2017年07月19日

アン・シネのセクシーウエア 米国では罰金対象?

 全米女子プロゴルフ協会が、胸元の大きく開いたシャツなどを禁止するドレスコードを設定したと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 今週の「マラソン・クラシック」から適用される。違反者には

 罰金1000ドル(約11万円)

が科され、2度目以降は罰金が倍々に増えていく厳しい内容になっている。スカートの長さについても規定が設けられており、日本ツアーでセクシー旋風を巻き起こしているアン・シネのファッションは

 米国では違反

になる可能性がある。当のアンは、このニュースを

 「知りませんでした」

とした上で

 「不快感を与えるのであれば、規制も必要だと思う」

と理解を示した。日本ツアーのドレスコードは、どうなっているのか。トーナメント規定に含まれる「選手の心得」には

 “女性ゴルファーらしい身だしなみを常に心がけなければならない”

とあるものの、

 「スカートの丈など、細かな規則はありません」

迷彩柄とポケットが膨らんだカーゴパンツは禁止だが、その他に関してはメーカーがゴルフウエアとして販売しているものであれば、Tシャツを含めて

 着用可…

過去に極端なへそ出しウエアで出場したアマチュア選手に注意を与えた際は

 “女性ゴルファーらしい身だしなみ”に当たらない

と判断したという。日本ではウエアの華やかさは女子ゴルフを盛り上げる一つの要素になっているが、規制を始めたゴルフ先進国の影響を今後は受けることになるのだろうか?というのだが、個人的な見解では、セクシーなウェアを着ているからセクシーだというのはちょっと違うと思う。

 セクシーな人は何を着てもセクシー…

ゆえにアメリカのように規制が厳しくなっても、アン・シネさんのセクシーさは変わらないと思うんだけれど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック