2017年04月21日

ラウドネスが米国入国拒否されツアー中止

 4人組ヘビメタバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」が、米国ツアーのために訪れたシカゴの空港で入国を拒否され、帰国したことが昨日、分かったと今日の報知新聞が報じた。

 公演を行う予定だったシカゴのライブハウス「REGGIE'S ROCK BAR」は店の公式サイトで

 「米政権による外国人への入国審査方針が厳格化したため」

と説明している。所属事務所によると、同バンドは今月18日にシカゴで入国を拒否され、数時間後に帰途に就いた。29日まで全7か所を回る

 ツアーは全て中止

になった。ボーカルの二井原実はブログで

 「3時間シカゴ滞在して帰国」
 「バンドは過去に入国拒否されたことは一度もありません」
 「二井原個人も入国拒否されたことはありません」
 「ゼロ泊アメリカ往復26時間の空の旅…」
 「すっかり飛行機には慣れました…」

ギターの高崎晃はツイッターで

 「またツアーを再開できるよう頑張ります」

とつづった。所属事務所は

「これまでは主催元などの招待状があれば、日本人は入国できていた」
「今回も同じ段取りをしたが、『コンサートをする以上、ビザが必要だ』と言われたようだ」
「できれば、仕切り直して改めてツアーを行いたい」

としているというのだが、まさか日本人まで入国を拒否されるとは…。安倍首相が散々吹聴していた、トランプ大統領との間で築かれた

 「信頼関係」って何だったの?


いつものハッタリで所詮、絵に描いた餅か…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

「写真をばらまく」坂口杏里容疑者が恐喝未遂で逮捕

 知人の30代のホストから現金3万円を脅し取ろうとしたとして、警視庁新宿署は恐喝未遂容疑でタレントの坂口杏里容疑者を今月18日に逮捕していたことが昨日、分かったと今日の報知新聞が報じた。

 同署は坂口容疑者の認否を明らかにしていない。逮捕容疑は今月18日、坂口容疑者がホストから金を借りようとしたが断られたため、携帯電話から会員制交流サイト(SNS)を通じて

 「ホテルで撮影した写真をばらまく」

とメッセージを送り、現金3万円を脅し取ろうとした疑い。関係者によると、その写真にはホストも坂口容疑者も写ってはいないが、ホストの私物が写り込んでおり、

 2人の関係性を疑わせる写真

だったという。18日夜、ホストと坂口容疑者は新宿区内の路上で待ち合わせ。ホストが

 「さっきのメッセージは恐喝にあたる」

と坂口容疑者を取り押さえ

 「逮捕しています」
 「来てください」

と110番通報。駆けつけた新宿署員に引き渡したという。坂口容疑者に近い関係者は

 「(坂口容疑者は)ホストクラブ通いがやめられず、金遣いも荒かった」
 「いつも金に困っていた」

と、最近の生活ぶりを明かした。坂口容疑者は、女優の坂口良子さん(2013年死去、享年57)の長女。タレントとして主にバラエティー番組などで活動していたが、昨年10月に「ANRI」の名義で

 アダルトビデオ女優に転身

し、これまで4作に出演。来月13日にも新作のリリースを控えている。坂口容疑者の所属事務所は

 「担当者が不在です」

とコメントしているというのだが、ホスト遊びで借金が返せなくなってAVに出たのに、更に借金が膨らんで恐喝で逮捕。しかも、ホストが客の女性を脅すという話はしばしば聞くが、客がホストを脅すとは、

 相当な重症…

この先もAVに出ざるを得ないし、

 裏に出るのも時間の問題

だろう。クスリに手を出していなければいいが…。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

父に続き…中川経産政務官「女性問題」で辞任

 政府は昨日、中川俊直経済産業政務官の辞任を発表したと今日の報知新聞が報じた。

 中川氏は同日、フェイスブックで女性問題が辞任の理由と認めた上で、

 「すべて私の不徳の致すところだ」

などと表明していた。中川氏は3月に

 同僚議員との不適切な関係

を週刊誌に報じられていた。さらに今週発売の週刊誌に

 新たな女性問題が掲載

されることになったため、辞任を申し出たというのだが、父親も森内閣時代の2000年、女性スキャンダルが引き金となり、

 内閣官房長官を辞任

したことがあり、

 親子2代での”失態”…

まぁ、昨年のゲス不倫議員も辞職に追い込まれているのだから、

 このオッサンも辞職

することになるだろうが、それにしても、今に始まった事ではないが、特に最近、

 安倍内閣にトラブルが頻発

している。復興大臣は原発事故の自主避難者の帰還について

 「本人の責任」

と言い放ち謝罪。また、地方創生大臣は

 「一番のがんは学芸員」

と発言し、翌日に撤回している。他にも防衛大臣や法務大臣の答弁などが問題になり、追及を受けているが、任命責任のある安倍首相自身も

 森友問題がクリアになったわけではない

し、”第二の森友”と言われている

 加計学園の問題も浮上

している。いつ崩壊してもおかしくない状況にも関わらず、

 内閣支持率が微減にとどまっているのが不思議

でならない。まぁ、これも

 有権者のモラルの問題…

いつも言う事だが、何事も気づいてからでは遅すぎるのである。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

棟方志功の版画 神奈川県が紛失

 神奈川県は昨日、県が所有し、県民ホールの指定管理者「神奈川芸術文化財団」が保管している棟方志功の版画、宇宙讃を紛失したと発表したと今日の報知新聞が報じた。

 カラーコピーのレプリカと入れ替わっており、県は

 「信頼を損ね申し訳ない」


とした。この作品は文化財に指定されていないが、県は

 「晩年の作品として貴重」

として、窃盗容疑などでの被害届の提出を検討している。作品は県民ホールの緞帳の原画として制作を依頼し、1974年に

 300万円で購入…

館長室に展示していた。コピーにすり替わった時期はわかっていないというのだが、別の報道によると、2014年5月に展示した際、来場者から

 「レプリカではないか」

との指摘があり、すり替わっていることが発覚したというのだが、ならば

 なぜ今、公表したのか?

3年間も事実を隠蔽していたのはなぜなのか?県には説明する責任がある。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

池江璃花子が女子史上初「5冠」達成

 競泳の世界選手権代表選考日本選手権最終日が昨日行われ、池江璃花子が100メートルバタフライを57秒39、50メートル自由形を24秒57で共に2連覇し、女子で史上初の5冠を達成したと今日の報知新聞が報じた。

 5種目全てで日本水連の選考基準を満たし、代表に決定した。最後のレースを終えた池江は大きく息を吐き

 「終わったぁ」

と笑った。4日間で5種目。全てを振り絞った。最後はリオ五輪で5位だった100メートルバタフライ。スタートと同時に記録を狙った。腕をかき回したが、自身の持つ日本記録(56秒86)には届かなかった。

 「記録は良くなかった」

ものの、男子の萩野が2013年大会に達成した最多の5冠に女子で初めて並んだ。

 「実感がないけど、(5冠できて)ホッとしている」

と胸をなで下ろしたというのだが、他にいないの?と言う位、池江ちゃんが他の選手を圧倒している。現状では、

 暫くは池江ちゃんの時代が続きそう

だが、個人的には50m自由形決勝で池江ちゃんの隣で泳いでいた

 住岡叶夢ちゃんカワええ…

もっとテレビに映るように頑張ってもらいたい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

元麻酔科医 40才東大右腕“神宮”ホロ苦デビュー

 東大の40才右腕・伊藤一志投手(3年)が“神宮デビュー”を果たしたと今日の報知新聞が報じた。

 フレッシュリーグの慶大戦で先発。1イニングで36球を投げ、2安打3四球4失点。最速は108キロだった。異色のオールドルーキーが、夢を実現させた。高校2年時からの悲願だった東大野球部入りをかなえるため、医師を務めながら、2012年に

 文科三類に合格…

休学していたが、勤務していた関東近郊の大学病院を退職して部員となった。東大野球部を志したのは、愛知・東海高2年だった1993年秋。法大戦で16季ぶりの勝ち点を挙げた赤門軍団のニュース映像に、心を打たれた。

 現役では不合格…

別の大学に進む道を選んだ。医大で硬式野球を始め、主に「4番・投手」として6年間プレー。東日本の医大、医学部が集う大会で通算1勝を挙げた。2008年に国家試験に合格。31才で医師になったが、

 東大野球部の夢を諦めきれなかった…

多忙な業務の合間に独学を重ね、2012年に東大文科三類に合格。休学して病院勤務を続けていたが、上司にも背中を押され、退職を決意した。東大野球部の入部に年齢制限はなく、かつてプレーした医大は全日本大学野球連盟に属していないため、

 4年間神宮での試合に出場可能

だというのだが、医学部に行っているんだし、医者を辞めてやっているんだから、経済的な余裕はあるのだろうが、それでも東大を受験して合格しているのだから、

 やっぱりスゴイ…

「夢を諦めるな」と言う人もいれば、「夢なんて幻想だ」と言う人もいる。後者が圧倒的多数だろうが、個人的には、実現させている人が現実にいる以上、前者を支持したい。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

大橋悠依が日本新を3秒24更新”リオ銅”超え

 競泳の世界選手権代表選考日本選手権第2日が昨日行われ、女子400メートル個人メドレーで大橋悠依が昨年のリオデジャネイロ五輪3位に相当する4分31秒42の日本新記録で初優勝し、今夏の世界選手権(ブダペスト)の代表入りを決めたと今日の報知新聞が報じた。

 前半から飛びだし、最後までぶっちぎった。大橋のタイムに会場がどよめいた。

 「うれしい気持ちとびっくりした気持ち」
 「タイムが出るなという予感はあったけど、まさか31秒台とは」

日本記録を3秒24更新する4分31秒42は、

 リオ五輪”銅メダル”に相当

する好タイム。同種目リオ五輪金メダルの萩野と同じ平井伯昌コーチに師事する、女優の竹内結子似の美人スイマーが大仕事をやってのけたというのだが、水泳もカワイイ子が多いのでテレビ中継があるとわりと観ているのだが、

 この子は知らなかった…

メディアは何かと”誇大広告”をし過ぎる傾向にあるが、竹内結子似というのも満更ではなく、

 似てると言って誰も文句は言わない

と思う。競技での活躍はもちろん、

 スラっとしていてスタイルも良い

から、引退後も多方面で活躍できそう。いろんな意味で楽しみな人材である事には間違いない。
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ・スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

大相撲春巡業 猫ひろしが宇良に完敗「マラソンよりも疲れた」

 男子マラソンのカンボジア代表でリオ五輪に出場したお笑いタレントの猫ひろしが、昨日に川崎市で行われた大相撲春巡業で幕内・宇良と共演した、と今日の報知新聞が報じた。

 この日の幕内取組前に登場した猫は、持ちネタの

 「にゃーポーズ」で登場…

土俵に上がるとTシャツを脱ぎ宇良と対面すると、立ち合いから2度の

 “猫だまし”で角界の業師を翻弄…

だが、

「2回出しましたけど、波に乗ってる宇良関はものともしなかった」

と不発。土俵内を逃げ回ろうとしたが、体をつかまれると145センチ、45キロの体を軽々と持ち上げられてつり出された。

「悔しいです」
「僕が勝ったら宇良関に『ひろし』の名前を継承してもらおうと思ったのに…」
「たった(一番の相撲)あれだけでマラソンよりも疲れた」
「ぐったりしました」


とカンボジア代表として五輪を経験したアスリートは力士の強さ、迫力に脱帽した。宇良には周囲から(得意の)居反りを期待する声が飛んだが、

 「猫さんは五輪選手で大事なアスリート」
 「『傷つけないで下さい』と言われたので…」

と戸惑い気味。それでも、

 「動きのある相手、捕まえるしかない」
 「テレビでは分からないけど、あんなに小さいんですね」

といつもと違う自分より小さな相手を力でねじ伏せ満足げだったというのだが、猫さんと言えば、付き人のジジ・ぶぅさんは今何してんの?
posted by エセてれびまにあ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人・有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする