2013年06月30日

「堂々と出て来い!」“世界の不倫王”が矢口真理へアドバイス

 アメリカなど世界27カ国で既婚者向けの会員制交流サイト「アシュレイ・マディソン」を展開し“世界の不倫王”の異名を持つノエル・バイダーマン社長が、不倫騒動で雲隠れしているタレントの矢口真里にアドバイスを送った、と今日のスポーツニッポンが報じた。

 「アシュレイ・マディソン」は1900万人以上が登録している不倫相手を探すサイト。バイダーマン社長は日本での運営開始に合わせて東京都内で、

 「不倫がパートナーにバレた場合は、とにかく否定するのが鉄則」

と説明。矢口は不倫相手を自宅に連れ込み、寝室にいるところを夫で俳優の中村昌也に目撃されたと報じられているが、

「たとえ同じベッドで寝ているところを見られても、否定し続けなければいけない」

と強調。また、騒動後の対応についても、

 「逃げ隠れするのはいけない」

と指摘。

 「タイガー・ウッズやクリントン元大統領も復帰した」
 「才能があれば必ず復帰できるから、マリも堂々とすればいい」
 「アメリカではカムバックは応援されるものだよ」

とエールを送ったという。

 自身は結婚10年目で2児のパパだというバイダーマン社長。

 「僕たちの結婚生活は完璧」
 「幸い不倫はしないで済んでいる」
 「ただ、仮に3カ月以上セックスレスになったら不倫していただろうね」

と話しているというのだが、矢口さんはタレントとしての能力はあるのだが、いくら能力が高くても、

 代わりはたくさんいる…

矢口さんには自我を開放して、欲求を満たしてくれる道に進んだ方がいいのではなかろうか。今の事務所にいるのなら、

 ”エロネタ”専門でバラエティーに出るしかない

当然、今までとは扱いは変わってくるが、それは受け入れるしかない。しかし、東スポに載ってた

 「ヤグチプレイ」は笑ったなぁ…

ネタのようにも思えるけど。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 外タレ・海外有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

「博多祇園山笠」尻出し”キティちゃん”発売中止へ

 福岡市の夏祭り「博多祇園山笠」をモチーフに、締め込み姿のハローキティが描かれていると話題になっていたタオルの発売中止が昨日、決まったと今日の大阪スポーツが報じた。

 発売中止は製造・販売のあすなろ舎(神奈川県大和市)と博多祇園山笠振興会の協議で決定。タオルには山笠で歌われる「祝い目出度」の歌詞と、法被に締め込み姿で正面を向いたキティが20体、後ろ向きのキティが1体描かれている。

 後ろ向きでお尻が見えるデザインに”賛否両論”

が上がっていたという。振興会によると、「博多祇園山笠」などの名称は2006年に商標登録しているが、あすなろ舎から

 事前に使用許可の申請はなかった

という。振興会は、

 「商標の問題もあるが、製造前に相談がなかった」

としている。あすなろ舎によると、タオルは7月上旬の発売予定で既に製造が始まっていたが、デザインを変更し、振興会の許可を得て8月頃に販売するという。同社は、

 「本来は先に相談するが、今回は見落としてしまった」
 「迷惑を掛け深く反省している」

とコメントしたという。

 紙面では問題のデザインが掲載されているが、締め込みというか、わかり易く言えば、

 キティちゃんのTバック…

いくら何でもこれはアウトだろう。振興会が怒るのはもっともだし、

 あすなろ舎の言い分も”ヘン”…

製造するにも当然、コストが掛かるのだから、許可を得ずに作るというのはまず、考えられない。あくまでも個人的な見解だが、この会社は最初から無許可で製造・販売して、

 バレたら謝るという”魂胆”

だったのではなかろうか。ところが、販売する前にバレてしまったという経緯ではなかろうか。ハマカーン風に言えば、

 これぞ自業自得の”極み”

といったところか。僕が言うのも何だが、もっと真っ当に生きようよ…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

700個を50人に販売…50才男性”石膏”で作製したモノとは?

 警視庁は昨日、静岡市清水区の介護福祉業の男性を、わいせつ物頒布の疑いで書類送検したと今日の日刊スポーツが報じた。

 警視庁は、男性の販売した石膏製模型について、現実の女性をモデルに型取りしており、

 「実物そのもので違法なわいせつ物」

と認定。模型を作って販売していた男性の書類送検に踏み切ったというのだが、男性が作製していたモノとは、

 女性の「性器」…

保安課によると昨年4月、女性の性器を模った石膏製の模型2個をネットオークションに出品し、栃木県小山市の40代の男性に郵送し、

 計3600円で販売

した疑いがあるという。男性は調べに対し、

 「女性の性器の石こうを販売したことは間違いない」

と事実関係を認めているという。また、模型を作る技術について、

 「自分より女性の性器の型を上手に取れる人はいない」
 「世間にアピールしたかった」

と供述しているという。

 模型は、男性が出会い系サイトで知り合った女性らにモデルを依頼。実際の女性器から型取りした型に石膏を流し込み、乾燥させて作製していた。模型を作製する技術は

 「特殊メークの学校に通って技術を身につけた」

と供述。男性は10年前から、同じような女性器の石膏製の模型600〜700個を、50人以上に販売し、

 約320万円の売り上げがあった

という。男性のものとみられるブログには、石膏製模型や、模型の型を取った相手だとする

 女性の写真などが紹介

されており、ネットオークションサイトで、模型を購入できるようになっていたというのだが、男性が通っていた特殊メークの学校も、

 自ら広めた技術がこんな事に使われていたとは…

思いも寄らなかっただろう。

 特殊メークの技術は特殊メークに生かせばいいのに…

趣味と実益を兼ねたのだろう。まぁ、それにしても、出会い系サイトにもそのような使われ方があったとは…。いろいろと勉強になった!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

「内容わからない…」71才男性”NHK”を提訴の理由とは?

 「日本語を大切にする会」の世話人を務める71才の男性が昨日までに、内容を理解できずに精神的苦痛を受けたとして、NHKに141万円の慰謝料を求める訴えを名古屋地裁に起こした、と今日の報知新聞が報じた。

 訴状によると、NHKでは報道、娯楽番組を問わず「リスク」「システム」「トラブル」「ケア」などの

 外国語が多用

されており、番組名にも

 「BSコンシェルジュ」
 「スタジオパークからこんにちは」
 「ほっとイブニング」
 「Sportsプラス」
 「Shibuya Deep A」

などと用いられていると指摘。日本語で容易に表現できる場合でも使われているとし、

 NHKが日本語を軽視するような姿勢に強い疑問

があるとしている。

 現在「日本語を大切にする会」を実質、1人で運営する男性は、

 「質問状を提出したのに回答がなかったので、訴訟に踏み切った」
 「NHKだけの問題ではないが、公共放送は特に影響力が強い」
 「年配者にもわかるような放送にして欲しい」

と話し、男性の代理人である弁護士は、

 「彼の訴えの根底には日本文化の軽視と急速な欧米化への憂慮がある」
 「今回は裁判は勝ち負けではなく、問題提起の意味合いが強い」

と説明。

 「ニュースや解説でも多用されているのもどうか」
 「(提訴に)批判があるのも承知している」

とも述べたという。

 記事を見るまではそれほど気付かなかったが、言われてみれば男性の訴えも「なるほど」と思う。特に経済やIT関連のニュースでは顕著である。まぁ、放送局側からすれば説明するまでもないようなことかもしれないが、

 「皆様のNHK」を謳うなら改めるべき

ではなかろうか。しかし、それよりも個人的に気になるのは、

 やたら平仮名が多い

という点。書けなくても読める漢字は漢字で表記してくれないと、どこが区切りなのかわからず、理解し辛いのである。

 一体、誰のための放送なのか?

ということをもうちょっと考えてくれてもいいのではなかろうか、と思うが、それにしても、

 「ディープA」が俎上に上がるとは…

「ディープA」も出世したものである。BS時代の塚原愛ちゃんが出ていた時からの視聴者からすれば、感慨深いものがある。「ディープA」は元々、愛ちゃんと茂木(淳一)さんでもっていた番組なのだから…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

「あらびき団」が芸人発掘…「あら-1グランプリ」開催

 CS「TBSチャンネル2」で放送中の芸人発掘番組「ナマイキ!あらびき団」が、お笑いコンテスト「あら-1グランプリ」を開催することが昨日、発表されたと今日の報知新聞が報じた。

 2007〜2011年にTBS系で放送され、COWCOWの「あたりまえ体操」や楽しんごらを生み出した「あらびき団」の後継番組。粗削りながらパンチの利いた芸人を幅広く募るため、今回のコンテストを開催。対象資格はプロ・アマ問わず

 「あらくておもしろい」

ことが審査条件。

 賞金は「1000百円」…

つまり10万円。進行役を務める「ライト東野」こと東野幸治は、

「地位も名誉もお金も手に入らないが、チャンピオンになりたいやつは、かかってこい!」

とコメントしているという。

 「あらびき団」が終わって、関西では「あらびき団」MCの東野さんと藤井さんがメインの「いじるZ」を放送し、知らない間に終わっていた。「あらびき団」終了については当ブログでTBSを批判したが、

 後継番組をCSでやっていたとは…

この記事を見るまで全く知らなかった。うちのケーブルテレビでは「TBSチャンネル1」は観れるのだが、「2」の方はオプションでも観られない。「R-1」をはじめ、「M-1」「キングオブコント」「THE MANZAI」といったビッグイベントのファイナリストの多くを輩出しているように、

 「あらびき団」は今日のお笑い界、テレビ界に大きく貢献

している。地上波の復帰、せめてBSか「TBSチャンネル1」での放送をお願いしたい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

”球宴最多得票”オリックス・糸井嘉男「稀哲さんに電話します」って!?

 プロ野球・オリックスの糸井嘉男外野手が、来月行われるオールスターゲームについて仰天プランを明かした、と今日のスポーツニッポンが報じた。

 今年のプロ野球・オールスターゲームのファン投票で両リーグ最多となる43万9518票で選出された糸井選手は、

 「正直、僕が最多とは思っていなかったので驚いています」
 「何が起こったんですかね」


と告白しながらも、ファンに向けては、

 「まだパフォーマンスは考えていない」
 「(DeNAの森本)稀哲さんに電話します」

とニッコリ笑ったという。

 「森本稀哲と球宴」と言えばファンならお馴染み。2006年には人気漫画「ドラゴンボール」のピッコロ、2007年にはムエタイ戦士、2008年にはユニホームを上下逆に着て、まるで逆立ちをしているかのような仮装など奇抜なアイデアが

 球宴の「風物詩」

にもなった。そこで、日本ハム時代の先輩に助言を受けようというのである。

 最多投票獲得は別として、ファン投票で出場するのは当然の糸井選手だが、それよりも

 稀哲さん、何してんの?

横浜に移籍してからは目立った活躍はしていないようだが、

 後輩にアドバイスしている場合じゃない…

稀哲さんがオールスターに出ないと。まだ、現役でやっているのかどうかも怪しい。そういうニュースがないということは、辞めていないようだけれど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

故カーネル・サンダース氏の”白スーツ”が競売 落札者は「…」

 ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の創業者、故カーネル・サンダース氏が着ていたトレードマークの白いスーツが今月22日、アメリカ南部テキサス州で競売に掛けられた、と今日の報知新聞が報じた。

 主催した競売会社「ヘリテージ・オークションズ」によると、落札額は

 2万1510ドル(約210万円)…

会場で落札したのはなんと、“身内”に当たる

 「日本ケンタッキー・フライド・チキン」の渡辺正夫社長

だという。AP通信によると、もともと同州に出張予定だった渡辺社長が競売を知り、

 予定を早めて駆け付けた

という。落札後、早速スーツを試着した渡辺社長は、

 「日本の子供は皆、カーネル・サンダースの顔と服装を知っている」

と話し、近く日本の

 新規店舗で展示する計画を表明


したという。

 落札者も身内、出張予定の場所で競売と偶然にしては”デキ過ぎ”の感もあるが、何でもこのスーツ、サンダース氏と家族ぐるみの付き合いがあった出品者が、

 ハロウィーンのパーティーの衣装用に借りたもの

だったという。そのまま返さなかったというのではなく、譲り受けたということだが…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

「なでしこジャパン」が欧州遠征出発 イングランド協会が“女王待遇”

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の佐々木則夫監督と18人の代表選手が昨日、ヨーロッパ遠征のため、成田空港から出発したと今日の報知新聞が報じた。

 今日23日から練習を行うセント・ジョージズ・パークは昨年10月、イングランドサッカー協会(FA)が代表強化のため

 1億500万ポンド(約158億円)を掛けて開設

されたばかり。聖地であるウェンブリー・スタジアムを模したピッチを含め、12面ものサッカー場があり、ジムも最新鋭の機材が揃う。他国の代表が使用するのは

 極めて異例…

FAの計らいに佐々木監督は

 「世界チャンピオンとしての待遇」

だというのだが、W杯優勝を期に、周囲を取り巻く環境が目まぐるしく変化している「なでしこジャパン」だが、それにしても極めて異例の”女王待遇”だというのだから驚く。これもイングランドのサッカーに対する敬意というか、考え方の違いなのか。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

マラソン・野口みずきが帰国 今度の“吉兆体験”は「…」

 今年8月のモスクワ世界陸上で5大会振りに女子マラソン代表入りした、2004年アテネ五輪の金メダリスト・野口みずき選手が昨日、アメリカ・コロラド州ボルダーでの約1か月の高地合宿を終えて帰国した、と今日の報知新聞が報じた。

 野口さんと言えば“吉兆体験”で有名。アテネ五輪前は幻の生物ツチノコやUFOを目撃したが、今回は、

 「オバケ」体験…


野口選手は寝る時に金縛りにあったそうで、

 「目に見えない何かに肩を回されてた」
 「霊的なもの? 幽霊ですかね?」
 「きっと、あれはオバケでしたね」

と説明したという。

 野口選手の肩を回した「何か」は、合同合宿を行った福士加代子選手のイタズラでもなく、取材で現地にいた“Qちゃん”こと高橋尚子さんでもなかったという。野口選手は、

 「オバQ?違いますよ(笑い)」
 「きっと肩に力が入っているよとオバケが、揉んでくれたのかな」
 「あれは、いいオバケだったと思う」

と摩訶不思議な“吉兆体験”で元気倍増。10年振りの世界選手権に向け、

 「いい結果を出して、ちゃんと復活したところを見せたい」

と語ったというのだが、今や”持ちネタ”と化している野口さんの不思議体験。ロンドン五輪では柔道の松本薫選手という”ライバル”も出現したが、野口さんも引退後のためにストックを着々と増やしているようである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

X線照射兵器でオバマ大統領暗殺計画?「KKK」メンバーを訴追

 アメリカ・ニューヨークの司法当局は今月19日までに、エックス線を照射して人を殺傷する武器を造ろうとしたとして、アメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)の技術者ら2人を訴追した、と今日の報知新聞が報じた。

 連邦捜査局(FBI)は昨年春、容疑者2人がユダヤ人組織に接触し、開発資金を集めようとしているとの情報を得て

 ”おとり捜査”を開始…


同11月、気を許した2人は、潜入捜査官に

 「武器製造計画」を打ち明けた…

捜査官は協力を装って、部品や資金を提供。会話などを録音しながら詰めの捜査を進め、製造の最終段階で2人を拘束したという。兵器の詳細は不明だが、車に乗せて遠隔操作する仕組み。容疑者は、

 「敵が眠っている間に殺すことができる」

と話していたという。捜査当局は兵器を押収後、テストしたが作動せず、

 殺傷能力はなかった

という。

 訴追資料によると、容疑者らは白人優越主義者の秘密結社

 「クー・クラックス・クラン(KKK)のメンバー

とみられ、昨年8月にノースカロライナのKKK幹部に開発資金の提供を求めたが、この幹部は警察に通報しているという。現地メディアによると、攻撃の標的にしようとしたのは、

 イスラム教徒ら…

更に、容疑者は今年4月14日のボストン・マラソンで起きたテロの際に、」

 「オバマの政策が引き起こした」

などと書き残しており、

 オバマ大統領への攻撃も想定

していた可能性も…。また、他のGE社員を含む最大6人が2人の計画に協力していたという。訴追を受けてGEは

 「事件がわかってから、容疑者を業務から外している」
 「捜査に全面的に協力する」

とコメント。2人の容疑者は有罪になれば、懲役15年になる可能性があるというのだが、こういうひと昔、ふた昔前の陰謀説やSFチックな話が実際に計画され、実行されそうになっていたことに驚く。こんなの今じゃ、

 テレ東の期首特番ぐらいしか扱わないよ…

「KKK」などというものが未だに現実に活動しているなんて、現実味が沸かない。何だかファンタジーの世界のような気がしてならないんだけれど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

東北楽天・星野監督が珍指令 球宴休みに「動物園に行け」って!?

 楽天・星野仙一監督が昨日、精神力を鍛えるトレーニングとして「動物園に行け」の珍指令を出したと今日の報知新聞が報じた。

 本拠地・Kスタでの全体練習を見守っていた闘将は真剣な目付きで、

 「おい、仙台に動物園はあるのか?」

と尋ねたという。優勝争いに食らいつくための手段に選んだのはなんと、

 ”動物園”行き

だった。過去には柔道の谷亮子が、自らの闘争心を掻き立てるために、肉食動物がエサを
貪る姿を見に行ったことがあったり、レスリング男子日本代表も1964年の東京五輪前、

 ライオンと”にらめっこ”

をして精神力を磨いたという。星野監督は

 「理不尽なことをやらされて、そこで学ぶことも多い」


と持論を展開。更に、

 「今の若い選手は精神的に追い込まれていない」
 「オールスター休みの時に(若手に)虎やライオンとにらめっこさせる」
 「俺もムチを持って行く」

と、仙台市内の八木山動物園へ行くプランを明かしたという。

 桜宮高校に端を発した体罰問題で劣勢に立たされている星野監督としては、”苦肉の策”かもしれないが、この前、TBSの野球中継を見ていたら、監督の僚友である

 田淵(幸一)さんが解説をやっていた…

星野さんが監督のままなのだから、てっきり田淵さんもヘッドコーチをやっていると思っていたのに。まぁ、記事とは全く関係ないんだけれど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

「下の方も盛り上げて…」副島美咲”本家ばり”に「ハァハァ」

 タレントの壇蜜にソックリな「小蜜」こと副島美咲と俳優の石田純一のモノマネで知られる小石田純一が昨日、東京都内で海外ドラマ「キャメロット 禁断の王城」「ボルジア 欲望の系譜」のDVD発売イベントに出席した、と今日の報知新聞が報じた。

 イベントでセクシーなワンピース姿で登場したという小蜜は、

 「皆さん、今日は下の方も盛り上げていきましょう」

とアピール。

 「小石田さんの分身が見たい」

という小蜜のおねだりを叶えるため、野球拳で一戦交えたが、小蜜が敗れ、お色気たっぷりの

 水着姿をお披露目…

意外と純情な小石田は、

 「理子に怒られちゃうよ」


とハァハァ…。

 「すみれがこんな子に育ったらどうしよう…」

と顔を真っ赤にしていたという。

 両者ともモノマネでネタの応酬という感じだが、石田さんはともかく、早くもソックリさんが出現しているように

 ”DM”さんの勢いが凄まじい…

以前、雑誌のグラビアで見た「小蜜」さんはそんなに似ている感じではないんだけれど、この紙面の画像では似ていた。少しざらついた紙で荒い印刷の方が似ているみたい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

テレビ東京・前田海嘉アナ”棒高跳び”沢野大地と結婚

 陸上・男子棒高跳びの日本記録保持者の沢野大地選手が、テレビ東京の前田海嘉アナと今月6日に結婚したことが昨日、複数の関係者の話でわかったと今日の報知新聞が報じた。

 関係者によると、沢野選手と前田アナは取材を通じて知り合い、交際に発展。沢野は冬季トレーニングをアメリカで行ったり、海外の大会を転戦するなど、日本にいない時期が多く、

 “遠距離恋愛”が長く続いた

という。2011年8月に韓国で行われた大邱世界陸上には、スポーツ局に異動していた前田アナも休暇を利用して

 プライベートで応援

に行くなど、愛を深めていったという。

 記事では前田さんについて、女性的な魅力もあり、根強いファンがいる。別の関係者は

 「スタイルが良くてセクシー」
 「口調や物腰が柔らかくて、男性はみんなメロメロになる」


などと話しているというのだが、簡単に言えば、いわゆる

 ”おっぱい”ちゃん…

現在、メジャーのダルビッシュ有投手との仲が週刊誌で報道されたりもしたが、相手は意外な人物だった。このニュースを聞いて最初に思ったのが、

 海嘉ちゃんって「そうなん…」

新興宗教と言えば、新興宗教が支持母体の某政党の

 党首が海嘉ちゃんソックリだった

ことも極々、一部で話題になったが、偶然とはいえ、こんなところでも”宗教繋がり”!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

”番組降板”水道橋博士が釈明 橋下氏マネたつもりが「スベッた」

 橋下徹大阪市長から「小金稼ぎのコメンテーター」と批判されたことを不服とし、今月15日のテレビ大阪「たかじんNOマネー」の生放送を途中で退席したタレントの水道橋博士が昨日、ニッポン放送の特番に生出演。一連の行動について釈明したと今日の報知新聞が報じた。

 博士は、橋下氏が政治家になる前、同じようにレギュラー番組を中座して降板したケースを引き合いに、

 「それを(パロディーで)再現した」
 「誰も覚えておらずスベってしまった」

と話し、降板の意思については

「辞めると思っている」
「バラエティーに呼ばれていると思っていたが、政治的な番組になりすぎた」

と話した。また、ネット上で流れている降板劇”出来レース”疑惑について、ツイッターで橋下氏が大阪府知事選出馬を真っ向否定したセリフに例えて、

 「2万パーセントない」

と表現したという。

 同番組は番組名が示す通り、当初はお金をテーマにした番組だったはずなのに、博士が指摘するように、いつの間にか

 ”橋下機長”応援番組に成り下がってしまった

のである。番組の主が病気で休養するようになってからは、特にその傾向が強いのではなかろうか。それに「小遣い稼ぎのコメンテーター」発言のキッカケになった、橋下機長の”慰安婦発言”の是非について、約8割が「問題なし」という結果になった視聴者アンケートも

 完全”ホーム”の番組で聞いても意味ないやろ…

民意と言っても、ごくごく限られた、非常に偏った人たちのものに何の意味があるのか。当欄では以前から指摘してきたが、もう

 完全に”化けの皮”が外れてしまった…

大阪市民からなぜ、リコール請求が起こらないのが?不思議でたまらない。橋下機長さんも任期満了の暁には、

 ”小遣い稼ぎのコメンテーター”に戻っていることだろう…

その席が機長さんにはピッタリである。

 それに、”機長さん”のボスである、(やしき)たかじんさんにも問題がある。別の局でやっている同様の冠番組も最初から橋下応援番組。同じ政治バラエティー番組をやっている

 (ビート)たけしさんとは明らかにスタンスが違う…

個人的に、たかじんさんには少なからず影響を受けてきたが、

 政治にクビを突っ込むようになってからおかしくなってしまった…

かつて”関西の視聴率男”として君臨したが、”昔取った杵柄”で未だに好き勝手させている

 在阪の放送局にも非常に問題がある


のは言うまでもない。まぁ、世間的には殆ど影響はないんだろうけど…。それにしても、”機長さん”のボスである2人は理由は違えど、

 既にフェードアウト…

2人にとって、”機長さん”は疫病神!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

「ハッピーバースデー・トゥー・ユー」使用巡りアメリカで訴訟

 誕生日のお祝いソング「ハッピーバースデー・トゥー・ユー」をテーマにした映画製作にあたり、歌の著作権を主張する企業から使用料を請求されたとして、アメリカの映画製作会社が今月14日までに、著作権の無効確認や使用料の返金を求める訴訟をニューヨークの裁判所に起こした、と今日の報知新聞が報じた。

 製作会社は、映画でこの歌を無断使用すると15万ドル(約1400万円)の制裁金を要求されたため、アメリカの音楽産業大手「ワーナー・ミュージック・グループ」の関連会社「ワーナー・チャペル・ミュージック」に1500ドルを支払った。訴えによると、

 同社の前身の会社が1893年に原曲の著作権を購入

したという。原告の製作会社は、世界中で歌われているこの歌を誰のものでもない

 「公共のもの」

と認めるよう求め、「ワーナー・チャペル・ミュージック」による主張は

 「誤りで違法だ」

としているという。

 誕生日の歌に著作権が発生とは、今まで考えもしなかったが、「ハッピーバースデー・トゥー・ユー」は1893年に発表された同じメロディーの

 「グッドモーニング・トゥー・オール」が原曲

で、その後に「ハッピーバースデー・トゥー・ユー」の歌詞をのせて歌われるようになったとされているという。原曲の著作権を持っているから、使用料を払えというワーナー関連会社の主張もわからないでもないが、

 歌詞の部分の著作権を持っているわけではない

のである。例えば、ドラマの収録中、出演者がその日、たまたま誕生日で、他の出演者やスタッフがサプライズで誕生日の歌とケーキをプレゼントするという映像を、テレビのワイドショーなどでもよく見かけるが、厳密に言えば、そういう場合でも使用料が発生することになるのだ。ゆえに、一般的な感覚から言えば、「公共のもの」という

 製作会社の主張が通る

のではなかろうかと思う。訴訟の行方に注目したい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

流して連覇…”自己2位”桐生祥秀選手に”追っ掛けJK!出現

 陸上の全国高校対校選手権近畿予選会が昨日、奈良県の鴻ノ池陸上競技場で行われた、と今日の報知新聞が報じた。

 男子100メートルで日本歴代2位の10秒01を記録した桐生祥秀選手は、同種目決勝で向かい風0.2メートルながら自己2位の10秒17をマークして

 2連覇を達成…

アンカーを務めた同400メートルリレー決勝でも、40秒65で17年ぶりの優勝に貢献したという。

 9秒台に最も近い日本人選手として俄然、注目を集めている桐生選手。非公認で「ジェット桐生」Tシャツが販売されたりして話題沸騰中だが、そんな桐生選手に

 ”追っ掛けJK”が殺到

しているという。100メートル決勝を終えると、

 女子選手が握手を求めて列をなした

そうで、女優・浜口順子似の美少女・奈良育英高2年の松本紗依選手は、

「初日(13日)から3日目(15日)まで握手で顔を覚えてもらって、最終日(16日)にツーショット写真を撮ってもらう」

と野望を披露。今日15日には自身の女子5000メートル競歩を控えるが、

 「パワーをもらった」
 「頑張ります」

と健闘を誓っていたという。桐生選手に乗じてスポーツ新聞に載った

 松本紗依選手がいちばんオイシかった!?

記者の”浜口順子”似という”チョイス”もマニアックだが…。世間のどれだけの人が”ハマジュン”を知ってんねん!
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

副賞はボールペン…「DJポリス」2人に「警視総監賞」授与

 警視庁は昨日、サッカー日本代表がW杯ブラジル大会出場を決めた今月4日夜、東京・渋谷で巧みな話術でサポーターらを誘導し、「DJポリス」と話題になった機動隊員ら2人に警視総監賞「賞誉3級」を授与した、と今日のスポーツニッポンが報じた。

 2人は第9機動隊広報係所属の20代の男性巡査と女性巡査長。私服の白いシャツ姿で警視庁警視総監室に入室。緊張の表情で、西村泰彦警視総監から

 賞状と副賞のボールペンを受け取った

という。男性巡査は、

「私の力ではなく、本部、上司、先輩方のご指導や、当日警備に従事した部隊員の支えがあったからこそ頂けた賞」
「感謝の気持ちで一杯です」

とチームワークを強調すれば、女性巡査長も

「大変恐縮しております」
「警備広報は都民の皆さま方の協力があってこそ成り立つものだと実感しています」

とコメントしたという。

 人混みの警備に当たった警察官に総監賞が贈られるのは初。通常は受賞まで1カ月以上掛かるが、重要な功績を素早く表彰する「即賞」となったというのだが、テレ東の「WBS」に出ている進藤さんに似てるおまわりさんはテレビ等のメディアで大々的に紹介されているし、女性巡査長も授与式での写真が紙面でも掲載されている。それなのに、警視庁は

 なぜ2人の氏名を公表しないのか?

「警備に支障がある」と説明しているそうだが、あれだけ顔を晒されているのに、サッパリ理解できない。まぁ、名前などはすぐにわかるんだろうけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

スキャンダルはうんざり…芹那“Tバック卒業”宣言

 タレントの芹那が昨日、東京・原宿の東急プラザに開店した期間限定のセレクトショップ「Manon」のピーアールイベントに登場した、と今日のスポーツニッポンが報じた。

 先週の写真誌「フライデー」が、フリルが付いた水色のTバックが、しゃがみこんだ際に露わになったバックショットを掲載。この日はそれを逆手に取り、背中から黄色の

 “見せブラ”が大胆に見える

セクシーな姿で登場。

 「今日は後ろから撮られてもいい仕様」
 「後ろは凄く気にしてます」


と自虐気味に話して笑わせたという。

 同店では「下着を新調したい」と探したが、目当てのものは見当たらず。

 「そろそろ違う形のものにしたい」

と話し、

 「Tバック卒業」を宣言

した上で、

 「スッポリいくものに変えようかな」

と面積の広いパンツへ変更する意向を明らかに…。

 「お店に行くと“あ、来たな”と思われる」
 「これからはネットで買いたい」

と話すなど”パンツトーク”で盛り上げたという。

 フライデーでは芹那ちゃんの”素の姿”が露わになったが、それをすぐにネタにしてしまうのだから流石。

 芸能人の「鑑」

である。Tバックが掲載されてショックを受けたとの報道もあったが、今は

 「持ちネタが1個増えてラッキー」

といったところだろうか。

 二代目(さとう)珠緒を襲名

してもいいぐらいである、

 しかし、今回の報道で芹那ちゃんの趣味趣向以上に驚いたのが、芹那ちゃんが部屋を訪れていたという

 小池徹平のコメント

である。Tバック写真の掲載について、

 「人権侵害」

などとキャラからは想像できない、物騒なフレーズをチラつかせているのである。交際がバレた腹いせなのかは定かではないが、そんなことを言うのなら、これから先、絶対に

 写真誌を自らの宣伝に使用するな!

事務所がデカいから、そんな強気かつ脅迫的な事が言えるのか。

 勘違いも甚だしい…

小池某にはウエンツの相方ぐらいの認識しかなく、どの程度の俳優かは知らないが、事務所の巨大な力をもってしても、そのうちフェードアウトするのでは!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

「変わっていない」はウソ…NPB”統一球を「微調整」していた!

 労組・日本プロ野球選手会と日本野球機構(NPB)による事務折衝が昨日、仙台市内で行われ、飛距離を抑えることなどを目的に2011年から導入していた統一球を今季から変更していたとNPB側が認めた、と今日のスポーツニッポンが報じた。

 NPBの下田邦夫事務局長の説明によると、昨年まで統一球に関して年5、6回の抜き打ちテストを行ってきたが、統一球の反発係数の基準値の下限を下回る球が一定数出ており、

 基準値以下の統一球が使用されていた

という。そこで、

 「昨年の夏に(製作する)ミズノ社に微調整をお願いした」

というのである。今季の公式戦で使用する統一球も4月と6月に行ったテストでは、まだ一部に下限を下回るケースもあったが、ほぼ基準値内に収まっているという。

「(選手会から)試合が面白くないという問題提起があった」
「反発係数の基準値を下回ることは問題」
「在庫をスムーズに消化するため、去年のボールは紅白戦、オープン戦でなくした」

と下田事務局長は説明。つまり、

 開幕以降は「微調整」を施した球に変わっていた

というのである。

 現場だけでなくファンからも「今年のボールは飛ぶ」との意見は多かったが、NPB側は

 「バットの改良」
 「打者の適応」

などを本塁打数増の理由としてきた。加藤良三コミッショナーも

 「何も変えていない」


と公言してきたが、ミズノ社に対して、統一球に関する問い合わせには

 「全く変わっていない」

と答えるように指示していたという。日本プロ野球選手会の嶋会長が、

 「プレーしていて明らかに違う」
 「本塁打数の増加や投手の防御率を見ても明らか」

と指摘し、NPB側は

 統一球を変更を初めて公表

したというのである。

 ミズノ社に調整を依頼したことは加藤コミッショナーらNPB事務局の数人しか把握しておらず、当然ながら12球団による

 実行委員会でも報告されていない

のである。嶋会長が、

 「昨年までの統一球を基準にインセンティブ契約を結んだ選手もいる」
 「労働条件に関わる」

と事実の解明を求めたことから、

 初めて事実を公表した

のである。今後はNPBが事実を公表してこなかったことが問題として浮上。選手会は7月に行う選手会総会でも統一球問題について議題とする構えで、

 加藤コミッショナーの責任問題を追及

する可能性も出てきたという。

 今回の件に関しては誰がどう考えても、全く理解不能である。ボールの在庫を一掃したかったというのもわからないでもないが、そんなのは社会人チームや学校へ寄付するなり、一般に販売するなりすればいいわけで、

 隠蔽の理由にはならない

のである。まぁ、簡単に言えば、素人集団のNPB側は、

 ボールが変わっても大した問題ではない

と思っていたのだ。ところが、選手会側から

 「労働条件に関わる」

と言われたから公表したのである。今回の件で改めて思ったのは、

 我が国の社会に根深く蔓延る”隠蔽体質”…

バレたらその時、謝れば済むという事なかれ主義である。相撲協会に全柔連にプロ野球、そして東電…。不祥事を起こす組織に共通しているのは

 ”親方日の丸”的な体質

である。「国技だから」「国がバックにいるから」何とでもなるという悪しき組織風土を一掃しない限り、この国の復活はあり得ないだろう。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

ガリガリガリクソン「ひとり大阪マラソン」決行へ

 ピン芸人のガリガリガリクソンが昨日、大阪マラソンと同じコースを1人で走るという仰天企画を打ち明けた、と今日のスポーツニッポンが報じた。

 大阪城の天守閣前に走者の格好で現れたガリクソンは、

 「“ひとり大阪マラソン”を決行します」
 「スポンサー募集中!」


と宣言。今月14日にスポンサーの名前入りTシャツを着て走る計画で、本日11日から自身のブログで、

 1万円の広告主1社を募集

するという。

 昨年11月の大阪マラソン、今年2月の淀川寛平マラソンに続き3回目のフルマラソン。開催理由について、

 「制限時間や周囲の人に惑わされずマイペースに走りたい」

と説明した後、

 「実は今、喫茶店のバイト辞めようと思ってる」
 「収入減を補うために広告塔になろうと思った」

と裏事情を明かしたという。広告主のメリットについては、

 「大阪市内をこの僕が社名を掲げて長時間走るんだから、宣伝効果は絶大」

と豪語。更に

 「僕が走るのを見かけた方は、ぜひジュースをおごって」

と市民にまでおねだり。「ひとり大阪マラソン」は14日午前6時に大阪城公園前をスタートし、御堂筋や京セラドーム前などを通って、午後3時までにはゴールのインテックス大阪に到着予定。ガリクソンは、

 「ファンのみなさんには、ぜひゴールを見届けていただきたい」
 「平日の昼間だけど、応援に来てください」


と呼び掛けていたというのだが、別に大したことをやるわけでもないのに、スポーツ紙の貴重な紙面を僅かでも占有しているのだから

 立派なもの…

NHKのレギュラーはなくなったが、これからもガリちゃんの動向には要注目!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする