2016年04月26日

旧エンブレムの審査委員・平野敬子氏「A案ありきの審査」予想的中

 旧エンブレムの発表から9か月。ついに2020年の東京五輪・パラリンピックの新しい公式エンブレムが決まった、と今日の報知新聞が報じた。

 「A案」は1回目の投票で13票と他を圧倒。最終候補作4作が発表された際、一度落選した作品が敗者復活で繰り上げられたことに会見で質問が相次いだが、エンブレム委員会の宮田亮平委員長は選考の詳細を明かさないという“約束”を自ら破り、

 「(選ばれた)A案は繰り上げたものではない」

と言及。

 「公明正大に選んだ」
 「エンブレムを愛していただき、応援し続けていただきたい」

と胸を張った。旧エンブレムの審査委員を務めていたグラフィックデザイナーの平野敬子氏は、最終候補4作品が発表された翌日の今月9日、自身のブログで

 「A案ありきの審査結果だと分析している」

と指摘していた。今回、野老氏の「A案」が公式エンブレムに選ばれ、

 平野氏の予想が的中

した形だ。平野氏は4案を

 「色彩」「基本形状」「「造形モティーフ」「コンセプト」

の4つの観点から比較・分析。4案の中で左右対称なのがA案だけであることなどから

 「差別化して見える」

と指摘。さらに記号が与える心理的影響などについて触れた上で

「『A案』が選ばれやすい状況が整っている」
「つまり『A案』に特別な優位性が与えられた不平等な発表形式であると受け取りました」

と持論をつづっている。最後に

「今回コンペも国民の総意ではないということだけは見誤らないようにしなければなりません」

として

 「私は4案の中のどれが良いかという論議には参加いたしません」

と結んでいた。平野氏は同ブログ内で旧エンブレムの選考過程を公開していたという。

 どれが選ばれても何かしらの不満や批判が出るとは思うのだが、元当事者からこういう指摘があって、

 結果も全くその通り

になったのだからマヌケ。

 怪しまれても仕方がない

だろう。こういう

 脇の甘さはどうにかならないものか?

オリンピックの様々な競技の代表選考で毎回物議を醸すのと共通しているように思えるのだが。これは日本の組織というか社会システム全体の問題!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

熊本地震 アートネイチャー”かつらメンテ”県内対応中止

 かつらメーカーのアートネイチャーが、熊本県内の全3店舗の営業を一時中止することを昨日、自社のホームページ上で発表したと今日の報知新聞が報じた。

 九州の他の店舗は通常通り営業しており、福岡の博多店、久留米店などでメンテナンス等の対応を行う。同社によると、かつらのタイプによって違いがあるものの、月に1、2回は

 洗浄などのメンテナンス

や、地毛をかつらの髪の長さとそろえるための

 カットが必要

という。予約者など連絡がつくユーザーには電話で伝えたものの、それ以外からも

 「どこへ行けばいいか」

などの問い合わせが相次いだことから、ホームページに掲載した。ユーザーのデータは一括管理されており、

 どの店でも対応は可能…

同社広報部では

「(かつらを)自身の一部と考え、メンテナンスが不可欠というお客様もいらっしゃるので」

と話しているというのだが、生きるか死ぬかの瀬戸際をかいくぐって、何とか生きて来れたのだから、これを機会に

 外しちゃえば?

命の大切さを何よりも実感しているはずなのだから、

 髪の毛なんて別にどうでもいい

という気になるのでは!?某予備校講師が言うなら、

 「で、いつ外すの?今でしょ!!」

ちょっと古かった!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

熊本刑務所”避難者”に開放

 熊本、大分両県を中心に地震が相次ぐ中、熊本刑務所(熊本市中央区)が施設の一部を開放し、地震で被災した近隣住民約150人を受け入れていることが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 法務省によると、熊本県益城町で震度7を観測した翌日の15日夜に職員が柔剣道などの稽古のために使う

 武道場を開放…

周辺は住宅が密集し、当初はそれほど集まらなかったが、16日未明の地震後に地域の人が一気に訪れ、現場の判断で受け入れた。一時は

 約250人が身を寄せた…

現在は150人に減少しているが、同省幹部は

 「水や食料が十分にあり、避難者がいる限りケアを続けたい」

と話している。刑務所は災害救助法の適用外のため非常食を多く蓄えていた他、水は井戸水を使っていたため、避難者が

 食料や水に困ることはなかった…

東日本大震災以降、刑務所や少年鑑別所と各地の自治体との間で、災害時に避難所とするための協定を交わす動きが進んでおり、熊本刑務所が初めての事例になるという。

 刑務所が避難者を受け入れていたというのは意外だが、刑務所なので建物も頑丈に作られているだろうし、

 避難所に最適

だというのは目からウロコ。こういう情報をもっと普段から発信してもらいたいのだが、熊本の人もまさか地震が来るなんて夢にも思っていないだろうから…。これからは

 どこでも地震が起こるものだ

と思って、普段から対策しておくしかない。神戸の地震を経験した僕から一言言わせてもらうなら、

 常日頃からの心構え…

「いつ地震が起こってもおかしくない」という心構え。これに尽きると思う。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

「商標登録無効」を取り消し…「フランク三浦」本家に勝訴

 スイスの高級腕時計「フランク・ミュラー」を連想させる「フランク三浦」の商品名で時計を販売する大阪市の会社が、商標登録を無効とした特許庁の審決を不服として起こした訴訟の判決で、知財高裁は今月12日、審決を取り消し、三浦側勝訴を言い渡したと今日の報知新聞が報じた。

 鶴岡稔彦裁判長は判決理由で

「多くが100万円を超える高級腕時計と4〜6000円程度の低価格時計が混同されるとは到底考えられない」

と述べた。判決によると、「フランク三浦」は2012年に商標登録され販売されていたが、特許庁は昨年9月、

 「全体の語感が似ており、紛らわしい」

として登録を無効とした。訴訟でミュラー側は

「トップブランドとしての名声にただ乗りし、その価値をおとしめるものだ」

と主張。三浦側は

 「巧妙なパロディーにより需要を獲得しており、ただ乗りではない」

と反論していた。三浦の製造会社は

 「正当な判決でほっとしています」

とコメント。ミュラー側は「コメントは差し控える」としたという。

 「巧妙なパロディー」かどうかはともかく、欧米は日本よりもパロディーに理解があるというイメージだが、それはこちら側の

 勝手な想像

だったようである。フランク・ミュラーのような大ブランドが、極東の国の地方都市にある会社をいちいち訴えるなんて、まるで、ねずみのキャラクターが有名な

 アニメ会社みたいではないか!

三浦側も(恐らく、)リスペクトしているのだから、もうちょっと、

 度量の深さを示してもらいたい…

それに、特許庁の言い分もマヌケである。 

 「全体の語感が似ており、紛らわしい」

って、

 語感が似ていないとパロディーにならない

ではないか。特許庁は

 パロディーそのものを全く理解していない

ようである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

スキー合宿中170人被害…ホテルで窃盗”元従業員”逮捕

 長野県山ノ内町の「ホテルサニー志賀」で今年1月、スキー合宿中の女子高校生約170人の貴重品が盗まれた事件で、同県警は昨日、窃盗などの疑いで同ホテルの元従業員で47才の建設作業員の男を逮捕した、と今日の報知新聞が報じた。

 このホテルでは昨年8月にも、大手学習塾の合宿に参加した

 中学生約340人の財布などが盗まれる

事件が発生。県警では手口が似ていることから、

 容疑者が関与した疑いが強い

とみて捜査している。ホテルによると、容疑者は2012年夏まで約10年間、不定期のアルバイトとして、主に

 ホテルのレストランで勤務

していたというのだが、この事件が起こった時も当ブログで触れたが、こんなの、

 内部に詳しい者の犯行に決まってる!

と思っていたら、やっぱりその通り。昨年8月の事件の時に捕まえておかなければならないし、そうすれば今回の事件は防げたのではなかろうか。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

最大1625便…日本一のバスターミナル「バスタ新宿」誕生

 東京のJR新宿駅に直結する国内最大級のバスターミナル「バスタ新宿」が昨日、開業したと今日の報知新聞が報じた。

 ピーク時には高速路線バスの発着は1日最大1600便を超え、

 約4万人が利用

する。タクシー乗り場や観光情報施設も併設された一大交通拠点で、高速路線バスが39都府県との間を結ぶ、新たな東京の玄関口が誕生したというのだが、新宿に新しく完成したバスターミナルで「バスタ新宿」って、

 そのままやん!

と関西人なら誰もがツッ込んだことだろう。まぁ、何語だかワケのわからない名前を付けるよりはマシ!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

白紙撤回された新国立デザインのザハ・ハディド氏が死去

 イギリスBBC放送は今月31日、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の旧計画をデザインした女性建築家ザハ・ハディド氏が死去したと報じた、と今日の報知新聞が報じた。

 65才だった。BBCによると、ハディド氏は気管支炎の治療のため入院していたアメリカ・マイアミの病院で、心臓発作のため亡くなった。イラク出身のザハ氏は、

 極めて斬新なデザインの建築物で名声

を得たが、独特の曲線的なデザインは施工の難易度が極めて高く、

 「アンビルド(建設できない)の女王」

とも呼ばれた。2012年、新国立のデザインコンクールで選ばれたが、

 総工費が最大3000億円

まで膨らむことが判明。昨年7月、ザハ氏のデザイン案は白紙撤回されたという。

 ザハさんは、決定した新国立競技場の新デザインが

 自分のものと酷似

していると主張。JSCはカネで解決しようとしたが、ザハさんは拒否して

 「訴訟も辞さず」

という話はどうなるのか?ザハさんの遺志を継いで訴訟を起こす人が現れるのか?気になるところである。不謹慎だが、JSC側からすれば、願ったり叶ったり!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

送迎バス駐車に激怒…滋賀学園ナインに県議「お前ら1回戦負けしろ」

 第88回センバツ高校野球大会に初出場しベスト8まで進出した滋賀学園の野球部員に対し、滋賀県議の吉田清一氏(68)=自民党=が今月16日に県庁で開かれた激励会の後、同校の送迎バスの駐車の仕方に激怒し

 「お前らなんか1回戦負けしろ」

と発言していたことが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 県教委などによると、野球部員は当日、甲子園練習の前に県庁に立ち寄り、午前9時から同20分まで正面玄関で開かれた

 県主催の激励会に出席

した。バスは西側玄関で生徒らが降車した後にいったん合同庁舎へ移動。激励会終了後に部員らを乗車させるため西側玄関に戻ったが、その際に吉田県議がバスの駐車場所について

 「誰の許可を得た」

などと非難、問題の発言があったという。西側玄関は議場に近く県議らがよく利用するため、邪魔に感じた可能性もあるが、バスが停車していた場所は

 県側が指定した通り


だった。発言内容は、現場にいた野球部部長らからの報告で学校側が確認した。同校の近藤芳治教頭は

「選手には県議という認識はなく、一般人の発言と思いキョトンとしていたようだ」
「夏に向け再スタートする選手のメンタルも考え、早く騒ぎが沈静化してほしい」
「言った言わない、の話にしたくない」


と話した。吉田県議は、議長を務めたこともある

 6期目のベテラン…

この日、事務所への電話に応答はなかったが、今日31日に本人が会見を開く予定。県議会事務局には

 「生徒がかわいそうだ」
 「県議は辞職すべき」

などの抗議電話が数十件あったという。

 記事ではわからないが、恐らく高圧的に罵ったのだろう。誰の許可を得たのか?という言い方も丁寧に聞いていれば、何ら問題なく記事沙汰にはなっていない。県議を6期も務めて、自分に

 余程の権力があるものだと”勘違い”

しているようである。こういうオッサンをのさばらせておくのは、

 教育上宜しくない…

即、議員辞職して隠居すべきである。まぁ、こういうのを県議として6期も務めさせた

 有権者に最も責任がある

のは言うまでもないが…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

大阪市立中学「出産」発言の校長退職へ

 大阪市教育委員会は、全校集会で「女性にとって最も大切なのは子供を2人以上産むこと」などと発言した大阪市立茨田北中学校の寺井寿男校長が3月末で退職すると発表した、と今日の報知新聞が報じた。

 処分は見送った。寺井校長は市教委に

「発言に関する報道後、教職員が市民らからの電話対応に忙殺されるなどし、生徒や学校に迷惑を掛けた」

と説明した。発言は撤回していないというのだが、この件を聞いて、第一次安倍内閣当時の何かの大臣の

 「女性は子供を生む機械」

という発言を思い出した。「自由」「平等」を何よりも教えるべき教師、しかも校長が、未だにこういう思想を生徒に押し付けるとは、今の時代、常識的にちょっと考えられない。

 なぜ、こんな人物が教師として採用されたのか?
 しかも校長まで上り詰めたのか?


不思議で仕方がないし、大問題である。更に、この校長は昨年3月に定年退職し、

 再任用された

というのだからビックリする。こんな校長の元で教育を受けさせられた

 生徒がかわいそう

である。この学校の教師も誰か、

 何か言えよ!

と思うのだが、この体たらくではどうしようもない。

 生徒の教育よりも自分らの出世…

ホントに生徒が気の毒である。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

アメリカ大統領選 トランプ氏妻”全裸写真”で罵り合戦

 アメリカ大統領選の共和党候補指名争いで、首位の実業家ドナルド・トランプ氏と2位のテッド・クルーズ上院議員がそれぞれの妻の名誉」を守ろうと、罵り合いを展開したと今日の報知新聞が報じた。

 今月22日に党員集会が開かれた西部ユタ州の有権者に向けて、クルーズ氏を支援する団体が出した選挙広告が発端だった。広告は、トランプ氏の妻で元モデルのメラニアさんの全裸に近い写真を使い、

 「次期大統領夫人」

と紹介。これにトランプ氏がかみついた。クルーズ氏は、

 自身の陣営は関与していない

と説明。トランプ氏はツイッターで

 「うそつきテッド、気をつけろ」
 「さもないとおまえの妻の秘密をばらすぞ」


と応戦した。トランプ氏は「秘密」の中身には言及していない。クルーズ氏の妻ハイジさんは今月23日、アメリカメディアに

 「トランプ氏の言うことは、ほとんどに根拠がない」
 「全く心配していないわ」


と語ったという。

 アメリカの大統領選のスゴイところは、仲間同士でも平気で罵り合うところ。しかも、

 非常にレベルの低い中傷合戦

である。今回は特に顕著。あまりにもレベルが低すぎて、アメリカ人もこのアホさ加減に、楽しむのを通り越して、

 半ば呆れている


のではなかろうか。こういう国が世界を牛耳っているのだから笑わせる。そりゃ、世界中がおかしくなるわな…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

「オホーツクの四季」写真コンテスト 最優秀「道知事賞」喜び一転…辞退

 北海道道立オホーツク流氷科学センターが主催した第25回「オホーツクの四季」写真コンテストで、海岸に打ち上げられ死んでいるとみられるクジラの上で男性がガッツポーズする作品が最優秀賞(知事賞)に選ばれた、と今日の報知新聞が報じた。

 これに批判が殺到し、同センターは昨日までに、最優秀賞は

 「該当者なし」

として賞の取り下げを決めた。自然環境への配慮を欠いた選考に波紋が広がっている。オホーツク流氷科学センターによると、撮影したのは北海道北見市の男性で

 作品名は「征服」…

全国62人118点の応募作品の中から北海道写真協会の女性会員らが審査にあたり、最優秀賞などを選んだ。今月15日に作品の受賞が報道されて以降、

 「自然への冒涜だ」

などと批判や疑問の声がインターネット上に相次ぎ、事態を受賞者の男性に報告したところ、男性が同日、

 賞を辞退したい

と申し出た。審査員の女性は作品について、

「海岸に流れてきた?クジラに乗ってヤッタゼ!と言った得意のポーズの青年!めったに見られない作品作りに成功されたと言ってよいでしょう」

と選評していた。同センターの高橋修平所長は

「自然や環境を研究する機関でありながら、それらへの配慮や認識が欠如していた点を原因と考え、猛省している」

とコメントした。北海道の高橋はるみ知事は

「自然環境への配慮が欠けた審査。他の知事賞を受けておられる方にも大変残念な結果」

と話した。知事自身は選考過程に直接関与していないという。

 コンテストの趣旨からは完全に逸脱しているのは明らかであるが、こういう写真を投稿する人がいるという事実、またこういう物を最優秀賞として評価する人がいるという事実を見て、完全に良識というか、常識というか、

 モラルが崩壊している…

これでは何のためにコンテストを開催しているのか、全く理解できない。恐らく税金も使われているだろうから、これを機に今回でお終いにすべきだろう。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

新潟三条市・西川重則市議「おかまと聞く」「支援必要ない」

 新潟県三条市の市議が元FM局パーソナリティーをめぐり、「おかまと聞いている。社会常識からして、正常な形でない人を支援する必要がないではないか」などと市議会で発言していたことが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 市民から抗議があり、市議は発言の撤回を申し入れ、認められた。発言したのは西川重則氏。今月10日の市民福祉常任委員会で、市が2016年度の一般会計予算案に計上した地元FM局への番組制作委託料286万円について審議中、

 番組担当のパーソナリティーについて述べた…

発言の撤回は今月11日、委員長に申し入れたというのだが、社会常識からして、こういう発言をする

 市議が存在すること自体が問題

だし、

 「正常な形でない人」というのが意味不明…

しかも、この出演者を支援しているのではなく、FM局を支援しているのだから、

 発言自体が意味をなしていない

のである。この市議自体に問題があるのは言うまでもないが、全てはこういう市議を選んだ

 有権者の責任

である。こういう人が自分たちの代表であることを恥だと思わないのだから、どうしようもない。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

赤城乳業「ガリガリ君」70円に値上げ

 赤城乳業(埼玉県深谷市)は、氷菓「ガリガリ君」シリーズの希望小売価格(税別)を、来月1日出荷分から10円値上げし、70円にすると発表したと今日の報知新聞が報じた。

 値上げは1991年以来25年ぶり。赤城乳業は、原材料や包装資材の費用が高騰し、

 コスト削減では対応できなくなった

と説明している。「パフェデザート」シリーズを300円から330円にするなど、他の製品も10〜30円値上げするというのだが、別の報道によると、

 棒が90%値上がり

したという。それなら

 ”棒なし”でやればいいのに…

棒なしのアイスキャンディーって、斬新じゃない!?まぁ、ナポリタン味よりもマシか!?。ちなみに何かの番組で

 ナポリタン味は赤字

だったんだって。そりゃ、そうでしょうよ…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

「保育園落ちた日本死ね」賛同者2万8000件の署名を厚労相に手渡す

 ネット上の匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね」に賛同した育児中の女性らが昨日、国会内で、保育の充実を求める約2万8000件の署名を塩崎恭久厚生労働相に直接手渡した、と今日の報知新聞が報じた。

 署名を呼び掛けたのは匿名ブログに共感した関西在住の40代の母親。同ブログが国会で取り上げられたことをきっかけに、

「待機児童問題をはじめ保育園に関する現状を安倍晋三首相や議員に伝えたい」

として、今月4日にネット上の「#保育園落ちたの私と私の仲間だ」で募り始めた。

 民主党の山尾志桜里議員が先月29日の衆院予算委で

 「何なんだよ日本」
 「一億総活躍社会じゃねーのかよ」


などと待機児童を抱えた母親が書き込んだとみられる匿名ブログの内容を紹介。首相が

 「匿名であり本当か確かめようがない」

と答弁し批判が集まっていたという。

 衆院予算委の様子をテレビのニュース番組で観た。安倍首相の答弁やヤジを飛ばす自民党議員を見ていると、「一億総活躍社会」や「女性が活躍する社会」を目指すなどというのは単なる選挙目当ての

 美辞麗句

であり、

 ハナからまるでやる気がない

というのが明らかになった。師匠の小泉純一郎元首相ばりの

 ”言うだけ番長”

である。そりゃ、国会議員の先生なら奥さんが働きに出ることもないし、子供は自らの権力や財力、コネでもって、幼稚園から大学、更には就職までエスカレーターで進めるのだから、

 保育園なんて無縁

だろう。つまり、今現実に起こっている問題について、

 全く関心がない

ばかりでなく、

 全く想像ができない世界

なのだ。本来ならそういう奴が議員になるべきでないし、資格もない。次の選挙では野党が統一候補を擁立する様子だし、

 18才と19才も選挙権を持つ

ようになる。総理大臣や自民党議員のこういった醜態に対して、新しく選挙権を得る

 若者たちはどう審判を下すのか…

彼ら彼女らは”保活”とは無縁の国会議員さんよりも、問題提議した若いお母さんの方が遥かに近い存在であり、親近感を持っている。

 与党は相当な苦戦を覚悟しておいた方がいい…

今回の件はゲス不倫議員やアホな元局アナの大臣の失言と同等、いやそれ以上の

 大失態

である。しかも、

 安倍首相が直接関わっているのだから尚更…

乙武さんも出馬を止めるなら今のうちだよ!?自らのキャリアに汚点を残さないためにも…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

“ハトに餌”50代男性”フン害”で近隣住民とトラブル

 名古屋市南区の50代男性が自宅前や公園でハトに餌をやり続け「ふん害」をめぐり近隣住民とトラブルになっている、と今日の報知新聞が報じた。

 市職員がやめるよう説得したところ、

 水を掛けられた

ため、南署は昨日、公務執行妨害容疑で任意で事情を聞いた。男性は

 迷惑行為はやめる

と約束したというのだが、男性が市職員に水を掛けるシーンをテレビのニュース番組で観た。警察が来たら

 即反省…

単なる情けないヤツである。まさか、ハトに餌をやったぐらいで警察沙汰になるとは思わなかった!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

偽ブランド!?麺減らし低価格に…本家から「ペヨング」発売

 「まるか食品」(群馬県伊勢崎市)が今月、「ペヤングソースやきそば」の姉妹品「ペヨングソースやきそば」を全国に発売する、と今日の報知新聞が報じた。

 麺を減らし、価格は低くなる見込み。担当者は

 「ペヤングに似せた味ですが、食べてからのお楽しみ」

と話している。まるか食品によると、希望小売価格を設定せず

 オープン価格

とした。量販店やドラッグストアで扱いやすくするのが狙い。

 通常の新商品の5倍

は注文が来ているという。

 まるか食品は2014年12月、ペヤングソースやきそばに虫の混入が指摘され、全商品の販売と製造を一時休止に。販売を昨年再開した。「ペヨング」は東日本では今月14日から、西日本では28日から発売予定だというのだが、「ペヨング」って、

 今どき”韓流”?

と思ったのだが、

 意味がわからない…

パッケージの写真が掲載されているが、そんなに主張せず控えめに

 「Peyong」というロゴ

がプリントしてある。カップヌードルの廉価版「スープヌードル」のような位置付け!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

福島原発事故で東電「メルトダウン」過小評価を陳謝

 東京電力は昨日、福島第1原発事故の当初の原子炉の状況をめぐり、極めて深刻な事態の「炉心溶融(メルトダウン)」ではなく、前段階の「炉心損傷」と説明し続けたことが誤りだったと発表した、と今日の報知新聞が報じた。

 国や関係自治体への説明でも事態を

 過小評価

していたことになる。当時の社内マニュアルに炉心溶融の判断基準が明記されていたものの、事故後に全面改訂され、かつて基準が存在していたことを

 5年間見過ごしていた

という。柏崎刈羽原発を抱え、事故対応を検証している新潟県の技術委員会の求めで調査を始め、

 今月判明した

としている。東電の情報公開の在り方が改めて問われそうだ。東電は記者会見で

「基準に照らせば事故4日目の2011年3月14日の段階で炉心溶融と判断できた」

と陳謝したが、一方で

 「収束作業への影響はなかった」

としたという。

 今更謝られても非常に困るし、責任の所在を明らかにしてもらいたいのだが、誰も東電の言い分なんて信用しない。5年間見過ごしていたというが、事故当時から

 基準があったんじゃないの?

と誰もが思うところだろう。

 東電が隠蔽していた

と理解するのが正しいのではないか。「収束作業への影響はなかった」というが、その間にも

 放射性物質は放出

されているのだ。メルトダウンしていると認識しているのなら、大量に放出された地域へもっと素早く適切な指示ができたのではないか。SPEEDIというシステムが存在することを

 NHKは知っていたのに”隠蔽”

していたし、国が国民を守るなんて、原発マネーに毒された面々以外は誰も信用していない。以前にも言ったが、東電は電力の供給を即刻辞めて、廃炉専門会社になるべきである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

店主が体調崩し「あきまへんな」大阪名物靴店”ホンマに”閉店しよった

 「もうあかん やめます!」と記した垂れ幕を約20年も掲げてきた大阪・西天満の名物靴店「靴のオットー」が昨日、本当に閉店し、39年間の営業を終えたと今日の報知新聞が報じた。

 常連客や報道陣が集まった午後3時の閉店時間には、

 「ほんとうにもうあかん」
 「閉店しました」


と最後の垂れ幕を掲出。客からは

 「また明日もやるで」

と閉店を疑問視する声も上がったが、店主の竹部浅夫さんは

 「もうホンマにあきまへんな」

と正真正銘の店じまいを宣言したという。

 僕の近所のお店でも「閉店セール」をずっとやっていて、店の人に聞いてみたら、

 「閉店時間になると閉店しますねん…」

というオチだった、という事があったのだが、このお店は有名で、度々メディアにも登場していた。店主が体調を崩したのが理由とのことだが、そのうち復活するかもしれないし、例え本人でなくても

 2代目が登場

するかもしれない。お客さんもメディアも復活を待っている!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

ハリウッドセレブが”応援”「包茎男子ブーム」到来間近?

 海の向こうのハリウッドセレブや医療関係者の間では、包茎を巡って、「自然なままの姿であるべきだ」と熱烈なエールに聞こえる声が上がっている、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が紹介している。

 包茎に悩んでいる人の中には一度は、生まれてすぐに包皮をチョキンとしてもらう割礼の文化が日本にもあればいいのにと思った人もいるだろう。しかし、そんな割礼文化にラッセル・クロウ、キャメロン・ディアスらが

 「ノー」

を突きつけている。海外では割礼が一般的と思われていたが、近年は

 割礼反対運動が世界的に広がっている

という。ラッセルはかつて自身のツイッターに

 「割礼は野蛮でばかげている」
 「自然に逆らってどうするんだ?」
 「神様は包皮寄付を本当に求めているのか?」
 「赤ちゃんはそのままで完璧なんだ」


と書き込んだ。キャメロンも

 「包皮を留めて、引っ張って、切り取る」
 「聞くだけでも不快なこと」
 「でも、知るべきことと思うわ」


と発言。また歌手のビリー・ジョエルは

 「私も同意なしに切られた」
 「そのことは今でも怒ってる」
 「切る前に聞いてほしかった」


とこぼしたことがあるというのだが、そりゃ、赤ちゃんの時にするのだから、

 同意もへったくれもない

だろう。我が国ではお金を出してやるのに…とも思うのだが、セレブさんらの言い分もごもっともで、僕らからすれば、

 なぜ割礼するのか?

理解できない。記事では

 「2016年、本格的な“包茎男子ブーム”の到来は間近!?」
 「包茎こそが世界基準なのかもしれない」


としているが、もしそうなら、日本人は時代の最先端を行っている!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

高市総務相「放送法違反繰り返せば電波停止も」

 高市総務相は昨日の衆院予算委員会で、放送局が「政治的な公平であること」と定めた放送法の違反を繰り返した場合、電波法に基づき電波停止を命じる可能性に言及した、と今日の報知新聞が報じた。

 電波停止に関して高市氏は、

「行政が何度要請しても、全く改善しない放送局に何の対応もしないとは約束できない」
「将来にわたり可能性が全くないとは言えない」


と述べた。民主党の奥野総一朗氏が、安倍政権に批判的とされる看板キャスターの番組降板が相次いでいると指摘した上で、

「電波停止が起こり得るのではないか」と質問したのに対して答えた。高市氏は、放送法について「単なる倫理規定ではなく法規範性を持つ」
「私が在任中に出すとは思えないが、事実に照らして、その時の総務相が判断する」

とも指摘したという。

 「政治的な公平」と言うが、それならば

 「政権を賞賛する」のも放送法違反

ではないか。

 NHKや日テレやフジは政権の広報機関

だし、反政権を謳っているようにみえるテレ朝やTBSも所詮”見せかけ”。関西の放送局でやっている、元たかじんさんの冠番組は

 「おおさか維新の会」の宣伝番組

である。それらも放送法違反ではないか。自分達を支持するのは「公平」で、批判すると「公平でない」=放送法違反と言うのは明らかにおかしい。

 「政治的な公平」は第三者が判断すべき

であり、政権が判断するというのがちゃんちゃらおかしいのだが、そもそも、

 メディアに「政治的な公平」を求めるのが間違い

であって、表現の自由、報道の自由を保障した

 憲法に違反しているのは明白

ではないか。まぁ、既に法治国家の体をなしていない独裁国家なのだから、何でもありなんだろうけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする