2017年07月11日

名門高校球児が売春斡旋「高野連に報告なし」の波紋

 春夏通算9回の甲子園出場を誇り、多くのプロ野球選手を輩出している拓大紅陵の元野球部員3人が昨日、知人の少女に売春させたとして警視庁に逮捕されたと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 3人はすでに退学しているが、

 事件当時は野球部に所属…

この事件を学校サイドは

 高野連に報告していなかった…

出場辞退にも発展しかねない事態とあって、波紋が広がっている。警視庁少年育成課は、売春防止法違反(周旋)の疑いで、拓大紅陵の元野球部員である17〜18歳の少年3人を逮捕した。一部の少年は容疑を否認しているという。捜査関係者によると、逮捕容疑は今年1〜2月、30代の男性客に知人の少女を引き合わせて、

 売春をあっせんした疑い…

3人は当時、高校2年の同級生で野球部員だったが、

 現在は退学

している。ツイッターを使って男性客3人を集めていた。だが「今は退学しているから問題ない」とはhならないのが、

 連帯責任の高校野球…

事件を起こした当時、部に所属していたのならなおさらで、事件のあらましを高野連に報告し、

 処分を待つのがルール

となっている。しかし、一部報道によると、県高野連はこの件についての

 報告を受けていない

という。今後の流れとしては日本高野連が審議委員会を開き、拓大紅陵の処分を検討。その後に日本学生野球協会審査室へ上申し、そこでの審議を経て正式な処分が決まることになる。通例から「報告遅れ」も上申案件には含まれることから

 「対外試合禁止」という重い処分

になることも十分に考えられるというのだが、チーム自体の出場辞退や出場禁止にはならないと思うが、事件を報告しなかった

 学校側に問題があるのは明らか…

校長と監督、部長の辞任は必至だろう。しかし、

 高校生がヤーさんのような事をするとは…

世も末である。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする