2018年05月31日

“紀州のドン・ファン”怪死の謎

 「4000人の美女に30億円を貢いだ」などの逸話で知られた“紀州のドン・ファン”こと、和歌山県の実業家、野崎幸助氏が“怪死”を遂げていたことが明らかになった、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 総資産額は50億円ともいわれ、本紙インタビューでは

 「いい女を抱くために一生懸命仕事をしている」
 「男はそうじゃなきゃいけない」


と豪快に語り、今年2月には

 55才年下の女性と3度目の結婚

をしたばかり。今日発売の「週刊新潮」は、その遺体から

 覚醒剤が検出

され、警察が捜査に乗り出す事態になっていると報じたから穏やかでない。野崎氏の名前が世間に知れ渡ったのは2016年2月、50才近く年下の

 愛人に6000万円相当の金品を盗まれた

事件が明るみに出た際だった。この事件で当時の愛人は逮捕され、5000万円相当の宝石は戻ってきたが、

 現金は返ってこなかった…

一方で、野崎氏の

 「セックスは1日5回」

などの驚愕の性豪エピソードが注目され、自叙伝

「紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男」も大反響

を呼んだというのだが、まだ事件かどうかもわからない段階だが、素人目でも

 内部の事情に詳しい者の仕業

とみて間違いないのではなかろうか。結婚と言ったって、籍を入れただけで、実質的には愛人みたいだし…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: