2017年04月19日

父に続き…中川経産政務官「女性問題」で辞任

 政府は昨日、中川俊直経済産業政務官の辞任を発表したと今日の報知新聞が報じた。

 中川氏は同日、フェイスブックで女性問題が辞任の理由と認めた上で、

 「すべて私の不徳の致すところだ」

などと表明していた。中川氏は3月に

 同僚議員との不適切な関係

を週刊誌に報じられていた。さらに今週発売の週刊誌に

 新たな女性問題が掲載

されることになったため、辞任を申し出たというのだが、父親も森内閣時代の2000年、女性スキャンダルが引き金となり、

 内閣官房長官を辞任

したことがあり、

 親子2代での”失態”…

まぁ、昨年のゲス不倫議員も辞職に追い込まれているのだから、

 このオッサンも辞職

することになるだろうが、それにしても、今に始まった事ではないが、特に最近、

 安倍内閣にトラブルが頻発

している。復興大臣は原発事故の自主避難者の帰還について

 「本人の責任」

と言い放ち謝罪。また、地方創生大臣は

 「一番のがんは学芸員」

と発言し、翌日に撤回している。他にも防衛大臣や法務大臣の答弁などが問題になり、追及を受けているが、任命責任のある安倍首相自身も

 森友問題がクリアになったわけではない

し、”第二の森友”と言われている

 加計学園の問題も浮上

している。いつ崩壊してもおかしくない状況にも関わらず、

 内閣支持率が微減にとどまっているのが不思議

でならない。まぁ、これも

 有権者のモラルの問題…

いつも言う事だが、何事も気づいてからでは遅すぎるのである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

佐賀・みやき町長選 兄弟一騎打ちへ

 今月28日告示、4月2日投開票の佐賀県みやき町長選が、実の兄弟による一騎打ちとなる見通しだと今日の報知新聞が報じた。

 4選を目指す現職・末安伸之氏に、兄の長夫氏が挑む。全国町村会などは自治体の首長選での兄弟対決を

 「聞いたことがない」

としており、極めて珍しい。長夫氏は出馬理由について、伸之氏が町営住宅や役場の新庁舎建設に予算を投じてきたことを批判。伸之氏は兄の出馬に

 「一切コメントしない」

と不快感をあらわにする。みやき町は佐賀県のほぼ東端に位置し、人口約2万6000人。町民からは

 「兄弟げんかに付き合わされる」

と冷ややかな声も出ているというのだが、地盤を先祖から代々引き継ぐのが政界の常識だが、地盤を兄弟で取り合うとは初めて聞いた。他に候補者がいないのなら、兄弟で話し合って、

 無投票にした方が税金を使わなくて済むのに…

町民もそれを望んでいるのでは!?まぁ、わけのわからん選挙をやって無駄な税金を投じて、

 これは民主主義のコスト

などとホザいた元市長の弁護士タレントもいたけれど…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

森友学園”借地に建設”大阪府基準に抵触か

 学校法人「森友学園」の小学校設置許可を巡り、本来は認められていない借地上の後者建設計画を大阪府私立学校審議会(私学審)が「認可適当」と判断したのは、府の審査基準に抵触した疑いがあるとして、府が当時の担当職員の処分も視野に経緯を調査することが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 大阪府教育庁幹部は府の判断に誤りがあった可能性を指摘。これまで松井一郎知事は

 「何ら違法な形で物事を進めたわけではない」

と強調していた。学園は2014年10月、設置許可を府に申請。学校用地の所有や20年以上の賃借権取得といった基準に関し、府は、認可の見通しを示す代わりに財務省近畿財務局が土地の取得予定を保証する形を取ったことで、

 この基準を満たしたと判断

していた。たが、基準で用地は

 原則「自己所有」

とされ、借地上に校舎を建てることを認めていないというのだが、でんでん首相の寄付の問題などで

 方向性がかなり散らばっている

現状は否めない。寄付の問題も大事なんだろうけど、それは与党に任せて、一度原点に帰らなければならない。そもそも、

 なぜ府は設置を認可したのか?

国有地が格安で払い下げられたのも、元はと言えば、

 府が学校の設置を許可したから

である。府は少なくとも、学校の設置許可に関与しているわけだから、許可を与えた責任者を追及するのは当然だし、私学審の判断が違法だとしたら、

 知事の発言はウソ

になる。更に言えば、府の与党である

 維新の会が関与していると考えるのが自然

だろう。それも踏まえると、維新の会の代表でもある

 知事の責任は重大

である。知事は国に責任を押し付けたいようだが、そうは問屋が卸さない!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

”森友学園”籠池泰典氏「すべて話す」23日証人喚問へ

 大阪府豊中市の国有地を格安で購入した学校法人「森友学園」(大阪市)の一連の問題で、理事長退任の意向を示している籠池泰典氏は昨日、設置認可申請を取り下げた小学校に関し

 「安倍晋三首相からの寄付金が入っている」

と、現地調査で訪れた参院予算委員会の視察委員に対して述べたと今日の報知新聞が報じた。

 籠池氏はその後、野党4党と面会し、国会に出向いて詳細を語る意向を明言した。一方、安倍首相は

 寄付を否定…

与野党は今月23日に籠池氏の証人喚問を行うことで合意したというのだが、テレビで散々やっているので内容は省くが、気になるのは15日に行われる予定だった、

 日本外国特派員協会での会見がキャンセル

された件である。籠池さんは一家で上京し、やる気満々だったはずなのにドタキャンって、

 再び”天の声”があった

としか思えない。認可取り下げ然り、今回然り、

 ”天の声”の正体は一体何なのか?

非常に気になる。また、籠池さんを一貫して批判してきた菅野(完)さんが籠池さんの窓口みたいになっているのは

 ミョーな気

がするのだが、これは

 会見をセッティングしたのが菅野さんだからなのかなぁ…

という気が個人的にはしている。まぁ、それは置いておいて、現時点で何よりも重要なのは、菅野さんが悪人として名指しした、学校の認可と国有地の認可の責任者である

 松井大阪府知事と迫田国税庁長官を追及すべき

という主張はもっともであり、与党側は

 即実行に移すべき

である。与党は籠池さんの参考人招致を「私人だから」と拒んできたが、

 ”悪人”2名は公人

なのだから、それは理由にならない。拒む以上、

 真相究明を妨害

していると言われて当然であり、口利きか忖度かはわからないが、

 与党議員が絡んでいる可能性が高い

と与党側が考えているからではなかろうか。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

「長靴業界儲かった」務台俊介内閣府政務官が辞任

 務台俊介内閣府政務官は昨日、岩手県の台風被害の被災地視察を巡り「長靴業界はだいぶもうかった」と発言した責任を取り辞任した、と今日の報知新聞が報じた。

 松本純防災担当相に辞表を提出し、受理された。政府は今日午前の閣議で辞任を決定する。

 安倍政権への打撃になるのは必至

だ。後任には長坂康正衆院議員を充てる方向で調整に入った。民進党など野党が、問題発言だとして任命責任を追及する構えを強めたことから、打撃を最小限にとどめるため、

 早期収拾を図った形

だ。事実上の更迭とみられるというのだが、それにしても政治家のこの手の辞任や更迭が非常に多い。今に始まった事ではないが、

 政治家のレベルが低すぎる…

務台さんの”ご無体な"振る舞い。

 名は体を表す

って、名字にも当てはまるようである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

山本太郎自由党共同代表が森友学園問題を「アッキード事件」

 大阪市の学校法人「森友学園」の国有地取得問題について答弁が行われている参院予算委員会で2日、安倍晋三首相が自由党の山本太郎共同代表の質問に気色ばむ場面があった、と今日の報知新聞が報じた。

 山本氏は、昭恵首相夫人が同学園が開校を予定している小学校の名誉校長を辞任し、その後何も語っていないことから、昭恵夫人の愛称「アッキー」と田中角栄元首相が逮捕に至ったロッキード事件をかけて、この問題を

 「アッキード事件」

と“命名”。その上で

 「誰よりも(事情に)詳しい人に来ていただくしかない」
 「安倍昭恵さんに」


と参考人招致を要求した。これに対し、首相はムッとした様子で

 「その言い方は限度を超えている」
 「人の名誉を傷つけるために委員会を活用することは、極めて不愉快だ」

と語った。散会後には

 「(山本氏は)人として根本的にダメだ」

と周囲に怒りをあらわにしたという。また、1日に鴻池祥肇元防災担当相と学園側との面談記録の存在を明らかにした共産党の小池晃書記局長は、首相に

 「逃げ回らず答えてほしい」
 「立証責任を野党に求めるなど、本末転倒だ」


と指摘。1日の委員会では小池氏が鴻池氏の名前を伏せていたことから、首相は

 「(議員の)名前も出さずに、調べようがない」

と突っぱねていたが、それに逆襲する形となった。世論調査での高い支持率が続く安倍政権にとって、学園と鴻池氏の接触は

 「寝耳に水」

(官邸関係者)。ある閣僚経験者は

 「参院予算委が開かれる3週間はピンチが続くだろう」

とみているというのだが、山本さんは世間で言われている事を紹介しただけなのに、

 何をそんなに苛立っているのか…

山本さんに「人として根本的にダメだ」とコメントしたそうだが、

 その言葉をそっくりアンタに返したい…

「お前に言われたないわ!」と誰もがツッ込むところだろう。それにしても、このニュースは

「安倍晋三記念小学校」「安倍昭恵名誉校長」「安倍首相がんばれ!」
「安保法制国会通過良かったです」「悪魔の証明」「無礼者!」
「こんにゃく」「アッキード事件」


など

 「流行語大賞」候補の宝庫…

今後も続々と登場するに違いない!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

「森友学園」土地引き下げで自民・鴻池氏「こんにゃく」出されていた

 共産党の小池晃書記局長は昨日の参院予算委員会で、4月に小学校を開校予定の大阪市の学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長が、土地評価額引き下げのための自民党議員に働きかけたと指摘した、と今日の報知新聞が報じた。

 小池氏は2013年8月5日からの事務所の面談記録を入手したと説明。

 「政治力で早く結論を得られるようお願いしたい」

と記述があったという。この指摘を受けて同党参院議員の鴻池祥肇元防災担当相が同日夜に都内で会見を開き、2014年に

 籠池理事長夫妻と面会した

と認めた。面会の様子について、

 「おばはん(夫人)が泣きながら封筒出しよった」
 「『こんにゃく』と思わざるを得ない」


と100万円の札束を表す隠語を交えて回想。

 「『コレでお願いします!』と言うてきたが、一瞬でカネだとわかった」
 「だから『無礼者!!』と言って返した」


と身振りを交えて受け取りを否定した。また、2年間で総額20万円の政治献金を受けていたことも明かし

 「全額お返しする」

としたというのだが、あのでんでん首相、昨日の国会では、

 「どういう文書かも分からない」
 「ないものを証明するのは悪魔の証明と言われている」


だの、

 「その文書が本物かどうかを証明するのは共産党の責任」

だの、好き放題散々言ってくれたものだ。その後、自党の重鎮が名乗りを上げたのだから、笑いが止まらない。

 共産党の”ドッキリ”にまんまと引っ掛かったでんでん首相…

小池さんもやっていて内心、

 「しめしめ」とほくそ笑んでいた

に違いない。その様子はやあの園児の選手宣誓に勝るも劣らぬ

 ”おもしろ映像”として後世に残る

であろう。でんでん首相も首を洗って待っておいた方がいい!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

「森友学園」国有地激安取得…安倍昭恵首相夫人”名誉校長”辞任

 大阪府豊中市の国有地が大阪市の学校法人「森友学園」に評価額より8億円安く売却された問題で、安倍晋三首相は昨日の衆院予算委員会で、学園が4月に開校予定の小学校に関し、昭恵夫人が名誉校長を辞任したことを明らかにした、と今日の報知新聞が報じた。

 売却を巡り、民進党の福島伸享氏は政治家の口利きがなかったか問いただし、首相は

 「私や妻、事務所は関わっていない」
 「他の政治家に関しては首相として答える立場にない」


と述べたというのだが、今、話題で持ちきりの

 「安倍晋三でんでん小学校」

だが、この問題に関しては各メディアでも漸く報道され始めているので、ここでは触れない。今回問題にしたいのは、当欄の性格上、もっと早く取り上げるべき問題なのに、

 なぜ今になったのか?

ということである。それは簡単で、うちで宅配してもらっている

 報知新聞が取り上げなかったから

である。そして

 本日、初めて取り上げられたから

である。それでは、他の新聞はどうか?特に報知新聞の親会社である

 読売新聞はどうなのか?

とネットで調べてみると、納得できる答えが得られた。インターネットニュースサイトの「BuzzFeed News」によると、この件に関して新聞がどれだけ報道されているか?を調べたところ、2月22日の朝刊時点で、

 朝日新聞14本
 毎日新聞11本


に対して、

 日経新聞4本
 産経新聞3本
 読売新聞2本

だったというのだ。この問題をスクープした朝日新聞が多いのは当然として、政権寄りの3紙が極端に少ないのは一目瞭然。読売新聞に至っては、紙面の下の方に載っている

 ベタ記事扱い…

価格や経緯に触れている記事は一つもないというのである。

 非常にわかりやすい…

更に調べてみると、学校の認可答申及び「国有地払い下げ」認可の審議委員に、

 読売新聞大阪本社編集局の関係者が就任

しているというのである。

 そりゃ、載らんわな…

テレビについても然り。辛坊(治郎)さんがやっている読売テレビの朝の情報番組「す・またん!」で、この件が全く取り上げられなかったことを疑問に思っていたのだが、僕は直接観ていないが、ネットの情報によると、22日に、

 「朝日や毎日、野党が騒いでいるが…」
 「松井一郎(大阪府知事)が言っている事がいちばん正しい」

といったような、朝日新聞らを暗に批判したようなコメントを発したのみで、翌日以降は”完全スルー”。今日放送の全国ネット「ウェークアップ!ぷらす」で取り上げるようなので、観てみると、

 「不透明な売買の真相を究明しなくてはいけない」

などといった内容の事を話していた。

 関西ローカルと全国ネットでこれだけスタンス変えるか?

と、呆れるのを通り越して感心してしまった。

 これぞ”電波芸者”の真骨頂…

辛坊さんが翌週以降、この問題をどのように扱うのか?注目したい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

公明党方針転換で…豊洲問題「百条委員会」設置へ

 豊洲市場(東京都江東区)の土地購入経緯を検証するため、都議会公明党が地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委員会)の設置を求める方針であることが昨日、わかったと今日の報知新聞が報じた。

 これまでは東京改革議員団(民進党)、共産党、自民党の一部などが百条委の必要性を訴えていた。公明党は

 「都議選に向けたパフォーマンスでは意味がない」

と慎重だったが、方針を転換したというのだが、公明党が自民党との連立を解消して小池さんに擦り寄って来たのは

 「都議選に向けたパフォーマンス」以外の何物でもない

ではないか。こういうインチキが罷り通る国家はやがて、滅び去るだろう。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

“ドン”内田氏追いつめた…小池都知事が千代田区長選「完勝」

 今年7月の都議選の前哨戦として注目された東京・千代田区長選が昨日投開票され、東京都の小池百合子知事が支援する現職の石川雅己氏が5選を決めた、と今日の報知新聞が報じた。

 小池氏と“都議会自民党のドン”内田茂氏の代理戦争といわれたが、開票即当確が出て、自民党推薦の新人・与謝野信氏を寄せ付けなかった。小池氏陣営は都議選に弾みがつきそうだ。一方、自民党都議は

 「このままでは惨敗」

と話し、さらなる分裂の可能性も出てきたというのだが、都議会自民党側は地元選出の内田氏を一切、表に出さずに

 「ドン隠し」を徹底

したが、

 トリプルスコアで完敗

したというのだから、お先真っ暗だろう。それはまぁ、置いておいて、関西に住む僕がこのニュースを観て意外に思ったのは、

 得票数…

千代田区って、東京駅とか皇居とか、霞が関とか、国会議事堂のイメージが強くて

 住宅地ってあるの?

と思っていたのだが、2万票近くあって驚いた。一体どこに住んでいるのだろう?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

トランプ大統領の“暴走”にイバンカさんの防波堤

 米トランプ政権で検討されていた同性愛者など性的少数者(LGBT)の権利制限につながる大統領令に関し、トランプ米大統領の長女・イバンカさんが制止したと米政治専門サイト「ポリティコ」が今月3日に報じた、と今日の報知新聞が報じた。

 「ポリティコ」によると、LGBTの権利制限につながる大統領令について、イバンカさんと夫で大統領上級顧問のクシュナー氏が反対。トランプ氏はそれを聞き入れたことで、1月31日に

 「LGBTを含む全ての米国民の権利を守る」

との声明を出したという。トランプ氏が出そうとしていた問題の大統領令は、オバマ前大統領が2014年に出した

 「職場での差別からLGBTを守る」

という

 大統領令を覆す内容

だった。ホワイトハウス関係者は

 「トランプ氏の指示により、(2014年の大統領令については)一切触れられていない」

と述べた。イバンカさんとクシュナー氏は、以前から

 LGBTの権利擁護を主張

している。メラニア夫人は息子バロン君の養育のため依然、

 ニューヨークに在住

しており、イバンカさんは

 “ファーストレディー”

として事実上、政権を切り盛りしている。一方で名前を冠したファッションブランド

 「イバンカ・トランプ」

は売り上げが低迷しており、米百貨店のノードストロムは取り扱い中止を決定するなど、父の不人気のあおりをモロに受けている。「独断専行」で知られるトランプ氏だが、やはりまな娘はかわいいのか、

 イバンカさんには甘い面がある…

先月28日に安倍晋三首相と電話会談した際には

 「あなたは安倍首相に従っていればいい」

と忠告されたという。今月10日には安倍首相が渡米し、日米首脳会談が行われる。ゴルフ外交には昭恵夫人、イバンカさんも参加を予定している。

 「将を射んと欲すればまず馬を射よ」

でトランプ氏だけでなく、イバンカさんへのアピールが大切になりそうだというのだが、娘に言われて撤回するとは

 大したポリシーはない

という事のようだが、娘の方がまだ”まとも”というのは

 せめてもの救い…

まぁ、恐らくこの先、国内外から批判されて

 娘が大統領をやった方がいい

と言われるのは確実!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

地下水で有害物質検出 小池都知事「豊洲移転が都議選の争点」

 築地市場(中央区)の移転先とする豊洲市場(江東区)の地下水で環境基準値を大幅に上回る有害物質が検出された問題で、東京都の小池百合子知事は昨日、移転の可否について今夏の都議選で争点になるとの見方を初めて示した。

 小池氏は

「東京の争点はたくさんあるが、中でも豊洲はいろいろな経緯がある」
「都議会でどれくらい審議が行われてきたのかなどをあらためて見直す必要がある」

と指摘。

 「豊洲のあり方というのは1つの大きな争点になるべきだ」

と述べた。また、有害物質のベンゼンやシアンが検出されたことについて

「地下水のモニタリングではあるが、地上と地下で分けたとしても、生鮮食料品を扱うというのはかわりがない」
「今回の結果は重く受け止めている」


と強調。

「どういう試験、分析の方法だったのか、もう一度チェックしたい」

と再調査する考えを示した。専門家会議座長の平田健正放送大和歌山学習センター所長は今月14日、近く再調査を実施し、3月中に結果を公表する考えを示したというのだが、あくまでも個人的な見解だが、

 今までの検査はいい加減

で、今回で最後だから、

 最後ぐらいはまともにやっておこうかな…

という事だったのだと思う。そうしたら、思わぬ結果が出てしまったというところではなかろうか。悪い事はできんわなぁ〜。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

小池都知事が自民党費未納「あれだけ罵倒されたわけですから」

 東京都の小池百合子知事は昨日、定例会見を開き、自身が党籍を置いている自民党費が未納であることについて「払う理由はあまりない」と発言したと今日の報知新聞が報じた。

 小池氏は、今月10日のテレビ朝日の番組で、党費を払っていないことを明かしていた。未納理由について

「(昨年7月の都知事選で)推薦どころか、あれだけ罵倒されたわけですから」
「お支払いするのもどうか」


と苦笑い。

 「意思は示したので」
 「3月末に(再度、支払いの)確認がくると思います」


と余裕の表情で自民党側の返事待ち状態であることを明かした。ちなみに

 党費は4000円…

支払期限は昨年末だった。また、党籍自体についても、都知事選出馬時に進退伺を出していることを強調し

「(自民党側は)誰が進退伺を受け取ったかわからないと言っている」
「組織政党としてどうかなと思う」


と批判。

 「私としては意思表明しているので、お決めになるのはあちらです」

と述べたというのだが、今に始まったことではないが、

 自民党は組織の体をなしていない…

石原のバカ息子があれだけ罵倒していたのに、自民党は

 小池さんは自民党員

だと言っている。もう21世紀になって10年以上経っているのだから、もうソロソロ

 この国独特の曖昧文化と決別

すべきではないのか。そうでないと、この国に明るい未来はない。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

トランプ安倍会談 アメリカ政府が強い異議

 安倍晋三首相が米ニューヨークで先月中旬に行ったトランプ次期大統領との会談に関し、米政府が事前に

 「トランプ氏はまだ大統領ではない」
 「前例のないことはしないでほしい」

と強い異議を日本政府に伝えていたことがわかったと、今日の報知新聞が報じた。

 日米外交筋が昨日、明らかにした。日本側は、会談は非公式で

 トランプ氏提案の夕食会は見送る

として理解を求めた。しかし、米側は納得せず、ペルーでの国際会議に合わせて調整していたオバマ大統領との

 首脳会談は実現せず…

立ち話にとどまった。首相の外交姿勢に対するオバマ米政権の不快感が明らかになった形だ。日米外交筋は

 「首相の対ロシア接近を嫌うオバマ氏の外交方針が背景にあるようだ」

と指摘したというのだが、この会談を日本のクソマスコミはどこも

 好意的に報道

していた印象が強いのだが、アメリカでは批判が多かったという事実はあまり報道されていない。このニュースも報知の記事で初めて知ったぐらいで昨日、僕が観た限りではテレビのニュースでは報道されなかった。

 情報を操作しているのは明らか


であり、政権の大本営発表を垂れ流すクソマスコミの実態が改めて浮き彫りになった。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

高樹沙耶容疑者逮捕に新党改革元代表・荒井氏「驚いています」

 女優・高樹沙耶容疑者が大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕されたことについて、今年7月の参院選東京選挙区への立候補時に公認した新党改革(現在は解党)の元代表の荒井広幸氏は昨日、事務所を通じ

「ニュースで知り、驚いています」
「状況が分からないので、まずは今後の推移を見守っていきたいと思います」

とコメントしたと今日の報知新聞が報じた。

 選挙戦中、高樹容疑者が医療大麻の合法化などの公約を訴えたことを

 政党として是認

していたが、それらについては触れなかった。高樹容疑者は6万431票を得るも落選。新党改革は比例代表に荒井氏ら9人が立候補したが、唯一の現職議員だった

 荒井氏も落選

し、国会での議席を全て失ったため解党したというのだが、大麻の合法化を訴える候補者を

 擁立したらダメ

でしょうよ。詭弁もいいところで、マヌケである。そりゃ、こんな政党はなくなるわな…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

「日本維新の会」沖縄支部が松井一郎代表に抗議

 大阪府警の機動隊員が沖縄県の米軍訓練所の工事反対派に暴言を吐いた問題で、日本維新の会沖縄県総支部幹事長の当間盛夫県議は、ツイッターで「出張ご苦労さま」などと投稿した松井一郎代表(大阪府知事)に対する抗議状を公開した、と今日の報知新聞が報じた。

 「不適切な発言を横に置き、沖縄県民から理解されるのか」

と批判した。松井氏は府庁で記者団に、抗議状の内容を確認していないとした上で、ツイッターを撤回する考えは

 「ない」

と語ったというのだが、まずビックリしたのが、

 維新の会が沖縄にあった

というのが一つ。それから、こういう差別発言に対して批判しない人間が大阪府知事であり、国政政党の代表という

 役職に就いているという事実に驚くばかり

である。大阪の有権者はいい加減、

 目を覚ますべき

である。もう、(やしき)たかじんさんや紳助さんはいないし、"機長さん"は小遣い稼ぎのコメンテーターなのだから…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

自民党・小野田紀美参院議員も二重国籍

 自民党の小野田紀美参院議員は昨日、米国との二重国籍状態で、現在米国で米国籍放棄の手続きを進めている、と自らのフェイスブック(FB)で明らかにしたと今日の報知新聞が報じた。

 二重国籍を巡っては、民進党の蓮舫代表に台湾籍が残っていたことがわかり、問題となっていた経緯がある。小野田氏は、

 「心配をかけて大変申し訳なかった」

と国会内で記者団に述べた。小野田氏のFBなどによると、同氏は1982年12月に米国で出生し、米国籍を取得。参院選に出馬する前の2015年10月に、日本の国籍選択と米国籍放棄の手続きを日本国内で完了したとしている。蓮舫氏に関する報道を受けて調べたところ、

 米国内での放棄手続きが終わっていない

ことがわかったというのだが、二重国籍問題で蓮舫さんを執拗に追及していた産経新聞は当然、

 小野田さんにも厳しく追及するんでしょうねぇ…

曲がりなりにも全国紙なのだから、

 野党だからダメで与党ならOK
 台湾はダメでアメリカはOK


ということは、まさかないでしょうねぇ…。そんな事をしたら、

 完全に差別

になるし、良識を疑われるからねぇ…。まぁ、産経新聞に

 良識なんて欠片もないんだろうけど…


産経新聞の動向に注目!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

三重県町議が拳銃&実弾所持…2丁と11発にモデルガンも

 三重県警組織犯罪対策課と津署は昨日、銃刀法違反(所持)と火薬取締法違反容疑で同県紀北町議の東篤布容疑者を現行犯逮捕した、と今日の報知新聞が報じた。

 事前にもたらされた情報提供をもとに、津署が容疑者宅を捜索したところ、

 回転式拳銃2丁と実弾11発を発見

し、押収した。調べに対し、東容疑者は

 「間違いない」

と容疑を認めている。県警は暴力団が関係している疑いもあるとみて、所持目的や入手ルート、動機などについて調べる。逮捕容疑は1日午後4時ごろ、自宅2階の寝室に

 拳銃と実弾を隠し持っていた

疑い。拳銃は高い殺傷能力を持つ38口径と22口径とみられ、県警は鑑定を急いでいる。捜査関係者は、詳細について口を閉ざしながらも

 「極めて巧妙な手口で隠匿されていた」

と発見時の状況を明かしている。他にも

 8丁ほどのモデルガン

が見つかっており、関連を調べる。

 東容疑者は2003年に合併前の旧紀伊長島町議に初当選。現在3期目で、無所属。2011年には健康保険に加入していない

 暴力団組長に保険証を貸して不正に使用させた

として県警に逮捕され、詐欺罪で有罪判決を受けている。また、2012年にも

 道路交通法違反(無免許運転)容疑で静岡県警に逮捕

されている。普通自動車で東名高速を走行中、シートベルトをしていなかったため、県警高速隊が免許証の提示を求めたところ、既に失効していたというのだが、このような人物がなぜ、

 町議としていられるのか?

町議ということは、有権者に選挙で選ばれているのである。本人に非があるのは言わずもがなだが、こんなの、

 有権者の責任以外の何物でもない

ではないか。この地区の有権者にはどうやら、恥も外聞もないようである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

蓮舫氏”台湾籍”放棄再手続き

 民進党の蓮舫代表代行昨日、高松市での記者会見で、台湾籍放棄の手続きを再び行ったと明らかにした、と今日の報知新聞が報じた。

 日本と台湾の二重国籍ではとの一部指摘を受け、台湾側に既に放棄している事実確認を求めたが、

 「31年前のことで時間が掛かる」


と回答されたための措置という。1985年に日本国籍を選択した際、台湾籍放棄を宣言し、父親が手続きしたと説明。

 「これは私の中では動かない事実」
 「私は日本人だ」


と強調した。同時に、

 「ご心配を掛け、申し訳なく思う」

と述べた。関係者が昨日、台湾の駐日代表部に当たる台北駐日経済文化代表処に書類を提出した。蓮舫氏は父が台湾人で母は日本人だというのだが、個人的に非常に疑問に思うのは、なぜこの問題が、蓮舫さんが参院選に初出馬した時ではなく、

 今なのか?

という事である。蓮舫さんが民進党の代表に就任すると困る勢力の嫌がらせとしか思えない。まぁ、そういう連中が至る所に大勢存在するようだし…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

都知事選・増田寛也氏”小池氏つぶし”裏目「私の力不足」

 昨日、投開票された東京都知事選。あっけない敗戦に増田寛也氏はサバサバとした表情で選対事務所に現れた、と今日の報知新聞が報じた。午後8時20分、石原伸晃都連会長らと握手をすると

 「残念ながら結果が伴わなかった」
 「ひとえに私の力不足」
 「心からおわびを申し上げたい」


とあいさつ。詰めかけた都議らからは

 「そんなことはない!」

と声が飛んだ。自民、公明の推薦を受け、組織力で都知事選を戦った。告示日には選挙事務所前に石原伸晃都連会長、内田茂同幹事長ら都連幹部が勢ぞろい。

 「今までにない厳しい選挙戦」
 「何としても勝ち抜くぞ!」


小池百合子氏を除く自民党の東京選出の衆参議員をズラリと並べ、組織で戦う姿勢を鮮明に示していた。だが、厳しい組織の引き締めが裏目に出た。7月11日付で自民党東京都連が所属する国会議員や地方議員に対して配布した

 「都知事選における党紀の保持について」

と題する文書。

「党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならない」
「各級議員(親族含む)が非推薦の候補を応援した場合は除名等処分の対象となる」


さすがに自民党議員からも反発が出たほど。石原慎太郎元都知事が自民党本部で開かれた増田氏の総決起集会で

 「大年増で厚化粧の女に都政を任せられない」

などと小池氏をこき下ろしたのも、結果的に

 小池氏の後押しとなった…

最大の弱点だった知名度の低さをカバーするには、17日間の選挙期間では足りなかった。増田氏は

 「この結果を受け止め、これからのことはこれから考えたい」

と話し事務所を後にしたという。

 フタを開けてみれば、小池さんの圧勝に終わったが、増田さんの敗因は

 石原親子の大失態

に尽きるのではなかろうか。バカ息子の「非推薦候補の応援をすれば、たとえ親族でも処分する」というお達しは

 まさに独裁政権ならでは…

しかも、それをマスコミに広めるように公表しているのだから、

 頭、おかしいんじゃないの!?

と言うしかない。それだけでも大概なのに、バカオヤジの

 「厚化粧の大年増」発言

で被せてしまうのだから、

 この親子はどうかしてる…

それから鳥越さんだが、与党が分裂しているのだから、楽勝で勝てる選挙だったのに勝てなかったのは、

 ”文春砲”に尽きる

だろう。文春も選挙日の前の週の発売号で鳥越さんのスキャンダルを報じたから、選挙日の週の発売号は

 小池さんか増田さんのスキャンダルを報じるだろう

と思っていたのに、

 まさかの”スルー”…

こんなの、フェアではない。

 選挙妨害の何物でもない

ではないか。「売れるためなら何でもする」のが文春のポリシーだそうだが、今回は

 何らかの力が働いた!?

年明けからスクープ連発の”文春砲”も、ここに来て弾切れ!?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする