2013年12月31日

決定!2013年私が選ぶ流行語大賞 年間大賞「シャブ&ASKA」

 最終日は年間大賞。これは時事ネタと芸能の両方を兼ねた出来事。覚醒剤などの薬物使用と暴力団組員との交際疑惑が報じられた、男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAが「週刊文春」に真相を語った。ASKAは覚醒剤使用疑惑を

 「一度もやったことはありませんよ」

と否定。使用していたのは安息香酸ナトリウムカフェイン、

 通称”アンカナ”

と告白。ただ、医師からの処方箋なしに、

 親しい暴力団員から入手

したため、

 「薬事法違反」

だったことは認めた(→後に薬事法違反ではなかったことが判明)

 更に、この組員が盗撮したアンカナ吸引シーンを

 「覚醒剤吸引」と”捏造”

され、多額の金銭を要求されたものの、刑事告訴しなかったことについては、

 「お金を貸してくれと言われただけ」
 「恐喝だとは思っていない」


とした説明。同日発売の大阪スポーツ(東スポ)が一面大見出しで

 「飛鳥告白墓穴」

と報じた。

 文春の報道後、ASKAさんの事務所は疑惑を完全否定。にも関わらず、ASKAさんは独断で文春の取材に応じ、覚醒剤ではないが、別の薬物の使用を認めてしまった。こういうことをされると、

 事務所はお手上げ…

ASKAさんからは側近がどんどん離れて、逆に良からぬ人物が寄ってくるだろう。ASKAさんに薬物のイメージがなかっただけに、僕も含めて驚いた人も多いのではなかろうか。”マンモスうれピー”さんはギョーカイでは以前から知られていたみたいだけれど…。

 大金持ちが幸せとは限らない…

世の中、ホントに何が起こるかわからない、と改めて感じた次第である。(8月1日9月28日10月9日に掲載)
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

決定!2013年私が選ぶ流行語大賞「信頼の棒読み」「安定の棒読み」

 4日目はテレビ。キー局ではテレ朝と日テレの好調ぶりとフジの凋落ぶりが際だったが、ドラマでは「あまちゃん」「半沢直樹」といった国民的人気を得た大ヒットドラマが誕生。社会現象にもなり、本家の流行語大賞でも「じぇじぇ」と「倍返し」が年間大賞に輝いたが、当ブログでも書いた通り、「あまちゃん」も「半沢直樹」も一度も観たことがない。個人的に気になったのは、EXILEのMAKIDAIさん主演の

 「町医者ジャンボ!!」

ネット上でMAKIDAIさんの演技が、

 「信頼の棒読み」
 「安定の棒読み」


と大絶賛されていた。普段全くと言っていいほど観ないドラマだが、気になったので早速、チェックしてみたら、

 ネットの評判通りの演技…

まぁ、普通なら間違いなくボツになりそうなのだが、どういう訳か日テレはオンエアを慣行。その”あまりの”演技ぶりが逆にネットで話題になり、

 深夜の時間帯としては好視聴率を記録

してしまった。ツイている会社は何をやっても良い方向に向かう、その典型を見た気がした。それとは対照的にどんどん坂を転がっていくフジテレビは酷いねぇ…。まぁ、自業自得なんだが、何だか可哀想になってくる。(10月21日に掲載)
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

決定!2013年私が選ぶ流行語大賞「採血プレイ」

 3日目は社会ネタ。当ブログではちょっと変わった性癖の持ち主を度々、紹介してきたが、最も印象に残っているのがコレ。

 京都府警が医師法違反の疑いで大阪市浪速区の風俗店経営の43才の女を再逮捕。府警によると、容疑者は自店でのSMプレーで責める側の「女王様」役。

 「8年前から客の求めに応じて針プレーをしていた」
 「出血はあるが、私は血を見ても大丈夫だったし、客が喜んでくれたので…」
 「自分に合ったプレーだと思った」

と供述している。再逮捕容疑は今年6〜9月、大阪府内のホテルで、兵庫県明石市の会社員ら男性3人に対し、無資格で注射器を使い

 男性器から採血

したり、

 針で糸を通す医療行為

をした疑い。男性器を撮影した写真を、経営する風俗店のブログで閲覧できるようにしたとして、府警は今年9月、容疑者を

 猥褻電磁的記録媒体陳列の疑いで逮捕…

ブログにあった他の写真から、

 今回の違法行為が発覚…

しかし、このプレイ自体が違法なのではなく、

 無資格で注射器を使って採血したことが違法…

ということは、もしもこの女王様が看護婦さんの免許を持っていたら、

 ”採血プレイ”は「合法」

だということになる、というおかしな話になってしまう。

 何が良くて何が悪いのか?

わからなくなってしまうという、誠にミョーな事件だった。(10月5日に掲載)
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

決定!私が選ぶ2013年流行語大賞「ヤグチプレイ」

 2日目は芸能。今年もいろいろな話題がありましたが、今年の3大スターは板東(英二)さんとみの(もんた)さんとこの人。そう、矢口真里さん。不倫騒動でその”肉食”ぶりが次々と明らかになったが、それが「モー娘。」の元同僚夫婦にも飛び火。三角関係疑惑が浮上し、

 「穴兄弟」ならぬ「竿姉妹」「棒姉妹」

なる聞いたことのないワードが…。更に東スポではフーゾクで風俗嬢が奥さん、お客さんが浮気相手という設定でイチャついている所にダンナ役の男性が入ってきて鉢合わせするという

 「ヤグチプレイ」

なるサービスが登場したという。矢口さんに”肉食”というイメージがなかったから、この騒動は意外だったが、以前にテレビのバラエティー番組で(多分「アメトーク」だと思う)、ある芸人が

 「風俗嬢に背の低い女性が多い」

という持論を発表。また別の番組ではある女芸人(多分、友近さんだと思う)が、

 「背の低い女性はエロい」

と分析していたが、

 矢口さんはまさに合致…

3人全て、現在はほぼフェードアウト状態だが、矢口さんの場合は即復帰できる。来年は本能の赴くままに

 自己を完全に解放すべき

である。人生、先はまだまだ長いのだから…。(6月30日他に掲載)
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

決定!私が選ぶ2013年流行語大賞「キンキキャッツ」

 今年も恒例の流行語大賞を開催します。当ブログ管理人である僕が独断と偏見でベスト5を選出。5日目には年間大賞を発表して、今年を振り返りたいと思います。例年は各ジャンルから選出していますが、今年は芸能・テレビと時事・社会から選びました。

 初日は社会から。いわゆる「ゆるキャラ」「ご当地キャラ」というものが完全に世間に定着。今年もふなっしーというニューヒーローが誕生しましたが、1月にはこんな話題がありました。

 近畿財務局がマスコットキャラクターを作ったと発表。マスコットキャラクターは招き猫をモデルに若手の女性職員がデザイン。財務局の

 「財」の字を記した小判を首輪に下げた

という。全国的なブームとなっている「ゆるキャラ」で近畿財務局に親しみを持ってもらうのが狙い。ホームページや資料、名刺に印刷して

 近畿財務局の仕事を”ピーアール”…

着ぐるみの製作も検討したが、

 50万円の費用が掛かり「断念」

したというのだが、このキャラクターの名前を聞いてちょっと心配してしまった。キャラクターの名前が

 「キンキ キャッツ」

だったからである。BS日テレの朝の情報番組「Oha4!」を見ていると、”あの人”が社長を務める事務所のタレントの話題になると、映像の権利の関係とかで、

 暫くの間”文字放送”になってしまう…

着ぐるみの製作を断念したのも予算不足ではなく、

 ”あの人”からのクレームからを恐れたから?

とヘンに勘ぐってしまった。真相はまだわからないので、その辺りの事情に詳しい方は是非ご一報を!(1月30日に掲載)
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

阪神・呉昇桓「ゴルゴ13」とのコラボグッズ検討

 プロ野球の阪神タイガースが、新外国人の呉昇桓投手と人気漫画「ゴルゴ13」のコラボグッズ発売を検討していることが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 寡黙な仕事人という共通項に注目し、“ゴルゴ・キャラ”として売り出すそうだが、キッカケは球団幹部の

 「本当にゴルゴのような雰囲気がある」
 「愛称は『ゴルゴ22(背番号)』だな」

という発言。今月4日に韓国・ソウルのホテルで行われた調印式で、

 「私がマウンド上で笑うことはない」

と宣言。1時間の会見中も、表情が変わることは一切なし。ハードボイルドな雰囲気は、ゴルゴ13の主役を張るスナイパー

 デューク東郷とダブっている

という。

 既に球団サイドは漫画の作者、さいとう・たかを氏にも接触を図っており、今後、具体的な商品が検討されていく模様。さいとう氏が守護神候補のイラストを描き、Tシャツやタオルなどで、

 デューク東郷と“共演”

するかもしれないというのだが、シーズン前からここまで企画が上がっているのだから、

 活躍してもらわないと困る…

もし”ハズレ”だったら、「デューク東郷のイメージを汚した」と、さいとう先生から名誉毀損で訴えられるかもしれないし…。個人的には

 スタンリッジをクビにしてまで獲らなくてもいいのに…

と思うのだが。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

「紅白」企画ゲスト発表 ふなっしー&壇蜜が初登場

 大晦日の「第64回NHK紅白歌合戦」に、千葉・船橋市の非公認ご当地キャラクター「ふなっしー」が“隠し玉”として初出場することが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 関係者によると、紅白では特別枠の応援団として出場予定。ゲームキャラクターの「なめこ」、熊本県のご当地キャラ「くまモン」ら人気キャラクターと一緒に番組を盛り上げる。設定上、声が出せないキャラが多いため、

 ふなっしーが代表して歌う可能性も…

先月27日には「ふな ふな ふなっしー♪」でメジャーデビュー。10月の新曲披露会見では

 「紅白に出たいなっしー

と宣言し、報道陣の失笑を買ったが、オリコン週間ランク

 初登場で8位を記録…

そして見事、有言実行までこぎ着けたという。

 またこの日、ゲスト審査員と企画ゲストも発表され、グラビアタレントの壇蜜が初登場するという。具体的な場面は明らかにされていないが、ある歌手が歌うバックで特技の

 日舞を艶やかに披露

するという。日舞は14才から習い始め、舞踊歴は19年。昨年4月には

 師範の資格も取得…


壇蜜本人は流派を公表してはいないが、ドラマ「半沢直樹」で共演し、審査員も務める片岡愛之助が今年10月にテレビ出演した際、

 「壇蜜さんは(坂東)三津五郎兄さんがお家元の坂東流の名取らしい」

と明かしている。

 「大胆な演出は?」

と報道陣に尋ねられた山田良介チーフプロデューサーは、

 「NHKですので節度を持って…」

と苦笑しながらも

 「チラリズムの寸止めでいきたい」

と含みを持たせたという。

 ”DM”さんのことはBSジャパンの「ギルガメ」に出ている頃から観ているが、昨年の今頃はBSにしか出演できなかった”DM”さんが最高峰のNHK、

 しかも「紅白」に出演とは…


ホントに感慨深い。”DM”さんの晴れ舞台。かといって、別に「紅白」を観るつもりは毛頭ないのだが…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

「連盟に従うしかない」小塚崇彦”五輪代表”落選にあの人は「…」

 フィギュアスケートの全日本選手権最終日が行われ、ソチ五輪の日本代表が昨日、日本スケート連盟から発表されたと今日の報知新聞が報じた。

 男子は当落線上にいた2010年バンクーバー五輪銅メダル・高橋大輔が、3大会連続代表入りを決めた。今月22日に終了した男子の最終選考会、全日本選手権で5位に沈んだが、過去の国際大会の

 実績などで“救済”…


他に羽生結弦、町田樹が選ばれ、全日本選手権で3位の小塚崇彦は外れた。全日本選手権で男子3位になりながら落選した小塚は

 「連盟が決めたことには従うしかない」
 「僕ら選手は連盟の下にいるので」
 「色々と思うところはありますが…」
 「ここで話すことはありません」

と話し、目を真っ赤に腫らして会場を後にしたという。

 選手は会場の控室に集まり、連盟から選考結果を発表された。小塚は補欠の1番手。連盟幹部には

 「もう少し早く仕上がっていたらね」

と説明されたという。シーズン序盤のGPシリーズでの不調が響いた模様だという。今後、現役を続行するか否かは未定。代表に選考された来年1月の四大陸選手権の出場も未定だというのだが、誰が代表になろうが全く関心はない。個人的に気になるのは、小塚さんと交際しているフジテレビの”ゆかりん”こと

 大島由香里アナ

である。本来なら代表に選ばれても当然だったのに選ばれなかったのだから、小塚さんには

 局アナなんかと付き合っているからだ

と批判されて当然だし、逆にゆかりんには

 アンタが余計な事をしたからダメになったんだ


とバッシングされるのも然りである。しかも、ゆかりんは元々小塚さんのファンで、取材対象でありながら”職権乱用”を行使し、交際に至っている。マスコミに関わる者として

 一番やってはいけないことをやった

のである。小塚さんは五輪代表になれなかったという制裁を受けた。さて、

 ゆかりんにはどんな”制裁”が待っているか…

今後の2人の去就に注目である。ゆかりんは個人的に大好物なんだけど、

 そこら辺の局アナと同じ…

志の低さを露呈した。1年ダブってまでして入ったフジテレビなのに、それも

 単なる「腰掛け」とは…

完全に初心を忘れている。いつも言う自業自得なんだけれども…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

「若手の給料1か月分くらい」COWCOW多田“伊勢丹スーツ”新調

 お笑いコンビ「COWCOW」の多田健二が昨日、京都・よしもと祇園花月で、トレードマークである伊勢丹の紙袋柄の新スーツをお披露目した、と今日の報知新聞が報じた。

 伊勢丹が今年、55年ぶりに紙袋を新調したことに合わせてリニューアル。生地から手掛けたため、以前の費用8万円から跳ね上がり

 「大阪で活躍する若手芸人の1か月分くらい」
 「20〜30万円?まぁまぁまぁ…」

と暴露発言も。

 「色合いが落ち着いたので、これからは大人な感じを出したい」
 「もうギャグとかしない」

と宣言し、すかさず相方の山田與志から

 「大人を勘違いしている」

と突っ込まれたという。

 多田さんの衣装には何の関心もないんだが、大阪で活躍する若手芸人の月収が20〜30万円というのは世間的な感覚では

 安いと言えば安い

し、ギョーカイ的には

 妥当と言えば妥当だし…

と言ったところ。まぁ、吉本は特別に安いので、他の事務所ならまた違うんだろうけど。全国ネットの番組に出るようなグラビアアイドルでもビックリするぐらい安いと聞くし…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

”待機夫”も出た…中国の珍ビジネス「託夫所」って!?

 「老公寄在処(夫ロッカー)」「託夫所」と呼ばれるお父さんを預かるサービスが中国で流行していると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 最近、中国各地のデパートでは嫌々、買い物に付き合わされている旦那さんと、あれこれ見比べて買い物をする奥さんとの夫婦喧嘩が後を絶たない。そこで、

 「退屈している旦那さんを預かりましょう」

という託夫所サービスが始まったという。所内の部屋には冷暖房、ソファ、新聞、雑誌が完備しており、

 優しい”保母さん”から無料で飲み物が提供

されるところもあるそうで、北京、上海、武漢、瀋陽などの大都市では託夫所サービスのあるデパートやスーパーがますます増えているという。

 「普通の休憩所はせいぜい丸椅子を2、3個置いてある程度」
 「くつろげないし、たばこも吸えない」
 「待たされるイライラがたまる一方」
 「託夫所サービスは大歓迎です」

と好評だという。

 一方、あまりにも居心地の良い託夫所が新たなトラブルを呼んでいるという。

 買い物に関係のない旦那さんまで託夫所に入り浸り

始め、現在では待機児童ならぬ

 「待機夫」が託夫所の前に列をなしている

という。何時間も入所を待つ待機夫らは、

 「もっと収容人数を増やせ」
 「麻雀卓を置いてくれ」
 「美人ウエートレスを置くべきだ」
 「宿泊サービスを」

と言いたい放題だというのだが、そこまで来ればもう

 デパートではなくなってしまう…

そのうち、

 「風俗嬢を常駐させよ」

などと言い出すのでは!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

NHK・小郷知子アナ「妊娠5か月」来春から産休へ

 NHKの小郷知子アナが第1子を妊娠していることが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 関係者によると、妊娠5か月で来年5月末に出産予定。土、日曜(祝日)担当キャスターを務める「NHKニュース7」など仕事は体調を考慮しながら来年3月頃まで続け、産休に入ることになりそうだ。

 出産後も仕事を続ける

つもりだという。小郷アナは昨年7月、東京都内の大手映画会社に勤める同い年の男性と結婚。映画関係者は男性について

 「誠実でマジメ」
 「人間力があって、周囲からの信頼も厚い」
 「お似合いの夫婦です」

と話しているという。

 小郷さんに関しては某巨大掲示板で、以前から「おめでた」だと話題になっていた。NHKサイドとすれば、某先輩のようにくれぐれも

 2年連続で「産休」ってことになならないように…

と思っているに違いない!?ただでさえ人手不足なんだから。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

「長い長い41年間」あぶさん完結”来年2月”で幕

 水島新司さんの野球漫画「あぶさん」が来年2月に完結することが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 「あぶさん」は1973年に「ビッグコミックオリジナル」で連載スタート。来年2月5日発売の同誌に最終話が掲載される。全976話。単行本は今までに104巻発売。

 最終話は106巻に収録

される。酒豪の強打者、あぶさんこと景浦安武は1973年にドラフト外で南海ホークス(現ソフトバンク)に入団し、当初は代打専門で活躍。その後レギュラーとなり、3年連続3冠王になった。

 2009年に現役を引退…

2013年から1軍助監督を務めていたが、

 今オフ退団

したという。

 小学館によると、退団したタイミングに合わせ、連載が終了することになった。20日発売号を含め、残り4話で退団後を描く。水島さんは

「数え切れないほどの多くのプロ野球選手の皆さんから応援と協力をいただきながら、この作品は育ってきたように思えます」
「長い長い41年間でした」


などのコメントを寄せたというのだが、「あぶさん」が何よりも凄いのは、

 41年間連載が続いた

という事実。水島先生の偉大さを感じた次第である。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

中日・ドアラ”大減俸”も落合GM”直電”で終身契約ゲット

 プロ野球・中日ドラゴンズの人気マスコットのドアラが昨日、名古屋市内の球団事務所で契約更改交渉を初公開したと今日の報知新聞が報じた。

 年俸は好物の食パン1キロから、25%減となる食パン750グラムでサイン。落合GMが就任した今オフ、球団は超厳冬査定を敢行したが、筆談で会見したドアラも

 「みんなと一緒 25%↓」

とガックリ肩を落とした。今季はナゴヤドームでの

 バック転成功率が4割6分9厘

と不振を極めたばかりか、8月に左手中指の骨折で

 約1か月半の欠場…

プロ19年目で初のダウン提示に

 僅か10分で降伏

したが、落合GMから救いの手も差し伸べられた。交渉中の西山球団代表に落合GMが電話を入れ、

 「彼の貢献度は大変高いので、ぜひとも終身契約をしてほしい」

と注文。同代表が快諾し、ドアラもオレ流の心遣いに

 「体の限界までいていいらしい」
 「すぐ限界がこないようにしなければ」

と、感激の涙を流したという。ただ、

 契約は1年更新で年俸変動制…

来季に関してはバック転の成功率による出来高も盛り込まれ、結果が求められる立場に変わりはない。

 「ひねりでバシバシ決めていく」
 「100%成功」


と話したというのだが、シーズンが終わってネタがない時に球団がこういうことをやってくれると、新聞の記者は

 ホントにありがたい

と思っているに違いない。マスコットキャラクターとして世間に認知してもらうまでが大変なんだろうけれど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

福岡県の男性公務員が懲戒免職 地方公務員法違反の疑いって!?

 福岡県は県土整備部の52才の男性職員について、副業を禁止する地方公務員法違反の疑いがあるとして懲戒処分を検討していると今日の報知新聞が報じた。

 県によると、男性職員は1991年に採用され、1993年から県の出先機関で公用車の運転手として勤務。内部調査に

 年間約200万円の報酬を得ていた

ことを明らかにした。

 「悪いことだと分かっていた」
 「未練があり、やめられなかった」


と釈明しているというのだが、公務員の兼業がバレたという、まぁ良くある出来事だが、この男性の兼業はちょっと珍しい。なんと、

 声優をしていた

というのである。男性は採用前から声優活動を続けており、7、8年前に福岡市内の

 タレント事務所に登録…

週に1、2回福岡市内のスタジオで収録し、地元テレビ番組やCMで活躍。

 「たばこの味やにおいは嫌でたまらなかったのです!」

などとナレーションしていたというのだ。事務所ホームページでは、

 顔出し「NG」

だったようで写真は掲載されず、

 「声のみで勝負いたします」

と記述していた。所属事務所はこの日、

 「(該当する男性の)管理及び事務代行業務を打ち切りました」

と発表したというのだが、AV女優ではよくあることだが、

 声優で顔出し「NG」はないやろ…

でも、法律違反だとわかっているので顔は出せないし。公務員なんかにならずに、最初から「声のみで勝負」していればいいのに…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

腰痛完治せず…田中理恵「引退」キャスター転身へ

 昨年のロンドン五輪体操女子日本代表の田中理恵選手が現役を引退することが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 関係者によると、田中選手は今月に入って日本体操協会に引退届を提出。この日も関係各所を回って引退の報告を行った。和歌山北高時代からの持病だった腰椎分離症の悪化を理由に

 今季は休養

しており、腰痛が治らないため競技生活にピリオドを打つことを決断したという。23才で出場した2010年世界体操で、華麗な演技をした選手に贈られる

 「エレガンス賞」を日本女子で初受賞…

昨年の全日本選手権とNHK杯で初優勝し、25才と遅咲きで

 五輪に初出場…

兄の和仁、弟の佑典と共に日本体操界初の3きょうだい代表として注目を集めた。ロンドンでは女子主将として団体総合8位入賞に貢献。美しい容姿も話題となり、五輪後は芸能プロダクションからの

 オファーが殺到

していた。本人もスポーツの魅力を伝えるキャスターへの転身に興味を示しており、今年の世界体操では

 番組ナビゲーターに挑戦…

バラエティー出演もこなし、この年末年始も多くの番組に出演する予定という。

 オリンピックも出場できたし、引退するには丁度いいタイミングだということだろう。これからはテレビやCM出演も増えるだろうし、

 自分の好きなように何でもやれる立場

になったのだから、バラ色の人生を楽しんでもらいたい。くれぐれも、変な男に引っ掛からないように…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

京都・伏見稲荷大社で火事!?その”犯人”は?

 昨日午後3時40分頃、京都市伏見区の伏見稲荷大社の北側で「煙が出ている」と、近くにいた人が119番通報したと今日の報知新聞が報じた。

 境内につながる参道の近くの木が一部燃えた他、大社周辺にある売店付近でも落ち葉が燃えるボヤがあったが、いずれもすぐに消し止められた。伏見署によると、

「カラスが火のついたロウソクを3本くわえ、燃えた木の方へ向かって行くのを見た」

という目撃情報がある。同署は2ヶ所とも、このロウソクの火が燃え移ったとみているというのだが、カラスがゴミ箱を漁っているのをしばしば見かけるが、ロウソクをくわえていたというのは聞いた事がない。

 なぜ食べ物ではなくロウソクなの?

という疑問が出てくるのだが、売店の女性従業員は、

 「カラスは和ロウソクを食べようとしていたのではないか」
 「過去にもカラスがロウソクを持って行って木が焼けたことがあった」

と話しているというのだ。和ロウソクが何で出来ているのかは知らないが、

 和ロウソクは食べられる

ということを初めて知った。これでまたひとつ賢くなった!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

英医師ら論文発表「007」ジェームズ・ボンドは酒の飲み過ぎ

 スパイ小説「007」シリーズの主人公ジェームズ・ボンドは酒の飲み過ぎで、任務遂行は不可能―。英ノッティンガム大の医師らの研究チームが今月13日までに、こんな論文を英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに発表した、と今日の報知新聞が報じた。

 ボンドは作中で美女と一夜をともにすることで有名だが、研究チームは

 「これだけ多量の酒を飲んだら性的機能は働かない」

と指摘。アルコール依存症が疑われるとして、ボンドに

 専門的な治療を受けるよう“助言”

しているという。

 研究チームは、原作者の故イアン・フレミング氏が書いたシリーズ14作のうち、飲酒に関する詳しい記述がない2作を除く12作について、

 ボンドの飲酒量を記録…

ケガや監禁などで飲酒が不可能な期間を除けば、1週間の平均飲酒量は

 適正量の4倍以上

に達すると分析。飲酒量からすれば、作中で描かれる

 ボンドの活躍は不可能

と指摘。手の震えや肝硬変などのほか、性的不能になる恐れもあるとしているというのだが、以前に「空想科学読本」というものがあったが、こういうのを真面目に分析して論文として発表するのが面白い。誰かさんのくだらないアメリカン・ジョークとは大違い!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

和歌山県橋本市が大失態 Jアラートで”誤放送”って!?

 昨日午後1時50分頃、和歌山県橋本市で、全国瞬時警報システム(Jアラート)の動作確認中に誤放送が、市内各所に設置されたスピーカーから流れるトラブルがあったと今日の報知新聞が報じた。

 市は当時、市民に気象情報などを伝える防災メールに、Jアラートの情報を合わせて流す試験をしていた。

 放送が連動して始まることを十分に確認していなかった

といい、中峯伸行防災推進室長は

 「今後は再発防止に努めたい」

と話したという。

 Jアラートは地震や津波、大規模テロなどの緊急情報を国から自治体を通じ、住民に伝えるシステムで、橋本市防災推進室によると、放送は市内129か所のスピーカーや、小中高校などの屋内83か所に置かれた装置から約30秒間流れ、まもなく訂正放送をした。市や警察、消防に

 「本当か」

との問い合わせが数十件相次いだというのだが、誤って流れた放送とは、

 「ゲリラ攻撃の可能性があります…」


放送はゲリラ攻撃に備え屋内退避を呼びかける内容だったというのだ。

 そりゃ、ビックリするわな…

橋本市にゲリラ攻撃の対象になる施設があるかどうかはわからないが、「ゲリラ豪雨」はあっても

 「ゲリラ攻撃」はないでしょうよ…

それに、単なる試験なのに、サンプル原稿に

 なぜ「ゲリラ攻撃」を選んだのか?


そのチョイスが全く理解できない。もし誤って流れたとしても、市民生活に当たり障りのない文言で良かったんじゃないの?

 「本日は晴天なり」とか…

そういう辺りも考慮に入れていないというのはお粗末だし、もし本当にこういう事が起こったら、恐らく

 市は対応する能力はない

のではなかろうか。今回の大失態はそれを自らが証明した!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

南ア「マンデラ氏」追悼式 手話通訳は「偽者」だった!

 全世界に生中継された今月10日のマンデラ元南アフリカ大統領の公式追悼式で、手話通訳者として壇上に立った男性が、手話のできない「偽者」だったと南アの聴覚障害者団体や専門家から批判が続出している、と南ア通信や欧米メディアが今月11日、伝えたと今日の報知新聞が報じた。

 男性は、オバマ米大統領らが弔辞を述べた際に、隣に立って手話通訳らしく振る舞った。専門家らは

 「手を動かしているだけで、意味をなしていなかった」

と指摘している。アーネスト米大統領副報道官は今月11日の記者会見で、偉大な指導者であるマンデラ氏をたたえる式が乱されたことは

 「残念だ」

と不快感を示した。南アのチャバネ大統領府相は11日の記者会見で、

 問題を調査中


だと述べた。ヨハネスブルクの聴覚障害者学校の校長は、

 他国の障害者らから苦情が寄せられている

と語った。男性は昨年、南アのズマ大統領が出席したイベントでも手話通訳したという。

 男性は地元メディアに統合失調症を患い、薬を服用していることを明かした。壇上で幻覚を見たり、幻聴が聞こえたそうで

 「できることは何もなかった」
 「非常に危険な状態で、コントロールできなかった」
 「本当に申し訳ない」


と謝罪する一方で、地元ラジオには追悼式での手話に満足しているとし

 「私は手話のチャンピオンだ」


などと話したというのだが、苦情が来ただけで特に何も起こらなかったから良かったものの、もしも

 このおっちゃんがテロリストだったら…

と思うとゾッとする。どういう経緯であのおっちゃんが壇上に立ったのか?キッチリと調べる必要がある。国の威信が懸かっているのだから…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

「レコチョク」アワード授賞式 ”金爆”ふなっしー獲得に失敗

 音楽配信サイト「レコチョク」の年間ランキングを発表する「デジタル・ミュージック・アワード2013」の授賞式が昨日、東京都内で行われたと今日の報知新聞が報じた。

 会場にはEXILEのMAKIDAI、ゴールデンボンバー、「ふなっしー」らが出席。昨年に続き「女々しくて」で表彰されたゴールデンボンバーの鬼龍院翔は、

「そろそろ飽きられる頃なので…」
「勢いのあるゆるキャラを入れるとか、変化をつけていこうかな」


と、それとなく「ふなっしー」にグループ入りを打診したが、当のふなっしーは

 「来年はゆっくり休むなっしー」
 「もう疲れたなっしー」

とまさかの休養宣言。スカウトは失敗に終わったという。

 個人的には全く関心がないんだけれど、”金爆”って消えなかったねぇ…。今年も紅白に出るらしいし、今度こそは取り返しのつかない事をやらかして、NHKのエライ人にこっぴどく怒られて

 見事に散ってもらいたい…

曲がりなりにも芸人だったんだから。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする