2018年01月14日

トランプ氏「くそったれ国家」発言に全世界が猛反発

 トランプ米大統領がアフリカやカリブ海諸国を「くそったれ国家(sithole countries)」と侮辱する発言をしたとされる問題で、トランプ氏への抗議が今月12日、世界で巻き起こったと今日の日刊スポーツが報じた。

 発言は今月11日、トランプ氏が議員らとの非公開会合で移民制度を協議した際、

 「くそったれ国家から、なぜ多くの人がここに来るのか」

などと中傷する言葉を使い、アフリカ諸国やカリブ海の島国ハイチから来る

 移民の多さに不満を示した

とされる。米メディアが出席者の話として伝えた。AP通信などによると、アフリカ54カ国の大使は12日に米国で緊急会合を開き、

 「常軌を逸した差別的な発言」

として発言の撤回と謝罪をトランプ氏に要求。アフリカ連合(AU)も

 「最も強い言葉で非難する」

との声明を出した。欧州でも

 国連人権高等弁務官事務所の報道官が記者会見で批判

するなどした。トランプ氏はこの侮辱発言を否定。報道は

 「野党民主党の捏造(ねつぞう)」

と主張しているが、民主党の上院議員はトランプ氏が

 「不快で下品な言葉」を確かに使った

と断言した。同じ共和党のライアン下院議長も

 「残念だ」

と述べた。国内外で非難の声があがる一方、白人至上主義を掲げる米秘密結社KKKやネオナチ団体は

 「(トランプ氏は)真実を語った」

と絶賛。発言の波紋は世界を巻き込み、広がる一方だというのだが、発言の真偽はどうであれ、トランプさんの支持者が絶賛しているというのだから、

 トランプさんも同様の考え

だという事で間違いないだろう。ここで気になるのが

 sitholeの和訳…

日刊スポーツでは「くそったれ」と訳しているが、テレビでは

 「不潔な」「便所のような」

などと訳している。

 「くそったれ」と「便所のような」ではかなり印象が違う

と思うのだが。う○こ繋がりではあるんだけれども…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

10代妻への暴行逮捕から釈放…三橋貴明氏の“陰謀論”過去ブログ

 10代妻への傷害容疑で警視庁高輪署に逮捕された経済評論家の三橋貴明氏が昨日、釈放されたと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 三橋氏は今月5日午後7時ごろ、自宅で10代の妻に足をかけて転倒させ、顔を平手で殴ったり、腕にかみついたりして、

 全治1週間のケガを負わせた疑い


が持たれている。高輪署の調べに

 「何もしていない」


と否認したが、昨年9月と11月にも同様のトラブルで妻から

 110番があった

という。2010年には参院選比例代表で

 自民党から立候補も落選…

昨年12月13日には、

 安倍晋三首相と会食

したことをブログで公開。政策に批判的な意見を伝えたとして

「近い将来、私に何らかの『スキャンダル』が出るか、痴漢冤罪で捕まるか、弊社に国税が来るのは避けられないでしょう」

と意味深に書き込んでいた。

「まるで今回の逮捕劇が国家による陰謀であるかのように見えてしまうが、彼をハメたところで何の得にもならない」
「そこまでの大物ではないし、安倍首相と会食している時点で政権側」

とはあるテレビ関係者。むしろ今回は

 「逮捕されるべくして逮捕された」

との声が多い。昨年、妻からの2度のSOSを受け、当局は三橋氏に暴力をやめるよう警告したが、

 反省の色はなし…

法曹関係者いわく

「民事不介入が原則のなか、逮捕に至ったのだから当局もよほど悪質と判断したのだろう」

それだけではない。三橋氏には2016年秋にも

 同様の逮捕歴がある

という。その相手は不明だが、出版関係者によると

「当時、三橋氏はあるメディアで連載を持っていたが、その時期に突然連載が中断して騒ぎになった」

三橋氏の勾留請求は却下され、昨日釈放。自身のブログで、5日夜に夫婦喧嘩となり、平手打ちしたことを認めた。一方で、釈放時に報道陣が集まったことについては

「『マスコミの連中にこれだけ言ってやる! くそくらえ!』と中指を立てて追い払いました」
「こう言っては何ですか、わたくし共の『夫婦喧嘩』が、それほど凄い事件なのでしょうか そんなに目くじら立てて追っかけるようなネタかよ!」


と挑発的な言葉を並べているというのだが、単なる夫婦喧嘩で

 逮捕されないでしょうよ…

でんでん首相の取り巻きだったら、某評論家みたいに官邸に頼んで逮捕状をモミ消してもらったら良かったのに…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

「白戸家」お父さん犬 各地寺社に設置

 ソフトバンクの白戸家CMに登場するお父さんの巨大像は昨日、東京・浅草寺、名古屋・大須観音、福岡・愛宕神社などにお目見えした、と今日の日刊スポーツが報じた。

 今年の干支の戌にちなみ、ソフトバンクが高さ3メートルの

 お父さん像を8日まで設置

し、初詣を盛り上げるというのだが、紙面にはイメージ写真が載っているのだが、

 なかなかのインパクト…

これを実現するのにソフトバンクはいくら積んだ!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

NHK受信料徴収「合憲」集金人に対抗の映像コンテスト「賞金30万円」

 NHKの受信料制度に対し、最高裁が今月6日に合憲とする判断をしたばかりだが、受信料徴収にまつわるトラブルが絶えないと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 女性宅に夜遅くに訪れるなど、しつこい訪問を繰り返したNHK集金人の動画が、ユーチューブに投稿され話題を呼んでいる。この集金人は、女性宅を何度も訪れたうえ

 「本日放送受信料の件で訪問させていただきました」

という手紙を

 1日に17通もポストに投函

した。女性は、尼崎市市会議員で政治団体「NHKから国民を守る党」に所属する武原正二氏に情報を提供。武原氏が、同じ集金人が女性宅に再度やって来たところを注意する模様を撮影した動画を

 ユーチューブに投稿

した。ネット上では

 「権力があれば何をやってもいいのか」
 「(集金人が)非常識すぎる」

などと炎上している。元NHK職員で同党代表の立花孝志氏は

「集金人はNHKが外部契約している300社近くある下請け会社から派遣されているスタッフ」
「彼らにはノルマがあり、出来高で給料がもらえるので、丁寧に説明して契約を取るのではなく、荒々しい手段に出る人が少なくないのです」


と指摘する。立花氏の元には

「ドアに足を入れて閉めさせないようにしたり、扉を強く叩き続けたりした」
「『契約するまで帰らない』と言ってきた」
「マンションで『○○さん、お金払ってください』と大声を出された」


などの集金人の強引な行動が寄せられているという。一方で最高裁が、受信料制度が契約の自由を保障する憲法に違反するかが争われた訴訟で、合憲と初判断し、司法のお墨付きが出たことで、受信料契約をする人の数は飛躍的に増えている。

 「最高裁の判決で、集金人の取り立て方がより強引になっていると聞く」

という立花氏は次の行動に出た。ネットで

 「悪質なNHK集金人を撮影して投稿すれば30万円もらえるコンテスト」

を開始したのだ。撮影した動画を送信し、ユーチューブで再生回数が最も多かった人が優勝し、30万円をもらえるというのだが、最高裁の判決は

 明らかに間違っている…

電気やガスや水道は料金を滞納すれば供給されないのに、なぜテレビは放送を止めないのか?以前のアナログ放送ならまだしも、現在は地デジでB-CASカードを入れないと受信できないのだから、

 NHKのみ受信できないようにするのは容易

なはずである。集金人も完全に

 借金取りと化している…

こういう悪質な行為は犯罪にはならないのか。警察もこういう輩をキッチリと取り締まるべきである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

「米国防総省がUFO極秘調査」これは「X-ファイル」存在の裏付けか

 米紙「ニューヨーク・タイムズ」など複数のメディアが昨日までに、米国防総省(ペンタゴン)が2007年から未確認飛行物体(UFO)の調査を極秘裏に行っていたと報じた、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 同紙などによると、調査を要望したのは民主党上院議員だったハリー・リード氏。同氏と関係のある航空宇宙関係のベンチャー会社が請け負い、ブッシュ政権だった2007年から7年間で

 2200万ドル(約24億8000万円)の予算が投入

され、UFOの映像や音声などを解析していたという。オバマ政権中にいったん終了したが、その後もペンタゴン内で調査は継続され、

 トランプ政権にも引き継がれている

とみられる。調査対象には、サンディエゴ沖で2004年に米戦闘機が追跡した

 白っぽい楕円形の映像

も含まれているという。オバマ政権ではジョン・ポデスタ大統領顧問が2015年の引退時に

「私の最大の後悔はオバマ大統領にUFOファイルを開示させられなかったことだ」

とツイッターでつぶやき話題となった。同氏はメディアでたびたびペンタゴンがUFOファイルを持っていると話していたが、今回の報道で

 ウソではなかった

ことになる。ポデスタ氏は昨年の大統領選時にヒラリー・クリントン陣営に入った。ヒラリー氏は大統領になった暁にはUFO情報の開示を公約に掲げ、UFO目撃スポットである

 「エリア51」の調査にも取り組む


としていたが、敗れていた。UFO情報の開示を巡っては、さまざまな陰謀論が渦巻き、時の政権を左右してきた。トランプ氏はUFO否定派ともいわれているが、今回の報道も

 “フェイクニュース”


と片付けてしまうのだろうか?というのだが、東スポでは以前から盛んに報道されていた事だが、有力紙で具体的に報道されているのだから、

 現実味を帯びてきた

のではなかろうか。NYタイムズと東スポでは信憑性が違うから…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

国民栄誉賞W授与に「安倍首相の歴代最多記録狙い」の声

 政府が、将棋界史上初の「永世7冠」を達成した羽生善治氏、囲碁で初めて7冠独占を2度果たした井山裕太氏に、国民栄誉賞を同時授与するべく検討に入ったことで、将棋、囲碁界が沸いていると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 将棋界と囲碁界のツートップへの同賞の授与検討が明らかになった昨日、羽生氏は日本記者クラブでの会見が入っていた。

 「話を聞いたときは驚いたし、大変名誉なことだと思った」

と喜びを表現した。井山氏も

 「ただただ驚き、身に余る光栄だと恐縮している」

とコメントした。年内に正式決定、年明けには表彰式が行われる見通しだ。国民栄誉賞は1977年の創設以来、これまでに

 個人23人と1団体が受賞

している。そのたびに議論に上がるのが

 「首相の政権浮揚の道具にされている」

という見方だ。今回も野党議員からは

 「授与の明確な基準もなく、時の政権のサジ加減で決まる」
 「今年は特に安倍首相の意向が働いている」

と指摘する。国民栄誉賞は過去の受賞者と当時の内閣が並べられて報じられることが多い。団体受賞のなでしこジャパンを除いて、個人に最も多く賞を与えたのは

 中曽根内閣と安倍内閣の4人…

今回、羽生、井山両氏が受賞すれば、安倍内閣が歴代最多授与の記録を

 「6人」に更新

となる。来秋の自民党総裁選で安倍首相は退陣の見込みとも言われる。

「授賞のチャンスを狙っていたと思う」
「1人ではなく、一気に2人に与えることにしたのも、今後の内閣に『6人』の記録を抜かれないようにしたのと、退陣まで後がないと見越したから」
「国民栄誉賞のたびに、自分の名前も残ることを安倍さんは狙ったはず」
「独善的な決定だ」


と前出の野党議員は言う。そんな永田町の思惑はともかく、羽生、井山両氏の受賞に不満を持つ国民は少ないだろうから、安倍首相にとっては、してやったりかというのだが、政治家は自分の得になることなら何でも利用しようとするが、

 安倍でんでん首相は特に顕著

だと思う。でんでんさんの権力の私物化のヒドさは改めて言うまでもないが、個人的には

 国民栄誉賞なんて欲しいのかね…

と思う。

 「こんなんもろたら、立ち小便できひんがな」

と受賞を辞退した「世界の盗塁王」福本豊さんの偉大さが余計に感じられる。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

「北」選出に不満のデーブ・スペクター氏 今年の漢字は「瓶」

 年の瀬の風物詩「今年の漢字」が昨日、京都の清水寺で「北」に決まったと発表されたが、

 「もっとふさわしい漢字があっただろうに」

との声も街のサラリーマンから聞かれると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 世相を1文字で表す「今年の漢字」は、日本漢字能力検定協会が

 一般公募して最多得票の漢字

に与えられる。ミサイル発射に日本中が悩まされた北朝鮮の脅威などが理由だ。テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏はこれに異を唱える。

「北って北朝鮮のこと?違うよ。清水寺のお坊さんが遊びたいキタ(大阪の繁華街)のことでしょ」
「北朝鮮にしちゃうと、何も経済効果を生まないじゃん」
「いっそのこと、東京23区で一番知名度の低い北区も今年の漢字の恩恵を受ければいい」
「北区役所は今すぐ『北区を選んでいただいてありがとうございます』って垂れ幕作ってよ」
「キタと北区の商店街でセールやれば経済効果あるよ」

そして

 「もっと面白くてシャレの通じる東スポ的漢字を選ぼうよ」

と提案したデーブ氏は、「東スポ的今年の漢字」の選考に着手した。

「今年外せないのは、大相撲の暴力問題だね」
「ワイドショーも新たにネタを探すのが面倒くさいから今年はまだまだ引っ張りそうだ」
「そうなると、漢字は『暴』でもいいけど、ちょっと違うな」

そう言って最後に推したのは

 「瓶」

だった。元横綱日馬富士は貴ノ岩への暴行は認めたものの、ビール瓶での殴打は否定した。だが、全国のおじさんたちがビール瓶片手に

 「日馬富士ごっこ」

を飲み会でするほど

 「日馬富士=ビール瓶」

の図式は浸透してしまった。

「『暴』でもいいけど、『瓶』ですよ」
「引退した日馬富士には『ミスター・瓶』としてコメディアンを目指してもらおう」
「本家ミスター・ビーンのいる英国に1年間留学して、帰ってきたときに美しき伝統的相撲を瓶で表現してほしいね」
「海外留学の前には渡米中の『ピース』綾部祐二にアドバイスをもらえばいいよ」

来年は穏やかな漢字になることを願いたいというのだが、

 「ミスター瓶」はイイねぇ…

格闘技に転身しても使えるし。それにしても

 「北」は意外…

全く思いも付かなかった。北朝鮮の「北」って、

 日本の事じゃないじゃん!
 ここはどこの国なの?

と思う。冒頭のサラリーマンの指摘はもっともだし、

 非常に違和感を覚える…

当欄では先日、

 忖度の「忖」で鉄板

だと書いたが、ベスト5にも入っていなかった。

政界のダーティーなイメージをわざと避けた!?

麻生副総理が自民党の大勝は

 「北朝鮮のおかげ」

と本音を漏らしたが、北朝鮮の脅威を過剰に煽った成果がこんなところにも現れた!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

東京五輪マスコット最終候補3作品に「どこかで見た」の声噴出

 今月7日に発表された2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットの最終候補3作品が、アニメのキャラクターなどに似ているといった指摘がネット上に寄せられ“議論”も呼んでいる、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 3作品は、いずれも五輪用とパラリンピック用のマスコットが1体ずつの組み合わせ。候補「ア」は五輪、パラリンピックとも大会エンブレムで採用された日本伝統の

 市松模様が特徴


のキャラクター。「イ」は五輪マスコットが福を呼ぶ

 招き猫とキツネ

パラリンピックは神社にある

 こま犬


をモデルにした。「ウ」は五輪がキツネ、パラリンピックがタヌキで、

 日本にゆかりのある動物

をモチーフにした。五輪マスコットでは、

「アはデジモン、イはポケモン、ウは妖怪ウォッチみたいに見えてしかたがない」

という感想もネットユーザーから発せられた。「ウ」については

 妖怪ウォッチの「ジバニャン」そっくり

との受け止めも少なくない。同じ「ウ」のパラリンピックバージョンには、コンビニ大手ローソンのカードで知られる

 「ポンタ」に見える

との意見もあれば、「そんなに似ていない」との反論も出ており、さらなる議論を呼びそうだ。一般公募に応じた2042点から審査により選ばれ、大会組織委員会から発表された3作品。総じて

 「どこかのアニメで見たような」

といった印象を少なからずの人々に与えた模様。11日から来年2月22日まで全国の小学校の各クラスに1票を与える投票を実施し、最多得票の採用作品が

 2月28日に発表

される。メディアが独自に人気投票を行うことも予想され、小学生は頭を悩ませるかもしれないというのだが、アニメに無知な僕でも

 ウの五輪は妖怪ウォッチ

だとすぐにわかった。パラリンピックの「ポンタ」もソックリである。それぞれのネタ元が判明したようだが、それぞれの

 作者が同じ

というオチが付くんじゃないの!?劇団「あだち充」方式で…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

岩手県セクハラ疑惑町議 謝罪会見でトンデモ釈明

 岩手県の地方紙「岩手日報」の女性記者が同県岩泉町の伊達勝身町長からわいせつ行為を受けたと告発。昨日付の紙面で発表したことで騒動になっていると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 同社によると、伊達氏は10月中旬の早朝、記者が取材目的で宿泊していた岩泉町内のホテルの部屋に押し掛け、

 何度もドアをノックして乱入…

対応した記者に

 無理やり抱き付いて複数回キスをした

という。記者はショックで

 休職状態

が続いており、刑事告訴も検討している。この日、会見を開いた伊達氏は騒動を謝罪。一方で肝心の動機部分は理解不能な言い訳に終始した。記者への“抱きつき行為”については認めたものの、わいせつ目的かどうかについては

「PTSD(心的外傷後ストレス障害)による幻聴、幻覚があった」
「(当日朝に)『助けてくれ!』という声が聞こえたので『大丈夫か』と部屋に行って、無事でよかったという気持ちでハグした」


と主張。キスについては

 「記憶にない」

と繰り返した。伊達氏は町内に甚大な被害をもたらした昨年8月の台風10号の豪雨対応がトラウマとなり、今年10月25日からPTSDを患ったとして、

 盛岡市内の病院に入院

していたという。公務には今月5日に復帰している。昨年8月の豪雨被害から1年以上経過しての入院は怪しさ満点。

「時系列を見る限り、記者へのセクハラが問題となり、慌てて理由付けのために入院したようにしか見えない」

(地元テレビ関係者)という声が上がるのも当然だ。裏を返せば、会見で

 「辞職も含めて考えていく」

と宣言したところで、辞めるつもりはないだろう。前出テレビ関係者は

「伊達氏は1999年の町長選で初当選し現在5期目」
「町議会で強い影響力を持つため、このまま居座るかもしれません」
「幻聴・幻覚症状のある人が町長職を務めることができるとは到底思えませんが…」

と話すというのだが、

 よくもこんな言い訳を公衆の面前で晒せたなぁ…

と呆れるしかない。幻聴って言うが、

 なぜこの記者の声だとわかったのか?

サッパリ理解できない。ホテル側が記者の部屋を教えたのも非常に問題だと思うのだが…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

詐欺で逮捕された“スパコンの鬼才”の素顔

 東京地検特捜部は昨日、経産省が所管する新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から助成金約4億3100万円をだまし取った詐欺容疑で、スーパーコンピューター開発のベンチャー企業「ペジーコンピューティング」の創業者で社長の斉藤元章容疑者と元取締役鈴木大介容疑者を逮捕した、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 “スパコンの鬼才”ともてはやされた斉藤容疑者とは何者か。特捜部によれば、2人は2014年に研究開発事業にかかった費用を水増しした実績報告書をNEDOに提出し、

 助成金をだまし取った


疑い。斉藤容疑者は新潟大学医学部、東大大学院医学系研究科修了後、東大付属病院での勤務を経て、米・シリコンバレーで医療系ベンチャー企業を立ち上げた。その名が知れ渡ったのがスパコンやAI(人工知能)の開発で、2015年のスパコン省エネランキング(Green500)では、ペジー社が理研と開発した

 スパコンが1位に輝き、2〜3位も独占…

医師出身の異才による快挙と話題になった。また先月には、スパコンの計算速度ランキング部門(TOP500)で同社が開発した

 「暁光」が4位

に入り、省エネ部門でも

 1〜3位を独占

していた。この快挙を受け、NHKは斉藤容疑者に密着した

 「プロフェッショナル 仕事の流儀」を11日に放送予定

だったが、逮捕で

 “お蔵入り”

となった。

「スパコン予算を巡っては、事業仕分けでの蓮舫氏の『2位じゃダメなんですか』発言で奮起していたスパコン業界で、斉藤氏は1位を取るという使命に燃え、同時に思想的にも異端児扱いされていた」

とIT関係者。NEDOによれば、2010〜2017年度にペジー社には詐欺容疑がかかった件も含め、

 5件(総額約35億2000万円)の助成金が交付


されていた。

「斉藤氏は政府や自民党でアドバイザーを務めるなど政権と近い関係にあり、ベンチャーのペジー社が優遇され過ぎていると疑問の声が上がっていた」
「特捜部はペジー社を巡るカネの流れに不透明な部分があるとして捜査に着手し、本件も入り口に過ぎない」

と永田町関係者。森友・加計問題以上の安倍政権を揺るがす大ヤマとなる可能性も指摘されているというのだが、非常に興味深いのは、この会社の顧問が”官邸代理人”と揶揄されている元TBS記者の

 山口敬之氏

だというのである。両者とも

 安倍総理の取り巻き

なのだが、森友学園や加計学園問題と違うのは、今回は告発があったのではなく、

 東京地検特捜部が独自に動いた案件

であり、

 容疑者が実際に逮捕されている

のである。”お友達優遇”の

 安倍政権にメスが入る

可能性も十分で、

 年明けの通常国会は波乱含み

である。でんでんさんも内心では戦々恐々!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

大手コンビニの「忖度弁当」大コケスタート 店員「高すぎ」と悲痛な声

 新語・流行語大賞の年間大賞に輝いた言葉を用いた弁当「忖度御膳」をファミリーマートが1日から販売しているが、これがまさかの「大コケ」と話題になっていると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 ファミマは11月、今年盛り上がった言葉を使用した新商品を開発するため、ツイッターで「忖度」かアニメ「けものフレンズ」どちらかへの投票を募った。6万を超える票が

 「忖度」


に集まり、商品化が決まった。「腹黒い」高級魚ノドグロや「ごますり」のごまあえなど

 政治の世界を連想させる食材

を多用、もりだくさんのメニューを詰め込んだ。発売日の1日には「流行語大賞」で

 「忖度」が年間大賞を獲得

するなど、タイミングもバッチリだったのだが、予想とは異なり

 あまり売れなかった

という。ファミマの店員とみられる人物らがSNS上で

「忖度弁当全く売れねーじゃねーか(中略)今日の分全部廃棄処分だぞクソが(中略)売れるわきゃねーだろ800円もすりゃよ」

と悲痛な叫び声を上げているのだ。流通ライターは

「ファミマの弁当の中心価格帯が400〜500円台」
「忖度弁当は税込みで798円ですから、少し高額」
「陳列されると『忖度』の文字しか見えず中に何が入っているのかもわからない」
「これでは客も手に取りにくい」


と苦笑する。民意をしっかり反映させたファミマだが、この出だしは意外としか言いようがない。しかし、この騒動がSNSで話題になったことで

 逆に売れ出す可能性

もある。

「ファミマはコインランドリーとフィットネスジム事業への来年からの参入を発表」
「店舗の2階を24時間営業のジムにして、1階でプロテインやドリンクなどを販売する」
「運動する合間に洗濯もできる」
「ユニークな取り組みは支持されるでしょう」

と前同。巻き返しなるかというのだが、記事が指摘しているように、バイトにネットで発信させて

 逆に話題にする作戦


の可能性はなきにしもあらず。まぁ、SNSを使う世代がコンビニで800円のお弁当を買うとは思えないが…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

「インスタ映え」とともに受賞も…流行語大賞に“忖度”はあったのか?

 年の瀬の風物詩「『現代用語の基礎知識』選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」が昨日、発表されたと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 年間大賞は「インスタ映え」と「忖度」の2つ。選考委員を務めた漫画家やくみつる氏が選考の裏側を語った。ブルゾンちえみの「35億」や、北朝鮮ミサイル情報を伝える「Jアラート」などがトップ10入りする中、選考委員の予備投票でほぼ満票を獲得したのが

 「インスタ映え」…

ガラケー派のやく氏でさえ

 「今年を代表する言葉と認識していた」

と太鼓判を押した。片や「忖度」は

「『モリカケ問題』も『総理のご意向』も忖度の中に収れんされている」

(やく氏)として推された。30語にノミネートされなかったものの、元「SPEED」今井絵理子参院議員の

 「一線は越えてない」

や、「雨上がり決死隊」宮迫博之の

 「オフホワイト」

など不倫関連のワードも本当は入れたかったそうだ。しかし

「ベッキーの『ゲス不倫』が昨年受賞してるから、今年は不倫はもういい」

(やく氏)と判断されたことが明かされた。今後ずっと恥をさらす事態を回避した宮迫らはベッキーに感謝しなければいけない!?また、やく氏は豊田真由子元衆院議員の

 「このハゲーーッ!」

についてネット上で流れる“噂”に言及。

 増毛した「元ハゲ」のやく氏が嫌った

ため、手心を加えてノミネートから外されたという噂だ。

「アホなネット住民が想像するようなアホな人間ではなく、私は深謀遠慮の人」
「おまえらより賢いよ」


と完全否定。

「現代用語の基礎知識の巻末イラストを私が依頼されるが、印刷の関係で30語のノミネート前に入稿する」
「その時点で私は『このハゲーーーッ!』のイラストを入れている」
「その後にご当人が書類送検されて選考会で『まずい』と」
「(豊田氏の)『ちーがーうーだーろー!』は送検対象にギリギリ入ってない言葉だと解釈してノミネートされた」

最終的にやく氏は

「スヴェンソン(増毛を助けたスポンサー企業)になりかわって、早くみんな増毛すればいいのにと言いたい」

と語った。「このハゲーーッ!」を推したやく氏に「忖度」が入る隙はなかったようだというのだが、やくさんからすれば、

 「このほうハゲーーッ!」が入った方がオイシイ

のだから、忖度するわけがない。ちょっと考えればわかりそうなものだが…。これから開催されるこの種のイベントと言えば、清水寺で発表される

 「今年の漢字」…

この分だと恐らく

 「忖度」の「忖」で決まり

だろう。競馬なら単勝で元返し。それから、今年も当ブログでは最後の5日間、恒例の流行語大賞を発表するので、乞うご期待!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

体液ぶっかけ逮捕”長野五輪”銅メダリストのトンデモ供述

 1988年の長野冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子500メートルで銅メダルを獲得した植松仁容疑者が昨日、通勤電車内で女性の足に体液をかけた暴行容疑で愛知県警に逮捕されたと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 「出したことは間違いないが、女性にかけるつもりはなかった」

トンデモ供述に捜査員も固まった。暴行の疑いで逮捕されたのは、長野五輪の銅メダリスト・植松容疑者だった。愛知県警によると、同容疑者は4月14日午前8時ごろ、名鉄名古屋駅から知立駅に向かう電車内で、

 乗客の女性の右足甲に体液をかけた疑い


が持たれている。女性のストッキングに付着した体液を調べたところ、植松容疑者が捜査線上に浮上したという。調べに対し、植松容疑者は冒頭の供述を繰り返し

 容疑の一部を否認…

この手の“体液ブッカケ事件”では、事前に犯人が体液をフィルムケースなどに仕込み、好みの女性にぶちまけるパターンが多いが、植松容疑者はなんと

 “生絞り派”

だったという。

「満員の通勤電車に乗り込み、隠れながらその場でナニをしごいて発射していた」
「スピードスケートのメダリストだけあって、素早かった」


とは捜査関係者。供述からは計画性、常習性もうかがえる。当局は体液を相手にかけたことで、

 暴行罪が成立

すると判断。刑法では2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金、または拘留や科料となる。一方、植松容疑者の「出したけど、かけるつもりはなかった」が認められた場合、

 公然わいせつ罪のみが成立

する可能性もある。そうなると、罰則は6月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金、または拘留や科料となる。

「そのあたりを計算して供述しているように見受けられる」
「裏を返せば、逮捕された時のことも想定していた印象」
「当局は余罪も含めて捜査している」


と地元報道関係者は話したというのだが、この言い分は凄いが、計算しての供述だとすれば

 なかなかの知能犯

である。少しでも罪が軽くなるのなら

 恥も外聞もない…

と言ったところだろうか。以前、友人が本屋でエロ本を見ながらシコシコしていた中坊を目撃したという話を聞いたことがあるが、

 満員電車の車内でシコシコとは…

ちょっと、僕ら凡人には想像が付かない。これも

 なかなかの変態ぶり

である。テクニックも要るだろうし。しかし、

 「生搾り派」

というフレーズはちょっと衝撃的だった。これぞ

 東スポの真骨頂…

当欄年末恒例の流行語大賞候補!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

「ブラック企業大賞」ノミネートのNHK 昨年から“一転”無視のナゼ?

 今年で6回目を迎える「ブラック企業大賞2017」のノミネート企業が昨日発表され、2013年に都政担当記者だった佐戸未和さんが過労死した事実を4年たってから公表した

 NHKなど9社(グループ)がノミネート

されたと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 同賞実行委が厚労省記者クラブで行った会見の席に、

 NHK取材陣の姿はなし…

昨年、新入社員の高橋まつりさんがパワハラ過労自殺した電通が大賞に選ばれた際、NHKは

 「ニュース7」でブラック企業大賞を大々的に取り上げ

て、

 過労自殺特集までしたのに…

だ。この時、スポンサー企業に気を使わざるを得ない民放と違い、電通の影響下にないNHKだからこその報道姿勢だと話題になり

 「大手メディアで初めてブラック企業を取り上げた!」

と賛辞も相次いだ。だが翻って、自局が「ブラック企業」にノミネートされた途端に

 切り込む姿勢もうせてしまった

のか。NHKは確かに、このところ局内で“働き方改革”を進めているが、現場記者は

 「上っ面だけ」

と冷ややかな反応だ。

「1か月先の予定なんて分かりっこないのに、労働時間管理の徹底のために1か月分の休暇希望日を出さなくてはいけなくなった」
「どうせその通りにはならない“スケジュールの提出”という仕事がまた一つ増えただけ」


というのだ。本紙はNHK広報局にブラック企業大賞ノミネートを受けてのコメントと、会見に記者を出さなかった理由を尋ねたが、回答は

 「特にありません」

の一文だけだった。その他のノミネート企業は以下の通り。

「ゼリア新薬工業」「いなげや」「パナソニック」「新潟市民病院」「アリさんマークの引越社」「大成建設・三信建設工業」「大和ハウス工業」「ヤマト運輸」

だというのだが、こういうインチキな会社は

 徹底的に批判

しなければならない。まして、過労自殺者を自ら出しておきながら、それを隠蔽してのうのうと他社の同様の不祥事を報道しているのだから

 更にタチが悪いし卑怯…

しかも、

 国民から半ば強制的に受信料を徴収

しているのだから尚更である。国民は受信料の支払いを断固、拒否すべきである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

「るろうに剣心」作者が児童ポルノ所持 出版社は大損害必至

 人気漫画「るろうに剣心」作者の和月(わつき)伸宏(本名・西脇伸宏)容疑者が昨日、女児の児童ポルノ動画を所持したとして児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検された、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 西脇容疑者は10月、都内の事務所で10代前半の女児の裸が写った動画を収録した複数のDVDを所持。警察の調べに容疑を認め

 「小学校高学年から中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」

と供述している。「るろ剣」は、シリーズ累計発行部数6000万部を超える大ヒット漫画。1994年から1999年にかけて「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載され、

 アニメ版も人気

を呼んだ。近年では人気俳優の佐藤健主演で

 実写映画化

され、大ヒットを記録した。捜査関係者によると、別の児童ポルノ事件の捜査で、同容疑者が

 女児のDVDを購入

していた疑いが浮上。警視庁少年育成課が自宅を捜索し、

 複数のDVDを発見

した。

「児童ポルノは裏モノのアダルトビデオよりも入手ルートが限られており、利用者はいわゆるロリコン、マニアしかいない」
「西脇容疑者は筋金入りの顧客だった」


とは捜査関係者。児童ポルノの単純所持は2015年7月から処罰対象になった。性的な目的で18歳未満の子供の児童ポルノを所持・保管すると、

 1年以下の懲役または100万円以下の罰金

が科される。今回の事件で大損害を被ったのは

 集英社

だ。9月発売の月刊誌「ジャンプスクエア」で

 「るろうに剣心」北海道編の連載がスタート

したばかり。本紙取材に同社は

 「今回の報道を受け、社として重く受け止めております」 
 「作家は、深く反省しています」

と書面でコメントした上で、12月4日発売号より

 当面の休載を発表

した。

 「青少年向けの漫画だけに、今回の事件は御法度」
 「打ち切りの可能性も高いのでは」

とは出版関係者。同作のストーリー協力に、

 妻で作家の黒碕薫さんも名を連ねていた

のも、無情な限りだ。代償は思いのほか大きいというのだが、犯罪を犯した作者は当然としても、

 出版社が作者の性癖を知っていたのか否か?

寝耳に水なら同情するしかないが、知っていて知らないフリをしていたのなら大問題。たとえ大損しようとも、自業自得としか言いようがない。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

F18戦闘機が飛行機雲で巨大男性器 SNSで拡散

 米海軍のパイロットがF18戦闘機の飛行訓練中に、飛行機雲で巨大な男性器の絵を描いていたことが分かった、と今日の日刊スポーツが報じた。

 このパイロットが空に「わいせつなイメージ」を描いたことを海軍が認め、パイロットに

 飛行停止処分を科した

と今月17日に発表。米CNNテレビなどが同日に報じた。問題の絵は、米北西部ワシントン州中心部の小さな町、オカノガンの上空に描かれた。地元住民が16日に写真を撮影し、SNS上に投稿。瞬く間に拡散され、

 世界中で話題

になった。メディアの取材を受けた地元の男性は

 「衝撃的だった」
 「家族に報告しても、写真を見せるまで信じてもらえなかった」

と話している。海軍航空部隊の報道官は

 「海軍はこの無責任かつ幼稚な行為について謝罪する」
 「このような未熟な態度をする者に、居場所はない」

と声明を発表。この問題に関して、

 徹底調査を行う

とした。パイロットの名前は公表されていないというのだが、どこの国にも中二で止まっている奴がいるものだ。

 うんこやち○こが好きなのも万国共通…

しかし、それを飛行機雲で表現するなんて、アメリカは

 スケールが大きいなぁ…

と変な所で感心してしまった。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

流行語大賞「このハゲーーッ!」まさかの落選のワケ

 「自由国民社『現代用語の基礎知識選』2017ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語が昨日、発表されたと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 昨年は山尾志桜里衆院議員が国会で取り上げた「保育園落ちた日本死ね」がトップテン入りしたことで大顰蹙を買い、ユーキャン不買運動にまで発展した。ひるがえって今年のノミネート語はどれも、どこか

 “ちーがーうーだーろー感”満載…

“新語・流行語大賞に選ばれた芸人は一発屋に終わる”というジンクスまで生んだ同賞。今年で34回目とあり、すっかり年末の風物詩となっている。昨年は芸能界で相次いだ「ゲス不倫」がトップテン入りしたが、ゲス不倫の舞台が政界に移った今年は、今井絵理子参院議員が釈明の際に放った

 「一線は越えていない」

はノミネートされなかった。他にも、誰もが一度はマネした豊田真由子元衆院議員が男性秘書に浴びせた強烈すぎる罵声

 「このハゲーーッ!」

や、連日メディアをにぎわせた森友・加計学園問題の見出し語

 「モリ・カケ」

解散総選挙の流れを一気に変えた小池百合子都知事の

 「排除」などはいずれも選出されなかった…

もともと同賞はジャーナリストの鳥越俊太郎氏や政治学者の姜尚中氏が選考委員に名を連ねていることから

 政治色が強かった…

2014年は「集団的自衛権」と日本エレキテル連合の「ダメよ〜ダメダメ」の2語が選ばれ、

 つなげると安倍政権への強烈メッセージ

となり話題に。また2015年には

 「アベ政治を許さない」がトップテン入り

した。鳥越氏が選考を降りた昨年も相変わらず独自路線を貫いていたが、今年は

 一気に弱腰になってしまった…

ITジャーナリストの井上トシユキ氏は

「昨年、『日本死ね』を選出して猛批判されたことは確実にトラウマになっている」
「『忖度』『共謀罪』など政治ワードを拾っているが、肝心の『モリ・カケ』『安倍一強』を外すなど与党にニラまれるのは嫌だという意識が透けて見える」
「批判を恐れて忖度を重ねた結果、世相も反映していなければ毒にも薬にもならないとっ散らかったワードが並んだ印象です」


と酷評する。確かにそこまで話題になったかと首をかしげるワードも多い。

「『ハンドスピナー』『うんこ漢字ドリル』など“ただの商品名じゃん!”っていうものや、『ユーチューバー』『炎上○○』みたいな今さら感のあるもの、“ただの掛け声じゃん”ってもので穴埋めしているだけで世相が見えない」
「うんこドリルは大賞には選ばないでしょ(笑い)」

と井上氏。なぜ、誰もが納得するはずの「このハゲーーッ!」が選考から漏れたのか。「新語・流行語大賞審査委員会及び大賞事務局」は

 「個別の選考過程については答えない」

と言うが、井上氏は

「『このハゲーーッ!』をおおっぴらに大賞にして『ハゲは差別用語なんじゃないか』と論議を呼ぶのが嫌なんでしょう」

と推察する。昨年の「日本死ね」での炎上はもうごめんというワケか。芸能関係ではピン芸人、サンシャイン池崎の

 「空前絶後の」


と「ブルゾンちえみwithB」の

 「35億」

の2つがノミネートされた。芸能関係者は

「藤井聡太四段の活躍で将棋ブームに沸いた今年は『藤井フィーバー』と、引退した加藤一二三氏の愛称『ひふみん』の2語が選出された」
「ひふみんも、サンシャインやブルゾンと同じ大手芸能プロ『ワタナベエンターテインメント』所属」
「藤井君は将棋関連以外のイベントへの出席は望み薄なので、主催側は何が何でもひふみんを引っ張ってきたいのだろう」


とみる。ノミネート語は「現代用語の基礎知識」編集部を中心に選出された。今後、選考委員会によって、受賞者の出席可否なども加味され、大賞やトップテンが決定する。“忖度”合戦の末に大賞に輝くのは…というのだが、記事の他にも、例えば政治関連なら、

 「怪文書」「こんな人たち」「総理のご意向」

が入っていないのは明らかに違和感を覚える。「このハゲー」ではなく「違うだろー」にしたのは昨年のトラウマからだというが、昨年の「日本死ね」だって、批判されようがされまいが、

 その年の世相を反映しているのは事実

なのだから、全く問題ないではないか。大問題なのは、ノミネート語に選ばなかった事で

 あった事をなかった事にしようとしている

フシが見受けられる事である。これは

 非常に危険な兆候

である。大賞は普通に考えれば

 「忖度」が圧勝

だが、主催者側に「忖度」が働いて

 「忖度」以外になる可能性は十分…

「忖度」以外になってもそういう背景があるので、

 裏の大賞はやっぱり「忖度」

になってしまう。まぁ、かなり以前から言われている事だが、記事が指摘しているように、忖度合戦の末、その年の世相を反映するという

 本来の趣旨からかけ離れている

のだから、もう

 このイベントをする意味がない

ではないか。ホントに

 今年限りにしてもらいたい…

たかがイベントなのに忖度とは…。情けないし、恥を知れと言いたい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

大分で3例目「村八分」の背景

 大分県弁護士会は昨日までに、県北部の出身地の集落にUターンした男性の世帯に対し、集落全体で「村八分」をしているとしてやめるよう是正勧告をしたと発表した、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 弁護士会によると、男性は2009年に関西から同県の14世帯の集落にUターンし就農したが、2011年ごろ、農地開拓の補助金の支払われ方に疑問を呈し、

 集落の住民とトラブル

になった。以降、集落は会議を開き

 男性を自治会の構成員に入れない

と決定。その後、男性は

「農家にとって重要なイベントである豊作祈願などの行事に参加させてもらえない」
「『農業の資格がない』と言われ、田んぼの下水路の掃除をさせてもらえない」

などの

 「村八分」を受けた

という。男性の申し立てを受け、大分県弁護士会の人権擁護委員会が仲介に入ったが、集落側が

 「(集落)全員の賛同がないので構成員として認められない」

と主張したため、同会が自治会長に

 人権侵害を指摘

し平等に扱うよう勧告を送付した。委員会によると、同県で「村八分」に関する勧告は県内で過去に2例あり、

 今回が3例目…

松尾康利委員長は

「都会から来た人は権利意識があるので、長老の顔色をうかがわずに自分の意見を通そうとする傾向がある」
「すると、集落の人は『以前からいる俺たちの言うことが聞けないのか』と、のけ者にしてしまうことがあるのです」


と話す。UターンやIターンでの都会から田舎への移住がブームだが、

 「長老の手伝いを断った」
 「行事へ参加せず付き合いが悪いと思われた」
 「道路拡張など改善策を提案した」

といったささいなことをきっかけに住民と対立し

 「村八分」にされてしまうケースは多い…

集落との話し合いや調停を進めても実際に解決されることは少なく、都会に出戻りしてしまうか、

 孤立したままとどまる

しかない人もいるという。松尾委員長は

「過疎化している地方の集落では、若い世代の人が移住してきてくれるだけでありがたいはずなのに、今回のように対立してしまうことはお互いのデメリットにしかならないでしょう」

と指摘しているというのだが、まさか21世紀になってもう20年近く経つというのに、まだこんな事をやっているとは思わなかった。

 時代錯誤も甚だしい…

集落の人、移住者共に言い分がわからないでもないが、いい大人なんだから、どちらも

 程々というものがあるでしょうよ…

最近、自己中心的というか、極端に偏っている人が多いし、社会全体がそういう風潮に傾いてきていると感じるのは僕だけ!?まぁ、世界全体に言える傾向なんだろうけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

ついにパリにもオープン!欧米で「全裸レストラン」なぜウケる?

 フランス・パリでこのほど“全裸以外入店お断り”のレストランがオープンした、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 パリ12区のグラベ通りにオープンした「オ・ナチュレル」は、フランス初の

 ヌーディスト・レストラン…

客はレストランの入り口で服をすべて脱ぎクロークに預け、

 全裸で食事を取る…

レストランの座席数は40席で、道路に面した窓はないので街の風紀を乱す心配はない。予算は約30ユーロ(約4000円)で、

 客全員が丸裸の状態で本格的な食事が楽しめる

のだとか。実は、このようなヌーディスト・レストランは近年欧米で

 ブームの兆しを見せている

という。英国ロンドンでも昨年、3か月の期間限定でヌーディスト・レストラン「ザ・ブヤンディ」がオープン。

 客も店員も全裸

という開放的なスタイルが受け、

 3万8000人以上の予約待ち

が出るほどの人気沸騰ぶりだったという。もちろんエロ目的ではなく、

 「人間が自然な状態に近づくための挑戦」

がテーマで、電気を使わずロウソクの自然な明かりで食事を楽しみ、調理もガスではなく、まきで燃やした炎で行われたのだとか。

 スペイン・テネリフェ島

でも今年1月、スペイン初のヌーディスト・レストランがオープンした。

 ドイツ・ベルリンやオーストラリア・メルボルン

でも、同様のヌーディスト・レストランが続々とオープンしている。欧米では古くから

 ナチュラリスト

と呼ばれる人たちがヌーディスト・ビーチなどを好んできた。アメリカやカナダでは毎年、

 全裸マラソン

や、全裸で街中を自転車やスケートボード、ローラーブレードで駆け回るイベントが開催されており、多くの人たちが参加している。古代までさかのぼれば、古代ギリシャの五輪競技は

 全裸で行われていた

ことで知られている。当時の人々は

 裸で食事や宴会を楽しんでいた

と言われており、欧米人の全裸好きはこの頃から始まったのかもしれないというのだが、全裸で食事と言って真っ先に思い浮かぶのは、

 三島由紀夫の「美徳のよろめき」のワンシーン

である。まぁ、どこの国でもマンションの一室などで、

 マニア限定でこそっとやっていそう

だが、この記事を見る限りでは、欧米では一般のレストランとして営業しているようで、

 マニア限定とは言い切れない

ほど流行っているようである。わが国でもフーゾクとして

 食事の後で乱交

というオプション付きなら流行るかも!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

91時間勃起を放置・嘲笑された米元囚人が巨額賠償訴訟

 まさにチン訴訟!!訴訟大国・米国では、日本では考えられないような裁判が各地で繰り広げられていると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 最近の話題は、元囚人の男性が刑務所や看守らに対し、

 500万ドル(約5億7000万円)

の賠償を求めて起こした訴訟だ。10月下旬の米「ニューヨーク・ポスト」紙などによると、原告の男性はダスティン・ランスさん。不法侵入と禁止薬物所持で有罪判決を受け、昨年12月にオクラホマ州にある

 ピッツバーグ郡刑務所に収監

された。ランスさんは収監初日の12月15日、ほかの囚人から渡された

 正体不明の錠剤を服用

したところ、たちどころに

 男性器が激しく勃起

した。さらに翌朝になっても勃起は一向に収まらず、激しい痛みに耐えかねて看守として勤務する保安官らに助けを求めた。しかし、保安官らは

 繰り返し嘲笑


するばかりだったという。ランスさんがようやく医務室に行くことを許されたのは、勃起が始まって4日たった19日のことだというから、

 確かに気の毒

だ。医務室の医師は必要な処置が施せないため

 「直ちに泌尿器科専門医に見せるべきだ」

と保安官らに忠告した。だが、保安官らはそれでも聞く耳を持たず、ランスさんをそのまま

 牢獄へと連れ戻した…

当日中に保釈されたランスさんだったが、勃起は結局、

 91時間にわたって持続

したという。ランスさんの弁護士は、こうした保安官らの行動が原因で彼の下半身は

 「回復不可能な障害」

を負ったと主張。

 「憲法で認められている市民権を侵害」

され

 「身体に障害が残った」

として刑務所や保安官らを相手に訴訟に踏み切ったのだ。ネット上では裁判の行方もさることながら、ランスさんに4日間も勃起を持続させた

 謎の錠剤の正体

について関心が高まっているが、まだ明らかになっていないようだというのだが、見知らぬ者からもらった物を

 簡単に呑むなよ!

恥かいたとか裁判云々以前の問題だと思うのだが…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする