2018年04月04日

”NHK退職”有働由美子アナウンサーの野望

 NHKの朝の情報番組「あさイチ」で3月30日まで8年間メインキャスターを務めた有働由美子アナウンサーが、同31日付でNHKを退職していたことを昨日発表し、波紋が広がっていると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 「あさイチ」降板の翌日に、27年間勤めてきたNHKも退職していたことが分かった有働アナは、昨日同局を通じて

「今後、一ジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進してまいります」

とコメントを出した。さらに

「海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をいたしました」

と今後の仕事への意気込みも明かした。あるNHK関係者は

「毎日の生放送はやはり彼女を相当疲弊させていったようです」
「ずいぶん前から“番組から降ろさせてほしい”との希望を上層部には伝えていたようです」
「ただ、視聴率もいいし、できれば続けてほしい上層部の強い思いから、引き留められて出演していたのですが、あまりに忙しすぎるため『私生活も充実させたい』と思い始めたといわれています」
「さすがにこれ以上は…との思いになったそうで、そんななかで、退職の選択肢も出てきたのでしょう」

と語る。現段階では、本人のコメントにあるように「一ジャーナリストとして」活動していくようで、別の局内関係者は

「いまのところ、結婚という話もなさそうです」
「それに、NHKを辞めたからといって、すぐにどこかの芸能プロダクションと契約することもいまのところないようです」
「フリーのアナウンサーというよりも、それこそ“女版・池上彰”のような立場を目指していくのではないでしょうか」


と話す。しかも「あさイチ」の実績はもちろん、昨年末に発表された「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)では日本テレビの

 水ト麻美アナに次ぐ2位…

視聴率を持っているアナウンサーだ。本人の希望とみられる“女・池上彰”への可能性は十分ある。

「NHK内の実績を比べると、池上さんは記者から子供番組の『お父さん』としてニュース解説をして話題になり、定年前に退職し、民放で解説者として人気者になった」
「有働さんの場合はアナ職のまま赴任したアメリカ総局では記者経験もあり、局内では退職時の池上さんよりも役職は上」
「知名度でも上ですから、民放各局は解説者やコメンテーターなどでも欲しがるでしょう」

と芸能プロ関係者。確かにお堅いニュース中心の池上氏よりも、下ネタもいけるほど守備範囲が広い有働アナだけに、マルチキャスターとしての活躍は大いに期待できそうだ。さらに今後、注目されそうなのは

 所属先

だ。別の芸能プロ幹部は

「当然でしょうが、人気実力兼ね備えた有働さんですから、これまでにもフリーにならないかという、高額の移籍金付きの誘いはクサるほどあったはずです」
「ただ、NHKからは離れないだろうと、ほとんどの関係者は思っていたから、一時期あった引き抜き合戦も下火になっていた」
「でも、NHKを辞めてしまった以上は獲得に手を挙げる事務所はかなり出てくるでしょう」


と証言する。退職後も元「NHKの顔」の存在感は増す一方だというのだが、NHKを辞めたのはビックリしたが、真っ当なジャーナリストとして活動するのなら、

 辞めたのは正解

だろう。というよりも、

 辞めないとできない

だろう。それはNHKの組織を良く知る有働さんなら十分理解しているはずである。所属先に注目という点については、

 既に進路は決まっているはず…

そうでないと辞めない。まぁ、どこにも所属せず、文字通りフリーでやる可能性もあるけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

有働由美子アナ「あさイチ」降板容認のウラに“働き方改革”

 先月6日放送のNHK朝の情報番組「あさイチ」で、3月いっぱいでの降板を発表した有働由美子アナウンサー。2010年3月からの8年間、V6の井ノ原快彦とともに同局の朝の顔を務めてきた、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

「民放各局も力を入れている時間帯で『あさイチ』の視聴率は常時10%超えと安定し、NHKの看板番組です」
「特に有働アナはサラリーマン人気が高く、出勤間際にひと目見たいという声は多い」
「貢献度は大きいですね」


と民放関係者。そんな有働アナが、なぜこのタイミングで降板できたのか?

「有働アナ本人から『私生活を充実させたい』という申し入れが局側にあったのは一部で報じられている通り」
「とはいえ、人気番組の顔だけに局側もそう簡単に首を縦に振るわけにもいきません」
「しかし政府が進める“働き方改革”に照らし合わせると、局側も有働アナの要求をのまざるを得ない部分があったんです」


とNHK関係者。現在の有働アナの仕事量は過酷だ。局入りは「あさイチ」の打ち合わせのため午前4時台で、8時15分から通常は9時54分までの生放送を終えた後は、ナレーションや単発の仕事が入っている。しかも、NHKは丁寧な番組づくりが信条のため、必然的に

 打ち合わせ時間も長くなりがち…

その結果、帰宅時間が夜になることも珍しくないという。

「13年に都政担当の女性記者が過労死してからNHK局内では“働き方改革”が至上命令」
「昨年の紅白歌合戦でもリハーサル時間を短縮しようとしたほどです」
「そんなときに過重労働している有働アナから『私生活を充実させたい』と申し出られたら、断るわけにはいかなかったというのが真相なんですよ」


と前出のNHK関係者。脇汗をネタにできるほど庶民的な有働アナが「あさイチ」で見られなくなるのは残念だが、事情を聞けば致し方がなかったというべきだろうというのだが、そりゃ、過労死した同僚がいるのだから、

 労働時間を減らすのは当然

だろう。AKは最近、

 冬休みも1週間

あるようだから余程、あの件が堪えたのではなかろうか。しかも、その事実を隠蔽して他社の過労死のニュースをいけしゃあしゃあと報じていたのだから…。反省してもわらないと困る。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

セクハラ報道・登坂アナの裏顔 契約アナ狙う粘着手口

 お公家さまのような風貌と語り口で知られた“NHKの麿(まろ)”こと元NHKの登坂淳一アナウンサーに、重大セクハラ疑惑が発覚したと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 今日発売の週刊文春は「セクハラ重大事件」と題し、2011年6月、北海道内の飲食店で登坂アナが行った

 セクハラ行為の詳細を報じた…

同誌によると、番組の打ち上げの2次会で、10人ほどがいたカラオケ付き飲食店で、登坂アナの両脇には新人の女性契約キャスターが座った。席についた途端に女性のヒザを触り始め、反対側の女性の太ももも触ったうえ、一人の20代女性に

 「一緒に抜け出さない?」

とささやき、女性がトイレに逃げると、登坂アナはトイレ前の廊下まで追い、暴挙に出たという。

「無理やりキスを迫り、ブラウスに手を入れ、胸をまさぐった後、彼女が大声を出せないのをいいことに、スカートをまくり上げ、下腹部へと手を伸ばすのだった」

これに登坂氏の弁護士は

 「性的な内容に関わるのでコメントは差し控える」

としているという。登坂アナの素顔については、NHK関係者が

「女グセの悪さは局内でも有名だったから、東京に戻ることはないといわれていた」

と語る。東京のアナウンス室を経て2010年に札幌放送局勤務となると、2014年に大阪、2017年から鹿児島と

 東京に戻ることなく退職…

セクハラの舞台となった札幌放送局時代の元関係者が昨日、本紙に詳細を語った。文春報道を知った関係者の間では

「NHKにいればセクハラ癖の話も守ってもらえたのに、フリーになったら、あれだけやってればそりゃ出るわ」
「それも本人のおごり」
「バカだね〜」


との会話が交わされているという。2010年3月の札幌赴任直後から登坂アナは

 酒グセの悪さを露呈…

しかも、その標的は文春が報じた通り、立場の弱い

 若い女性契約キャスターばかり


だった。

「お酒の席では初対面で手をつないだり、お尻を触ったりはしょっちゅう」
「登坂さんは当時、単身赴任で、飲み会の帰り道で『ウチに来る?』と圧をかけられた女性もいました」
「自分がモテると思い込んでいるから、セクハラの認識がないんです」
「身内だから絶対にバレないとタカをくくっていたのでは」


と同関係者。被害に遭ったのは札幌放送局のみならず、

 釧路や旭川などの放送局の契約キャスター

にも及び

「飲んだ後に“お持ち帰り”した女性もいたそうで、本人は不倫などまったくおかまいなし」
「ノってこない女性にはしつこくメールでも誘っていたそうです」


2001年に同期NHK職員と結婚した登坂アナは、

 昨年春に離婚

したというが、セクハラ癖に加え

 「ナルシスト麿」

と陰で呼ばれていたプライドの高さ、自信過剰な一面があったという。

「同じ立場の同僚女性アナや、後輩の男性アナなどにはパワハラ」
「夕方のニュースでコンビを組んでいた女性局アナへの批判が書かれた、視聴者からの声がまとめられていた紙に付箋を貼って“オレがいないとダメだろ”とでも言いたげにアピールしてました」
「後輩男性アナをエレベーターに押し込んで“壁ドン”のような状態で『なんでお前が発言してるんだよ。オレがコメントするとこだろ!!』とか放送内容に激怒して、スゴんでいたこともありました」


こうした裏の顔はNHK関係者の間では有名だったが“スターアナ”だっただけに、誰も暴走を止められなかったとも。

「東京の人気アナという看板があるから、周囲も何も言えず、被害に遭った女性たちは、登坂さんの気分を害さないように“まぁまぁ”といなして逃げるとか、次からは近くに座らないようにするくらいしか、防御策はなかった」
「それを目にした女性局アナはみな『気持ち悪い』と白い目で見てましたね」
「ふつうは身内には手を出さないものなんでしょうけど、登坂さんは逆でしたね」

別のテレビ関係者は

「登坂アナは地方のキャバクラで『オレのこと知ってる?』と言い出し『知らない』と言われると『NHKのアナウンサーだよ』と自らひけらかし、口説いていた」

とも。フジテレビも激震だ。

「NHKから処分を受けたことはないという登坂アナからの説明で、問題なしと判断し、新番組は予定通り、スタートさせる方針ですが、世間の反発しだいでは、ショーンKのとき(経歴詐称問題)の二の舞い、放送開始直前に降板の可能性もある」

とフジ関係者。

 フジの“身体検査”が甘かった


というしかないというのだが、当ブログで先日、登坂さんがNHKを退局してフジの夕方のニュース番組に抜擢されたという話題を取り上げた際、登坂さんは

 不倫で左遷

されたんじゃなかったの!?と書いたが、

 不倫どころのレベルではなかった…

しかも、最も立場の弱い契約キャスターを狙うとは

 極悪非道…

そりゃ、鹿児島に飛ばされるわな。しかし、登坂さんの傍若無人な振る舞いを許していた

 NHKは相当重症…


局員の過労死の問題を隠蔽して職場の体質を批判されていたが、今回の件が発覚して、

 セクハラ・パワハラも横行

しているのだろうというのは想像に難くない。しかも、上司や周りの人間は

 見て見ぬ振りとは…

こんなの

 クビになって然るべき

だと思うのだが、NHKってその辺りは一体、どうなってんの?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

車内不倫のフジテレビ・秋元優里アナ”異動”も

 先週発売の「週刊文春」で、同じフジテレビの40代妻子持ちプロデューサーA氏との“ダブル不倫疑惑”が報じられた秋元優里アナウンサーが、ついにアナウンス部からの異動を命じられる可能性が出てきた、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 現在はすべての番組出演を見合わせている秋元アナだが、不倫疑惑を報じられるのは

 これで2回目…


さすがにフジ上層部の怒りは相当なもので、

 とんでもなく大きな代償を支払う

ことになりそうだ。昨日放送の「ワイドナショー」に出演予定だった

 秋元アナの姿はなかった…

同番組では過去にも様々なスキャンダルを掘り下げてきたが、この日の放送でも冒頭から

 “身内”のダブル不倫疑惑に言及…

ダウンタウンの松本人志が、

 「僕が聞いたのは、本人は『出たい』と言ったらしいんです」
 「そしたら上層部の方から『バカヤロー!』と言われたらしいです」

と半分冗談めかしながら暴露。続けて

「本当にあの方がそういう肉欲的な人なのであれば、僕もぜひ中継ぎ(の不倫相手)くらいには」
「そこそこええ仕事しまっせ!」


と笑いに変えて、やんわり秋元アナをフォローした。一方、芸能リポーターの長谷川まさ子氏は、プロの視点から

 「お二人とも文春に直撃されていて、否定されております」
 「でも、会っていた頻度と場所からしてアウトかなと」

と分析した。同誌によると、秋元アナはこの年末年始に、40代妻子持ちプロデューサーA氏のワンボックスカーを使用して、竹林や温泉などで

 頻繁に密会…

ある日は、小屋にワンボックスカーの前半分を不法侵入させて前方の視界をふさぎ、外からは見えない後部座席で30分ほど2人で過ごしたという。誰もが

 “ただならぬ事”が行われていた

と想像するのは無理もない。秋元アナとA氏の不倫疑惑が報じられたのは2回目。1回目は2016年11月に写真誌「FLASH」が、夫の生田竜聖アナとの別居原因がA氏だと報じられた時だ。その当時は秋元アナが報道された直後に「ワイドナショー」で

 「全然、やましいことはないです」


と否定したが、フジテレビ関係者は

「2人の不倫を疑っていた局員の多くは、今回の文春報道で完全に“クロ”だと結論づけてしまった」

と明かし、局内での

 評判もダダ下がり

だという。現在はフジが

「誤解を与えるような軽率な行動に対する責任を取って当面の間、番組出演を見合わせる」

として秋元アナの番組出演を見送っているが、どうやらそれだけでは済まない可能性が高まってきた。秋元アナの再三の問題行動に、

 フジ上層部の怒りが限界

を迎えたというのだ。

「上層部の秋元アナに対する怒りは以前からあった」
「そもそも2012年の生田アナとの局内結婚もテレビ局の禁忌を破ってのもので、もし離婚したら2人もろとも傷がつくと反対していたんです」
「ましてやフジは主婦層ウケ抜群の“イケメン”生田アナを売り出そうとしていた矢先だっただけに、なおさら反対していた」
「そんななか、2016年に生田アナとの別居とA氏との不倫が報じられて怒りを買った」
「当時は自ら番組で否定して火消ししましたが、今回はそれすらも許してもらえないほど上層部が激怒している」
「多くの局員が『異動もやむなし』と見ていますよ」

上層部の怒りをたびたび買った結果、ついに

 アナウンサー人生の危機に陥った

というわけだ。過去に女子アナが営業などの畑違いの部署に異動した例は少なくないが、その多くは華やかな女子アナ生活に未練があって耐え切れず、

 退職してフリーアナウンサー

に活路を見いだすケースが多い。これまでの報道が事実なら、秋元アナにも同じ未来が待っている可能性は十分にあるが、

「不倫というのはイメージが悪すぎるので、フリーとしてやっていけるかどうか」

というのが専らの見方。果たして、どのような結末を迎えるのか、というのだが、松ちゃんも自分の番組でウソを付かれたのに、

 随分甘いなあ…

というのが正直なところ。「本人は出たがっていたけど…」という言い分も怪しい。この記事でもちょっと触れているし、当ブログでも以前に触れた事があるのだが、フジテレビでは

 局アナ同士の恋愛は禁止


というルールがあって、先輩たちはそれを頑なに守っていたが、

 秋元さんと生野さんが破ってしまった

のである。にも関わらず、何のペナルティーも与えず、なあなあになってしまって結婚してしまった。ちょうど時を同じくして

 会社は凋落の一途

を辿り、現在の惨憺たる状況に陥っている。そのルールの賛否は別にして、

 ルールを守れない組織が上手くいくはずがない

のである。このブログのテーマの一つでもある自業自得。そういう意味では、フジと秋元さんは当ブログにとって、格好のターゲットである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

フジ・秋元優里アナの密会現場 グーグルマップに“ホテル”で登場

 「週刊文春」に不倫疑惑を報じられたフジテレビの秋元優里アナウンサーにさらなる“悲劇”が起きていると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 今回の不倫疑惑で、最も注目を集めているのは、W不倫ということもさることながら、その

 密会場所…


年末年始に温泉に行ったのはあり得るとしても、

 竹林や畑

に車を止めて、逢瀬を繰り返していたからだ。とても有名人の自覚があるとは思えない密会場所にネット上では

 「竹林」や「堆肥小屋」というワードが大盛り上がり

を見せている。ついには天下の「グーグルマップ」にも、密会場所が登場するハメに。検索欄に「秋元優里」と打つと

 「秋元優里 竹林」「秋元優里」と2つの結果が「ホテル」

として出てくる。竹林は言わずもがな、もう一つは堆肥小屋がある畑が出てくるではないか。誰のいたずらかは不明だが、複数の関係者の証言によると、

 両方とも今回の密会場所で間違いない

という。近隣住民は

「竹林や畑と言うと、すごい田舎のように思う人もいるだろうが、まったくそんなことはない」
「現在は開発されて、すぐ近くには高級住宅街や商業施設もある」
「よくこんなところで、密会しようと思いましたねえ」

と呆れるばかり。密会現場が全世界に晒され

 “バンブー秋元”


とも呼ばれ始めた秋元アナのとんでもない赤っ恥になっているというのだが、バンブー秋元とは

 キャッチーでなかなか良い…

今年になって初めて流行語大賞の強力な候補作が現れた!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

フジ・秋元優里アナ”車内不倫報道”の代償

 日曜の人気情報番組「ワイドナショー」でアシスタントを務めるフジテレビの秋元優里アナウンサーが、同局の先輩プロデューサーとダブル不倫中と今日発売の「週刊文春」が報じた、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 週刊文春が報じたところによれば、秋元アナのお相手はBSフジ「プライムニュース」の40代妻子持ちプロデューサー・A氏だ。2人はA氏が所有するワンボックスカーを使用し、年末年始にかけて

 密会を繰り返していた…

竹林デートや温泉施設の離れで休憩、さらには夜景がきれいなデートスポット付近では、報道に携わる人間らしからぬ

 不法行為まで…

その付近の畑に立つ小屋にワンボックスカーの前半分を不法侵入させ、前方からの視界をふさぐと、外から見えないようになっている後部座席に2人で30分ほど過ごしたという。年明け早々、秋元アナが食らった“文春砲”に

 フジ局内はパニック

となっている。

「文春は柔らかく書いているけど、明らかにカーセックスだからね」
「夫の生田竜聖アナとの関係は事実上、終わっているとはいえ、報道キャスターとして不倫はまずい」

とフジ関係者。秋元アナは「ワイドナショー」にも隔週で出演している。2016年11月に生田アナとの別居、さらに不倫疑惑を報じられた際には、同番組で別居は認めたが、不倫については

 「やましいことはないです」

と否定していた。しかし、証拠を押さえられてしまっただけに今後どうするのか?

「同番組のレギュラーであるダウンタウンの松本人志が『フジテレビにとってマイナスなニュースもやっていかないと』『自分に何かあっても逃げない』などと話しているように、『ワイドナショー』はどんな問題も扱うのがポリシー
「秋元アナの不倫問題も、14日の放送で扱わないわけにはいかないだろう」


秋元アナと1週置きに出演している山ア夕貴アナは、交際相手であるおばたのお兄さんの浮気が発覚した時も番組内で

 きちんとコメント

しているだけに、秋元アナの問題は

 スルーというわけにはいきそうもない…

秋元アナには

 “報道キャスター”の顔もある

ためだ。実際、フジは

 同アナの番組出演を当面見合わせる方針

だといい、降板に発展する可能性もある。昨年6月に就任した宮内正喜社長は、フジ再生のために

 「報道のフジテレビ」路線を標榜

している。そうした中で今回は、

 自局の“報道キャスター”が起こした大スキャンダル

となってしまった。

「宮内さんはフジの社長になる前はBSフジの社長だった」
「『プライム――』をBSフジの看板番組とし、BS局トップに押し上げた功績を買われて、社長となった経緯がある」
「今回の秋元は、そんな大事な番組にドロを塗ってしまったワケだからね」
「これで降板は確実だし、地上波の報道番組を新たに任されることはないだろう」

と前出局員。宮内社長が掲げる報道路線を実行していくうえで、慶応大学卒業の知性と世間受けする美貌を持つ

 秋元アナの存在は切り札


と言えるものだった。それが今回の不倫劇で

 すべて水の泡

となってしまった。

「実は秋元を地上波のニュース番組に戻すというプランも上がっていたんです」
「硬派な作りで評判の『プライム――』の実績を持ち帰らせ、フィードバックしてもらえば、確実にプラスだった」


と別のフジ関係者。そうしたプランも今回の“不倫報道”で、全てなくなってしまったようだというのだが、今回の件が発覚して、「ワイドナショー」内での

 秋元さんの言い分がウソだった

ことが明らかになった。この件を

 松ちゃんはどう扱うつもりなのか?

フジでは番組出演を当面見合わせる方針というが、

 それでは困る…

「ワイドナショー」はバラエティーなんだから、ちゃんと出てきて

 釈明してもらわないと…

そこで松ちゃんら出演者はどこまで追及できるか?

 日曜日のオンエアが楽しみ

である。まさか、

 ”スルー”って事はないでしょうねぇ…

それでは裏番組と同じになってしまう。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

水卜麻美アナ「スッキリ」好調でサービス?スカートの丈がどんどん短く…

 人気ナンバーワンの日本テレビ・水卜麻美アナが上機嫌で、サービス精神も旺盛になっている、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 噂されていたフリー転身を断念し、この10月から朝の情報番組「スッキリ」の司会に抜擢されたばかりの“水卜ちゃん”。早速、その人気が証明されたという。

「水卜アナが加入した初週(2〜6日)の週平均視聴率(1部)は6.6%(関東地区)」
「前週から一気に0.9ポイントも上昇した」
「ライバルの『モーニングショー』にはまだ及ばないが、週平均6.4%の『とくダネ!!』に0.2ポイント差をつけ、なんとか競り勝った」


と関係者。まぐれかと思いきや、

 第2週も好結果


を叩き出した。広告界が新たな指標として着目するコアターゲット(13〜49歳の男女)では

 全曜日でトップを記録

したという。

「コアターゲットとは、購買力が最も高い層なので、広告代理店やスポンサーが一番欲しい視聴者層」
「水卜アナはこの層からの支持が高いことが判明したのです」


と芸能プロ関係者。人気が証明された水卜アナは上機嫌で毎日の仕事に臨んでいるというが、その相乗効果なのか、本人の

 サービス精神も高まっている

という。

「なんでも週初めから週末にかけて日々、スカート丈が短くなっているんだとか」
「月曜はヒザくらいだったものが、金曜日には太ももが見えるようになる」
「おまけにスカートの色も暗めから、週末にかけて明るくなる」
「都市伝説ではなく、本人の意向だといわれています」


と関係者。これに伴い、カメラアングルも水卜ファンには

 たまらない映像が多くなった

とも。

「最近、水トアナの脚をローからなめるように映すカットが多くなった気がする」
「本人も番組も“確信犯”なのかも」


と放送作家。笑顔に加え、大食い、健康的なEカップで知られる水トアナの人気はさらに高まりそうだというのだが、「スッキリ」の時間帯って、

 主婦層が主な視聴者…

ならば、スカートの丈を短くするのは

 むしろ逆効果

だと思うのだが。まぁ、録画して観る人向けへのサービスという事も考えられるが、スポンサーや広告代理店はそういう人たちをターゲットにしている訳ではないから…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

フジ三上真奈アナ”ヤクルト”小川と堂々デートの裏に“消したい過去”

 フジテレビ系朝の情報番組「めざましテレビ」などにレギュラー出演している同局の三上真奈アナが、プロ野球ヤクルトのエース・小川泰弘投手と交際していることが明らかになった、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 複数の報道を総合すると、三上アナは知人を介して小川と知り合い、

 昨年4月から交際を開始

したという。三上アナは14日、生活情報番組「ノンストップ!」に出演するも、

 交際報道に触れることはなかった…

しかし、2人は比較的堂々とデートを重ねているようだ。

「2か月ほど前、ヤクルトの本拠地である神宮球場に程近い(東京)港区の路上でデートしている姿を目撃した」
「2人とも大して変装はしておらず、バレるのも時間の問題だった」


と関係者。野球選手と女子アナの組み合わせは

 “王道”

であり、デートは隠密で進められることが多いが、三上アナとしてはむしろ

 交際を公の事実にしたかった

のかもしれない。というのも昨年12月に週刊文春で、ジャニーズのアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の

 伊野尾慧が三上アナとTBS宇垣美里アナと局をまたいで二股交際

していると報じられたからだ。

「三上アナは当時から小川と付き合っており、伊野尾にとっても三上アナは“遊び”でしかなかった」
「伊野尾はジャニーズきっての遊び人で、彼との付き合いは女性にとってイメージは良くない」
「三上アナは小川と堂々とデートして早く交際を報道してもらい、忌まわしき伊野尾の影を消し去りたかった部分もあったようだ」


とフジ関係者。ヤクルトとフジのカップルでは、古田敦也元捕手・監督と中井美穂、石井一久元投手と木佐彩子がそれぞれ結婚している。三上アナもこのままゴールインしそうな気配が漂っているというのだが、記事にも指摘されているように、ジャニタレが三上さん、宇垣さんと二股交際していたということは、

 三上さんも二股していた

ということである。チーム同様、小川さんも今季不信が続いている。交際が事実なら、三上さんはいわゆる、

 さげ○○

という事になるので、勝負事に関わる小川さんからすればよろしくない。

 周囲は反対

しているのではなかろうか。三上さんからしても、小川さんには宗教の壁があるので、このままゴールインというのもどうか。まぁ、三上さんも同じ宗教なら問題ないんだろうけど…。結局のところ、

 ジャニタレと三上さんはいわゆる”類友”…

むしろ小川さんよりも合っているのではなかろうか。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

テレ東・秋元玲奈アナがブログで結婚を発表

 テレビ東京の秋元玲奈アナウンサーが昨日、ブログでスポーツニュース番組からの卒業と結婚を発表した、と今日の報知新聞が報じた。

 秋元は「ご報告」と題しブログを更新。8年間担当してきたスポーツニュースからの卒業を報告するとともに

「そして、もう一つご報告があります」
「私事で大変恐縮ですが、今月21日、かねてよりお付き合いしていた会社員の男性と結婚致しました」

と結婚を発表したという。関西版ではベタ記事のみの掲載だったが、秋元さんって確か、

 野球選手と付き合ってたんじゃなかったの?

会社員と聞いて意外だったが、恐らく

 フツーの会社員ではないわな…

どこそこの御曹司とか。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

NHK桑子真帆アナ「ニュースウオッチ9」のメインキャスターに就任

 NHKの桑子真帆アナウンサーが4月期から、「ニュースウオッチ9」のメインキャスターに起用されることが昨日までにわかった、と今日の報知新聞が報じた。

 関係者によると、現在出演している「ニュースチェック11」を3月末に終え、鈴木奈穂子アナと交代するというのだが、個人的に思う事だが、

 (桑子)真帆ちゃんって、なんで報道なの?
 絶対にバラエティーの方がいいのに…

テレビを観ている多くの人もきっとそう思うだろう。人選がよくわからない。別の報道によると、「ニュースチェック11」で共演している

 有馬嘉男さんも「N9」へ異動

らしいので、2人セットでという事なのか。「ニュースチェック」の

 気楽な雰囲気を少し「N9」に持ち込む

というイメージなのか。人云々というよりも番組自体を移動させるという形!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

テレビ東京・紺野あさ美アナ”3月一杯”で寿退社

 元「モーニング娘。」でテレビ東京の紺野あさ美アナウンサーが3月いっぱいで同局を退社することを昨日、自身のブログで発表したと今日の報知新聞が報じた。

 紺野アナは今年元日にプロ野球・ヤクルトの杉浦稔大投手と結婚したばかり。家庭を取るか仕事を取るかの選択に悩み

 「最終的には、家庭を優先させたいという思いから」

主婦に専念することを決断。両親からの

 「14才から働いてきたんだし自分の思うようにしていいと思うよ」

という言葉にも後押しされたという。関係者によると、紺野アナは現在妊娠していないという。2001年にモー娘に加入し、2006年に卒業。慶大を経て2011年に同局に入社した。現在は「なないろ日和」など

 3番組を担当
している現状で今なんて
しているというのだが、国民的アイドルグループの一員が局アナになった時はビックリしたが、当時も今も思う事は、

 局アナになって何がしたかったのか?

サッパリ理解できない。だって、アナウンサーとしてパッとぜず、

 会社は中途で2人採用

している現状で、今なんて

 番組で踊っている

のだから…。これってアナウンサーの仕事ではない。

 アイドルの仕事

である。仕事は今ひとつなのに、

 男女交際は派手…

交際が報じられた相手も実業家にプロ野球選手。しかも2股交際が囁かれていた中で、また別の野球選手と結婚と実体は

 完全に芸能人…

その遍歴からも

 「プロ彼女」であり「肩書コレクター」だった!

まぁ、局アナになるような子と被る部分は相当あるのだが、これまで順風満帆だったが、

 世の中そんなに甘くない…

これからが茨の道!?元局アナの某さんように、30才を過ぎてTバックでグラビアに出る!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

TBS宇垣美里アナの肉食過去 Hey!Say!伊野尾と交際前に亀梨とも?

 TBSの女子アナのエース候補・宇垣美里アナとアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」伊野尾慧の交際発覚が波紋を広げていると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 宇垣アナにジャニーズタレントとの熱愛情報が持ち上がったのは、

 実はこれが初めてではない…

昨年、本紙をはじめ複数の芸能マスコミが交際相手として追っていたのは「KAT-TUN」

 亀梨和也

だった。亀梨とは別れたものの、2回連続の“禁断愛”となり、今後、宇垣アナとジャニーズタレントは共演NGになりそうだというのだが以前、

 「ジャニタレ目当てにタレントになる子が多くて困る」

という、女性アイドルを抱える事務所のスタッフの話を聞いた事があるのだが、

 局アナにも現れたか…

というのが率直なところ。こんな事をされて、ジャニーズから

 ユーの放送局にジャニーズ、出演させないよ?

なんて言われたらどうするつもりなのか。宇垣さんも素人じゃないんだから、芸能界の様々な掟を

 知らないなんて言わせない…

掟を破ったのだから、それなりのペナルティーを受けても文句は言えまい。宇垣さんは以前にも他局のアナウンサーや同僚と交際していたそうだし、お股が緩そうなのは見た目でわかるが、ジャニタレと2度目とは

 ちょっとやりすぎなんじゃないの!?

出演中の朝の番組も恐らく降板というペナルティーを受けるだろう。こんなの、

 セントフォースなら完全にクビ…

クビにならないだけ会社に感謝しなければならない。しかし、今回の報道で同時に思ったのは、

 亀梨さんも”忙しい”人やなぁ…

以前はキョンキョンと付き合っていたし、最近ではフカキョンとも…という報道もあった。まぁ、下の軽い者同士で「類は友を呼ぶ」って事か…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

テレ朝「グッド!モーニング」不倫報道…田中萌アナ”出演”見合わせ

 テレビ朝日「グッド!モーニング」で共演する加藤泰平と田中萌の両アナウンサーが不倫していると今日発売の週刊文春が報じている、と今日の報知新聞が報じた。

 加藤アナは約3年前に一般女性と結婚しているが、先月25日夜の番組打ち上げ後、田中アナの自宅マンションに1泊。翌朝、

 マンションから出てくる姿

などが撮られている。2人とも今月3日に同誌の直撃取材を受けているが、

 具体的なコメントは避けた…

今月2日の「グッド−」では、今月1日に発表された「2016 ユーキャン新語・流行語大賞」でトップテンに入った週刊文春の

 「ゲス不倫」を紹介…


授賞式に出席した同誌記者とのやりとりを、田中アナが

 番組ディレクター役で再現

した。番組では取材が詰めの段階と紹介。田中アナは

 「かなり思わせぶりな感じでしたね」

とコメントしたが、その翌日に

 同誌の直撃取材を受けることになってしまった…

テレビ朝日広報部はこの日、不倫の有無について

 「プライベートなことですので、お答えは控えさせていただきます」

とコメント。2人の今日以降の出演については、

「プライベートなことではありますが、報道・情報番組ということもあり、出演を当面、見合わせることにしました」

と説明したというのだが、”文春砲”を取材しておきながら、ターゲットが自分だったとは、

 マヌケ以外の何物でもない…

それにしても、自局、他局を問わず、今まで相当数の”先輩方”が何度も繰り返した過ちをまた繰り返すとは…。この人達には、

 学習能力というものが皆無

なのだろう。しかも、芸能人や著名人の不倫などを紹介する番組に出演しているのだから、呆れるばかりである。まぁ、会社をクビになったわけではないので、出社すれば給料は貰えるのだから、別に問題はないのだろうが、大した能力もないのに

 自尊心の塊

のような局アナが

 このペナルティーに耐えられるか…

この2人は当面どころか、相当長い間、

 テレビの出番はない

だろう。もっと言えば、

 二度とテレビに出ることはない

かもしれない。これも自業自得だから仕方がない。同僚はほくそ笑んでいるに違いない!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

日本テレビ・上重聡アナ「スッキリ!!」卒業

 日本テレビの上重聡アナウンサーが昨日、昨年4月から総合司会を務めた同局の情報番組「スッキリ!!」を卒業した、と今日の報知新聞が報じた。

 就任早々、スポンサー企業の代表を務める男性から多額の無利子融資を受けていたと一部週刊誌で報じられたことに言及。

 「個人的な問題で大変なご迷惑をおかけしました」
 「去年9月に全額返済し終わったのですが、最後まで足を引っ張ってしまった」


と謝罪。精神的につらい時期もあったというが、周囲の支えに感謝しながら

 「1年間、加藤(浩次)さんの横で(司会を)務めることができた」
 「それを財産に頑張っていきたい」


と再出発を誓ったという。

 いくらクライアントとはいえ、なぜ日テレが上重さんの降板をここまで引っ張ったのか。

 「何か弱みを握られているのかなぁ?」

と邪推したくなるほど不自然で理解に苦しむのだが、何かの報道で春からは子会社の

 「ティップネス」に左遷?

という記事をみたような気がする。まぁ、甲子園球児だし、現ホークスの松坂大輔投手の友達でもある。プロ野球界に強力な人脈があるのだから、意外と適任かも!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

デート報道で精神不安定か…TBS小林悠アナが電撃退社

 TBSの小林悠(はるか)アナウンサーが昨日、健康上の理由で同局を依願退職したと今日の報知新聞が報じた。

 今月28日にリニューアルスタートする「NEWS23」のキャスターに就任予定だったが、同様の理由で出演を取りやめることが今月3日に発表されていた。TBSがこの日、ファクスで発表。小林アナは

 「入社以来見守っていただいたみなさんには深く感謝申し上げます」
 「直接ご挨拶も出来ず申し訳ありませんが、本当にありがとうございました」

というコメントを寄せた。詳細について、同局広報部は

 「プライベートなことなので答えられない」

とした。

 小林アナは「報道特集」のキャスターになる膳場貴子さんの後任を務めることが1月26日に発表された。現場志向が強く、スタジオを飛び出して現場取材にも積極的に出掛ける

 意欲を見せていた

という。しかし、2月に「週刊ポスト」に起業家との高級ホテルでのデートの様子を報じられると、TBSラジオのレギュラー番組「たまむすび」で

 「自分のプライバシーがだだ漏れなのはどうなのか」

と発言。関係者によると、この起業家への不信感が募り、この頃から

 精神的に不安定になっていった

という。起業家とはその後破局。「NEWS23」についても

 「できません」

と申し入れた。あまりの精神的ショックに、同局は

 看板番組を任せるのは無理と判断…

新たなキャスターとして駒田健吾アナと皆川玲奈アナの起用を決めた。有給休暇も消化せずに突然、退職するのは

 極めて異例…

小林アナは1週間ほど前に社内の自分の机を突然片づけ、

 同僚にも何も説明せずに帰宅してしまった

という。焼き肉などが好きで大食漢として知られるが、最近は周囲も心配するほど

 激ヤセ

していた。食事もノドを通らず寝込んでいるという情報もあるという。

 まぁ、人を見る目がなかったということなのだろうが、この種の人達はプライドか何か知らないが、

 付き合う相手を狭めてしまう

傾向がまま見られる。

 自業自得の何モノでもない

のだが、せっかく看板番組に起用されてのにもったいないと誰もが思うところだろうが、同僚にしてみれば、

 自分たちにチャンスが巡ってきた

わけで、

 「ラッキー」

ぐらいにしか思っていないかも。まぁ、暫くしてどこかの事務所に入って芸能活動を始めたら仕事も来るだろうなんて思っていたら、

 大間違い…

世の中、そんなに甘くはない。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

「不安や緊張ある」近江友里恵アナ「ブラタモリ」新パートナーに決定

 タレント・タモリがMCを務めるNHKの人気番組「ブラタモリ」の新パートナーに、近江友里恵アナが就任することが昨日、東京都内の同局で行われた新キャスター記者会見で発表された、と今日の報知新聞が報じた。

 近江アナは入局4年目で、現在はタモリの出身地と同じ福岡放送局勤務。今月17日から東京・アナウンス室に異動となる。近江アナは

 「タモリさんとご一緒するのは正直なところ、不安や緊張もあります」

と重圧に苦笑い。同番組でブレイクし、新番組「ニュースチェック11」のキャスターに抜てきされた前任の桑子真帆アナは

 「ふわっーとした癒やしオーラに包まれているので大丈夫」

と太鼓判を押した。また、4月からリニューアルする「クローズアップ現代+(プラス)」は井上あさひアナ、杉浦友紀アナら7人の女性アナが日替わりで担当。4月12日スタートの新番組「うたコン」の司会は谷原章介が務めるという。

 個人的には、テレ朝の竹内由恵ちゃんを幼くした感じで大好物の近江ちゃん。夏休み等で朝のニュース番組に代役で何度も出演していたから、AKに異動するのは時間の問題だと思っていたが、まさか

 「ブラタモリ」とは…

もちろん大歓迎だが、それよりも帯のニュース番組に異動する

 (桑子)真帆ちゃんの方が心配…

断然、バラエティーの方がいいのに、何を考えているのか。

 この配置転換には疑問…

それから、クローズアップ現代がリニューアルと称してキャスターの国谷(裕子)さんをクビにした件については、

 政権与党の意向が働いたのは明らか

ではなかろうか。NHKの局アナなんて、渡された原稿しか読めないのだから…。報道の自由、表現の自由をメディア自らが否定した、完全に

 自殺行為

である。朝鮮中央テレビと何ら変わらない。まぁ、NHKに限ったことではないけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

加藤綾子アナ「めざまし」卒業&フジ退社 篠原涼子の所属事務所へ移籍

 “カトパン”の愛称で親しまれるフジテレビの加藤綾子アナが昨日、朝の情報番組「めざましテレビ」を4月1日に卒業すると番組内で生報告したと今日の報知新聞が報じた。

 4月いっぱいで同局を退社することも発表。女優の篠原涼子らが所属する芸能事務所「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」でフリーアナとして活動し、

 「めざまし」以外のレギュラー番組は引き続き出演

するというのだが、個人的にはフジテレビの事務所ではなく、

 別の事務所への移籍は意外…

しかも、めざまし以外のレギュラー番組は出演するというのだから、加藤さん側からしたら、

 「めざまし」以外で月給分を貰いたい

という魂胆なのだろう。まぁ、フジも月給以上は支払いたくないし、支払うつもりもないんだろうけれど。個人的には、世間が言うほど、

 加藤さんが良いとは思わない

のだが、フリーになったらタレントなのだから、局アナ時代ではなかなかイラわれなかった

 中学時代のホスト遊び

もネタにしなければならない。そういう人だから、もっとエゲつないエピソードもありそうだし、そういう意味では楽しみが増えるかも!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

今年の目標は「夫婦円満」テレ東・大橋未歩アナが再婚 相手は11才年下同僚

 昨年春に日本ハムの城石憲之1軍打撃コーチと離婚していたことが明らかになったテレビ東京の大橋未歩アナウンサーが、11才年下の26才の同局ディレクターと再婚していたことが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 テレ東関係者によると、大橋アナのハートを射止めた男性は同局のディレクター。26才で、大橋アナより

 11才下…

2人は番組を通じて知り合い、大橋アナが

 かわいがっていた後輩

のうちの1人だったという。焼き肉とビールが大好きな大橋アナにとっては、昨年4月に「チャージ730!」のMCに就任する以前から、

 職場内での飲み仲間


だった。大橋アナは、2007年1月に当時ヤクルトの選手だった城石コーチと結婚したが、その後はすれ違いも多く、昨年春に8年間に及ぶ結婚生活にピリオドを打った。離婚が成立した後、昨夏頃から

 ディレクターとの交際がスタート…

半年の交際を経て、昨年末に婚姻届を都内の区役所に提出した。城石コーチは5才上だったが、今回は一転、「姉さん女房」となった。

 大橋アナはこの日、MCを務める「チャージ730!」に生出演。番組の終わり間際に、今年の目標を問われて

 「夫婦円満」

のフリップを出し、

 「…ということで、家庭も仕事も、ますます精進して参りたいと思います!」

と笑顔を見せた。さらに

 「許してください、これくらいで…」

とおどけた表情。共演のオアシズ・光浦靖子からは

 「おめでとうございます…ですよね?」

と突っ込みを受けていた。また、番組放送後には、ツイッターで離婚について

 「夫婦のことは夫婦にしか分からない、結婚してみて初めて分かったこと」
 「自分は本当に未熟者だと痛感しています」


とし、今後については

 「今まで通り、懸命に生きて参ります」

と決意をつづったという。

 昨日の報知新聞で一面でデカデカと報道された離婚発覚だけでも大概なのに、年下の同僚と既に再婚していたという今日のニュースで更にビックリ。光浦さんがチクリとやったのはさすがだが、非常に気になるのが、昨年春に離婚していたのに、

 なぜすぐに発表しなかったのか?

実に不思議である。再婚相手とは離婚後に交際が始まったというが、実は離婚前から

 不倫関係だったんじゃないの?

と疑われて然るべきではないのか。離婚後、すぐに再婚となるとあからさまなので、

 バレるまで引っ張ろう

としたら、思いの他バレずに上手くいって、昨日の発覚になったのではなかろうか。あくまでも個人的な邪推だが、

 案外、図星なんじゃないの?

まぁ、こういう人は恐らく、何度も同じ過ちを繰り返すと思うけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

日テレ・水ト麻美”関ジャニ”横山と泣く泣く破局

 毎年恒例の「第12回好きな女性アナウンサーランキング」(オリコンスタイル調べ)がこのほど発表され、日本テレビの水ト麻美アナが見事3連覇を果たしたが、その裏では今年7月に発覚した関ジャニ∞・横山裕との交際で、水トアナがプレッシャーに耐え切れず、白旗を掲げていたことが判明。人気アナとジャニーズタレントの隠密愛は、やはり周囲に認められず、破局していたことがわかった、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 女子アナ人気ランキングのV3に、水トアナの周辺はお祝いムードに包まれている。

 「3連覇はすごい」
 「フジテレビのカトパン(加藤綾子)でさえ、V2どまり」
 「カトパンを3年間も抑えてのV3をあの水トが達成したんですから、大したもの」
 「本人も周囲からの祝福に笑顔ですよ」


と日テレ関係者。だが、その裏では、

 「女子アナとして生きていく道を決断したんです」


と、ただならぬ水トアナの決意があったという。それは今年7月に“週末ボクシングジム密会”が発覚した

 関ジャニ・横山との関係

だ。

「2人の熱愛が発覚してからというもの、水トは連日、番組スタッフや関係者からイヤミを言われ続けてきた」
「面前で『ジャニーズとの仕事は大変だ〜』とか『関ジャニのキャスティングがうまくいかないよ』『ジャニタレと付き合う女性は最後に泣くんだよ』『苦労しているスタッフをよそにラブラブとはうらやましい』など」
「水トにとってはものすごいプレッシャーだった」


水卜アナと横山の2人は熱愛発覚後も「ヒルナンデス!」で毎週木曜日に共演。日テレにとってジャニーズタレントが重要な存在なのは明白だ。

「スタッフからみれば、一社員アナにすぎない水トが、自局のお得意様タレントに手を出した形」
「一時は水卜を降板させる方向で話がついた」
「進行アシスタントの『幸せ!ボンビーガール』からも降ろす方向で調整も始まった」
「同番組は同じジャニーズのTOKIOの山口達也が司会ですから。」
「さらに『有吉ゼミ』も降板という話も持ち上がった」
「いずれも水卜アナがいるとジャニタレをキャスティングできないからです」


だが、結果的にこれらの降板話はいつのまにか立ち消えになった。

 「横山が水トをかばって、ジャニーズ事務所に頼んで降板を阻止したようなんです」

こうなると、2人の仲は深まり、仕事も順調になりそうだが、

 実際は真逆

だった。横山の男気が水トアナを窮地に追い込んでしまったという。

「本来なら水トアナは番組をすべて降板してリセットすべきだった」
「そこへ横山の横ヤリが入り、水トのバックにジャニーズがいる格好になってしまった」
「局内では『うまくやりやがって』と以前よりさらに水トの立場が悪くなった」

3連覇を果たしたものの、別の調査では水トの人気に陰りが見え始めているとも。

 「別の女子アナ好感度調査では水トアナが大きくランキングを下げているんです」
 「横山との交際が影響しているのは明白」
 「将来はフリー転身をもくろむ水トだけに、恋愛で仕事を失いたくない」
 「そして泣く泣く横山との別れを決断したのです」


3連覇の陰には、女の幸せより仕事を選んだ悲壮な決意があったようだという。

 局アナの人気調査をする意味もちょっとよくわからないのだが、放送局側に対するジャニーズ事務所の影響力は計り知れないことを、今回の件でも露わになった。放送局は

 いつまでジャニーズ依存の形を続けるつもりなのか?

もうテレビを観ない人が増えて久しいばかりか、更に増えているのに、どう考えているのか。一度そういった歪んだ関係をリセットするべきだと思うのだが、まぁ別にどうでもいいけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

「しっかり確認してまいります…」NHK山形“泣いたお天気お姉さん”復帰

 NHK山形放送局の「NHKニュースやまがた6時」の天気予報で今月1日の生放送中に泣き出し、2日から4日の番組を休んだ気象予報士の岡田みはるさんが昨日、番組に復帰したと今日の報知新聞が報じた。

 1日の放送では、岡田さんが鶴岡市として映像を紹介したところ新庄市が映り、戸惑った様子で

 泣き出した…

天気予報の冒頭で、

 「この度はご心配をおかけしまして、申し訳ありませんでした」

と謝罪。

 「きょうから再び、気象情報を担当させていただきます」
 「分かりやすく役に立つ山形県の気象情報をしっかりと確認してまいります」
 「引き続き、よろしくお願いします」


とあいさつしたという。

 僕は2ちゃんねるで知って、瞬く間に広がったが、NHKのあの会長がコメントする程

 大ごとになってしまった…

この手の失敗なんて良くあることだし、別に泣くほどの事はないと思うが、今日発売の「フラッシュ」によると、岡田さんは今までにも失敗していて、

 NHKのエライさんに怒られていた

そうである。別に大したことではないんだろうけど、国営放送とはいえ、ローカルのニュース番組での些細な出来事がここまで広がってしまうとは、ネット社会ならではである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンサー・気象予報士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする