2017年04月06日

86才女「ウソつきババア」連呼で逮捕

 兵庫県警西宮署は昨日、近所の女性の自宅周辺で、大声で「うそつきばばあ」と言うなどの嫌がらせを繰り返したとして県迷惑防止条例違反の疑いで兵庫県西宮市愛宕山の無職の86才の女を逮捕した、と今日の報知新聞が報じた。

 逮捕容疑は今年1月10日頃から2月16日頃までの間、被害者の女性が自宅から出勤する際、大声で

 「うそつきばばあ」
 「謝れ」


と言うなどの嫌がらせを繰り返した疑い。同署によると、約7年前、被害女性が自治会の役員をしていた際、

 容疑者の自宅の前にごみ置き場が設定された

ことが、嫌がらせの発端とみられる。ごみ置き場は輪番制だったとみられるが、容疑者は納得せず、

 嫌がらせによる報復に出た

模様だ。被害女性は数年前から家族とともに西宮署に被害を相談をしていたが、立件には至らなかった。昨年7月に改正条例が施行され、

 迷惑行為の適用範囲が広がった

ため、逮捕につながったという。容疑者宅は閑静な住宅密集地。

 「今年も正月三が日を除くほぼ毎日、嫌がらせがあった」

という近隣住民の声もあったという。現在、ごみ置き場は

 容疑者宅前に置かれていない

というのだが、実は僕もこれと同じような光景を目の当たりにしたことがある。おばあさんが、他人の家の前で大声で罵声を浴びせていた。こういう話は時々聞かれるが、条例が改正されないと警察が動けないなんて、

 ちょっとおかしい

のではないか。社会がおかしくなるにつれて、イカれた人間も続々出てくるだろうから、行政は早急に対策をしてもらいたい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする