2017年05月12日

どぶろっくがオペラに初挑戦も下ネタ全開

 お笑いコンビ「どぶろっく」が昨日、東京都内で行われた新感覚オペラ「ひかりのゆりかご〜熊になった男〜」(7月7日、東京・めぐろパーシモンホール)の製作発表に出席した、と今日の報知新聞が報じた。

 森慎太郎は執事役、江口直人は教祖役でオペラ初挑戦。森は

「夢のよう」
「初体験なので経験者の足を引っ張るかもしれないけど、やる気だけはあります」
「意気込みは“ビンビン”です」


と気合十分。風呂場で練習する毎日。

「歌唱の難しさ、奥深さを感じている」
「たくさんの方にオペラの世界を知るきっかけになってほしい」
「我々も歌の幅を広げたいですし、歌い方も変わってくるかもしれない」

と話した。オファーを受け、江口は

 「オペラにベッドシーンあったかな、“オペロ”の方かなと思った」

と下ネタ全開でニヤリ。「もしかしてだけど」の歌ネタを披露し、場内を沸かせたというのだが、どぶろっくがオペラとは斬新だが、サンテレビでやってるケンコバさんのエロ番組の一コーナーで、尼神インターの後任になぜか、

 どぶろっくが担当

しているのかがわからない。どぶろっくの方が遥かにギャラが高いと思うのだが…。しかも、わざわざ東京から連れて来ているのだ。まぁ、5分位のコーナーだから、1回来て10本分位撮るんだろうけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック