2017年05月09日

安倍首相追及に「読売新聞読んで」

 安倍晋三首相は昨日、憲法9条改正を提起してから初の国会論戦に挑んだ、と今日の報知新聞が報じた。

 民進党の長妻昭元元厚生労働相が、自衛隊を国防軍と位置付けた2012年の

 自民党改憲草案は取り下げるのか

と追及すると、首相は

 「党総裁としての考え方は読売新聞に書いてある」
 「それを熟読していただきたい」

と答弁。国会軽視とも受け取られかねない発言に、場内からは

 「そんなバカなことはない」

とヤジが飛び交ったというのだが、首相が国営放送でも中継している場で、一民間企業である

 読売新聞の宣伝をするとは…

しかも、

 読売新聞は政府及び自民党の広報紙

だと首相自らが認めたのも同然で、前代未聞だし、

 イカれてる

としか思えない。

 ホントにこれでいいの?

と有権者に問いたい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449988058

この記事へのトラックバック