2018年06月24日

ロッテ・大嶺翔太「環境変え気持ち入れ直す」借金引退

 ロッテは昨日、大嶺翔太内野手から金銭トラブルによる引退の申し入れがあり、受理したと発表したと今日の日刊スポーツが報じた。

 球団によると、約2年半前から

 金融機関などとトラブル

があり、改善に向けた指導を行ってきたという。最近になって

 新たな同様事案が発生…

対応を協議する中で、ユニホームを脱ぐ意思が伝えられたというのだが、借金を返すには

 野球で稼ぐしかない

と思うのだが…。それなのに引退なんて、ちょっと理解に苦しむ。引退して借金返せるの?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

【レスリング】栄和人監督「夜遊び」解任 谷岡学長もかばいきれず

 至学館大の谷岡郁子学長は昨日、東京・駒沢体育館で行われたレスリングの全日本選抜選手権後に会見を開き、同大レスリング部の栄和人監督の解任を発表した、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 栄氏は五輪4連覇の伊調馨に対するパワーハラスメントが認定され、大会初日(14日)に謝罪会見を開いたばかり。全試合終了後、谷岡学長が会見を開き

 「至学館大は栄和人監督を解任することを決めました」

と発表した。今日朝の大学幹部会で正式決定した。解任理由について谷岡氏は

「謝罪会見後(栄氏を)この場で見守っていたが、まったく期待外れでまだ分かっていない、反省できていないと思わざるを得なかった」

と説明。選手のセコンドに就いてくれと頼んだが、マットに近寄ることはなく

「観客席で応援すると言いながら、知らない人を招待していたのか、来たのかは分からないが、監督業を真剣にやろうと集中できていなかったと思う」

と谷岡学長。また、大会2日目(15日)に栄氏が友人との昼食で外出した点も挙げた。

「野球やサッカーじゃ、試合中に監督がいなくなるとは思えない」
「どれだけ(監督業に)思いを入れているかも分からなかった」
「選手への情熱、集中がなくてこれから監督業が務まるとはとても思えない」

と切り捨てた。2日目終了後に栄氏を名古屋に帰し、16日朝、解任決定を伝えた。栄氏は

 「申し訳ありませんでした」

と話したという。谷岡学長は栄氏の最大の理解者で、これまでどれだけ自分が批判を浴びようとも栄氏をかばい続けてきた。

「この(パワハラ問題が始まって)120日間、同僚として忠告し、上司として指導もしてきたつもり」
「5月末には理事長として懲戒処分もしてきた」
「その際『最後のチャンスだよ』と伝えた」
「でもこの2日間のありようは期待を見事に裏切るものであったと言わざるを得ない」

と、この2日間で急激に心が冷めた様子だった。とはいえ、一気に解任へとかじを切るとは驚きのひと言。真相を探ると、この裏にはさすがの谷岡学長もかばい切れない

 栄氏の行動

があった。複数の関係者の話を総合すると、謝罪会見を行った大会初日夜、栄氏は酒席に行き、その様子を

 一部報道機関に撮られてしまった

のだという。

 「さすがにみんな『これはまずい』と話していた」
 「報道が明るみに出る前に、谷岡さんも覚悟を決めたのでしょう」

とレスリング関係者。特別な事情があったとしても謝罪会見で反省の弁を述べた後に、夜の街に出向くのは

 “ご法度”

だろう。温情をかけてくれた谷岡学長をはじめとする関係者や、栄氏を信じて指導を待ち望んできた選手の気持ちを考えればなおさらだ。栄氏は23日の日本協会評議員会で常務理事解任が決定。今回の至学館大監督解任で、

 指導者としての肩書も消える…

これまで栄氏の手腕により金メダルを量産してきた名門・至学館大の後任監督について谷岡学長は選手らと相談の上、決定すると明かした。同大副学長でコーチを務める吉田沙保里の監督昇格の可能性については

 「あると思うし、他の人でもあり得る」

と話した。2020年東京五輪まであと約2年。再建へ名門、いや日本レスリング界が正念場だというのだが、こういうワンマンで権力を持ってしまった人は、

 「自分のやっている事は常に正しい」と誤解

しているのだろう。それを他人から批判されることもなくやってきたから、今置かれている立場や取るべき行動、立ち振る舞いがわからない。逆に言えば、谷岡学長やレスリング協会を含めて、こういう人に権力を持たせてしまった

 周りの人間の責任も重大

である。質の悪い人間に権力を持たせたらこういう事態を招く、というのは古今東西、万国共通である。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

“タックル王子”高谷惣亮がラスト6秒で逆転V

 レスリングの全日本選抜選手権2日目(6月15日、東京・駒沢体育館)、男子フリー79キロ級で“タックル王子”こと高谷惣亮がダウン寸前の状態から劇的な復活を遂げ、世界選手権(10月、ブダペスト)代表に決定した、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 「これはヤバイかもしれない」

高谷が自分の体の異変に気づいたのは準決勝後。手足の震えが止まらず、異常に気持ちが悪い。信頼するトレーナーに相談した上で、胃の中のものをすべて吐いた。

「脱水症状」
「減量の失敗ですね」
「前日に水分を一気に落とすやり方を今の当日計量でもやったら、胃が食べ物を受けつけなかった」
「15年レスリングをやって、試合で吐いたのは初めてです」

何とか体調を戻し迎えた決勝はラスト6秒で逆転し、昨年末の全日本選手権との2連勝で

 世界代表に…

世界選手権後には五輪階級の86キロ級に上げることを決めており

 「まずは世界選手権で79キロ級でメダルが欲しい」

と意欲を燃やしたというのだが、この高谷さん、

 ひょっこりはんのポーズで会場を沸かせた

が、イエローカードになったという。不利をはねのけての優勝で喜びたいのはわかるが、ほどほどにしないと…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

阪神”大荒れ”株主総会

 予想以上の大荒れだ。阪神タイガースの親会社である阪急阪神ホールディングス(HD)の株主総会が昨日、大阪市内で行われたと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 出席した株主は3733人で昨年よりは少なめだったが、質疑応答の場では冒頭から株主が

 立て続けに球団への不満を爆発


させるなど、大波乱の総会となった。そもそも開始早々から異例だった。前日に発覚した阪神球団所属のスコアラー・山脇光治容疑者の

 盗撮事件

を受け、同ホールディングス・角和夫会長が冒頭のあいさつで

 「被害を受けた方に心からおわび申し上げたい」
 「ファンの皆さま、関係者にもおわびしたい」


と“謝罪”でスタート。株主との質疑応答では、1人目の中年男性から低迷する阪神球団についての話題が相次いだ。

「2年前、特定のコーチの名前(片岡ヘッド兼打撃コーチ)が挙がって批判があった」
「2年たっても打てない」
「セ・リーグダントツの打撃最下位」
「これでは勝てるわけない」
「2年何をやっていたのか!高い新外国人を獲っても打てない」


続いては、

 「外国人選手がずっとダメ」
 「自虐本を出したらどうですか」
 「本を出したらトップセールスできますよ」


と不振で二軍落ちしているロサリオを皮肉る株主も…。また、別の株主は

 「コーチが大事ということを分からないのか」
 「広島のコーチがヤクルトに行って交流戦トップなんですよ」

と“成功例”としてヤクルト・石井打撃コーチを持ち上げて批判すれば、80歳の株主は

 「いつ優勝してくれるのか!」
 「阪神の経営者から今後の決意を聞きたい」

これには百北幸司球団取締役も

 「必ず復調すると信じております」
 「ご理解願いたい」

と何度も頭を下げるしかなかった。終わってみれば質問した株主17人の中で阪神球団や甲子園に関する不満を爆発させたのは7人。野球に興味のない株主から

 「いい加減、阪神の質問はやめてもらいたい!」
 「経営に関する質疑をやって!」

と、株主間で“内輪もめ”する声まで出たほどの異常ぶりだった。同ホールディングス関係者は

 「近年こんな感じの総会はなかった」
 「同じ株主から阪神の質問やめろというのは過去にないと思います」

と驚いていた。昨年はチーム好調で「無風」だった総会から一転、大荒れ。この日の日本ハム戦(札幌ドーム)も7対8で落とし5割復帰を逃した。先が思いやられるというのだが、この時期恒例で毎回注目される株主総会だが、

 球団に関心がない阪神の株主がいた

のは驚きである。てっきり、球団に何か言いたい人が株を買うものだと思っていたから…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

セルジオ越後が辛口ジャッジ「決定力不足」ではなく「実力不足」

 今日の日刊スポーツに掲載されたセルジオ越後さんの辛口ジャッジ。西野監督は決定力不足と言ったが、決定力不足ではなく実力不足だ。大迫がまともに競れたのは空中戦の1回だけ。本田は動いてはいるものの、

 パスミスが目立った…

ガーナ戦よりも前からプレスをかけたが、

 ボールを奪えない…

アジア相手に通用したものが、FIFAランク6位には通用しないという

 実力差

だ。また、DFとGKの連係ミスが出た。3バックとか4バックの問題ではなく、

 格上の相手だから起きた

ことだ。

 選手層も差がある…

スイスは途中出場の選手がゴールを決めた。対して武藤はガーナ戦ほどの頑張りが見られず、柴崎はいきなり警告を受ける始末だ。2失点はいずれも相手ドリブラーにやられた。最初はファウルで止めるしかなくてPK献上、次は止められずに失点に直結した。スイスを仮想コロンビアとすれば、

 危機感やネガティブ要素は増えるはずだが…

西野監督は自分の仕事がうまくいっていないとは言えないのだろう。首相が

 「内閣に危機感を持つ」

とは言えないように、というのだが、昨日のテレ東系「スポーツウォッチャー」でも

 「世界と対等にできるのは長友と吉田だけ」


と指摘していた。オリンピックやワールドカップの度に言っている事だが、メディアに出ている評論家や解説者は

 単なる応援団…


この国にも優秀な評論家や解説者はいると思うのだが、そういう人は

 メディアに呼んでもらえない…

そういう意味では、サッカーの場合、セルジオさんは稀有な存在である。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

”二軍落ち”ロサリオに「有馬温泉でリフレッシュしろ」の声

 屈辱の二軍降格となった阪神のウィリン・ロサリオ内野手が再出発を切ると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 打率2割3分、4本塁打、22打点と極度の打撃不振で今月3日に出場選手登録を抹消となった新助っ人について、片岡ヘッド兼打撃コーチは

「頭をリフレッシュさせて自分のスイングを取り戻してほしい」
「期間?できるだけ早く」

と早期の一軍復帰を厳命。今後は鳴尾浜で若手とともに汗を流すことになるが、焦りは禁物とばかりにチーム内からは

 「まずは遊んで気分転換したほうがいい」

と異例の注文が飛び出している。チーム関係者は

「真面目過ぎる性格が災いして参ってしまったので、このまま二軍に行って試合に出ても危機感が募るだけ」
「今まではずっと練習漬けだったから、ひとまず六甲山に登ったり、有馬温泉に漬かったりするくらいがちょうどいい」
「一度リセットしてやり直したほうがいいんだよ」

と声を大にする。近年は森林浴によって心身の健康や病気予防に効果があるといわれる“森林セラピー”が注目を集めているが、ロサリオも新緑あふれる六甲山を気ままに登ったり、日本最古の温泉ともいわれ泉質でも国内トップクラスを誇る

 「有馬の湯」をゆっくり楽しむ

ことで心身ともにリフレッシュすべきだという。不動の4番として推定年俸3億4000万円で獲得した新助っ人の

 まさかの二軍降格


とあって、フロントも新たな外国人選手獲得に動き出している。5日から二軍に合流するロサリオにとって早急に復活する必要があるが、急がば回れということかというのだが、気分転換するのに別に

 有馬温泉に行かなくてもいいと思う

のだが…。もっと手軽にできる方法もあるだろうに。まぁ、高給取りだから、有馬温泉の最高級旅館を挙げた!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

清宮超速!プロ入り半年で“漫画デビュー”

 日本ハム・清宮幸太郎内野手が小学館の人気男児向け漫画雑誌「月刊コロコロコミック」6月号(今月15日発売予定)に特別読み切りとして掲載される作品「ホームランだよ!キヨミヤくん」で、なんと主人公として“漫画デビュー”を果たすと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 「コロコロコミック」といえば、過去にも「かっとばせ!キヨハラくん」や「ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん」など、実在する大物野球選手らが登場する

 人気のギャグ漫画を掲載

してきた。今回の作品と前出2作品では作者が異なるが、小学館によると

 「『ホームランだよ!キヨミヤくん』もギャグ漫画となっています」

ちなみに「――キヨハラくん」は主人公の清原和博氏が

 プロ入りしてから2年目の1987年

に連載が開始された。その続編である「――マツイくん」も連載スタートは主人公の松井秀喜氏が

 プロ入りしてから2年目の1994年

だった。それに対して清宮は

 プロ入りからわずか半年ほど

での誌面デビューと、まさに

 異例の早さ

だ。大型新人スラッガーの登竜門とも言える誌面デビューだけに、清宮にもより一層の活躍に期待がかかるというのだが、まぁ凄いのは確かだが、諸先輩2人の当時とは違って、

 今はスピードが違うから…

まぁ、早いに越したことはないんだろうけど。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

“新ビーチの妖精”ツアー初V 初代の前で成長披露

 ビーチバレーのジャパンツアー第2戦最終日が昨日、東京・お台場海浜公園で行われ、“新ビーチの妖精”坂口佳穂が鈴木悠佳子とのペアでツアー初優勝を飾った、と今日の日刊スポーツが報じた。

 準決勝で石坪、柴組に2−0で勝利。決勝では浦田、田中組に1度はマッチポイントを握られながら2−1(15-21、23-21、15-11)で

 逆転勝ち

した。追い込まれた第2セットの最後の2点をサービスエースで決めた坂口は

 「練習の成果です」

とニコニコ。観戦した“初代妖精”浅尾美和さん(32)に成長した姿を披露したというのだが、坂口さんの名前を久々に聞いた。一時ほどの露出度はないが、

 カワイイのは間違いない

のだから、本業でもっと活躍してもらいたい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

ハリルホジッチ氏帰国 10チームから監督オファー

 日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏が昨日、成田空港から自宅のあるフランスに戻ったと今日の日刊スポーツが報じた。

 今月21日に涙の再来日を果たし、27日に都内で反論会見。滞在中に自宅も引き払い、就任から約3年の日本での生活を終えた。

 「真実を見つけるために来日しましたが、まだ見つけられていない」
 「日本を去ることは本当に寂しい」
 「気持ちの整理には、だいぶ時間がかかる」

と静かに話した。ワールドカップまで約2カ月という状況での解任に

 「本当にひと言、残念です」
 「本当にもったいないなと思っています」

無念さをにじませ、サポーターには

 「申し訳ありませんでした」

とわびた。関係者によればすでに

 10チームから監督就任オファー

が届き、うち

 3つは代表チーム


だという。今後も監督業を続ける。フランスでは日本協会への訴訟準備という報道も出たが、この点は

 「弁護士に聞いてください」

としか言わなかったというのだが、ハリルさんには自分の意思を主張する権利があるのだから、好きにすればいい。要は、能力不足で

 ハリルさんの要求に選手が応えられなかっただけ

だと思う。関係者やサポーターは批判するのは自由だが、それ一辺倒よりも、そういう点も認めて恥じるべきだと思うのだが…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

“投手で4番”大谷にNFLも注目「ワイドレシーバーで見たい」

 エンゼルス・大谷翔平投手の「身体能力」にMLBの枠を超えた関心が集まっている、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 エンゼルスと同じロサンゼルスに本拠を置くNFL・ラムズの

 ショーン・マクベイ・ヘッドコーチ

がその一人で、アメフット界の若き指揮官は

 「ワイドレシーバーとしての大谷の能力」

に重大な関心を寄せているというのだが、オープン戦では実力の片鱗も出せず、現地メディアに

 降格決定

と酷評されていたが、開幕したら大活躍。お得意の”手のひら返し”でニューヒーロー扱いだが、アメリカで最もメジャーな競技であるアメフト界からも注目されているというのは

 凄いの一言…

こうなったら、オフシーズンでもあるから、アメフトにも挑戦して三刀流を目指したら!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

卓球美少女・長崎美柚”最年少”15才で代表入り

 卓球の世界選手権団体戦に臨む日本代表が昨日、都内で公開練習と会見を行い、男女とも金メダル獲得を目標に掲げたと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 14歳の張本智和がエース格に成長した男子以上に、今回の女子代表は

 大幅な若返り

を見せた。2年前に続いての出場はチーム最年長となった石川佳純と伊藤美誠。ここに伊藤と同い年の平野美宇、早田ひな、さらに15歳の

 長崎美柚

が加わった。前回は最年少だった伊藤が

 「年下が来るのが早いなって思った」

と素直な感想を漏らせば、平野は

 「真ん中3人で中間管理職的な感じで頑張ります」

と笑いを誘った。美少女ぶりにも注目が集まる長崎は

「出たいとは思っていたけど、世界ランクも低いし(81位)、まさか選ばれると思わなかった」
「チームを盛り上げて、明るくできるようにしたい」

と意気込んだというのだが、卓球に限らず、スポーツ界からは

 次々と美女・美少女が現れる

から嬉しい限りである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

計量失格直前に「焼き肉堪能」場面…比嘉を登場させたフジの間の悪さ

 WBC世界フライ級王座戦(15日、横浜アリーナ)で、王者・比嘉大吾は前日計量で体重超過のため王座剥奪という異例の事態となったが、実は計量の数時間前、比嘉がジムの会長である具志堅とともに出演したフジテレビ系のバラエティー番組「関ジャニ∞クロニクル」が放送され、おいしそうに

 焼き肉を食べていた

ことがちょっとした騒動になっている、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 比嘉の世界戦を15日に放送したフジテレビは、その“番宣”として前日のバラエティーに

 比嘉が登場…

番組では

 「試合に勝ったら大体来る」

という行きつけの焼き肉屋で、比嘉と具志堅会長、関ジャニの横山裕、丸山隆平の4人がテーブルを囲んだ。ここで比嘉はネギを巻いたタン塩をおいしそうに頬張り、

 「うまい!」

と満足そうな顔を浮かべていた。横山が

 「こっからまた減量、入りますから」
 「食べ納めということでね」

と話していることから、収録は比嘉が世界戦に向けて本格的な減量に入る直前だと思われる。同番組は4月の改編で、従来は土曜午後だった放送時間が同曜日午前10時53分〜同11時21分に

 変更された…

比嘉の前日計量は午後1時から行われたため、午前中に焼き肉を食べる比嘉の姿がテレビで放送され、その数時間後に

 “体重超過で王座剥奪”

というニュースが流れたことになる。そのためネット上では

 「焼肉さえ食べなければ、絶対クリアしてた」

などの書き込みが見られた。他局の民放関係者は

「焼き肉を食べたことが実際に減量の失敗に影響があったかどうかは別にして、試合前のボクサーを出演させる際、普通は食事をさせる企画なんて立てませんよ」
「バクバク食べても心配だし、逆においしいものを前にして我慢して食べなかったらかわいそうですから」


と、フジの演出に疑問を呈した。最近では情報番組「直撃LIVEグッディ!」で、オフィス北野の

 “ニセ社員”のインタビューを放送

するなど、相変わらず

 不祥事の絶えないフジ…

今回もなんとも間の悪い放送となってしまったというのだが、フジの負の連鎖は今に始まった事ではないが、とにかく

 しつこい…

全く終わる兆しが見えない。今まで散々言ってきたが、悪い事は言わないから、ホントに

 放送免許を返上

して、

 通販事業に専念

した方が世のため、人のためである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

ハリル氏来日会見で爆弾発言か 協会が恐れる負のイメージ定着

 電撃解任されたサッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ前監督の“暴走予告”にピリピリムードが高まっている、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 日本代表の西野朗新監督に代わり日本サッカー協会の技術委員長に就任した関塚隆氏が昨日、都内のJFAハウスで取材に応じた。緊急事態で大役を引き継ぐことになり

 「今、W杯直前なので日本サッカー界が一丸となって戦うことが重要」
 「西野監督、選手が一つになって戦える環境を」

と語り、崩壊寸前に陥ったチームの再建を誓った。西野ジャパンが2か月後のロシアW杯へ向け船出しようとする中、その足を引っ張ろうとしているのが

 前指揮官

だ。この日、ハリルホジッチ氏が4月中に再来日することが決定。数日間滞在し、その間に会見を開く見込みとなった。日本協会の田嶋幸三会長が解任を告げた際には

 「なんでこの時期なんだ!」

などと激高。セルビアの一部メディアでは不当解雇として

 訴訟の準備に入っている

と報じられた。怒りのあまり前後不覚となった状態で再来日と会見開催の見通しが立ったことで、サッカー界では一気に緊張感が高まってきた。大手広告代理店関係者は

「協会もスポンサーも何もやましいことはないが、ハリルホジッチさんがあることないこと、むちゃくちゃなことを言い出さないか心配」
「解任された腹いせに、日本サッカー界に傷がつくことを言ってやろう…となってもおかしくないからね」

と不安をのぞかせる。日本代表監督の在任時から感情に任せて周囲と衝突することが多かっただけに、怒りが頂点に達した今回の会見では、協会と結んでいるであろう守秘義務(本紙既報)を無視し、

 爆弾発言が飛び出してもおかしくない…

世間の注目度が高い状況では、仮に事実ではなくとも同氏の言い分が独り歩きして協会やスポンサーにマイナスイメージがつく可能性もある。何やら大荒れの予感だというのだが、そんなの、サッカー協会が契約を破棄して途中で解雇されたのだから、

 何を言われても仕方がない

だろう。結局のところ、監督を選んだ

 協会が責任を取りたくない

から、ここまで決断できなかったのだから。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

「女性は土俵下りて」NYタイムズも報道 相撲協会謝罪も風当たり強く

 大相撲春巡業(京都・舞鶴市)の土俵上であいさつをしていた舞鶴市の多々見良三市長が突然倒れた際、救命処置を施した女性が土俵から下りるよう場内放送で促された問題が、翌5日も波紋を広げていると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 伝統を理由に、女性が土俵に上ることを認めていない大相撲。好角家で知られる美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は自身のツイッターで

「相撲関係者の方々が女子禁制の土俵の神聖さを守りたいのはわかります」

と前置きした上で

「僕は医者の義務を守りたいので男子禁制の場所でも要請があれば入り込みます」

とした。他にも多くの著名人がテレビ番組などで

 日本相撲協会を批判…

4日に八角理事長の謝罪談話が発表されているが、5日には春日野巡業部長が

「今後そういうこと(土俵上で倒れる)も想定しながら対応策を取っていかないといけない」

と語った。この日は興行担当者の松ヶ根親方が理事長らに経緯を報告。尾車事業部長によると、場内放送をした若手行司は女性が土俵に上がったことを疑問視する声が観客から出たためアナウンスしたと説明。尾車部長は

 「慌てていて、とっさに言ってしまったようだが言い訳はきかない」
 「どんな時も人命が第一」

と改めて釈明した。市長はくも膜下出血で手術を受け、約1か月の入院が必要という。巡業を主催した実行委員会は会見を開き

 「人命としきたりであれば、大事なのは人命」
 「放送の必要があったのか」


と協会の対応を疑問視した。八角理事長は可能になれば市長へのお見舞いと、女性へのお礼と謝罪を直接行う意向という。

 「男性の命救うためでも女性の土俵入り禁止」

の見出しで報じたニューヨーク・タイムズ紙(電子版)など米主要メディアは、日本が抱える

 女性差別の問題を象徴する出来事


だと批判的に伝えた。不祥事や騒動が続く中、今回の不適切アナウンス問題で協会への風当たりはさらに強まっているというのだが、いくら安倍政権が女性が活躍する社会などと吹聴しても、

 現実は全く変わっていない

という事をアメリカなど海外メディアは良く理解している。理解していないのは、

 安倍政権を支持する愚かな有権者

だけである。相撲協会だけでなく、政治にせよ、行政にせよ、財界にせよ、このデタラメでインチキな社会が招いた不祥事が次々と明らかになり、世間に晒されている。この際、その辺りをキッチリと処理しないと近い将来、

 この国はとんでもない事態になる…

そう思えてならない。まぁ、いつも言う自業自得なんだけれども…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

ノムさん”ぼやき”炸裂「南海で捨てられて…」

 野村克也氏のぼやきが炸裂したと今日の日刊スポーツが報じた。

 昨日、ソフトバンク−オリックス戦の前にヤフオクドーム内にある「王貞治ベースボールミュージアム」で南海OBとして、江本孟紀氏とトークショーを行った。この日は南海からの球団発足80周年を記念する

 「レジェンドデー」

として開催され、ゲストの野村氏は

 「ぼくが生まれた頃にできたんですね」
 「南海で育ててもらって、南海で捨てられて…」
 「サッチーさんのおかげで捨てられました」


といきなりぶち込んだ。リーグ優勝した1973年の秘話なども明かし、ファンを喜ばせた。今季のソフトバンクについては

「ソフトバンクがこれだけ安定した強さを発揮できる功労者は誰か」
「簡単ですよ。孫さんですよ」
「『金は出すけど、口は出さない』。最高のセリフですよ」
「今年もホークスは大丈夫でしょう」
「ライバルチームがいない。今年も優勝でしょう」


工藤監督には

 「投手出身の名将はいない」
 「今の戦力なら、誰がやっても勝てる」

と話していたというのだが、南海に捨てられたのはノムさんだけではない。

 エモやんも捨てられた…

だから、このイベントに呼ばれたのか!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

三浦桃香「いい結果なら自分を褒めたい」最速V王手

 女子ゴルフ「アクサ・レディース」第2日、注目の新人・三浦桃香が、プロ転向4戦目での最速優勝に王手をかけたと今日の日刊スポーツが報じた。

 首位タイから出て1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、通算10アンダー。

 単独首位

となり、

 2週連続の最終日最終組

が決まった。初優勝すれば日本人では2004年宮里藍、2007年佐伯三貴と並ぶ

 ツアー最速記録…

熱狂的な地元宮崎での声援を受け、三浦が新たなスターへの階段を駆け上がるというのだが、桃香ちゃんもカワイイが、同じ紙面に載っている

 原英莉花ちゃんもかわエエ…

美女及び美少女ウォッチャーとしては、スポーツ界、特にゴルフ界はカワイイ子が続々と現れるから楽しい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

イチロー”超回復”全治2週間が2日で合流

 右ふくらはぎ痛で離脱したマリナーズのイチロー外野手が、2日ぶりに練習を再開したと今日の日刊スポーツが報じた。

 通常であれば開幕が絶望視されるほどの状態だったが、特殊マシンを使ったトレーニングで

 急速に回復…

昨日からは全体練習に合流したというのだが、ケガをしないことで有名なイチローさんだが、開幕が絶望視されるほどのケガでも自力で治してしまうのだから凄い。体がおかしくなったら、医者よりもイチローさんに聞いた方が得策!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

羽生人気を証明!ヤフオクでスケート靴が一時3500万円超え!

 平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦のサイン入りグッズが異常高騰し、騒動になっていると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 今月5日から東日本大震災の復興支援を目的としたインターネットオークション「ヤフオク!」に羽生の直筆サイン入りスケート靴が出品されると、6日に入札額が一時

 3550万1000円

の超高値を付けた。出品されたスケート靴にエッジはなく、定価7万5600円のなんと

 約470倍…

男子では66年ぶりに五輪連覇を果たし、NHKで中継されたテレビ視聴率の平均は33.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と高い数字をマーク。しかも国民栄誉賞の受賞が検討されているとあって、

 お宝グッズとなるのは当然

だが、あまりに高すぎることから、ネット上では

 いたずら入札の可能性

も指摘されていた。オークションを運営するヤフー・ジャパンでは50万円以上の入札者にメールでの事前連絡を義務付けているが、今回は高値を入札した人物から連絡がなかったため、6日の午後2時過ぎに

 出品を停止…

同日午後から改めてオークションを始め7日午前1時55分の段階で

 1000万1円

という入札額が付いている。今回は一般社団法人ウェブベルマーク協会を通じての出品。ちなみに昨年は羽生のスケート靴が、

 336万1000円で落札


されている。これまでも一流アスリートが出品し、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平がサイン入りTシャツ、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏はサイン入りキャップがいずれも

 高値で競り落とされた…

羽生のスケート靴の入札締め切りは11日の午後10時36分までとなっている。今回の騒動で改めて羽生人気が証明された形となったというのだが以前、当ブログで羽生選手の追っ掛けのセレブおばさんの話題を取り上げたが、3500万円はいたずらだったにしても、2回目の1000万円なら

 追っ掛けのおばさんが落札する可能性は十分…

いくらお宝グッズでも定価7万5000円が1000万でも異常なんだけれども。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

侍Jに喝!ご意見番・張本勲氏の自由すぎる発言にTBS困惑

 「喝!」でおなじみのご意見番・張本勲氏のあまりに自由過ぎる発言にTBS関係者が頭を抱えたと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 昨日、TBS系「サンデーモーニング」で張本氏は稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンとオーストラリア代表の強化試合「ENEOS 侍ジャパンシリーズ 2018」を

 「邪道」

と切り捨てると、

 「何のためにこの時期に試合をやるのか、よく分からない」
 「興行が成功しているからって…」
 「すぐに大事なペナントレースですよ」
 「疲れるし、苦しめるようなスケジュールは組んでもらいたくない」

と述べた。選手の疲れによる悪影響を指摘するなど

 選手の立場に立った正論

ではあったが、この日の第2戦(京セラドーム)の中継局は当の

 TBS…

中継番組のスポンサーからすれば

 「冗談じゃない」

と言いたくなる発言とあって、同局関係者は

 「決して炎上マーケティングではない」
 「(サンデーモーニングの)担当者には伝えてあるハズなんだけど…」


と意図的なものではなく、あくまで張本氏の

 “独断による発言”

という。そんな張本氏に対し、侍ジャパン関係者は

「東京五輪での金メダルを目指す上で、新戦力の発掘などこの時期にしかできないことがある」
「それを分かってほしい」

実際に今回の合宿と試合で稲葉監督から直接「五輪金」の目標を伝えられることで、そこまで現実味のなかった五輪を身近に感じられるようになったと

 意義を感じている選手も多い…

張本氏の発言はこれまでも物議を醸しているが…。その“口に戸を立てる”ことは誰にもできないようだというのだが、忖度だらけの世の中で誰にも遠慮せず、自分の思った事をズバリと言えるのが

 張本さんの良いところ

であって、そんな張本さんをずっと起用しているTBSを評価する視聴者も大勢いるのではなかろうか。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

また角界で不祥事 10代力士わいせつ送検

 2016年11月の九州場所中、10代の現役力士が福岡県内で当時10代の少女にわいせつな行為をしたとして、福岡県警が今年1月中旬の初場所期間中に強制わいせつ容疑で力士を書類送検していたことが明らかになった、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 少女からの被害の申告を受けて県警が捜査を進めていた。10代力士は

 先月の初場所に最後まで出場…

現在も春場所出場へ向けて所属部屋宿舎で稽古を続けていた。力士本人は県警に対して容疑を否認しており、師匠も

 「被害届を出されるようなことはしていない」

と弟子を全面的に擁護している。日本相撲協会の危機管理部長を務める鏡山親方は

 「状況が分からない」
 「調べてはっきりさせたい」

と調査する意向を示した。また、鏡山親方によると書類送検について警察から相撲協会に

 連絡はなかった

という。ただ、10代力士の師匠は昨年11月に警察から問い合わせを受けたことを

 相撲協会に報告していた

と明言。これが事実なら、協会は問題を把握していたにもかかわらず公表していなかったことになる。今回も

 「隠蔽体質」との批判

が出ることは避けられそうにないというのだが、あれだけ問題を起こしておきながら、次々と隠蔽した事実が出てくる

 この組織は一体、何なのか?

この組織には反省とか教訓とか自浄作用とか、そういうのを求めるのは酷なようである。だったら、

 財団法人の看板を外させるべき

ではないのか。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする