2017年08月30日

橋本健元神戸市議“陥落”で今井絵理子議員の「辞職Xデー」

 橋本健神戸市議との不倫疑惑が報じられた元SPEEDメンバーの今井絵理子参院議員にも、辞職の可能性が出てきたと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 橋本氏は昨日、議員辞職。今井氏は今月25日に公務復帰したとされているが、議員活動を続けるならば“恋人”の不祥事へのコメントや不倫疑惑の潔白を主張するにも、あるいは不倫疑惑を謝罪するにしても、会見を開くべきだろうが、報道陣に対しては

 “無言”

を続けている。もう議員としてやる気はないのか…。29日は今井氏の所属派閥「志公会」が、横浜で勉強会を開催。志公会は先月3日に麻生派を中心に山東派などが合流して発足した新派閥で、この日が発足後初の大事な勉強会だったが、

 今井氏は欠席

した。関係者は

 「今日は欠席者が多かった」

と言うだけで、欠席の理由は明かされなかった。今井氏は先月27日に橋本氏との“手つなぎ居眠り写真”が週刊誌に掲載されて

 不倫疑惑が発覚…

直後に橋本氏と別々に報道陣の取材に対して

 否定

した。その後、橋本氏が市政報告のための政策チラシを印刷業者に架空発注して、

 720万円余りを不正に受け取った

という疑惑が新たに発覚し、昨日辞職願を提出。今井氏の反応が注目されていたが、

 コメントの発表もない…

その今井氏をめぐっては、永田町かいわいでこんな話が出回っているという。

「橋本氏に次いで、今井氏も辞職するのでは?と言われている」
「不倫報道で今井氏は複数の自民党幹部から大目玉を食らったが、そのときの今井氏の態度が“逆ギレ”状態で、完全にふてくされていたらしい」
「面談した重要幹部があきれ果て、近しい関係者に今井氏を見限ったかのような発言をしている」
「本人も政治家としてのやる気を完全に失っている」

と永田町事情通。今井氏は昨年7月の参議院選挙に比例代表候補として自民党から出馬。

 「票集めのためのスカウト」

などと冷ややかな声が上がっていたが、実際にアイドル時代の抜群の知名度を生かして

 32万票近くを獲得

して、自民党に大貢献。しかし、当選当初からメディアの

 政策アンケートに白紙回答

していたことが明るみに出たり、

 専門的な質問に答えられない

など、政治家としての資質が問われ続けてきた。そこへきて不倫報道が出て、イメージ悪化は顕著。“票集めのため”であったならば、

 その役目は終わった

と言っても過言ではないだろう。

「森友・加計問題で支持率が悪化した自民党としては、一刻も早くウミは出し切りたい意向」
「その象徴として、今井氏がクビを言い渡される可能性はある」
「早ければ10月の補選前に何らかの動きが起こるかもしれない」


一方、橋本氏の辞職願が昨日、郵送で神戸市議会事務局に届き、各会派による代表者会議を経て、北川道夫議長が

 辞職を許可

した。会議後、北川議長は会見を開き

「内容は『このたび、一身上の都合により、神戸市会議員を辞職したいので、許可されるよう願います』というものです」
「他にコメントは記載されておりません」


と明かした。北川氏は、辞職願が郵送で提出されたことについて

 「本来なら直接、私に手渡すべき」

と不快感を示し、橋本氏の疑惑への説明責任についても

 「辞職には値するが、同時に説明責任を果たすべき」
 「辞職すればそれで済む問題ではない」

と切り捨てた。だが、北川氏や市会事務局は現在、橋本氏と連絡が取れていない。同市議団の

 安達和彦団長のみが連絡を取れる状態


で、その安達氏は

「橋本氏の体調は悪いとは言えないだろうが、憔悴はしている」
「どこにいるかは分からないが、入院しているなどということはない」


と話した。今井氏は橋本氏との不倫疑惑で大きな代償を払うことになるかもしれないというのだが、橋本さんは辞職だけでなく、

 詐欺で刑事告訴される可能性が高い

だろう。こんな輩を擁立した自民党に、こんな輩に投票した有権者の

 責任は重大

なのは言うまでもない。こんな事を繰り返すようでは

 国は滅びる

だろう。まぁ、いつも言う自業自得なんだけれども…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

元安倍昭恵首相夫人付の職員が「異例の大出世」したワケ

 安倍昭恵首相夫人付の政府職員だった中小企業庁の谷査恵子氏が、今月6日付で外務省への出向が発令され、在イタリア日本大使館の1等書記官へと異動になったと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 ノンキャリアの谷氏には異例の人事で、森友学園問題で“忠義”を果たした役人が

 次々と出世

している。谷氏は経産省から出向して昭恵夫人付の職員を長らく務めた。昭恵夫人に同行し、日程調整や写真撮影などをこなす事実上の秘書役で、話題になったのは

 森友学園の国有地払い下げ問題


だ。森友学園の前理事長・籠池泰典容疑者が小学校建設用地の定期借地の長期契約を昭恵夫人に依頼した際、谷氏が財務省に照会した結果を森友側にファクスで回答したことが判明。

 「昭恵夫人が口利きしたのではないか」

と疑念が深まり、野党側は参考人招致や証人喚問を請求したが、政府、与党側は応じず、谷氏も貝になっていた。

「今年3月に谷氏の関与が表に出た際、アフリカの大使館に左遷されるんじゃないかとささやかれましたが、イタリア大使館勤務とは驚きです」

と霞ヶ関関係者。世耕弘成経産相は15日、

 「一担当者の異動なのでコメントするのはいかがだが…」

と前置きしながら

「谷氏は米国留学経験があり、語学が堪能」
「また日本の強みを世界に発信するクールジャパン政策の経験も積んでいる」
「(谷氏と同期の)U種職員は、3分の1程度は海外勤務している」
「能力や経験を生かした人事で、異例ではない」


と“異例”の言及。

「II種職員の海外勤務は珍しくはないが、150か国以上あって、赴任先はピンキリ」
「G7国の大使館勤務は、出世コースを歩むキャリア官僚が望んでも、なかなか行けない道」
「谷氏に特別な配慮があったとみるのは当然でしょう」


と前出の関係者。同じく森友学園問題では、国会答弁に立った財務省の佐川宣寿理財局長が先月、

 国税庁長官に出世

した。

「首相秘書官だった経産省の柳瀬唯夫審議官も『記憶にない』発言を連発し、首相官邸の覚えがめでたい」
「いずれ次官でしょう」


と議員秘書。詐欺容疑で逮捕された籠池容疑者は拘置所で何を思うのか―というのだが、政府が屁理屈を並べても、記事が指摘するように、

 論功行賞で出世

したのは間違いないであろう。しかし、大阪地検特捜部は国が国有地を籠池さん側に不当に安く販売した件についても受理しており、そうなれば当然、

 谷さんも捜査対象

になるはずである。「谷さんを捜査するな」と

 国が大阪地検に圧力をかけている

と思われて然るべきではなかろうか。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

「日本ファーストの会」にクレーム殺到

 若狭勝衆院議員が設立した政治団体「日本ファーストの会」の名称を巡って、若狭氏が釈明に追われていると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 小池百合子都知事の側近で、自民党を離党した若狭氏は、7日に日本ファの設立を発表した。いずれ小池氏が特別顧問を務める「都民ファーストの会」が国政進出した際の受け皿になるとみられているだけに、名称は

 「国民ファーストの会」

と思われたが、若狭氏は

 「既にそうした名の政治団体があると聞いたので差し控えた」

と話した。本紙既報通り、先の都議選で千代田区選挙区から出馬した無所属の後藤輝樹氏が小池氏が国政に色気を見せていることを察知し、5月に政治団体

 「国民ファーストの会」

を届け出ており、都議選でも同会代表を名乗っていた。政治資金規正法では、国政政党がまだない状態で政治団体の名称が重複するのは問題ない。ただ、若狭氏側としては、国民ファの名称では

 後藤氏に見透かされていた

とあって、日本ファとしたのだろう。その日本ファも物議を呼んでいる。ネット上では

 「日本ファースト」は排外主義的、右翼的

との声が相次いだ。都知事選に出馬していた「元在日特権を許さない市民の会」会長の桜井誠氏が昨年、設立した

 「日本第一党」(英語名ジャパン・ファースト・パーティー)とも酷似

し、桜井氏は8日付で若狭氏に公開質問状を送付している。また発明家のドクター・中松氏も今年4月に

 「日本ファースト党」を商標登録

しており、ツイッターで

 「日本ファーストの元祖はドクター・中松であることをお忘れなく」

と念押ししている。若狭氏は9日にブログで

「多くの人に誤解がある」
「あくまで『輝照塾』という政治塾を運営する政治団体の名称であって、将来設立される新党の名称ではありません」
「新党の名称は、全く別の国民の皆様に親しみをもって呼んでいただける名称にしなければならない」

と釈明に追われた。11日に若狭氏は、民進党を離党した細野豪志元環境相と会談し、今後の連携を模索した。ケチのついた「日本ファーストの会」は捨て、結局

 「国民ファーストの会」に落ち着きそう

な流れだというのだが、既に「国民ファーストの会」を設立した後藤さんからすれば、

 笑いが止まらない

だろう。ここで注目したいのは、「名は体を表す」ということわざ通り、若狭(小池)新党の

 名称がその体を示している

という事である。小池さんは国会議員時代、

 「日本会議」の副会長だった

ことを忘れてはならない。結論からすれば、

 自民党と何ら変わらない

という事である。それを

 東京の有権者はどれぐらい理解しているのか?

甚だ疑問である。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

自民党・今井絵理子議員の育ての親が辞職勧告

 妻子ある神戸市議との不倫騒動で渦中の「SPEED」元メンバーの今井絵理子参院議員は、いまや“一線を絶対に越えた議員”として世間の嘲笑を受ける存在となっていると今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 今井氏を4才のころから指導した育ての親である「沖縄アクターズスクール」社長のマキノ正幸氏も本紙の取材に、今井氏の「一線発言」を

 「それぞれの大人が常識で考えればすぐわかること」

と一笑に付した。今井氏の子供時代を振り返り

 「スクールで今井は良い子だったし、強い意志を持ってたよ」
 「頑張り屋でね」


としたが、一方で不倫騒動には厳しい言葉を並べた。

「勉強を怠ってきた子ですよ」
「芸能界でプロダクションに守られてきたから、自分でモノを考えて、人のために働くというのは無理がある」
「国会議員になるレベルじゃないのに、人気があるだけで選ばれた子」
「今井にとっては歌手から次のステージに行くためのプライドを保てただけ」


マキノ氏は議員辞職について

 「僕があれこれ言う必要ない」

としたものの

「今井には政治の世界は無理なことなんてみんなわかってる」
「今までたくさんの議員が浮気や不倫をしたけど、あそこまで無防備な議員はいない」
「(そういう恋愛体質が)芸能界にいたころによくバレなかったよね」
「それが不思議だよ」


と皮肉った。マキノ氏は今井氏の

 議員としての資質にも強烈なNG

を出した。

「私がスカウトしたのは安室奈美恵だけです」
「安室が10才のころ、4〜5才の今井が安室に憧れて入ってきた」
「あの頃の安室はちびっ子のど自慢で活躍してた」
「その安室を見て『この人はなんでこんなにすごいんだろう』と思って入ってきたのが今井」
「ただ、安室でもSPEEDの他のメンバーでも国会議員は無理ですよ」

ならば今井氏が国会議員を自ら辞めて、

 芸能界に戻れば返り咲けるのか?

マキノ氏は

「芸能界でも無理!」
「あの子はプロダクションと曲の力で売れた子だから、これから大衆に評価されるレベルで歌を歌うのは誰が考えても厳しいですよ」


そこで提案したのは“原点回帰”だった。

 「子供たちに歌を教えるんでもいい」
 「名前も売れてるんだから」


と言いつつ

 「ただ議員はまずいでしょ」
 「不倫でダメだったんだから」
 「やめといたほうがいい」


と“辞職勧告”まで飛び出した。今井氏には橋本氏への妻への謝罪や、不倫議員のレッテルを貼られた今後の政治生活が待っている。今井氏とはスクール卒業後、

 一切の連絡を取っていない

というマキノ氏だが育ての親として、

 「自分で考えなさい」
 「知恵を絞るしかないよ」


と徹底して厳しいエールを送るのだったというのだが、かつて上岡龍太郎さんが、

 「落ちぶれた芸能人が最後に行き着くのが国会議員」

と論破した。

 今井さんはまさにその典型

ではないか。記事でも指摘していたが、今井さんは言うまでもなく、今井さんに投票した有権者、今井さんを擁立した

 自民党の責任は重大…

どういう決着を図るのか注目したい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

議員辞職はせず…中川俊直氏”女性問題”で謝罪表明

 女性問題で経済産業政務官を辞任し、自民党を離党した中川俊直衆院議員(広島4区)が昨日、広島県東広島市で記者会見を開き、

 「迷惑を掛けた全ての人に心からおわびしたい」
 「許していただけるなら身を粉にして働いていきたい」

と述べ、議員辞職しない意向を示したと今日の日刊スポーツが報じた。

 会見は今年4月の問題発覚後初めて。会見に先立ち後援会の会合に出席し、一連の問題に関して支援者に直接説明。ほぼ丸刈りとなった中川氏は、会見で

 「支援者に『生き恥をかいても郷土の皆さんの役に立ちたい』と釈明した」

と述べた。次期衆院選で自民党に支援を求めるかと問われると

 「私の口から申し上げられることではない」

と述べ、明言は避けた。中川氏は「おわびと再起の会」と題した

 政治資金パーティーの開催を8月に計画

したが、批判を受けて

 取りやめていた

というのだが、生き恥をかいてもやりたいというのだから、

 国会議員は余程オイシイ

んだなぁ…という事なんだろう。また、この期に及んで、

 こんなオッサンを未だに支持する人がいる

のも不思議でならない。まぁ、利害関係だけなんだろうけど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

小池知事どうする?既に存在していた「国民ファースト」

 都議選で「都民ファーストの会」が圧勝し、小池百合子都知事の次なる手に注目が集まっている。国政政党の結成がささやかれる中、その名称を巡って、既に駆け引きが繰り広げられていたと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 小池氏は都民ファの代表辞任を表明した今月3日に

「都民ファーストならぬ国民ファーストということをベースに考えていく必要がある」
「そういう方が増えていけば国民にとってもいい」

と発言。国政進出はかたくなに否定するが“国民ファースト”のワードがサラリと出たのを受け、

「若狭勝衆院議員や渡辺喜美参院議員らが結成濃厚な新党名称は『国民ファーストの会』で決まりじゃないでしょうか」

と永田町関係者。実はこの「国民ファーストの会」を今回の

 都議選で名乗っていた候補者がいた…

千代田区から出馬した無所属の後藤輝樹氏は、5月に総務省に

 政治団体「国民ファーストの会」

を届け出し、都議選では同会代表の肩書を名乗っていた。後藤氏は

「小池さんは『都政に集中する』とか『国政には興味ない』とか言っているが、結局、総理や国政に色気を出しているのを感じる」
「都民ファーストでずっとやってほしいが、安易に『国民ファースト』となるのを危惧して、5月に届け出た」

と話す。となると、小池新党が「国民ファーストの会」を設立するのは不可能なのか? 総務省によれば、政治団体においては名称の重複は認められており、

 問題はない

という。今後、所属国会議員が5人以上等の要件を満たした国政政党「国民ファーストの会」ができた場合は、その後に同じ名称を登録できないルールがある。後藤氏の場合は、先出ししているため、小池新党が国民ファとなったとしても

 同名称を使用することは問題ない

という。維新ブームが起きた際にも全国で維新を名乗る党が乱立し、松井一郎大阪府知事が率いる「日本維新の会」は現時点で

 他にも3団体が存在

する。小池新党が発足し、「国民ファースト」を名乗れば、後藤氏に見透かされていたともなり、新味もなければ、混乱も招きかねない。それでも

 同名称を使用するのか?

頭を悩ますことになりそうだというのだが、小池さん、まさか
 
 二番煎じはないでしょうねぇ…

東京都知事として、五輪エンブレム問題を再び繰り返せば、信用に関わる。僕は関西在住で情報が入って来なかったのだが、昨年の都知事選に立候補し、政見放送の

 「俺がシコれば世界が変わる」

のラップで一躍有名になり、当ブログの昨年の流行語大賞年間大賞に選んだ後藤さんが、都議選にも立候補していたとは…。「国民ファーストの会」という政党を本家に先駆けて結成したのも冴えているし、紙面に載っている

 「おい、小池!」のパロディーポスターも素晴らしい…

今回の都議選には後藤さんの他にもマックさんや「NHKをぶっ壊す!」でお馴染みの立花さんなど

 泡沫界のスーパースターが勢揃い…

いっそのこと、彼らスーパースターが集結して政党を作ればいいのに。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

”東京都議選”小池都知事 地雷と悪魔の誘惑

 昨日の東京都議選で小池百合子都知事が代表を務める「都民ファーストの会」は公認候補50人中49人が当選する圧勝を収めた、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 無所属の推薦候補6人も当選後に追加公認され、選挙協力を結んだ公明党と合わせ、

 過半数(64議席)を獲得

した。小池氏の都政運営は盤石となり、国政進出や初の女性首相誕生へ期待も高まっているが、周辺からは都政運営が行き詰まり、2020年の

 東京五輪まで持たない

との不穏な声が出ているのだ。

「小池さんは結局、目先のことしか考えていない」
「市場移転問題がその最たるもの」
「豊洲に一時移転、築地再開発なんて選挙用の玉虫色もいいところ」
「都議会もこの先、どう転ぶか分からない」
「東京五輪前までに都知事のイスを投げ出すんじゃないか」


こう怒気交じりに話すのは小池氏のブレーンといわれる一人だ。

 「古い議会はもういらない」

と小池氏は都政改革を訴え、昨年都知事に就任してから約1年。1979年から続いた

 都議会自民党と公明党との連立を解消

させ、“都議会のドン”といわれた

 内田茂・自民党前都連幹事長を不出馬


に追い込み、元都知事の石原慎太郎氏を豊洲移転の経緯を検証する都議会百条委員会のお白州に引き出せば、浜渦武生元副知事らを

 偽証の疑いで刑事告発を可決

した。今回、自民党を野党に追いやり、

 “バラ色の都政”が待ち受けているハズだが…

小池氏が直面する最初の試練は都民ファの内紛危機だ。会関係者がこう内幕を明かす。

「都民ファースト内では民進・旧民主党から駆け込んできたグループ、自民党からの脱藩グループ、そして旧『かがやけTokyo』の3つが主導権争いをしている」
「中でも『かがやけ』組は都議会で流れを作ったと自負しているが、現執行部からは完全に干されていて不満タラタラ」
「今後、議長と党内人事を決めないといけないが、権力志向の強い人が多いので大モメは必至です」


都議会は1人になっても会派を結成でき、部屋も割り当てられる。4年前には任期3日目にして、

 「みんなの党」が幹事長人事を巡って分裂…

民進党系の2会派が今年2月に「東京改革議員団」を名乗り、

 「民進」の名を隠した

ようにいとも簡単に離合集散を繰り返してきたのが、都議会の歴史でもある。さらに小池氏が頭を抱えることになるのが、大挙生まれた

 “小池チルドレン”

だ。当選した公認候補49人中39人が新人で、ほとんどが

 政治未経験者…

小池氏は

 「医師、弁護士、公認会計士など専門性を持った方々」

と胸を張り、都民ファの野田数幹事長は

「なんとかチルドレンとかガールズにならないように研修をしながら意識の共有化を図りたい」

と話すが、風に乗って生まれたチルドレンは

 100%の確率でスキャンダルが噴出

している。“小池チルドレン”を巡っても既に醜聞や資質を問われる話がごまんと飛び交っている。

「すぐに飛び出しそうなのが、目玉となった女性候補のスキャンダル」
「プライベートでとんだ裁判を抱えていると聞きます」
「また、ほとんどが高学歴でプライドが高い」
「豊田真由子衆院議員のような“女王様”気取りもチラホラ」
「小池チルドレンで注目度が高いですから、週刊誌が手ぐすねひいていますよ」


と都政関係者。さらに小池氏には

 国政という“悪魔の誘惑”

がある。小池氏に近い関係者は

「小池氏は表面上、都政改革を訴え、国政とは距離を置いているが、やはり最大の関心事は国政」
「若狭勝衆院議員や渡辺喜美参院議員らが新党を結成し、都民ファの勢いを国政にも波及させたいと本腰を入れるばかりに都政がおろそかになれば、足をすくわれかねない」

と指摘する。小池氏の任期は2020年7月30日まで。東京五輪(7月24日〜8月9日)と重なり、期間中も知事を務めるには、2020年までの間に都知事選で

 再び都民に信を問わなくてはいけない…

都民ファの内紛、チルドレンのスキャンダル、市場移転問題も迷走している中、都議会が再び揺れ、協力を結んだハズの

 公明党が手のひら返しで都議会自民党と“復縁”

すれば、あっという間に足元は揺らぐことになるというのだが、僕もこの指摘に同感。歴史は繰り返すで

 ”小池チルドレン”のスキャンダルや不祥事が続出

するのは目に見えている。「政界渡り鳥」と言われ、誰に付いて行ったら得かという嗅覚が優れているだけで、

 中身のない人…

「古い議会はもういらない」というが、そんな古い議会を牛耳ってきたのは自民党で、小池さんも

 つい先日まで所属していた

ではないか。そんな小池さんの政治塾に参加して

 小池さんから何を学ぶというのか?

参加した時点で底が知れている。それから小池さんは国会議員時代、あの「日本会議」の下部組織

 「日本会議国会議員懇談会」の副会長だった

という事も忘れてはならない。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

下村博文都連会長に献金疑惑“文春砲”に反論

 都議選(今月2日投開票)で自民党を東京都連会長として取り仕切る下村博文幹事長代行が昨日、都内で会見したと今日の報知新聞が報じた。

 学校法人「加計学園」が2013、2014年に下村氏を支援する政治団体のパーティー券計200万円分を購入したのに、収支報告書に記載がなかったとした「週刊文春」の報道に対し

 「事実に反する」

と反論した。この日発売された週刊文春は、政治団体「博友会」の収支報告書に加計学園が購入した計200万円のパーティー券の記載がなかったとしている。政治資金規正法では、政治団体は20万円超のパーティー券を購入した場合、

 報告を義務づけ

ている。下村氏は2013、2014年に加計学園の秘書室長から政治資金パーティー券の購入代金

 計200万円を受け取ったことは認めた

が、それは

 学園以外の計11の個人、法人からのもの

だったとし、

 「学園から寄付もパーティー券の購入もしてもらったことはない」

と主張。

 「いずれも個人、企業が1社20万円以下で購入した」
 「秘書室長が取りまとめて現金を持参したので領収書を作成した」


と説明し

 「加計学園が購入したものではない」
 「記事は事実に反する」


と反論したというのだが、なぜ他人の購入分を加計学園の秘書室長が持参するのか、

 全く理解できない…

それが世間の大方の見方だろう。それにパーティー券って、パーティーに行った会場で支払うんじゃないの?なぜパーティーが開催されていない時に代金を支払うのか?下村さんの言い分が本当なら、

 購入した人物と企業名を公表するのは必須

だろう。

 「プライバシーの問題もあるので…」

などと言って公表に消極的な姿勢を見せているようだが、都知事選に影響があると思うなら、

 即公表すべき

である。それにしても、でんでんさんのお仲間はどいつもこいつも、

 ロクな奴がいない…

ちなみに昨日、報知新聞が報じたところによると、森友学園問題でとぼけた答弁を続けていた財務省の佐川宣寿理財局長が

 国税庁長官に就任

するという。でんでんさんがその功績を讃えて

 出世させた

ようである。ホントにクソである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

都議選応援「自衛隊としてもお願い」稲田防衛相「問題発言」

 稲田朋美防衛相は昨日、東京都板橋区で開かれた都議選の自民党候補を応援する集会に出席で演説し、

 「防衛省、自衛隊としてもお願いしたい」

と訴えたと今日の報知新聞が報じた。

 自衛隊を政治利用するもので、

 行政の中立性を逸脱

したと受け取られる可能性がある。野党は

 「行政の完全な私物化だ」

と批判。政権内でも

 「即刻謝罪すべきだ」

と苦言が出た。稲田氏は同日深夜、国会内で記者団に

 「誤解を招きかねず、撤回したい」

と述べた。また、

 「職責を全うしたい」

と述べ、辞任を否定したというのだが、このオバちゃんの問題発言、

 一体、何回目やねん!

と誰もがツッ込むところだろう。完全に能力不足ではないか。こんなの、

 バイトなら試用期間(3ヶ月)でクビ…

まぁ、弁護士として務まらないから国会議員にでもなったのだろうが、能力不足なのに大臣なんかに抜擢されているのだから、務まるわけがないではないか。でんでんさんはこのオバちゃんの

 何を評価しているのか?

サッパリ理解できない。

 任命責任が厳しく問われる

だろうが、国会議員が務まらないとなれば、

 社会では全く使い物にならない…

あとは右翼の活動家ぐらいしか道はない!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

「このハゲー」自民党・豊田真由子議員”秘書”パワハラ

 自民党の豊田真由子衆院議員は昨日、一部週刊誌が自身の政策秘書だった男性への暴力行為などを報じた事を受け、事務所を通じて党本部に離党届を提出したと今日の報知新聞が報じた。

 事務所関係者は事実関係を大筋で認めた。党執行部は、告示日が今日に迫る東京都議選への影響を懸念し、

 豊田氏に速やかな離党届提出を要請…

豊田氏が所属する細田派の幹部は対応を協議し、離党は避けられないと判断した。豊田氏は離党の理由を

 「一身上の都合」

としているが、暴行への責任を取った形だ。自民党の下村博文幹事長代行は、豊田氏が精神的に不安定となり、

 入院している

ことを明らかにしているというのだが、豊田さんのパワハラの様子を録画した音声を聞いたが、

 完全にイカれてる…

「このハゲー」は今年の流行語大賞候補にノミネート間違いなし。それにしても、自民党は

 人材豊富

である。東大出てもハーバード出ても、元エリート官僚でも

 クソはクソ…

人は学歴や経歴で判断するのは間違いだという典型例である。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

前川前事務次官 加計文書「存在していた」

 文部科学省の前川喜平前事務次官が昨日、東京都内で会見し、安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人加計学園(岡山市)の獣医学部新設計画を巡る記録文書について

 「確実に存在した」

と述べたと今日の報知新聞が報じた。

 計画に携わった事務方トップの証言で、文書の存在や内容を否定する政府の対応に疑問の声が強まるのは必至だ。野党側は改めて文書の存在確認を求めると共に、前川氏の国会への

 証人喚問や参考人招致を求める

方針。民進党が入手した文書は、文科省が特区を担当する内閣府とのやりとりを記録したものとされ、内閣府側の発言として、

 「官邸の最高レベルが言っていること」
 「総理の意向だ」


などと記載されていた。記者会見で前川氏は

「文科省の専門教育課で作成され、在職中に幹部の間で共有された文書だ」

と主張。

 「疑問を感じながら仕事をしていた」
 「まっとうな行政に戻すことができなかった」
 「押し切られてしまった責任は大きい」

とも述べたというのだが、この会見に先立ち、”政府・自民党の広報紙”とも揶揄されている読売新聞が、

 前川氏が出会い系バーに通っている

と報道しているのである。曲がりなりにも全国紙が、

 週刊誌の下品なネタの類い

を堂々と報じているのだから呆れる。官邸がリークしたと言われているが、それだけ

 警戒感を強めている

ということだろう。前川さんの暴露も天下り問題で責任を取らされた腹いせで、

 動機は不純

なのだが、だからと言って、事務方トップの発言という意味では変わりがない。出会い系バーに通っていた事と、

 前川さんの発言の真偽は全く別

である。政府も往生際が悪いというか、下品極まりないというか、非常に見苦しい。

 ホントにこれでいいの?

と有権者に問いたい。こんな政権を有権者の多数が支持しているとは驚き以外の何物でもないし、この国の民度の現れである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

「がん患者働かなくていい」大西英男氏”党都連副会長”更迭

 自民党の大西英男衆院議員は昨日、受動喫煙対策を巡る党会合の議論で、たばこの煙に苦しむがん患者に関して「働かなくていい」との趣旨のヤジの責任を取り、党東京都連副会長の辞表を都連に提出し受理された、と今日の報知新聞が報じた。

 6月23日に告示される東京都議選への影響を懸念した党側による

 事実上の更迭

とみられる。大西氏は下村博文幹事長代行と党本部で会談した後、記者団に

 「受動喫煙問題は都議選でも議論されると思う」
 「私の発言で党に迷惑を掛けてはいけない」

と語ったというのだが、大西氏は平成27年6月に

 「マスコミを懲らしめる」

昨年3月に

 「巫女さんのくせになんだ」

などと発言し、その度に謝罪していたが、

 全く反省していない

というのが今回も明らかになった。

 バカにつけるクスリはない
 バカは死ななきゃ治らない

というのはまさにこのオッサンの事を言う。こんな輩が

 国会議員として選ばれたのが不思議

である。まぁ、有権者が悪いのは言うまでもないが…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

加計学園の新学部開設は「総理の意向」

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、文部科学省が国家戦略特区を担当する内閣府とのやりとりを記録したとされる文書の内容が昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 「官邸の最高レベルが言っていること」
 「総理の意向だ」

と記載され、文書を入手した民進党は、文科省や内閣府に事実関係の確認を要求。さらに、

 「徹底的に究明していく」

と、安倍晋三首相への追及も強めていく構えだ。国家戦略特区を所轄する山本幸三地方創生担当相は、首相の意向を文科省に伝えたか聞かれ、

 「そんなことがあるわけがない」

と否定。内閣府地方創生推進事務局も同様に否定。文科省幹部は

 「確認中でコメントできない」

と述べたというのだが、今年3月に初めて国会で取り上げられた加計学園問題がここへ来て急展開。「第二の森友」と言われるだけあって、

 森友学園問題と酷似

している。事業者がそれまで頓挫していたのに、”首相案件”と認識された途端に

 急転直下で物事が好転

して進んでいる。これが官僚のやり方なのだろう。野党の追及に対する政府・与党の対応も然り。野党が出してきた資料に対して、

 「どこの誰が書いたのかわからない」だの「怪文書」

だのとイチャモンを付けて、自ら解明しようという姿勢は皆無である。これから事実が明らかになって、首相の関与がクロだと判明したら、国会で宣言したように、

 ホントに首相も国会議員も辞めるのか?

結局のところ、「金銭授受がないから法的に問題ない」とか言ってシラを切るんじゃないの!?蓮舫さん曰く、

 「息をするようにウソをつく」


でんでんさんの事だから…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

安倍首相追及に「読売新聞読んで」

 安倍晋三首相は昨日、憲法9条改正を提起してから初の国会論戦に挑んだ、と今日の報知新聞が報じた。

 民進党の長妻昭元元厚生労働相が、自衛隊を国防軍と位置付けた2012年の

 自民党改憲草案は取り下げるのか

と追及すると、首相は

 「党総裁としての考え方は読売新聞に書いてある」
 「それを熟読していただきたい」

と答弁。国会軽視とも受け取られかねない発言に、場内からは

 「そんなバカなことはない」

とヤジが飛び交ったというのだが、首相が国営放送でも中継している場で、一民間企業である

 読売新聞の宣伝をするとは…

しかも、

 読売新聞は政府及び自民党の広報紙

だと首相自らが認めたのも同然で、前代未聞だし、

 イカれてる

としか思えない。

 ホントにこれでいいの?

と有権者に問いたい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

施行70年節目 安倍首相改憲へ「機は熟した」

 安倍晋三首相(自民党総裁)は昨日、東京都内で開かれた憲法改正を訴える超党派議連の大会で挨拶し、

「理想の憲法の具体的な姿を国民に示すべき時だ」
「憲法改正という大きな目標に向かってこの節目の年に必ずや歴史的一歩を踏み出す」

と強調した、と今日の報知新聞が報じた。

 今年が憲法施行70年に当たることを踏まえ、改憲の実現へ強い意欲を示した発言だ。首相は

 「憲法を不磨の大典と考える国民は非常に少数になった」

と分析。

 「いよいよ機は熟した」
 「求められているのは(改憲に向けた)具体的な提案だ」


と述べたというのだが、そんなの

 勝手に決めるなよ!

改憲を支持する国民は非常に少数になったって、

 どこの情報やねん!

そういう事を与党の総裁自らがやるのだから、

 相当イカれてる…

与党の総裁自らが誤った分析や得体の知れない情報を流しているのに、それを

 クソマスコミは批判しない…

批判しないからクソマスコミたる所以だが、

 一体、この国はどうなっているのか?


また、こんな政府を過半数が支持している有権者はイカれてるとしか思えない。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

「いきなりですよ」自民・二階幹事長が安倍首相に不満!?

 自民党の二階俊博幹事長の昨日の記者会見で、今村雅弘前復興相の更迭を即断した安倍晋三首相に不満を示したとも受け取れる一幕があった、と今日の報知新聞が報じた。

 「首を取るまで張り切らなくてもいい」とした自身の発言について、

 「首相官邸に対するものなのか」

と問われ、

 「いきなりですよ、いきなり」
 「それは当たり前のことじゃありませんか」

と答えた。記者団に

 「首相の決断に疑問を呈しているのか」

と問われると

 「いやいや」

‭と否定した。一方、今村氏の問題発言を伝えた報道機関の姿勢を批判した真意を問われると

 「意見のある人、物足りない人は、どうぞ来てくれれば結構だ」

と怒りをあらわにした。

「(今村氏から)言葉が足りなかったという話を聞いてあげても良いのではないかとの思いがあった」

とし、

 「本人が辞めている話を、何回も何回もぶり返す必要はない」

と強調。それでも質問が相次ぐと

 「これから(記者会見で)毎回やりましょう」

と声を荒げたというのだが、首相に不満があれば、

 直接本人に言えばいいのに…

菅官房長官と共に

 影の総理

とも言われているのだから実質、

 立場は首相よりも上

だと思うのだが。

 「次の総裁選で安倍さんを支持しませんよ」

と一言言ってやれば、平謝りするだろうに…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

自民党・二階幹事長「いちいち首を取るまで張り切らなくても…」

 自民党の二階俊博幹事長は昨日、東京都内で講演し、東日本大震災を巡る失言で復興相を辞任した今村雅弘衆院議員の発言を報じたメディアを批判した、と今日の報知新聞が報じた。

 二階氏は講演中、会場後方にあるカメラや記者を指差しながら、

 「それの方(報道陣)の首を取ってやった方がいいくらい」

と批判。

「そんな人は、はじめから排除して(会場に)入れないようにしなきゃダメですよ」
「そういう思惑のある人は」


と語った。また

「人の頭をたたいて血を出したって話じゃないのだから、いちいち首を取るまで張り切っていかなくとも良い」

と報道姿勢を批判。一方で

 「マスコミに罪をなすりつけるような、ひきょうなまねはしてはいけない」
 「間違ったことを言う人の資質の問題だ」

と言及。

 「閣僚が代わって、ご迷惑をお掛けしている」
 「こういう時こそ、しっかり気を引き締めないといけない」

などと強調したというのだが、この爺さんはちょっと耄碌しているようだ。

 言っていることが無茶苦茶

ではないか。マスコミに罪をなすりつけているのも、しっかり気を引き締めなければならないのも

 二階さん自身

ではないか。古今東西、権力がメディアを規制するのは独裁政権の特徴のひとつである。こういう政権を過半数の有権者が支持しているのだから、全く理解できない。

 イカれてる

としか思えない。有権者もホントに目を覚まさないとエラい事になる、と以前から何度も忠告しているのだけれども…。「こんな筈ではなかった」と気づいた頃には遅すぎる。まぁ、有権者が選んだのだから自業自得なんだが。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

とんだ市議や!!朝日放送で包丁出す

 朝日放送(大阪市福島区)で包丁を出したとして、大阪府警福島署は昨日、銃刀法違反の疑いでで富田林市議の左近憲一容疑者を現行犯逮捕した、と今日の報知新聞が報じた。

 同日午後3時20分頃、同局1階ロビーで、正当な理由なく刃渡り約18センチの

 文化包丁を所持

した疑いがある。朝日放送や同署によると、2015年1月の放送した左近容疑者の政務活動費に関する報道について抗議するため、市職員と共に訪問。報道局幹部2人が対応中に

 包丁を取り出した

ため、男性警備員が取り押さえた。けが人はなかった。同容疑者は

 「文書を提出した後に、自分の腹を切ろうと思っていた」

と容疑を認めている。富田林市議会事務局によると、左近容疑者は1999年に初当選し5期目で、

 議長経験もある…

同容疑者が所属する自民党大阪府連は逮捕を受けて

 除名処分にした

というのだが、抗議するのは結構だが、

 包丁を出して腹切りとは…

侍かやーさんのつもりなのか。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

父に続き…中川経産政務官「女性問題」で辞任

 政府は昨日、中川俊直経済産業政務官の辞任を発表したと今日の報知新聞が報じた。

 中川氏は同日、フェイスブックで女性問題が辞任の理由と認めた上で、

 「すべて私の不徳の致すところだ」

などと表明していた。中川氏は3月に

 同僚議員との不適切な関係

を週刊誌に報じられていた。さらに今週発売の週刊誌に

 新たな女性問題が掲載

されることになったため、辞任を申し出たというのだが、父親も森内閣時代の2000年、女性スキャンダルが引き金となり、

 内閣官房長官を辞任

したことがあり、

 親子2代での”失態”…

まぁ、昨年のゲス不倫議員も辞職に追い込まれているのだから、

 このオッサンも辞職

することになるだろうが、それにしても、今に始まった事ではないが、特に最近、

 安倍内閣にトラブルが頻発

している。復興大臣は原発事故の自主避難者の帰還について

 「本人の責任」

と言い放ち謝罪。また、地方創生大臣は

 「一番のがんは学芸員」

と発言し、翌日に撤回している。他にも防衛大臣や法務大臣の答弁などが問題になり、追及を受けているが、任命責任のある安倍首相自身も

 森友問題がクリアになったわけではない

し、”第二の森友”と言われている

 加計学園の問題も浮上

している。いつ崩壊してもおかしくない状況にも関わらず、

 内閣支持率が微減にとどまっているのが不思議

でならない。まぁ、これも

 有権者のモラルの問題…

いつも言う事だが、何事も気づいてからでは遅すぎるのである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

佐賀・みやき町長選 兄弟一騎打ちへ

 今月28日告示、4月2日投開票の佐賀県みやき町長選が、実の兄弟による一騎打ちとなる見通しだと今日の報知新聞が報じた。

 4選を目指す現職・末安伸之氏に、兄の長夫氏が挑む。全国町村会などは自治体の首長選での兄弟対決を

 「聞いたことがない」

としており、極めて珍しい。長夫氏は出馬理由について、伸之氏が町営住宅や役場の新庁舎建設に予算を投じてきたことを批判。伸之氏は兄の出馬に

 「一切コメントしない」

と不快感をあらわにする。みやき町は佐賀県のほぼ東端に位置し、人口約2万6000人。町民からは

 「兄弟げんかに付き合わされる」

と冷ややかな声も出ているというのだが、地盤を先祖から代々引き継ぐのが政界の常識だが、地盤を兄弟で取り合うとは初めて聞いた。他に候補者がいないのなら、兄弟で話し合って、

 無投票にした方が税金を使わなくて済むのに…

町民もそれを望んでいるのでは!?まぁ、わけのわからん選挙をやって無駄な税金を投じて、

 これは民主主義のコスト

などとホザいた元市長の弁護士タレントもいたけれど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする