では

 「母さん助けて詐欺」がダントツ

だろう。語呂というか文字数がピッタリで言いやすいし、想像が付きやすいのではなかろうか。しかし、ここでも

 「父さん」ではなく「母さん」…

やはり女の人の方が主導権を握っているようである。しかし、世間ではそれが当たり前なのに、

 政界や経済界がそうでないのはおかしい!?

だから、この国はおかしいんじゃないの!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

フェデラーに勝ったのに…錦織圭”世界113位”に敗れ”4強”逃す

 プロテニスのマドリード・オープンの男子準々決勝が今月10日行われ、世界ランク16位の錦織圭選手は、主催者推薦で世界113位のパブロ・アンドゥハール選手に3−6、5−7で敗れ、4強入りを逃したと今日の報知新聞が報じた。

 アンドゥハール選手は2011年8月にアメリカのツアー大会で勝っている相手だったが、

 「渋太くどんなボールも返してくる」
 「どちらかと言うと苦手」


と錦織選手。2月下旬に故障して現在も痛みを抱える左脇腹を気にする仕草も見せ、長いラリーで競り負けたという。苦手なクレーコートの大会で今大会は3勝と適応してきたかに見えたが、

 「まだまだ課題は残る」
 「クレーでの戦いを自分のものにできていない」


と厳しさを痛感したという。

 錦織選手は今月13日からはマスターズ大会のイタリア国際に出場するそうで、

 「クレーでより多くの試合をこなして自信をつけたい」

と話しているというのだが、今月9日の3回戦で元世界1位のロジャー・フェデラーを破って大ニュースになったが、次戦が相当な格下相手にまさかのストレート負け。

 フェデラー戦で力を使い果たした

といったところだろうか。巨人戦の直後の試合でいとも簡単に負ける阪神のように…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする