2017年02月23日

試合中にパイ食べてポッチャリGKが辞表 賭けの対象“やらせ”疑惑

 イングランドのサッカーFA杯5回戦でアーセナルに0対2と敗れた5部サットンは今月21日、その試合中にベンチ内でミートパイを食べたGKウェイン・ショーの辞表を受理した、と今日の報知新聞が報じた。

 5部アマチームが歴史あるカップ戦の16強入りで夢のような快進撃と言われていたが、一転して悪夢に襲われた。体重127キロで「ポッチャリGK」として人気の控え選手が

 ベンチでパイを頬張る

映像が英国営BBCテレビで放映されたことがきっかけ。食事だけならまだしも、

 『賭け』の対象になっていた

から大問題となった。英国公認ブックメーカーで

 「ショーがパイを食べているシーンが映る」に9倍

がついていたのだ。これにより“やらせ”疑惑が強まり、サッカー協会(FA)やギャンブルの当局が捜査。売り上げは

 「1万ポンド(約141万円)以上」

という。ユース時代のショーは、元イングランド代表で通算30得点したFWシアラーと同じサウサンプトンでプレー。自身の行動がギャンブルの対象だったことを知っていたが、

 金を賭けたことは否定…

アーセナル戦の直後に

「控え選手も使い切っていたし、0対2で負けていたから、冗談のつもりだった」

と話したが、涙ながらにクラブを去ったというのだが、自分が賭けていなくても、

 知り合いとか仲間が賭けている可能性は十分ある

のだから、捜査されるのは当然だろう。いるかどうかはわからないが、イギリスのヤーさんに脅されてやったという可能性もあるのだから…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック