2012年12月31日

決定!私が選ぶ2012年流行語大賞 年間大賞「監督も男だ」

 最終日はいよいよ、年間大賞の発表です。今年のスポーツ界は何と言っても、ロンドンオリンピック。過去最高の38個のメダルを獲得したが、中でもレスリングの吉田沙保里選手の五輪3連覇。その後、世界選手権も制して国民栄誉賞を受賞するなど大活躍だったが、吉田選手の3連覇を生観戦したのが、

 「安心戦隊エガソック」…

巨大な耳当てに白い手袋。金色のレスリングスーツには

 胸に「EGASOK」のロゴが…

そう、江頭2:50が、吉田が昨年CMで演じてユニークな姿が話題になった

 「安心戦隊ALSOK」のコスチュームを似せて自作

して応援していたのがインパクト大。エガちゃんの実行力をまざまざと見せ付けた格好だが、これをも上回るニュースがあった。

 6月20日に発覚した巨人・原監督の1億円スキャンダル。当時の大阪スポーツ(東スポ)によると、信州・長野へのチーム移動日となった翌21日は現場に大きな動揺が広がりつつあった。誰もが気になりながらも口にできず、チームには異様なムードが充満。そんな浮き足立った空気を感じ取り、率先して行動に移したのがキャプテン・阿部慎之介選手だった。長野に着くとスタッフに、

 「選手を全員集めてもらえますか」

と指示。選手と一部関係者だけが出席した緊急ミーティングを開催し、

 「監督も男だ」

と発言。野球に集中するよう真剣に説いたという。その直後、宿舎で

 原監督が選手に謝罪…

チーム関係者は、

 「慎之助の言葉で皆が落ち着きを取り戻した」

と明かせば、ある若手も、

「阿部さんの話を聞いて『余計なことに振り回されてはダメだな』という気持ちになりました」

と話したという。

 巨人は危なげなくペナントレースを支配。その後、阿部選手はグラビアアイドルとの

 不倫疑惑が報道

されるも、圧倒的な実力でリーグ優勝し、日本一に輝いた。リーグ優勝の祝勝会では報道で命名された

 「宅配屋しんちゃん」

というフレーズを用いるなど、超ゴキゲンな様子も報道されたが、個人的に非常に気になっているのは、

 原監督は来季も続投するの?
 続けていいの?


ということである。あくまでも個人的な見解だが、原さんがWBCの監督をやらなかったのはスキャンダルのケジメを付けるためであり、それゆえ機構側もオファーしなかったのだと思っている。ゆえに、巨人の監督も今季限りで辞任すると思っていたのに、

 そんな話が全く伝わってこないのが不思議でならない

のである。世間では今、

 「1億円スキャンダル」なんてあったの?

という空気さえ感じられる。まぁ、今更でもないのだが、

 日本と言う国が巨人というチームと酷似

していると、この件は改めて感じさせてくれた。権力と金に任せてルールを自分たちの都合の良いように解釈、あるいは改悪し、都合の悪いことはメディアなどと結託して情報操作して「なかったこと」にする。その結果どうなったか。プロ野球はこの国と同様、

 衰退の一途を辿っている

ではないか。そんな状況にも関わらず、何も変わろうとしない、いや変えようとしない巨人(=プロ野球界)に明るい未来はないし、巨人と酷似している、どこぞの国もまた然りである。(7月9日に掲載)
posted by エセてれびまにあ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

決定!私が選ぶ2012年流行語大賞「フル勃起」

 今年は五輪ウィークで日本も過去最多のメダル数を獲得。大いに盛り上がったが、その影で元五輪金メダリストが起こしたとんでもない事件の裁判が行われていた。昨年9月、指導していた大学の女子柔道部員を合宿先のホテルで乱暴したとして、準強姦罪に問われたアテネ、北京両五輪の柔道金メダリスト・内柴正人被告の第6回公判が11月29日、東京地裁で行われた。

 今回の対象になっているのは、昨年9月17〜20日まで東京・八王子市内のホテルを宿舎に行われた合宿。内柴被告が、被害者とされる部員Aさん、別の部員Fさんと、同月20日未明に性行為をしたことは既に明らかにされている。前日の第5回公判で弁護側が、更に

 3人目の部員Qさんとも関係があった

ことを質問でほのめかしたが、この日の公判では、

 本人がQさんとの関係を認めた

という。被害者参加人の弁護士からの、

 「9月17日の夜、Qさんともセックスしたんですね?」

との質問に

 「そうですね」と肯定…

更に、

「Qさんとはずっと前から関係があり、一度、部内で問題になったことがあります」

と妻子持ちの

 被告の“愛人”だったことを告白

したという。事件とされるのはAさんとの行為だけだが、被告は

 3泊4日の合宿中に3人と性行為をした

ことになるという。また、別の質問では、

 「『子供ができた』と言われてトラブルになった」

ことがあり、

 定期的に女性に送金していた

ことも明らかにされた。

 「(その女性と)付き合いがあった」
 「お金に困ってるという話で情もあるし…」

と被告は理由を説明。弁護人によると「示談したと聞きました」とのことで、法廷で被告は

 「隠し子?いません」

と否定したという。

 裁判では被害者参加人の弁護士が被告の、

 派手すぎる下半身事情を次々に追及…

その過程で

 被告の大学の部屋などに避妊具や「大人のおもちゃ」があった

ことが明らかになり、

 「口淫」を意味する言葉が法廷内に何度も飛び交った

そうで、被告は、口淫されながらAさんの陰部等を触った体勢について

 「前かがみになって…」

などと手を動かして再現実演してみせ、

 「フル勃起(ぼっき)かどうかわからないです」
 「(自分の陰茎は)そんなに暴れん坊(棒?)じゃないから」


などと説明したというのだから、ただ呆れるしかない。

 内柴センセイは恐らく実刑を食らうことになると思うが、”お勤め”を終えた後、

 ”然るべき道”へ進んでもらいたい…

性欲も満たせてお金も貰えるのだから「文句なし」だろう。続報だが、子供さんが学校でいじめられているそうで、奥さんは離婚の方向で話が進んでいるそうである。奥さんには自業自得の部分はあるが、

 親を選べないお子さんが本当に可哀相

である。(11月30日に掲載)
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

決定!私が選ぶ2012年流行語大賞「さすがのロックも参っちゃうよ」

 3日目はカテゴリー分けするなら芸能になるのか。10月30日に亡くなった直木賞作家の藤本義一さんの葬儀・告別式が行われた。芸能人や有名人、著名人など約1000人が集まったのだが、意外なところでは、

 内田裕也さん…

何でも家族ぐるみの付き合いで一緒に良く飲んだそうだが、ジョー山中さんや安岡力也さんに続き、ひと月まえには桑名正博さんの葬儀に参列したばかり。

 「フラフラだよ」
 「これだけ続くと、さすがのロックも参っちゃうよ」


と、相次ぐ悲報に肩を落としたという。最近、訃報があると必ず名前が出てくる裕也さんは、有名人のお葬式があると必ず姿を見せる

 晩年の森繁久弥さんを彷彿…

当時も書いたが、裕也さんの「二代目・森繁」襲名の日は現実味を帯びてきた!?(11月3日に掲載
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

決定!私が選ぶ2012年流行語大賞「克也シート」「克也モデル」

 2日目は時事・社会ネタ。今年は後半に起こった通称「尼崎事件」のインパクトが強烈すぎたが、もうひとつ大きな出来事があった。

 今年6月、オウム真理教・特別手配犯の高橋克也容疑者と菊池直子容疑者が逮捕。逮捕後、2人の潜伏生活や逮捕に至る経緯が明らかになったが、高橋容疑者が逮捕直前に立ち寄ったマンガ喫茶やメガネ屋が話題になった。スポーツニッポンでは高橋容疑者がマンガ喫茶で座っていたソファー席を

 「克也シート」と命名…

また、報知新聞では偽名で勤めていた会社の寮から逃亡して2日後、メガネ屋で購入したメガネを

 「克也モデル」として紹介

していた。その後、これらのお店がどうなったのかは定かではないが不況の中、少しぐらいは恩恵を受けることができたのだろうか?(6月18日19日に掲載)
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

決定!私が選ぶ2012年流行語大賞「福山ルール」

 今年も恒例の流行語大賞を開催します。当ブログ管理人である僕が独断と偏見でベスト5を選出。5日目には年間大賞を発表して、今年を振り返りたいと思います。

 1日目は芸能。今年もいろんな事が起こりましたが、その後の広がりを含めてという意味でこのニュースをピックアップ。歌手で俳優の福山雅治が女優の吹石一恵との”お忍び愛”を1月27日発売の写真誌「フライデー」が報じた。同誌によると、昨年末頃から計4回、メガネに帽子、マスクといった

 完全防備する吹石の姿が福山のマンションで目撃

されたという。ただ、決定的なツーショットはなく、

 双方の事務所も完全否定…

しかし、複数の芸能マスコミが以前から2人をマークしていたのも事実で、

 「2ヶ月近く前から動いていた社もあるようだ」
 「吹石はこのマンションを何度も訪れている」

と出版関係者は話しているという。吹石は大量の荷物とペットのうさぎを連れて辺りを警戒しながらマンション内へ入ったり、マンション前までタクシーでやって来たものの、

 不審な車が気になって来た道を引き返した

ほど警戒したこともあったという。そんな吹石の異常な警戒振りが、

 逆に相手が福山であることを確信させた

のかもしれないというのだが、2人の今後について芸能プロ幹部は、

 「自然消滅するしかないのでは…」

と説明している。というのも、福山は事務所での立場や女性ファンのことを最優先に考えており、

 「決定的な証拠はなくても相手の名前が出た段階でアウト」
 「ドライな関係を望んでいるから『結婚』の二文字もアウト」


だというのである。これを大スポは、

 「福山ルール」と表現

した。

 その後、この話題は意外な方向へと広がりを見せる。福山さんと吹石さんの熱愛を取材する過程で、このマンションに

 今田耕司さんとオセロの中島知子さんが住んでいた

ことが発覚。中島さんは自称・占い師との同居や家賃滞納などの問題で

 一躍”時の人”となった

のは記憶に新しい。更に

 このマンションの家主がモックン

で、義理の父である

 内田裕也さんのために建てた

ことが明らかになった。中島さんは占い師と別れて、もうすぐ復帰するとかしないとか…という話になっているようだが、ひとつの話題からこれだけ芋づる式に芸能ニュースが次々と出てくるのは珍しい。世間は福山さんのネタなんて、完全に忘れているんじゃないの!?(1月17日31日などに掲載)
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする