2018年08月26日

「私の奴隷」続編2作 人前で全員パンツ禁止

 6年前、壇蜜主演で話題となった映画「私の奴隷になりなさい」の続編、「ご主人様と呼ばせてください」(9月公開)と「おまえ次第」(10月公開)の完成試写会が昨日、都内で行われたと今日の日刊スポーツが報じた。

 冒頭、2本通しての主演、毎熊克哉から衝撃の?発表があった。

「先ほど、プロデューサーから『今日は全員ノーパンで舞台あいさつに立つ』との通達があったので、先ほどトイレで脱いで参りました」

客席からオーッと声が上がると、毎熊は

 「何か解放された気分です」

「ご主人様−」のヒロイン・行平あい佳は

「私は劇中では毎熊さんの調教を受けてずっとノーパンだったけど、人前でノーパンは初めて」
「不思議な気分です」

と続けた。初代ミニスカポリスで、「おまえ次第」で女王様役にふんした福山理子は、実際に女王様の修行を積んだホンモノ。

「ボンテージ衣装だから、私だけは今日パンティーをはいてますが、日頃はノーパンで過ごすことの方が多いです」

と貫禄の笑みを見せた。あいさつの終盤ではマイむちで毎熊をひと叩きするサービスも。本気の一撃に思わず

 「ギャッ」

と声を上げた毎熊は

 「ノーパンだったのを忘れました」

と答えたというのだが、ノーパン指令を暴露したのは

 宣伝効果を上げるため?

Sの人なら暴露しないと思うのだが…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: