2017年03月27日

2試合連続「引き分け再試合」に高野連「前代未聞」

 昨日、第89回センバツ高校野球大会は2回戦3試合が行われ、2試合で延長15回引き分け再試合となった、と今日の報知新聞が報じた。

 第2試合の福岡大大濠・滋賀学園戦に続き、第3試合の福井工大福井・健大高崎戦が延長15回引き分け再試合。2試合連続は

 春夏通じて史上初…

対応に追われた日本高野連の竹中事務局長は

 「地方大会で再々試合は聞いたことがあるが、前代未聞」

と話したというのだが、選手も大変だが、一番大変なのは

 放送スタッフや球場のスタッフ…

拘束時間は長いわ、明日の朝も早いわで、さぞかしお疲れのことだろう。喜んだのは高校野球マニアだけ!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

本田真凜が家族と相撲初観戦「勝つところを見られてうれしい」

 昨日の大相撲で、横綱・稀勢の里が前頭4枚目・荒鷲を寄り切り、初日から無傷の12連勝で単独首位を守ったが、会場で観戦したフィギュアスケート世界ジュニア選手権2位の本田真凜を喜ばせたと今日の報知新聞が報じた。

 本田真凜はフィギュアスケート選手の兄・太一、女優もこなす妹の望結、四女の紗来ら家族と初めて大相撲を観戦した。お目当ては稀勢の里で会場の入り口に設置された等身大パネルで写真を撮影。

 「ずっと勝っていて(今日も)勝つところを見られてうれしかった」

と喜んだ。同じアスリートとして

 「すごく稽古されてきたのを短い時間で出す」
 「スケート以上に集中力がいるのかな」


と強さを分析。八角理事長も

 「かわいいね」
 「他の競技を見ると勉強になるでしょう」


と目尻を下げた。上体を反らせる関脇・琴奨菊の“琴バウアー”だけでなく

 「宇良バウアーも知ってます」

と意外な相撲通。横綱・日馬富士とは神戸の焼き肉店で顔を合わせたそうで

 「勝ってうれしかった」
 「(日馬富士は)覚えていないかもしれないけど」

と笑顔。

 「(力士に)なりたいとは思わないけど、また見に来たい」

今日から再開するというトレーニングに向けて、いい刺激になったようだというのだが、横綱が行くような焼肉屋に行けるとは、現時点でも

 かなり稼いでる?

元々お金持ちの家なのか?まぁ、将来は安泰なんだろうけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

WBC・大西コーチ”バット”回収して大ブーイング

 WBC・日本代表対ドジャースの練習試合が日本時間で昨日、行われたと今日の報知新聞が報じた。

 2回2死二塁で鈴木が3球目を空振りした際、バットがすっぽ抜け、そのまま三塁側内野席のスタンドに飛び込んだ。三塁コーチャーの大西コーチは観客に歩み寄って

 バットを回収…

係員に手渡したが、この行為に球場中から

 大ブーイングが湧き起こった…

試合後は

 「いい勉強になりました」

と苦笑いしたというのだが、お客さんもドジャースの選手のバットなら欲しいかもしれないが、日本の、しかもアメリカでは全くの

 無名選手のバット欲しいか?

と思う。まぁ、将来メジャーに来て大選手になったら、プレミアも付くんだろうけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

”Fスケート”坂本花織”胃もたれ”回復しノーミス

 フィギュアスケート世界ジュニア選手権、明日の女子ショートプログラム(SP)に出場するジュニアGPファイナル3位の坂本花織は昨日、練習リンクで調整したと今日の報知新聞が報じた。

 今月14日昼にチームで台湾名物の小籠包を食べに行った。決して食べ過ぎたわけではない。ただ、ジューシーすぎる肉汁に胃がやられ、その日の夜の練習中に

 胃薬を服用するハメに…

フリーの曲かけ練習では最後の2回転半で転倒し、

 コーチに怒られた…

一夜明けて体調は回復。ゲキも効いたのかSPをノーミスでまとめ

 「世界ジュニアの雰囲気に慣れてきた」

と笑ったというのだが、小籠包で胃もたれって、聞いたことがない。

 その店、ダメな店なんじゃないの?


まぁ、若いからすぐに治るんだろうけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

”センバツ”女子マネ練習参加実現「一生、記憶に残る素晴らしい時間に」

 第89回センバツ高校野球大会(今月19日開幕・甲子園)の甲子園練習が昨日スタートし、選手10人の公立校・不来方(岩手)など9校が参加した、と今日の報知新聞が報じた。

 21世紀枠で初出場の同校は2番目に登場。今大会から条件付きで参加が認められた女子マネジャー3人が練習補助を行い、

 “解禁第1号”

となった。ヘルメットにジャージー姿でベンチから飛び出した。不来方の斉藤有香さん(2年)はストップウォッチ片手にタイムキーパーを務め

 「夢の舞台に立ててうれしい」
 「15分でーす!」

と甲高い声を響かせた。昨夏の大会前の甲子園練習で、ユニホーム姿で練習を補助した女子マネジャーが制止されたのが契機となり、規則が変わった。越戸あかりさん(2年)は左翼線付近で外野ノックのボール渡し。

 「(緊張で)朝は胸が苦しくなりました」
 「一生、記憶に残る素晴らしい時間になった」


と頬を紅潮させた。川崎日菜さん(2年)を含めた3人は、ジャージーの下にユニホームを着て気持ちを一つにした。同じく21世紀枠の多治見(岐阜)は女子マネ1人、中村(高知)は4人が練習を補助。ベンチ前の防球ネットを増やして備えた日本高野連の竹中雅彦事務局長は

 「彼女たちの表情を見て、正解だったのかなと思えた」

と話したというのだが、こんなの、

 今までダメだったのがおかしい

のであって、

 高野連の言い分は屁理屈

としか言いようがない。くだらない伝統とやらは即刻なくすべきである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

J2で珍事 試合途中にユニホーム変更”3分間”中断

 昨日行われたJ2リーグ第3節・岐阜対松本戦で、岐阜は前後半で緑から白にユニフォームを替える珍事で前半途中に試合が3分間、中断したと今日の報知新聞が報じた。

 アウェーの松本はグレーだったが、天候や芝生の影響で敵味方が見分けにくい状況になり、ホーム用を持参していないため

 苦肉の策

となった。バタバタの挙げ句、試合は0対1で負け。事前にJリーグがら承認されていたが、関係者によれば松本は

 「4月までに白のユニホームを作製するように」

と3種類目の作製を指示されたというのだが、グレーと白で見分けが付かないというのならまだ理解できるが、

 緑とグレーで見分けが付かないのは想像できない…

ゆえに松本側はホーム用を持参していなかったのであろう。「そうなんだから仕方がない」と言われればそうなんだろうけれども。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

メジャー通算555本塁打…高知・マニー「大好き」350円うどんツルリ

 メジャー通算555本塁打を誇る屈指の強打者、独立リーグ・四国アイランドリーグplus高知のマニー・ラミレス外野手は昨日、高知市営球場で行われた高知大戦のベンチ入りメンバーから外れ、日本デビューはお預けとなったと今日の報知新聞が報じた。

 試合前はナインのアップに加わったが、その後は室内に移動して約30分間、打撃練習を行った。試合中はネット裏の部屋に陣取り

 「米国時代から、うどんが大好きだった」
 「うどんが食べたい」


と、球場売店から“出前”してもらった

 350円のうどんをすすりながら観戦

したというのだが、別の報道によると、滞在先のホテルは高級スイート、車は運転手付きの高級ベンツ、更に地元の料理店で寿司食べ放題と超ビップ待遇との事。そんなラミレス選手が

 350円のうどんって…

まぁ、値段だけで判断するものでもないんだろうけれど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

巨人・マギー「モデルのマギーと共演したい」

 4年ぶりに日本球界に復帰した巨人のケーシー・マギー内野手に番記者がインタビューしたと報知新聞が紹介した。

 番記者が

 「日本には、他にも有名な『マギー』がいますけど、知ってますか?」

と尋ねたところ、

 「イエス!イエス!」
 「有名なマジシャンだろ?」
 「もちろん知っているさ」


確かに、4年前はモデルのほうのマギーはまだブレイク前だった。気を取り直して彼女の写真を見せると、こちらがビックリするくらい目尻を下げた。

「なんて美しいんだ」
「マギー界?トップは彼女に譲るよ」
「それより、対談とか始球式とかやってくれないかな?」
「大歓迎だよ」
「あ、でも奥さんに怒られるから、キミたちが誘ったことにしておいてくれよ」


どこまでがギャグなのかはよく分からなかったが、最後の数分のやりとりで、マギーのことが大好きになったというのだが、

 今やマギーといえば、マギーちゃん…

4年前だったら、まだ「すぽると」に出る前か。時の移り変わりの速さを改めて感じた次第である。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

試合中にパイ食べてポッチャリGKが辞表 賭けの対象“やらせ”疑惑

 イングランドのサッカーFA杯5回戦でアーセナルに0対2と敗れた5部サットンは今月21日、その試合中にベンチ内でミートパイを食べたGKウェイン・ショーの辞表を受理した、と今日の報知新聞が報じた。

 5部アマチームが歴史あるカップ戦の16強入りで夢のような快進撃と言われていたが、一転して悪夢に襲われた。体重127キロで「ポッチャリGK」として人気の控え選手が

 ベンチでパイを頬張る

映像が英国営BBCテレビで放映されたことがきっかけ。食事だけならまだしも、

 『賭け』の対象になっていた

から大問題となった。英国公認ブックメーカーで

 「ショーがパイを食べているシーンが映る」に9倍

がついていたのだ。これにより“やらせ”疑惑が強まり、サッカー協会(FA)やギャンブルの当局が捜査。売り上げは

 「1万ポンド(約141万円)以上」

という。ユース時代のショーは、元イングランド代表で通算30得点したFWシアラーと同じサウサンプトンでプレー。自身の行動がギャンブルの対象だったことを知っていたが、

 金を賭けたことは否定…

アーセナル戦の直後に

「控え選手も使い切っていたし、0対2で負けていたから、冗談のつもりだった」

と話したが、涙ながらにクラブを去ったというのだが、自分が賭けていなくても、

 知り合いとか仲間が賭けている可能性は十分ある

のだから、捜査されるのは当然だろう。いるかどうかはわからないが、イギリスのヤーさんに脅されてやったという可能性もあるのだから…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

「サトちゃん」で始動も…イチロー”初日”まさかの無地Tシャツ

 マーリンズのイチロー外野手が昨日(日本時間同日深夜)、フロリダ州ジュピターでメジャー17年目のキャンプをスタートした、と今日の報知新聞が報じた。

 キャンプイン前日の16日はキャラクターTシャツでキャンプ施設に初登場した。サングラスに白地のTシャツ姿。CM契約を結ぶ佐藤製薬のキャラクター「サトちゃん」が「M」の帽子をかぶり、豪速球を投げるデザインだ。2年前のマ軍移籍後、キャンプでは連日

 オリジナルTシャツを披露

しており、米17年目の今年は

 「サトちゃん」

でスタート。しかし、キャンプインの17日は

 無地の白いTシャツで登場…

今季のスタイルはどうなるのか、今後が注目されるというのだが、イチローさんもとうとう

 ネタが尽きたか?

それとも

 考えるのが面倒くさくなったのか?

しかし、こういうものは

 一度やってしまうと止められない…

まして、イチローさんほどのビッグネームなら尚更。記事の指摘同様、今後を注目したい。そもそも、誰も頼んでいないのに、イチローさんが仕込んで来たのだから…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

オリックス・福本豊臨時コーチが珍指令「タカラヅカを見せなあかん」

 オリックスの宮崎キャンプに昨日、通算1065盗塁のプロ野球記録を持つ阪急OBの福本豊氏が臨時コーチとして合流した、と今日の報知新聞が報じた。

 最下位からの逆襲へ、走塁に加え打撃でも積極的な助言を送った福本氏は

 「宝塚を見せなアカンな」

と、ナインに

 「宝塚歌劇観劇」

の珍指令を下した。宝塚は美しさと華やかさの一方で、花・月・雪・星・宙の各組計5名しかトップスターにはなれない

 激しい競争の世界

だ。一公演につき8度は観劇に訪れるという大ファンの福本氏は、オリックスナインを印象を

 「みんないいものを持っているのに、出せていない」
 「もったいない」

と語り、宝塚を観劇することで

 タカラジェンヌの競争の激しさに触れるべき

との持論を展開した。なかでも2011年に高卒でいきなり開幕スタメンを勝ち取りながら、その後は伸び悩み、不動のレギュラーになりきれていない駿太には

 「今ごろ、肩で風を切って歩いてなアカン」

ときつい一発。糸井がFA移籍し、今年こそ真価が問われるプロ7年生は

 「見に行ってみたい」
 「(チームの)花になりたいですね」

と、オリ組のトップを目指すというのだが、福本さんが大のタカラヅカファンなのは有名で、阪急宝塚駅があるビルの1階にあるお花屋さんの

 飼い犬がめっちゃ懐いている

のは知られている話である。別にどうでもいい情報だけれども…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

ペイトリオッツ・ベネット”ホワイトハウス”招待拒否

 米プロフットボールのNFLでスーパーボウルを制したニューイングランド・ペイトリオッツのタイトエンド(TE)のマーテラス・ベネットが昨日までに、優勝チームのホワイトハウス訪問に参加しない意向を明らかにしたと今日の報知新聞が報じた。

 米国ではバスケットのNBA、野球の大リーグ、NFLの優勝チームは

 ホワイトハウスに招待されることが恒例

となっている。だが、ベネットは地元メディアに対し、

 トランプ大統領を訪問する意向がない

ことを明かした。

 「行くつもりはない」
 「そういうことだ」
 「自分の気持ちについては、みんなが知っている」
 「ツイッターをフォローして」

と話した。トランプ政権によるイスラム圏7か国の入国禁止の大統領令についてもツイッターで批判的な投稿を行った。先月30日には

 「望んでいる世界を見るために変わろう」
 「アメリカは排他性ではなく、包括性の上に成り立っている」

とつづった。ペイトリオッツのオーナー、クラフト氏やベリチック監督、クオーターバックのブレイディらが

 トランプ大統領と親しい間柄

とされるが、ベネットは

「全く心配していない」
「私に信念があるように(チームも)何をしようが、私を信じてくれるだろう」

とも語ったというのだが、

 政治とスポーツは別

とオリンピックなどでも謳われているが、

 人種差別や宗教差別となると話は別…

チームのオーナーや監督、ブレイディさんら大統領と親しいと言われている人は、

 その辺りをどう考えているのか?

まぁ、自分達に都合の悪い事をわざわざ言う事はないんだろうけれど、ノーコメントを貫いても

 イメージ悪化は避けられない

だろう。そんな事、大金持ちには関係ないか…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

阪神・糸井”キャンプ2日目”で早くも「悩み」

 阪神の糸井がキャンプ2日目にして早くも悩みを打ち明けたと今日の報知新聞が報じた。

 「右膝関節炎」でこの日も引き続き別メニュー調整。孤独なトレーニングを続けているため、

「(話が)全然できてへん」
「(リハビリ施設の)プールのおじいちゃん、おばあちゃんとしかできていないから」

と、選手間のコミュニケーション不足を嘆いた。リハビリは順調で全体練習合流は2月中旬を予定しているというのだが、

 宇宙人

と言われている糸井さんだから、選手とコミュニケーションしても噛み合わないかも…。プールでおじいちゃん、おばあちゃんと仲良く話す糸井さんの姿が目に浮かぶのは僕だけ!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

千葉ロッテ・落合投手コーチが登録名を「英二」に変更

 プロ野球・千葉ロッテの落合英二投手コーチの登録名が「落合英二」から「英二」に変更される事を発表した、と今日の報知新聞が報じた。

 ユニホームの背中の文字も「EIJI」と表記される。コーチとしては珍しい変更に

 「心機一転やりたいという思いからです」

とコメント。今月25日には自身のツイッターで

「意気込み、やる気、生まれ変わり、イメージチェンジ…皆さんで想像して下さい」

と意味深に示唆していたというのだが、「落合英二」を敢えて「英二」にしたのだから、昨年度で選手時代に所属していたチームのGMをクビになった、

 あの人しかないでしょ!

あの人と同じ名字を捨てて、心機一転やりたかったのだろう。何があったのか知らないけど…。ちなみに今年は阪神の

 今岡コーチも名前を変えた

(読み方は同じで漢字を変えた)そうだが、選手ならともかく、コーチがツイッターをやってるとは、全く想像がつかなかった。

 一体何のためにやってるの?

と聞きたくもなる。「皆さんで想像して下さい」って、

 世間は全く関心がない

と思うのだが…。

 誰が興味あんねん!

とヤナギブソンさんのツッコミが聞こえてきそうである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

「WBC」残る1人は内野手が濃厚 広島・田中か阪神・大和かカブス・川崎か…

 今年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の追加8選手が昨日、東京都内のホテルで発表されたと今日の報知新聞が報じた。

 今回の発表はベンチ入り28人のうち、27人にとどまった。昨年中に発表した19人の他、残りの9人が出そろう予定だったが、NPB関係者は

 「発表直前になって辞退が1人出た」

と説明した。内野手のバックアップとして招集予定だった日本ハム・中島卓也内野手が、自主トレ中に右手首を痛めたという情報があり、辞退したとみられる。小久保監督は

 「近いうちに発表したい」

と話すにとどめた。代替選手は、

 遊撃を守れる内野手が濃厚

だ。候補に挙がるのは、昨季セで唯一全イニング出場した

 広島・田中

や、中堅と二遊間を守れる

 阪神・大和ら…

メジャー組には、

 カブスと再契約した川崎

もいる。侍ジャパンの内野陣は、一塁が中田と内川で、二塁は山田と菊池。遊撃は坂本勇、三塁は松田の1人ずつだ。このうち、菊池には遊撃のカバーを期待しているというのだが、
阪神の大和さんって、

 キャンプは2軍スタート

なんですけど…。

 日本代表は阪神以下!?

人材不足は労働市場だけではなさそうで、球界も例外ではない!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

「カープと全然違う」とにかく暗いドラゴンズに久本打撃投手が苦言

 プロ野球・中日の久本祐一打撃投手が昨日、5年ぶりに復帰した古巣に

 「とにかく暗い」
 「カープと全然違う」


と苦言したと今日の報知新聞が報じた。

 ナゴヤ球場での合同自主トレでは、練習後に新人選手が自己紹介を兼ねてファンにあいさつしている。この日、久本が

 「笑いを取れ!」

と言って送り出したのがドラフト4位左腕・笠原だった。しかし、まじめなあいさつだけで退散。久本はイラ立った表情でルーキーからマイクを奪い取り

 「裏方として帰ってきた久本です」
 「チームを何とか明るくしていきたい」


と声を張り上げて、喝采を浴びた。4年間在籍したカープで、中日とのチームカラーの違いを肌で感じた。このオフも静岡市で広島・菊池らと自主トレ。現地では鯉党の芸人「ザ・ギース」尾関らが“前座”としてコントをして、訪れた

 ファンを喜ばせていた

という。

 「広島はファンの力で勝たせてもらった部分もある」
 「飽きさせない工夫をしている」


と、オフでもファン目線のサービスが充実していることを強調。ファンとの一体感が、昨季優勝の一因と力説した。自身が在籍した2002〜2012年を含めて、中日に足りないのが

 “ファン・ファースト”の意識

だと話す。

 「(お立ち台などで)きれい事ばっかり言っても仕方ない」
 「ファンはロッカールームでの会話に近い話を聞きたいと思う」

さらに、

 「(広島などと違って)球団事務所が本拠地に隣接していない」
 「ファンの声が届きにくい」
 「こっちも球団職員の顔が分からない」

と自軍の構造的欠陥も指摘。“とにかく明るいドラゴンズ”への変身が、チーム強化につながると信じているというのだが、ドラゴンズが暗い最たる原因は、やはり

 あの人の存在にある

と思う。しかし、昨年でクビになったのだから、それだけで雰囲気がガラッと変わるのではなかろうか。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

球団内規より1年前倒し…阪神・藤浪”特例”で合宿所を退寮していた

 阪神の藤浪が球団の内規より1年前倒しで、年明けに兵庫・鳴尾浜の合宿所を退寮していたことがわかったと今日の報知新聞が報じた。

 阪神は既婚者を除けば、高卒5年、大卒・社会人出身は2年の寮生活が慣例。高野球団本部長は

 「4年間1軍で成績を残してくれて、別格なところもある」

と説明。藤浪は甲子園で自主トレ。選出が決定的なWBCへ、公式球でキャッチボールも行い

「いつもなら5、6割の状態で実戦に入りますが…」
「変化球の精度も高くして仕上げたい」


と話したというのだが、藤浪さんといえば、10月に朝日放送の局アナと熱愛報道があった。しかし、関西のスポーツ紙とテレビは

 完全に”スルー”

僕はネットでこの話題を知ったのだが、こちらでは全く報じられないので、

 ガセネタか?

と思った次第である。退寮で写真誌の記者とカメラマンが徹底マークするのは間違いない!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

阪神・川藤幸三OB会長が新人に仰天指令「酒1升飲まんかい」

 阪神・川藤幸三OB会長が昨日、甲子園室内練習場で行われた新人合同自主トレを視察し、まさかの「酒1升飲まんかい指令」を出したと今日の報知新聞が報じた。

 パイプ椅子に座っていたOB会長に新人らがあいさつに駆け寄ると、仰天の第一声が待っていた。

 「お前ら、酒は飲めるんか?」

キョトンとする3人に

 「1升飲めるんか?」

とたたみかけた。その圧力に、ドラフト7位の長坂拳弥捕手が思わず

 「1升飲めます」

と返事。すると

 「大山、お前はどや?」
 「少しです」

とドラ1。

 「プロに入ったら、酒ぐらい飲めるようになれ!」

と、独特のしゃがれ声が室内に響いた。傍らの佐野仙好統括スカウトが

 「何を言ってるんですか、OB会長が」

と慌ててストップをかけると、

 「そんなもん関係あるかい!」
 「自分の好きなようにやったらええんや」


と締めくくった。珍指令の真意は、

 真面目なだけではプロの荒波を乗り越えられない

ということだ。たくさん飲み食いして

 体を大きくしてほしい

という思いもある。

 「これからどう体を大きくしていくかが大事」
 「ワシは大きくなれんかったけど、態度だけは大きかった」

と自虐的に説明した。茨城出身の大山は

 「すごいオーラのある方」
 「関東にいるときは、あのように接してくれる人はいなかった」
 「これが関西なのかな、と思いました」

と目を丸くした。長坂も

 「1升飲めるように頑張ります」
 「(お酒を飲んで)投手陣との距離を詰められたらと思います」

とうなずいた。名物OB会長の洗礼を浴び、猛虎の一員になったことを実感した様子だったというのだが、いやいや大山さん、

 関西でも川藤さんは特別…

関西でもあんな人はそうはいないよ。別にお酒をたくさん飲んだからって、体が大きくなるわけでもないし…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

序二段・琴小林が乗り遅れ…遅刻で不戦敗

 大相撲・序二段で遅刻による不戦敗の珍事があったと今日の報知新聞が報じた。

 鳴戸親方(元大関・琴欧州)の内弟子でもある西54枚目・琴小林は東55枚目・亀岡との一番に間に合わず不戦敗。

 「20分に1本しかない電車に乗り遅れてしまったようです」
 「本人は相当ショックを受けていました」


と鳴戸親方は話したというのだが、田舎ならいざ知らず、東京で行われているのに、20分に1本しか電車がないって、

 どこに住んでるの?

と思う。もうちょっと、国技館に近い所に部屋を作ってあげた方がいいんじゃないの!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

未成年飲酒で処分…スノボ5選手”強化指定”取り消し

 全日本スキー連盟(SAJ)は昨日、東京都内で臨時理事会を開き、昨年2月に札幌市内で当時未成年で飲酒したスノーボード男子ハーフパイプ(HP)の3選手と、同席しながら飲酒を黙認した成人の2選手について、強化指定を取り消す処分を発表。日本スポーツ振興センターからの助成金も返還を求めると今日の報知新聞が報じた。

 違法薬物の使用など不祥事が相次いだため、新設した第三者委員会の調査報告書を基に、処分や強化指定選手への薬物検査の実施などの再発防止策などをまとめた。古川年正専務理事は

 「選手育成の仕組みに問題がある」


と、選手の生活指導ができるスタッフ育成に取り組むと表明。全強化選手とスタッフは一時休止していた活動を再開する。平昌五輪でのスノーボードHPの代表選考は、

 来季のW杯が基準

となる。SAJのスノーボード部が定めた基準日から遡った3試合が評価大会となり、順位を得点化。獲得ポイントの基準を満たした選手のうち、

 合計上位者から順に選出


することが決まっている。処分された5選手が強化指定を外れるのは今季が対象だ。来季W杯には出場できる可能性が残るため、現時点で代表入りの道が閉ざされるわけではないが、強化面の影響について古川年正専務理事は

 「ないと言えばウソになる」
 「選手としては非常に困る状況になる」


と説明。また、荒天による中止などで評価大会が3試合に満たなかった場合は今季のW杯と世界選手権から不足分の大会数を追加するため、選出が難しくなる可能性も考えられるというのだが、それは選手の

 自業自得でしょうよ…

ただでさえ、スノボには悪いイメージが残っているのだから、それを払拭するには

 並大抵の事ではない…

選手はもちろんだが、指導者にも責任は重大ではなかろうか。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする