2017年01月21日

「カープと全然違う」とにかく暗いドラゴンズに久本打撃投手が苦言

 プロ野球・中日の久本祐一打撃投手が昨日、5年ぶりに復帰した古巣に

 「とにかく暗い」
 「カープと全然違う」


と苦言したと今日の報知新聞が報じた。

 ナゴヤ球場での合同自主トレでは、練習後に新人選手が自己紹介を兼ねてファンにあいさつしている。この日、久本が

 「笑いを取れ!」

と言って送り出したのがドラフト4位左腕・笠原だった。しかし、まじめなあいさつだけで退散。久本はイラ立った表情でルーキーからマイクを奪い取り

 「裏方として帰ってきた久本です」
 「チームを何とか明るくしていきたい」


と声を張り上げて、喝采を浴びた。4年間在籍したカープで、中日とのチームカラーの違いを肌で感じた。このオフも静岡市で広島・菊池らと自主トレ。現地では鯉党の芸人「ザ・ギース」尾関らが“前座”としてコントをして、訪れた

 ファンを喜ばせていた

という。

 「広島はファンの力で勝たせてもらった部分もある」
 「飽きさせない工夫をしている」


と、オフでもファン目線のサービスが充実していることを強調。ファンとの一体感が、昨季優勝の一因と力説した。自身が在籍した2002〜2012年を含めて、中日に足りないのが

 “ファン・ファースト”の意識

だと話す。

 「(お立ち台などで)きれい事ばっかり言っても仕方ない」
 「ファンはロッカールームでの会話に近い話を聞きたいと思う」

さらに、

 「(広島などと違って)球団事務所が本拠地に隣接していない」
 「ファンの声が届きにくい」
 「こっちも球団職員の顔が分からない」

と自軍の構造的欠陥も指摘。“とにかく明るいドラゴンズ”への変身が、チーム強化につながると信じているというのだが、ドラゴンズが暗い最たる原因は、やはり

 あの人の存在にある

と思う。しかし、昨年でクビになったのだから、それだけで雰囲気がガラッと変わるのではなかろうか。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック