2017年03月08日

築地でもヒ素 基準の2.4倍

 東京都が2013年、築地市場(中央区)敷地南端の壌汚染調査を実施し、環境基準の2.4倍に上るヒ素などの有害物質が検出されていたことが昨日、都への取材でわかったと今日の報知新聞が報じた。

 築地市場の土壌調査で汚染物質が確認されたのは初めて。都は

 「土壌はアスファルトで覆われており、健康に影響はない」

としているというのだが、なぜ2013年の調査結果が

 今になって明らかになるのか?

サッパリ理解できない。これは

 「豊洲も築地も汚染されているのだから、豊洲にすれば?」

と都が小池知事に決断を迫ってるんじゃないの?と勘ぐりたくもなる。森友学園の件にも言えるのだが、

 役人がやりたい放題やっている

という印象が非常に強い。まぁ、今に始まったことではないけれど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447825756

この記事へのトラックバック