2018年10月24日

河北麻友子 所属のオスカーでも看板

 女優でモデルの河北麻友子が昨日、トリンドル玲奈、玉城ティナ、八木アリサ、emma、藤田ニコルとともに都内で行われた「ViVi NIGHT IN TOKYO HALLOWEEN PATTY!」に登場した、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 同イベントは女性ファッション誌「ViVi」の主催。この場でトリンドルと玉城の同誌専属モデル卒業が発表された。イベント前の囲み取材でトリンドルは、

 「7年間モデルをやらせていただいて、今26歳」
 「時期的にもちょうどいいのではないか」

と語った。ドラマの収録や、初めて一人暮らしを始めたときも「ViVi」の撮影があったといい

 「人生そのものです」

卒業後は同じ出版社の「with」に移る。一方の玉城も、

「最年少(16歳)で表紙をやらせていただいて、信じられなかったし、うれしかった」
「(当時の先輩モデルに)必死でついていきました」

としみじみ。今後は女優業を中心に活動していくという。この2人が卒業することで同誌の看板となるのが

 河北麻友子

だ。2012年4月号に初登場したが、これは八木に次ぐ“古株”。出版関係者は

 「今まで以上に気合が入るでしょうし、存在感が増すだろう」

指摘する。さらに、

 「モデルだけではなく、タレントや女優としても存在感は増すのでは」

と指摘するのはテレビ関係者だ。

「所属事務所のオスカープロモーションでは、武井咲が結婚と出産で仕事に急ブレーキがかかりました」
「さらに剛力彩芽は、交際中の前沢友作社長のことをのろけまくって炎上中です(笑い)」
「仕事のオファーも慎重になるでしょうし、業界の期待は自然と河北に集まらざるを得ません」

この日、河北は衣装について、

 「『ネオン』というテーマに合わせました〜」

とあっけらかんと語っていたが、今後は“オスカーの新エース”としても期待がかかってきそうだというのだが、他にもいっぱいいそうなのに、

 麻友ちゃんがエースか…

まぁ、新しい子が次から次へと現れるので、油断は禁物だけれども。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: