2018年05月31日

“紀州のドン・ファン”怪死の謎

 「4000人の美女に30億円を貢いだ」などの逸話で知られた“紀州のドン・ファン”こと、和歌山県の実業家、野崎幸助氏が“怪死”を遂げていたことが明らかになった、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 総資産額は50億円ともいわれ、本紙インタビューでは

 「いい女を抱くために一生懸命仕事をしている」
 「男はそうじゃなきゃいけない」


と豪快に語り、今年2月には

 55才年下の女性と3度目の結婚

をしたばかり。今日発売の「週刊新潮」は、その遺体から

 覚醒剤が検出

され、警察が捜査に乗り出す事態になっていると報じたから穏やかでない。野崎氏の名前が世間に知れ渡ったのは2016年2月、50才近く年下の

 愛人に6000万円相当の金品を盗まれた

事件が明るみに出た際だった。この事件で当時の愛人は逮捕され、5000万円相当の宝石は戻ってきたが、

 現金は返ってこなかった…

一方で、野崎氏の

 「セックスは1日5回」

などの驚愕の性豪エピソードが注目され、自叙伝

「紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男」も大反響

を呼んだというのだが、まだ事件かどうかもわからない段階だが、素人目でも

 内部の事情に詳しい者の仕業

とみて間違いないのではなかろうか。結婚と言ったって、籍を入れただけで、実質的には愛人みたいだし…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

村上佳菜子”出演オファー”が途切れない理由

 プロフィギュアスケーターでタレントの村上佳菜子が昨日、都内で「5月30日はアーモンドミルクの日」記念イベントに出席した、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 スケートシューズの形をしたオシャレな靴で登場し

「フィギュアスケートは(観客から)見られる競技なので『キレイになるように』と飲んでます」

と話した。また、アーモンドミルク作りにも挑戦。終始、大きなリアクションで作り終え、出来たてを飲むと

 「すごくいい香り〜!すごくフレッシュ!」

と満面の笑みでおいしさを伝えた。家でもよく料理をするという村上。囲み取材では

 「今、作ってあげたいお相手は?」


と“恋愛関連”の質問が飛ぶと、動揺したのか

 「アーモンドミルクが…」

と喉を詰まらせて舞台裏に消えるハプニングが起きた。水を飲んで戻った村上は、嫌がるそぶりもなく“前のめり”で

 「いないんですよ…」
 「誰かいませんか?」


と逆質問。理想のタイプについて

「まだ23歳なので安定とかよりは刺激し合ってお互いレベルアップできる相手だったら…」

と告白したうえで

「仕事が充実しているので、必要ないかなというのもあるけど、いたらもっと高め合えるのかな」
「ぜひそういう方がいたら、紹介してください」


と報道陣にお願いし、笑いを誘った。この日のイベントでも現役時代からファンを魅了した“佳菜子スマイル”に加え、

 芸人並みのリアクションを連発…

テレビ局関係者はその魅力を

「プロとしてアイスショーなどに出演しながら、月10本以上のバラエティー番組に出演している」
「普通なら大げさすぎるリアクションもあの笑顔でやられると、嫌みな部分を感じない」
「むしろ本当に楽しそうな雰囲気が視聴者に伝わるようで好評なんですよ」
「オファーが途切れないのも納得ですね」

と語る。久本雅美らとMCを務めるトーク番組「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)も好評。堂々たる姿を

 久本も大絶賛

している。これからも“佳菜子スマイル”が席巻しそうだというのだが、オファーが途切れないのは

 カワイイから…

それ以外に何があるのか。それも、

 同性からも嫌がられない

感じがあるからではなかろうかと思う。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

あわや脱走!殺人も犯すチンパンジーの凶暴性

 札幌市中央区宮ケ丘の円山動物園で昨日午後1時50分ごろ、チンパンジー2頭が飼育施設から脱走しそうになり、来場者全員が避難する騒ぎがあったと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 園によると、職員が昼にエサやりのために飼育施設に入った際、チンパンジーが普段暮らす放飼場と出入り口への通路を隔てる扉を

 施錠し忘れてしまった…

結果、9頭いるチンパンジーのうち2頭が

 扉から通路へ“脱出”…

飼育施設外には出なかったが、外につながる扉のガラスを割ったため、来場者には至急、最寄りの建物内に避難するようアナウンスがあったという。その後、職員の誘導によって2頭は放飼場に戻ったが、園は大事を取り、

 来場者全員を敷地外に退去

させた。閉園時間は午後4時半から午後2時55分となり、入場料は全額払い戻された。チンパンジーは愛くるしいルックスとは対照的に

 握力が200キロオーバー…

成獣ともなれば、

 車のフロントガラスを素手で叩き割る

パワーを持つ。事実、今回の脱走未遂でも、前出のように施設出入り口の窓ガラスを壊している。アフリカでは

 “殺人チンパンジー”も確認

されている。西部のシエラレオネで「ブルーノ」という名前のチンパンジーが2006年、車を襲撃。建物に車が衝突し身動きが取れなくなると、ブルーノは運転手を車から引きずり出し、頭を地面に叩きつけた後で顔面をむさぼり

 食べて殺した

と報じられた。

「飼育されているチンパンジーでも、発情期中は野性に戻る瞬間がある」
「そういう時は飼育員でもうかつに近づかない」


とは事情通。2012年9月には日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」に出演していたチンパンジーの「パンくん」が女性研修員を襲い、

 顔や腰にケガを負わせた

ことがあった。今回の騒動を受け、円山動物園の加藤修園長は

 「二度とこのようなことが起きないようにします」

と謝罪。29日以降は通常通り開園するというというのだが、ゴリラの怪力ぶりは有名だが、チンパンジーでも200キロ超えの握力とは…。箕面とか高崎山とかの

 ニホンザルは大丈夫なのだろうか?

と心配してしまった次第である。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

バラエティー進出の金子恵美元議員がセクシー写真集!?

 実現すれば、話題になること必至の写真集になると噂されているのが、元衆議院議員の金子恵美氏の写真集だと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 数々の写真集を手掛けてきた大物プロデューサーが明かす。

「最近、金子さんがバラェティー番組に出演し始めています」
「この調子ならば金子さんサイドに写真集の依頼をすれば、承諾をしてくれる可能性もあるのではないか」
「出版社数社が彼女のセクシー写真集企画を検討しているそうですよ」

金子氏は2002年に「新潟県きものの女王」、2003年にミス日本関東代表に選出された経歴の持ち主でもある。

「“永田町ナンバーワンの美貌”の持ち主として知られていた金子さんが、ヌードならずとも“手ブラ”などセクシー写真を公開するというなら、間違いなく写真集は大ヒットすること間違いないのではないでしょうか」

昨年、金子氏は衆院選で落選し議員バッジを失った。今年4月に出演した「行列のできる法律相談所 SP」(日本テレビ系)では、ゲス不倫騒動を起こした夫・宮崎謙介元衆院議員が、仕事で誘われて

 キャバクラ通いすることに怒りをあらわ

にした。

「金子さんは再び、政治家に戻りたいと思い、テレビ出演もしているのでしょうが、宮崎さんのゲス不倫の影響はいまだに女性有権者たちから、かなりの不評を買っています」
「正直、今のままでは返り咲きは難しいでしょうね」
「そう考えると、金子さんも今は有権者に忘れられないことが何よりも大事だと考えるでしょうからね」
「セクシーさの度合いにもよりますが、女性たちもキレイだと言って好感度が上がる写真集企画であれば、受けることも考えられなくもないですよ」
「あとは、写真集の企画内容しだいでしょう」


と同プロデューサー。美しすぎる政治家と言われた、金子氏のセクシー写真集が果たして見られるのか、大いに気になるところだというのだが、タレントになった方がチヤホヤされるし、本人もチヤホヤされたいだろうから、

 それでいいんじゃないの!?

何とかもおだてりゃ、木に登るって言うし…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

日大危機管理学部「卒業後が不安」と保護者の声

 日大の危機管理学部で昨日、進学希望者を対象にした進学相談会が行われた、と今日の日刊スポーツが報じた。

 危機管理を学ぶ全国でも珍しい同学部は、対応が後手に回るアメフト部の問題に関連し、

 注目を集めている…

参加した高校生らは

 「問題と関係ない」
 「志望は変わらない」

と述べる一方、保護者から

 就職などへの影響を心配

する声も上がった。息子に同行した母親は

「大学のイメージや卒業後の進路が心配だが、これをきっかけに(日大が)本来の姿に戻ってほしい」

と願っていたというのだが、これだけの事をやらかしているにも関わらず、「問題とは関係ない」と言う高校生はちょっと

 自身の危機管理がなっていないんじゃないの?

と保護者同様に心配してしまう。まぁ、理事長らがこういう事態を想定して創設した学部という話もあるが、

 全く機能していない


のだからどうしようもない。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

南明奈とよゐこ・濱口が結婚 インスタに幸せツーショット掲載

 お笑いコンビ「よゐこ」の濱口優と南明奈が昨日、インスタグラムで結婚したことを発表したと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 紋付袴と華やかな着物姿で正座し、幸せそうな笑顔のツーショット写真をアップ。南はファンに向けて

「本日5月25日にかねて交際している濱口優さんと入籍させていただきました」
「まだまだ未熟な2人ですが、これからも見守っていただけると嬉しいです」

などと報告した。濱口も同様の報告をし、

 「ちなみに証人は相方の有野君にしてもらいました」


とコンビを組む有野晋哉が結婚の証人となったことも発表した。2人は2014年2月に交際が明るみになり、今年元日には一部で

 「今春結婚」

とも報道されていた。関係者によると、この日、代理人が都内の区役所に婚姻届を提出。南は妊娠しておらず、挙式・披露宴などは未定だというのだが、濱口さんと言えば、あるバラエティー番組でその

 ロマンチストぶりが強烈

でスタジオ中の女性をドン引きさせていたと以前、当ブログで紹介した。殆どの女性がドン引きする中、こういう

 ”イタイ人”に惹かれる女性も存在

するのだから世の中、わからない。ちなみに、濱口さんは現在、竹野内豊さんと交際している倉科カナちゃんとも付き合っていた。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

飯豊まりえ“三足のわらじ”の魅力 セクシー美乳で新たなファン層獲得

 女優・飯豊まりえが昨日、都内で行われた「TAMASHII Comic-Con-タマシイ コミ魂―」の新ブランド発表会に出席したと今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 映画関係者は

「飯豊が注目されたのは、昨年公開の映画『暗黒女子』で多面性のある役を演じてから」
「『Seventeen』の専属モデルでありながら女優としても躍進した」

と指摘する。さらに今年早々に初写真集「NO GAZPACHO」を発売したが、これが

「セクシーだ!」

とネット上で話題になった。

「水着グラビアや大胆なランジェリー姿を披露しているんです」
「細身の体ながら、なかなかの美乳ぶりに、ユーザーからは『わがままボディーがサプライズすぎる』『非常に実用的だ』と(笑い)」
「新たなファンを開拓した格好ですね」

現在、ドラマ「花のち晴れ 花男Next Season」に出演中の飯豊。モデル&女優&グラビアの“三足のわらじ”で、ますます注目を集めそうだというのだが、モデルとグラビアで活躍している女性タレントを

 「モグラ女子」

と言うのを最近知ったのだが、それに女優を加えて”三足のわらじ”で活躍しているのだからスゴイ。まぁ、仕事に選択肢が広がったという事で、本人にしても事務所にしても良い事尽くしである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

日大緊急会見のトンデモ司会者の正体

 悪質タックル問題に揺れる日大が“トンデモ対応”で醜態をさらした、と今日発売の大阪スポーツ(東スポ)が報じた。

 昨日の内田正人前監督と井上奨コーチの緊急会見では、日大広報部にも

 ミョーな注目

が集まった。謝罪会見でありながら

 “上から目線”の姿勢を全開…

司会者が

 「やめてください」
 「もう会見を打ち切ります」


と報道陣の質問を制する発言を連発し、会見の続行を主張した記者には

 「さっきからあなた、しつこい」

と“暴言”まで飛び出した。司会者のあまりの態度に報道陣から

 「こうした対応を取ると日大のブランド(価値)が落ちてしまうかもしれない」

との声が上がると

 「落ちません!」

と語気を強めて反論。在籍学生数が7万人超と日本一を誇る

 “日大プライド”を前面に押し出した…

会見後にはさらにひと悶着が…。いかなる団体でも会見時には司会者が名乗るのが社会の通例だが、名前はおろか役職なども明かそうとせず、報道陣が身分の確認を求めても

 一切応じずに“逃走”…

別の日大関係者に確認しても

 「私は存じません」
 「(司会者は)帰った」

と、まるで他人事。

 「本人に連絡を」


と何度も食い下がると、日大関係者がようやく重い腰を上げて連絡を取り

 「広報部 米倉」

と紙に書いて説明した。しかしフルネームは明かそうとせず、またも

 日大側と報道陣が衝突…

日大側が折れて再度連絡を取り、ようやく司会者が

 広報部職員の米倉久邦氏

と判明。まるでコントのようなやりとりが繰り広げられた。揚げ句の果てに日大側は、会見に同席した“弁護士とみられる人物”の身分照会まで拒否。

 「分からない。連絡できない」

の一点張りで、なぜか最後まで明かすことはなかった。一体、誰だったのだろうか?一般常識とはかけ離れた対応の数々。2年前に鳴り物入りで発足させた危機管理学部で

 “最悪の失敗例”

として教材にでもしようとしているのか?というのだが、悪質タックル事件そのものだけでなく、凡そ教育機関とは思えない

 日大の対応…

危機管理学部がありながら、危機管理が全くなっていないという

 ネタのような話

もあって、ツッコミどころ満載である。こういう所が教育機関を標榜しているのは

 国としても相当問題がある

と思う。補助金を凍結するなどそれ相当の対応が必要ではなかろうか。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする