2009年12月31日

決定!私が選ぶ2009年流行語大賞「サガミちゃん」「夏目オリジナル」

 5日間にわたってお送りした2009年流行語大賞、最終日はグランプリの発表です。当ブログでは放送局や局アナなどの不祥事やスキャンダルを取り上げてきた。今年も様々な話題を提供してくれたが、極め付けはやはりこの騒動だろう。

 7月14日発売の写真誌「フラッシュ」が日本テレビの、日本の超有名な文豪と同じ名字の女性局アナのプライベート写真を掲載した。この女性アナが男性と抱き合って横たわる姿など数カットが載っていたのだが、最も強烈なインパクトを残したのが、女性アナが

 口元に”ゴム”の箱を近づけてニッコリと微笑むショット…

相手の男性は以前、同誌が報道した女性アナの恋人で、

 老舗企業の”御曹司”

だという。写真が流出した経緯は不明だが、後に写真を保存していたケータイを落としたことから流れてきたという情報が伝わってきたのだが、この女性アナ(というか”御曹司”)愛用の”ゴム”が相模ゴムの「サガミオリジナル」という商品だったことから、ネット上では

 「サガミちゃん」
 「夏目オリジナル」


というカワイらしい(?)愛称が付けられ、それが瞬く間に広がってしまったのである。この女性アナは当時、主婦層向けの昼の帯番組を担当していたのだが、この報道がなされてから当然の如く、

 番組を降板…

今ではCSのニュース番組で原稿を読む仕事が1本あるだけだという。

 まさに痛恨の大失敗をしてしまったこの女性アナだが、実はこの話にはオマケがある。とあるお笑い芸人が番組で、この女性アナと「大人の社会見学」という企画である”モノ”を製造している工場に行ったそうである。工場では製造過程を見学するだけでなく、オリジナル商品を実際に作る体験コーナーもあったそうだ。一通り終えたその帰りに、

 男性出演者のみに”おみやげ”を手渡された

というのだ。その”おみやげ”とは、

 ”ゴム”…

番組で行った工場というのが、

 相模ゴムの工場

だったそうである。

 さらに奇遇(?)なことに、昨日紹介した某爆乳グラビアアイドルがその後、

 「サガミオリジナル」のパッケージをプロデュース

することになったというのだから驚きである。相模ゴムの担当者は恐らく、”あの件”を知っていて依頼したのだろう。

 それにしても、この女性アナである。この人自身がお金持ちの”お嬢様”であるのだが、いくら付き合っている男が老舗企業の御曹司か何か知らないが、こういう写真を撮らせるなんて、

 あまりにも脇が甘すぎる…

自分の立場というものをわきまえていないし、こういう娘に育てたご両親に恥をかかせたという自覚があるのだろうか?と疑問を持たざるを得ないというか、有り得ないことである。結局のところ、

 局アナなんてお嬢様の単なる”暇つぶし”…

という程度にしか考えていないのだろう。こういう騒動が起こる度に当ブログでは何度も言っているのだが、この人自身よりも

 こういう人を採用し、ロクな教育もせず放置した会社の責任は重大

である。これは何も日テレだけの問題ではない。この国の放送局、

 特に在京キー局全ての問題

である。ところが、これまでいくらこういう騒動が繰り返されても、所詮他人事で、

 一向に自浄作用が働かない

のである。テレ東は元「モー娘。」のアイドルを局アナに採用するらしいし…。今まで何回も言っているが、放送局は

 社員の”コネ入社”厳禁
 ミスコン出場者や芸能活動歴のある人は採用しない

 
といった社員採用方法に関する抜本的な改革を早急に行わなければならない。地方局など例外は多々あるが、在京キー局はそのほとんどが東証一部上場企業であり、かつ報道機関でもあるのだから…。7月19日に掲載。
posted by エセてれびまにあ at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

決定!私が選ぶ2009年流行語大賞「陰毛1000円」

 これはブログでは直接触れていません。雑誌「BUBKA」2009年4月号に”おっぱい番長”の異名を取る爆乳グラビアアイドルAがAVに出演していた記事が掲載され、ネット上で大きな話題になりました。

 記事ではAが素人時代にMOODYZの「素人EXPO」というナンパものAVに出演していたとのこと。僕もネットの”有志”の皆さんのお陰で動画を入手し、早速チェックしました。車の中で俳優の藤田敏八さんに似た(古い!?)怪しげなオッサンにエッチな質問をされ、

 「乳首とクリが性感帯」
 「彼にパイ○リをせがまれる」


などと答えたAはブラ着用ではあるが、本人曰く”Gカップ”のおっぱいを披露しただけでなく、

 ”張りぼて”のチ○ポを谷間に挟みパイ○リ…

さらに、下半身をまさぐられ、健康でなかなか抜けずに苦心の末に陰毛をゲットしたオッサンが言ったセリフが、

 「1000円プラスしますから〜」

その後も「ツバを顔に掛けたら500円」などと新たな提案をしながら、最後は

 ”張りぼて”のチ○ポに擬似フ○ラ…

Aは最終的に1万円を獲得したのでありました。

 さて、このAさんの真偽ですが、あくまでも個人的な見解として言わせてもらえば、意味のない薄いモザイク越しに見えたお顔や声から判断して

 ”99.999%”本人に間違いない

と断言できる。この件に関して本人はもちろん、テレビや他のメディアでは全く触れられておらず、今現在も

 ”ナニ”を加えてるくせに”何食わぬ顔”でテレビに出演

しているのだ。さらに言及すれば、記事では「素人時代」となっていたが、擬似フ○ラの上手さやその時の”本気度”から

 ”その手”の事務所にいたか”フーゾク”の経験がある

ような気がしてならない。いくらハンディとはいえ、カメラの前であれほどの”テク”を見せられると、

 とても素人とは思えない

のである。その後、他のAVに出ていたという話は伝わっていないのだが、ひょっとしたらインディーズなんかで出演している可能性は十分ある。来年は続報を期待したい。
posted by エセてれびまにあ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

決定!私が選ぶ2009年流行語大賞「エロすぎる議員」「おっぱい議員」

 本家・流行語大賞でも年間大賞に選ばれましたが、今年最も印象に残ったのは政権交代。民主党が歴史的勝利(というよりも、自民・公明の歴史的敗北と言った方が正しいか…)を収め、多くの新人議員が誕生したが、その中で最も注目を集めたのは”美絵子センセイ”だろう。

 選挙前からは”政界の井上和香”などともて囃された田中美絵子議員だが、当選するやいなや、

 コスプレ風俗ライター、アングラ映画でヌード、エジプトで逮捕

など、意外な過去が次々と明らかになり話題を独占。メディアやネットでは

 ”エロすぎる議員”

なる異名を付けられ、(浅草)キッドさんがやっているアサ芸の「アサヒ芸能人」のコーナーでは、

 「選挙に当選させてくれたらおっぱい見せてあげる…」
 「田中美絵子議員主演『おっぱい議員』制作決定」


などというネタまで投稿されていた。

 そして極め付けは、僕も個人的に”崇拝”している大川豊総裁(元?)率いる

 「大川興業」の構成員だった!

という衝撃的事実である。これには正直、驚いたのと同時に総裁に認められたのだから、ちょっと美絵子センセイを見直した面もあったのだが、続報で

 面接と採用決定は寺田体育の日さんが担当

したとのこと。これで納得できたのだが、心の片隅には

 ”美絵子センセイ”は政界に送り込まれた総裁の”分身”だった!

という”ドッキリ”であって欲しいという想いも、ほんのちょっぴりだが残っている。9月15日に掲載。
posted by エセてれびまにあ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

決定!私が選ぶ2009年流行語大賞「大人の遠足」

 当ブログでは様々な事件、特に公然わいせつにあたる事件を取り上げてきたが、今年最もインパクトの強かった事件がコレ。警視庁生活安全特別捜査隊は7月8日までに、公然わいせつと同ほう助の疑いで東京都新宿区のハプニングバー経営者ら男女4人を逮捕した。公然わいせつの疑いで逮捕したのは、音楽関係会社経営の54才の男と知人の37才の無職の女。同ほう助の疑いで、東京・新宿区のハプニングバー経営者ら男女2人も逮捕した。

 容疑者らは6月7日午前10時半頃から約15分間、関越道下り線高坂サービスエリアから赤城パーキングエリアを

 走行中の大型観光バス内で全裸になり、わいせつな行為をした

疑いが持たれている。店では一昨年頃からホームページで、群馬県内の温泉に日帰り混浴バスツアーなどを企画。今回は20〜50才代までの同店の客ら男女12人が参加し、

 容疑者らの”プレイ”を見物

していた。バー経営者は、

 「趣味が高じてしまった」

と容疑を認めているという。

 まぁ、要するに”企画物AV”のようなことをバスを貸し切って実際に行ったということなのだが、このツアー名が、

 「大人の遠足」

という素晴しいネーミングが非常に印象に残っている。この事件にはおまけがあって、”プレイ”を見せて逮捕された音楽関係会社経営の男というのが、過去にNHKの「ポップジャム」やフジテレビ系の「夜のヒットスタジオ」など

 数多くの音楽番組を手掛けた

だけでなく、

 「日本ゴールドディスク大賞」のスーパーバイザーだった

というのだから余計に驚いた次第である。いわゆる”ギョーカイ”人で名の知れた人が趣味とはいえ、本来ならプライベートでやるべきことをイベントに参加していたという物悲しさもあって、当ブログでよく言う「栄枯盛衰」「諸行無常」というものを強く感じた事件であった。7月9日に掲載。
posted by エセてれびまにあ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

決定!私が選ぶ2009年流行語大賞「裸になって何が悪い」

 今年もあと5日。今日から5日間は毎年恒例「2009年私が選ぶ流行語大賞」と題して、主に当ブログで取り上げた話題の中から今年を振り返り、管理人が選んだ独自の流行語を発表するといった企画。最終日にはグランプリを発表いたします。

 昨年までは基本的に各ジャンルから1つずつ選んでいたのですが、今年はいろんなことがありすぎたので、ジャンル分けなしで行います。

 1日目は、世間ではもう、この事件はなかったことになっているような感じですが、僕は蒸し返します。4月23日、東京港区赤坂の公園で全裸になったとして、人気アイドルグループ「SMAP」の草g剛容疑者が公然わいせつの疑いで、警視庁赤坂署に現行犯逮捕された。同日午前3時頃、公園付近の住民から「酔っ払いが騒いでいる」と通報があり、署員が駆けつけたところ、芝生にあぐらをかいて「コラ!」「バーカ」など、

 意味不明なことをわめいている草g容疑者がいた

という。署員が職質すると、

 「裸になって何が悪い」

と言い放ち大暴れ。草g容疑者は保護シートでくるまれ、パトカーに乗せられ警察へ連行された。

 僕はこの時、NHKを見ていてニュース速報で、

 「草gくんが公然わいせつで現行犯逮捕」
 「公園で全裸」


と出たのでビックリ。

 ついにカミングアウト?
 その公園って”ハッテンバ”?


などと、一般の人とは違った想いを巡らせていたのだが、結局のところ、

 酔っ払いが公園で全裸になって騒いでいた

というだけだったのである。それなのに、

 テレビでニュース速報を流すとは明らかにやりすぎ

である。国民的アイドルとしてこれまで散々”いい目”をしてきたと思うが、ただの酔っ払いでも、それが芸能人、ましてSMAPとなれば

 "凶悪犯”扱いにされてしまう

というのはある意味、非常に恐ろしいことであり、

 「幸せ」って一体何なんだろう?

と改めて考えさせられる事件だった。4月24日に掲載。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年流行語大賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする