2017年04月05日

仕事に行きたくなかった…自分で腹切り「刺された!!」

 京都府警下京署は昨日、京都市下京区の飲食店店員が「路上で歩いていて刺された」とうその被害申告をしたと明らかにした、と今日の報知新聞が報じた。

 男性は「仕事に行きたくなかった」と話しており、軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで書類送検する方針。下京署によると、男性は今月3日午後9時頃、下京区のコンビニに駆け込み、

 「男に刺された」
 「通り魔だ」


と申告、店員が119番した。男性は腹部にケガをしており、同署が傷害事件として緊急配備するなど捜査を進めていたが、説明が二転三転していることなどを指摘すると、

 虚偽を認めた

という。男性は2日も無断欠勤しており、

 「自分で腹部をはさみで切った」
 「けがをすれば仕事に行かなくてよくなると思った」

と話しているというのだが、警察が捜査をしているし、コンビニの営業も妨害しているのだから、軽犯罪法違反だけではなく、

 偽計業務妨害の疑いもある

のではなかろうか。そんなに仕事に行きたくなければ、

 とっとと辞めればいいのに…

自分で刺して、ウソまでついてやることでもないだろうに。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック