2017年07月30日

議員辞職はせず…中川俊直氏”女性問題”で謝罪表明

 女性問題で経済産業政務官を辞任し、自民党を離党した中川俊直衆院議員(広島4区)が昨日、広島県東広島市で記者会見を開き、

 「迷惑を掛けた全ての人に心からおわびしたい」
 「許していただけるなら身を粉にして働いていきたい」

と述べ、議員辞職しない意向を示したと今日の日刊スポーツが報じた。

 会見は今年4月の問題発覚後初めて。会見に先立ち後援会の会合に出席し、一連の問題に関して支援者に直接説明。ほぼ丸刈りとなった中川氏は、会見で

 「支援者に『生き恥をかいても郷土の皆さんの役に立ちたい』と釈明した」

と述べた。次期衆院選で自民党に支援を求めるかと問われると

 「私の口から申し上げられることではない」

と述べ、明言は避けた。中川氏は「おわびと再起の会」と題した

 政治資金パーティーの開催を8月に計画

したが、批判を受けて

 取りやめていた

というのだが、生き恥をかいてもやりたいというのだから、

 国会議員は余程オイシイ

んだなぁ…という事なんだろう。また、この期に及んで、

 こんなオッサンを未だに支持する人がいる

のも不思議でならない。まぁ、利害関係だけなんだろうけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする