2018年04月23日

レイザーラモンRG”細川たかし”のモノマネで仕事30倍

 演歌歌手・細川たかしの弟子「こぶしたかし」として活動しているレイザーラモンRGに思わぬチャンスが訪れている、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 沖縄で開催され昨日に閉幕した「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」にRGが参加。21日に那覇市内で行われた音楽ステージ「波の上スーパー歌謡祭」では、作曲家・中村泰士氏とともに、細川の代表曲

 「北酒場」を熱唱

した。髪の毛を半分剃り上げて、細川のモノマネをしていたRGに一時、

 細川が激怒

していたが、テレビ番組で共演して

 無事、和解…


それどころか細川はRGを弟子として公認し、自ら

 “こぶしたかし”

と命名。いまでは2人一緒にイベントを行うほどの仲だ。その細川の師匠に当たるのが中村氏。日本レコード大賞に輝いた「北酒場」やデビュー曲「心のこり」などの楽曲を数多く作曲し、

 細川を“プロデュース”した人物

した人物だ。舞台上でRGが

 「僕もプロデュースされてるようなもんですよね?」

と言うと、中村氏も

 「孫弟子やな」

と笑顔で答えた。「北酒場」を2人で歌った時にはRGが客席に

 「たいじコール」

を要請すると、観客から

 「た〜い〜じ、た〜い〜じ」

と熱烈な声援が送られた。RGは、細川のモノマネを始めてから

 仕事が激増…

自ら

 「30倍ほどになった」

と言うほど引っ張りだことなっているが、

 さらに仕事が増えるチャンス

が来た。実は細川が今年リリースする楽曲を、

 中村氏が久々に作曲

する話が進んでいるというのだ。これを伝え聞いたRGは

 ニンマリ…

本紙の取材に

「その曲が出たら、中村先生と細川さんが一緒にイベントに出たりするでしょ?」
「もちろん、それに僕も呼ばれるでしょう!」
「乗っかる気マンマンですよ」

とうれしそうに話したというのだが、仕事が30倍って凄い。まぁ、30倍といっても

 ”トイチの吉本”だから…

世間が思うほど儲かってはいないと思うけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: