2018年06月01日

坂口杏里”ストリップ”挑戦の極秘練習現場に潜入

 元タレントでセクシー女優だったANRI(坂口杏里)が、本紙既報通り東京・台東区の浅草ロック座の公演(6月16〜30日)で、ストリップデビューを果たすと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 女優・坂口良子さん(享年57)を母に持つANRIは、タレントや女優として活躍後、2016年に

 アダルトデビュー…

翌2017年9月には、インスタグラムで

 「芸能界引退しました」
 「今、キャバ嬢として頑張ってやっていきたいです」


などと表明し、アダルト界からは

 事実上引退に…

その後の消息は不明だった。動きがあったのは今年4月。創立71年を誇るストリップの殿堂・浅草ロック座の公演で

 ストリップに挑戦

することが明らかになった。ANRI本人も5月17日、インスタグラムで

 「浅草ロック座にてストリップします」

と宣言した。ストリップデビューのきっかけについては

 「単純にダンスが好きだから」

と説明。

「(昨年9月に)芸能界をやめて、フリーになってから、これが1発目のお仕事」

だといい

 「ロック座で踊るという素晴らしい機会をいただいた」
 「この私でいいのかなと思ったけど、ありがたく受けた」
 「セクシーに、なおかつかわいらしくやれれば」


とほほ笑んだ。芸能活動していたころを含めてダンスの仕事の経験は

 「今までなかった」

と首を横に振るが、

「高校のときに創作ダンスの部活をしていた」
「憧れは『モーニング娘。』さんで、あのダンスを覚えるのが好きだった」


と力説した。2016年にアダルト女優に転身したのは金欠だったためと一部で報道された。今回のストリップデビューは

 「お金とかそういう問題じゃない」

とキッパリ言い切り、

 「ただただ単純にダンスが好き」

と純粋な思いをここでも口にした。いまは

 キャバクラには勤めていない

という。今後の活動については

「(所属の)お話はいただいたけど事務所には入らない」
「誰かに縛られたりしないで、自分でやっていく」
「ストレスも負担もかからない」

とフリーで展開していくつもりだ。目の肥えたロック座のファンに認められて、このままストリッパーに本格転身するか、はたまた別の道を歩むか、目が離せないというのだが、ダンスが好きというのなら

 なぜストリップなのか?

「お金の問題ではない」と言うのなら、

 別のダンスでも良いではないか?


などとツッ込んだらキリがないのだが、まぁ、生存が確認できたのだから良かったのではなかろうか。ストリップのギャラに満足できなければ、またAVに復帰するんだろうけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: