2018年05月19日

最年少昇段・藤井七段に思わぬ敵“転売ヤー”のエジキに

 将棋の最年少棋士・藤井聡太六段が昨日、大阪市の関西将棋会館で指された第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝で、船江恒平六段との対局に臨み、72手で勝利したと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 昨年、6組で優勝し5組に昇級していた藤井六段は、この勝利で規定を満たし、

 七段昇段

を果たした。15歳9か月、プロ入り後1年7か月での七段昇段は、加藤一二三・九段が持っていた記録を破る

 最年少・最速


となった。次々と記録を塗り替える中で、“転売ヤー”のエジキにもなっているというのだが、これはイタチごっこで

 やりようがない

面もある。人気者には避けては通れないものとして放置するか、

 グッズ類を一切販売しない


方針にするしかない。将棋連盟からすれば痛し痒し!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: