2018年08月24日

濱松恵の自伝小説にザワつく芸能界 超ド級暴露話の当事者は戦々恐々

 “炎上女優”の濱松恵が執筆した自伝小説「黒い薔薇」(発売中)の内容をめぐって、一部の芸能関係者がザワついていると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 濱松は今月10日に都内でイベントを行い、本紙既報通り、20代のイケメンボディーメンタルコーチとの入籍と、“6股男”

 狩野英孝との不倫情事をオリジナルドラマ化

すると発表し、同時にこの自伝小説を発売した。その中身は

 超ド級の暴露話ばかり…

大部分が濱松が関係を持った

 男性芸能人との情事

について描かれているものの、相手の名はさすがに

 イニシャル表記


となっている。さらに、

 薬物を常習していると思われる男性芸能人

の描写まであり、衝撃的内容に芸能関係者が注目している。

「いくつかの話について、私も知っている内容が含まれていた」
「売名行為だよ、と濱松を突き放す人が多いが、意外とバカにできないのでは」
「特に薬物を使用するという男性芸能人の部分は、今後のキャスティングのためにも、真偽が気になるところ」

とテレビ関係者。ほかにも

「打鍵器で骨をコツコツと叩く」趣味を持つ人気俳優

との一夜が詳細に描かれていたり、海外志向の強い俳優が

 バイセクシュアルをカミングアウト

したとする描写もある。また、デビュー曲がスマッシュヒットしたという

 2人組ミュージシャンのうちの1人の子を出産


したと明かしている部分もあり、イニシャルが解明されてしまえばファンを巻き込んで大騒動となることは間違いない。本の登場人物たちはみな、何事もなく過ぎ去ってほしいと願っているはずだが、いつイニシャルが実名に変わるかは、

 濱松だけが知るところ…

イニシャルで書かれた芸能人は、いつ落とされるかわからない“爆弾”におびえる日が続きそうだというのだが、この手の展開は石原真理子さんもやっていたが、記事からの印象では、

 石原さんよりも数段エゲつない

感じがする。この人は何せ、

 交際相手の範囲が幅広い

のでホントに驚いてしまう。

 どこで知り合い、どういう理由で交際するのか?

不思議で仕方がない。当事者からすれば気が気でないだろうが、個人的には、

 濱松さんと結婚したいと思う男がいる

という事自体が一番驚きである。この男、何者?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: