2018年08月22日

フジが本腰入れる「Mプロジェクト」

 フジテレビが同局を背負う次世代のキャスターとして、人気作家の村上春樹氏に本気でオファーを出すという、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

「フジ局内には『Mプロジェクト』なる編成チームが組織された」
「もちろんMは村上さんのM」
「村上さんを囲い込むべく、好物や趣味をリサーチしています」
「非公式にすでに接触を始めているようです」

と関係者。気になる村上氏のキャスターとしての資質については、5日にDJを務めたラジオ番組「村上RADIO〜RUN&SONGS〜」(TOKYO FM)で

 実証済み

だ。

「村上さんに話ができるのかと当初は心配されていたが、いざ始まってみれば杞憂にすぎなかった」
「自らディレクターも務め、選曲と解説を担当」
「ニューヨークのセントラルパークを米作家にインタビューしながら走った思い出や、オープンカーの屋根を開けて歌いながら運転するという意外な一面も明かしました」
「放送前に質問を募集したところ、日本だけでなく海外からも多数の質問が届いた」
「注目度はピカイチですよ」


と放送作家。そんな村上氏に白羽の矢を立てるというのが

 フジテレビ…

実現すれば10月の改編からでも登場させたい意向だ。

「もはやフジの報道番組は壊滅状態」
「秋元優里アナの不倫騒動や元NHKの登坂淳一アナのセクハラ疑惑での土壇場降板などたたられている」
「元NHKの有働由美子アナは日テレに持っていかれた」
「村上さんには『プライムニュース イブニング』か『直撃LIVE グッディ!』のメインキャスターの席を提示するようです」


と事情通。ノーベル文学賞候補でもある村上氏だけに、気になるのが出演料だ。

「出演してくれれば間違いなく視聴率は取れるのであちらの言い値でいい」
「とはいっても基準がないと村上さんも困惑するだろうから150万円から提案したい」

と事情通。果たして村上氏はフジの救世主となるか、というのだが、村上さんほどの人が

 フジのオファーを受けるわけがない

ではないか。わざわざ

 自分のキャリアにキズを付ける

ような事をするはずがない。フジは出演者を変えるとか姑息な手段ではなく、もっと

 根本的な事から考え直さないと…

当欄では度々言っていたが、いっその事、

 報道を放棄してスポーツ・エンタメに特化

するのが世のため人のためだと思うのだが…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | テレビ・ラジオ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: